神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 05日

今月のらぢまが

創刊500号らしい。78年4月創刊だったらしい。
自分が読み始めたのは83年だったか84年くらいの中村やすひろのポルシェ956が
表紙だったやつかな。ずっと取ってあったのに間違って捨ててしまったのが悔やまれる。


・ビッグウィッグ2017

由良拓也と滝博士の豪華対談。近年では色気も何も無い競技一辺倒として
普通に使われてるディッシュホイールが当時は最先端デザインだったんだな、というのが
また興味深い。ムーンクラフトのロゴって当時から入ってたっけ?
当時の一線のデザイナーの渾身のエアロボディは今見ても新鮮でかっこいい。
それに比べて、現行バギーの最新トレンドのエアロボディときたら…(汚いものを見る目
復刻版のパッケージはブリスターパックにはならないらしい。
残念だけど値段で相当頑張った代償だと思えば仕方ないのかもしれない。


・グラスホッパーⅡ2017

正直当時でさえ今更感が強かった印象で、「これが最初の1台だった!」って人も
そんなには居なかったんじゃないかなあと思うけど、個人的にはけっこう気に入ってた車。
純粋な入門者より、グラスホッパーで入門した人が「おぉ、こんなとこも改良されてる!」
ってにやにやするのが醍醐味だと思うし、そう考えると復刻スコーピオン系にも通じる。
元々の出来も改良の度合いもスコーピオンには遠く及ばないけど、その分安い。
たぶん買う。車体はあまりいじらず、当時手抜きしすぎて後悔したボディを
もっとちゃんと塗ってやろうかと思う。


・トップフォース2017

単純に年代的にはもうそろそろビンテージモデルを名乗ってもいいんだろうけど、
なんだかんだで駆動系がいまだに現役だったりで、あまりそういう気がしない。
エボならまだ…いや、あんまり値段ばっか高くなるのも困るか。
見た目だけでもハイキャップダンパーをまた出してくれるならちょっといいかもしれない。


…って、書きたいこと書いたらタミヤの復刻しか無かった。
CATのこともちょこっとだけ書いてあったけど目新しい情報は無し。
ちなみにラジマガ情報では無いけど国内代理店に動きはあった。
発売は4月予定で定価税別4万5千だそうな。値引きは無いんかなやっぱり。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-03-05 22:19 | らぢこん | Comments(2)
2017年 02月 15日

よーし!よーしよーし!よーしよーしよーし!

ターボスコーピオン発売の目処がようやく立ったらしい。

ビンテージシリーズ『ターボスコーピオン』発売決定のお知らせ

こりゃ3月は無理かーと思ってたけど無理矢理3月にねじ込んでくるっぽい。やったー!
同時に発売延期が発表された完成車に関しては何も触れてない。工場はもう大丈夫なのか?
止まってた「次」も動き出すかな?ジャベリンか?ターボオプティマか?アルティマか?

そして、同じく3月って話だったCATはシュマッカー本家のサイト以外に何も動きが無い。
通常なら大手の海外通販ではかなり早めにプレオーダー(予約)の受付が始まるのに
現状何の動きも無いらしいし、国内の代理店でもまったく触れられてない。
ほんとに出るんかな?反響が薄い、って事は絶対無いと思うし。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-02-15 19:33 | らぢこん | Comments(0)
2017年 02月 13日

さあ今年もらぢこんがんばるぞ

というわけで、232のレースがあったのでプラズマフォーミュラで行ってみた。

e0034693_13592017.jpg


朝家を出ると道路はこんな感じ。雪は屋根にうっすら積もってる程度で大したことない。
でも路面がまだらに黒光りしてて、踏むとつるつる滑る。やばい。
バイクならタイヤ以前に着いてる足が滑ってこけそうだ。

