神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 28日

TA07

タミヤで恐らくシャーシに型式番号が付いた最初のモデル・TAシリーズ。
TA02が出たときにそれまで特に名前の無かった従来型にTA01の名前が付いたのが始まりだ。

そういえばTAの意味っていまだに知らないな。タミヤの「た」?

その最古参シリーズがついに7世代目に突入する。
Mシリーズも次が出れば07だけど、前輪駆動と後輪駆動が一緒になってるから
それぞれはまだ3世代目だ。

ハイエンドのTRF系は414から数えると現行の419で6代目になるけど、
レイアウトから完全に変わったのは414→415の時だけで、
以降419まで基本レイアウトは同じままのモデルチェンジだ。

TAシリーズは01→02はマイナーチェンジだったけど、それ以降は世代が変わるたびに
完全に別物になってきている。最近でこそ「TAシリーズ=ベルト駆動」というイメージだけど、
そもそも最初のTA01がシャフトなんだからベルトだけでは括れない。

TA04でハイエンドのTRF414の廉価版みたいになっちゃったけど、
05で独創性を取り戻し、06で見事な変態へと昇華した。
ガチで勝ちに行くのはTRF系に任せてこっちは変態を追及するぜ!っていう姿勢はきっと正しい。

そして、おタミヤ様が誇る看板変態シリーズの最新世代はどうなるのか。

e0034693_041493.jpg


最初に画像をサムネイルで見た瞬間に吹き出した。なんだこれ?TT03か?
さすがのおタミヤ様もインボードサスはもう飽きたのか、ダンパーはふつうに立ってる。
サスアームも419系らしいから足回りは至極まともだ。
しかしフレームがまずおかしい。立体的なスペースフレーム風だけど、
巨大なファンとヒートシンクの付いたブラシレスアンプをまたぐメンバーとか
もうちょっとましな取り回しにできなかったんだろうか?
凝ってるのに間が抜けてるのはTA05のバスタブにも通じるな。

しかし本当に変態なのはフレームよりも駆動系だ。もう全世界が無かった事にしたワンベルトで、
モーター位置を変更することができるらしい。駆動ロス云々とかじゃなく、そのギミックのためだけに
わざわざワンベルトを選択したくさい。これぞ変態!これぞタミヤだ!(興奮

すると、大袈裟に巨大なアンプをまたぐメンバーも、アンプをまたぐためではなく、
どこにモーターが来ても邪魔にならないように大きく上に逃げてるのか?

これはぜひホビーショーで実物をじっくり見てこないとな!
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-04-28 00:56 | らぢこん | Comments(0)


<< 単車黄金週間      プレスト試乗車キャラバン >>