部屋に戻って寝ようかとも思ったけどとりあえず向かうことにする。
道中は橋に差し掛かる度にびくびくしたりしたけど特に問題も無く。
8時過ぎくらいに現地到着。

e0034693_1434734.jpg


コースの路面も不吉なまだら模様だ。凍ってはいない(溶けた?)みたいで
雑巾で水気を取ってた。天気は良さそうだしそのうち回復するだろう。

後で聞いたけどこのまだら模様は水とか凍結とかじゃなく、路面に何か掛けて
処理してあったらしい。ゴムタイヤには良くなったけどスポンジには
悪くなったんじゃないか、との事。

さて、うちのプラズマフォーミュラは年末にここで走ったまんまの状態、
だった奴に今シーズンの指定モーター(GフォースSUPER REV21.5T)に換えて
ついでにジャイロ(サンワSGS-01C)とマイポンを乗っけた、だけ。
どっか緩んでるとこはないか?と確認したら、リヤサスをピッチングさせたら
ダンパーがぐらぐら動いてた。固定のピロボールが緩んだのかと思ったけど、
よく見たらダンパーキャップが緩んでてダンパーエンドが3ミリくらい遊んでた。
手でぎゅっと締めたら直った。直ったから「ダンパーオイル大丈夫か?」とかは気にしない。

車のジャイロはミニッツくらいしか使ったこと無かったし、いまどきの
レースでも使われるジャイロがどんなもんなのか興味津々ではあったけど、
路面もまだ乾ききって無さそうだし、とか人多いから、とかでのんびりして
よしそろそろ練習走行行こうか、と腰を上げたところでレース開始のアナウンスが。
ぶっつけ本番だ!

走ってみると・・・とても気持ち悪い動きをする。ジャイロのゲインとレンジの設定は
送信機側からいじれるんだけど、さすがにレース中にやるのは気が引ける。

が、あまりにも酷いのでレース中だけどちょこちょこ停めて設定をいじる。
なんというか、ジャイロが頑張りすぎて曲げたいのに曲がらない!とかそんな次元じゃなく、
ぴくぴくと細かい制御で補正する感じじゃなく、ぐいん、と大雑把に余計な操作する感じ。
ゲインを小さくしていくことで気持ちましになるものの、ストレートの立ち上がりで
蛇行を始めるのは本当に酷い。そこでひとつの可能性が頭に浮かんで、
試しにゲインもレンジもゼロにしてみた。ジャイロ完全オフに。

なんということでしょう、前回ここで走ったとき「そうそうこんな感じだった」が
ほぼ完全に再現されたカタチになった。路面は思ったほど変わって無さそう。

さてピットに戻って、ゲイン思いっきり上げて車体をぶんぶん振ってみる。
ノーズを右に振るとステアリングも右に切れる。ジャイロが逆に効いてる!
さくっとジャイロを剥がして上下ひっくり返して貼り直す。対策完了。

予選2発目で走りつつまたジャイロ調整。少なくとも1発目の逆ジャイロみたいな
おかしい動きはしないので贅沢言わなければ充分走れる。それでもぼろぼろなのは
単に下手なだけだ。元々そんなに曲がる車じゃないのでゲインを上げすぎると
曲げ辛いので抑え目に、ゲイン30くらいで落ち着く。曲がり方に違和感は無いけど
不用意に握るとふらつく。ジャイロ無しよりは気持ち落ち着く感じか?

ミニッツにジャイロ着けたときもそう感じたけど、まるで走らない車を
何事も無かったようにふつうに走らせる魔法のデバイス!とは思わない。
無しでもそこそこ普通に走る車にもう一声、くらいな印象。
ミニッツと違ってかなりいじれるから、ちゃんと使えばまた違うのかもしれない。
またきちんと検証してみよう。今度はレースじゃない時に。

ちなみに路面の方は、ろくに握れなかった時は解らなかったけど
ちゃんと握れるようになったらやっぱりグリップは落ちてた。前はもっと握れたのに。
でも車の動きがまるで変わってしまうとかそういうのは無かった。
握りすぎるとずるっと行くけど、それ以外の動きはたぶん前回と同じ。

そして、やっぱりジャイロ云々以前にここではゴムタイヤの方が強いっぽい。
元々実車にはそんなに興味は無かったけど、現代のF1(ナロー&ゴムタイヤの
F104)がどーーしても好きになれないのと、単純に食う食わないじゃなくて、
スポンジDDカー特有のあの軽い動きが好きなんだよなあ。
昔F103LMにトヨタTS020ボディ&ゴムタイヤで久屋公園や名古屋港の
タイル路面を走ってた頃も、グリップは充分なんだけど動きはスポンジとは違った。

とりあえず、もうしばらくはスポンジでがんばってみよう。
タイヤより先になんとかしなきゃならない問題もあるし。人間とか人間とかあと人間。

e0034693_15381258.jpg


レースが終わった後は隣接のオフロードコースで遊んだ。
いかにも「うん、昔のオフロードコースはこんなだった」みたいなとこで、
現在のミニピン系のタイヤは厳しい、と前回思ったので今回は旧車で。
岩さんはリヤハブを現行タミヤホイール対応にしたところにオリジナルホイールを着けて
リヤだけスーパーワイド仕様になった初代アルティマ、うちはいつものトマホーク。

前回はわりと我慢大会だったけど、旧車に540や21.5Tのパワーだと
ほんとにストレス無く走れる。あははははは、たーのしー!
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-02-13 15:47 | らぢこん | Comments(2)
2017年 02月 07日

さらば無職よ永久に

とりあえず、先週面接受けたとこから採用の電話が来た。
まだ労働条件とか細かいこと話してないから土曜に出向いて聞いてくるけど、
そこでよっぽど酷いこと言われなければたぶんそのまま就職、になるはず。

まぁ、実際にやってけるかどうかはやってみないとわからんけどな!
仕事内容は小牧でやってた事とほぼ同じ。場所は実家から車で10分。



んで、これは書いとかなきゃ、って思ってて忘れてた事があったので今更書く。

晴れて失業手当受給者に!→わりとすぐ就職→再就職手当ゲット!→わりとすぐ退職

と来たので、さすがに働いてた時間が短すぎてもう失業手当は無いかと思ってた。
が、働いてた時間が短すぎてその前の仕事を辞めてからの失業手当受給期間が
がっつり残ってたので、再就職手当を差し引いてまだ残ってた分が細々と支給された。

残りカスだからこれでなんとか暮らしていける!って言うには心細いけど、あると無いとじゃ大違いだ。
まぁこんなおかしなケースに当てはまる人はそう居ないのかもしれんけど、
「失業保険?もう無い無い」って思ってた人もダメ元で一応職安に行ってみよう!
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-02-07 17:10 | 無職 | Comments(2)
2017年 02月 03日

201X年、世界は復刻の炎に包まれた

タミヤだけに甘い汁は吸わせないぜ!とばかりに復刻戦線に立ち上がったアソシと京商。
まぁこのへんなら過去資産も潤沢だし充分商売になるよね、とは思ってたけど、
ここでまさかの新たな巨星が名乗りを上げた!

e0034693_1659658.jpg


歳食ってもぜんぜん老けずに年齢不詳(同い年)だけどさすがに30年前は若いな!

Schumacher CAT XLS masami

今はシューマッハって呼ぶことになってるくさいけど年寄りは気にせずシュマッカーと呼ぶ。
実力と独創性を兼ね備えながら、滅多にトップに躍り出る事も無いまま、
今なお一線で戦い続ける古豪メーカー、という意味で非常に京商臭い親近感を感じる。
・・・disってるようにしか聞こえないかも知れないけど一応褒めてるつもりだ。

イギリス車だけど、日本人が初めて世界タイトルを取った、日本にとっても記念すべき車だ。
当時も日本で売ってたけどmasamiなんて謳っては居なかった。たぶんXLS-Jだったと思う。
CATのロングホイールベース版であるXLをさらに改良した日本向け仕様?
ちなみにCATというのはCompetition All Terrainの略で猫ではない。
でもこの後のマサミはスーパードッグファイターで快進撃を続ける訳だからちょっと面白い。

日本向けに売ってたとはいえ、当時の為替レートで普通に買える値段になる訳が無く、
アソシ同様よほどの金持ちか気合の入った変人しか買えなかった。
だから当時も滅多にお目にかかれなかった。

今見ると、一見オプティマミッドやレーザーあたりに通じる、わりと近代的でオーソドックスな造りに
見えないことも無い。でもこの頃はまだオプティマミッドもスーパードッグファイターも出てない、
オプティマやドッグファイターやゼルダあたりがぶいぶい言わしてた時代だ。
そして、シュマッカーというメーカー自体がいわゆる質実剛健とは真逆みたいなとこだ。
そんな車が普通な訳が無い。一見普通だけど一皮剥けばアバンテもびっくりのド変態だ。

さすがmasamiを謳うだけあって、フルレプリカのステッカーが付くらしい。
すげえな!ODSトレーディングとかHPIジャパンとか大丈夫なのか?
カラーリングが例の緑にファイヤーパターンじゃないのは、当時はまだ
あのカラーリングじゃなかったから、ではなく、世界戦の現地で「これ使ってちょ」みたいに
いきなり渡されていつも通りに塗る暇が無かったから、みたいなことを聞いた気がする。
ちゃんと調べた訳じゃないから嘘だったらごめん。でもこれよりもずっと前(83年くらい)に
すでにあのカラーリングだったのは間違いない。

当時は直接手にする機会が無かったけど、今なら手が届くと思うとすげぇ気になるな。
259.99ユーロって・・・日本円だと3万くらい?いろいろ込みで4万くらいになったとしても
新品のCATがそれで買えるなら安いよなあ。パーツも当分は手に入るだろうし。



e0034693_17414018.jpg


そして世界をリードする復刻業界のパイオニア・タミヤからは、
かの違いの解る男・レージングカーデザイナー由良卓也デザインのビッグウィッグが出る。

正直「え?まだ出てなかったっけ?」くらいの印象だった。
ホットショット系最終モデルだし8.4V時代の代名詞みたいな車だし人気もあった。
ホットショット系でまだ出てないのはホットショット2とスーパーセイバーくらい?
このへんはまぁ出なくても仕方ないかな、とは思うけどビッグウィッグは当然出ると思ってた。

標準装備のテクニゴールドが用意できないから出せないんだ!って説もあったけど、
同じくテクニゴールド標準だったアバンテがテクニゴールド風味風味のGTチューンで
さらっとお茶を濁した前例がある今となっては何の障壁でもなく。やっぱりGTチューンらしい。

で、個人的には「ふーん、出るんだ」くらいだったんだけど、値段を二度見した。
税抜き定価22000円。実売税込みで16000円くらいだ。なんじゃこりゃ!
さすがにブーメランよりは高いけどホットショットより安い。当時定価25800円だっただから
復刻版の方が安いという(たぶん)初のケースだ。テクニゴールドよりかなりしょぼいとはいえ
GTチューンだってそんな安いモーターじゃないはずだ。基本構成はホットショットに準じるけど
多くのパーツは専用だから、もし従来の共通パーツが余りまくってたとしても、
そのせいで安い、とはちょっと考えにくい。どうなってんだタミヤ?

順当に考えると税抜き32000円くらいが順当な気がするから単なる打ち間違え臭い気がする。
でもほんとにあの値段で出るならちょっと気になるな。ホットショット系の復刻は
まだノータッチだし、せっかくだから行っちゃってもいいかな、とか(ふらふら


CATもビッグウィッグも3月予定らしい。熱いな3月!そして3月と言えば・・・

e0034693_19144725.jpg


もう2月に入って京商は3月の新製品の予定まで発表してるけど、
まだそこにターボスコーピオンの名前は無い。
確かにまぁ3月以降とは言ってるけど3月に出すとは明言してない。

中国の工場のトラブルだとか労働条件で揉めてるとかだとしたら、まだ解決の目処が立たないのか?

CAT見つけたらふらふら買っちゃいそうだなあ・・・
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-02-03 19:18 | らぢこん | Comments(7)
2017年 02月 02日

玉吉新刊

立て続けに出た、って程じゃないけど入手したのは立て続けだったのでまとめて。

e0034693_1723640.jpg


「日々我人間」

こっちは11月末くらいに出たんだけど紆余曲折ありまくってこないだやっと入手。
ビニールを剥いてもどうやって開けばいいのかわからん。なんだこれ?

e0034693_174509.jpg


表紙っていうかカバーから中身をずるりと抜き出す方式だった。

e0034693_1754881.jpg


このひとの漫画はおかしなサイズのが多いけど今回はまた一段とおかしいな。
元々1ページの半分の連載だから仕方ないのかもしれんけど、
同じ形態だったゲイツちゃんは無理矢理普通の単行本サイズに押し込まれてたのにな。

e0034693_1771349.jpg


ちゃんと本を横に持ってそのまま読めるから、変な向きで読む必要があった
ゲイツちゃんより読みやすい・・・かと言うとそうでもない。どっちも読みにくい。

内容はまぁいつもの感じ。コメダの副流煙垂れ流しジジイが文春読んでるのを見て
紙面から注意を呼びかける、というネタはMSXマガジンとかコミックビームでは
不可能だったろうなあ、と思うと感慨深いものはある。

カバーを外した中身は表紙まで含めてほぼみっちり本編なので密度は濃い。


e0034693_1714266.jpg


「伊豆漫玉日記」

1月末くらいに出たもう一冊。1巻とか書いてないから続きは無いんかな?
こっちは本棚にも普通に収まる普通のサイズで開きも普通。普通に読みやすい。
ただし内容の半分くらいは「読もう!コミックビーム」だった。いやいいんだけどさ。

「バーベキューとかはいいんだけど虫嫌いだからアウトドアはちょっと」みたいな人はもちろん、
中途半端な虫好きでも軽く引く伊豆の別荘暮らしの現実がここに。
スイッチョの話はすげぇなと思った。あとほんとこのひとメーテル好きだな。

わりとどうでもいいつっこみとしては、帯に「スズメバチ」ってあるけどアシナガバチの女王だよな?
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-02-02 17:24 | ひとりごと | Comments(0)
2017年 01月 23日

ひさびさの新年K藤

というわけで久々に行ってきた。

e0034693_20271517.jpg


通常のレースに出なくなって久しいけど新春レースも・・・前回出たのが6年前だった(遠い目

コースには先月くらいに顔出してるからそこまで久々じゃないんだけど、
その時は山あり谷ありジャンプありの超本格オフロードコースだったのが、
すっかりつるぺたになっていた。一旦山を全部削ってまた盛り直すらしい。
ラリーや旧車にもやさしい。普段あひるくらいしか走らないへたれにもやさしい。

e0034693_2031671.jpg


今回の京商ワークスのピット(図々しい
朝は風も無かったからドローンレーサーも問題なく飛べた。風無いと楽しいな。
2.2インチタイヤを履いたオプティマの初走行だったけど、この平坦なコースでは
「やっぱ現行タイヤは違うな!」って程の差は正直感じない。よく走ってたけど
たぶんノーマルタイヤでもこれくらいは走りそう。そしてノーマルタイヤのトマホークが
これまた遜色なくよく走るから今日はトマホークで行くことにした。

今日のレースは4クラス。

e0034693_20412740.jpg


まずはRC-10クラス。もちろん初代。
30年前の車なのにタイヤとパワーソースさえ現行のを使えば普通に速いチート旧車だけど、
自分のトマホークがあれくらい走るならRC-10はもっとえげつないだろう、って
思ってた印象よりは各車けっこう苦しそうに走ってるように見えた。

e0034693_20451958.jpg


次にウイリークラス。2駆も4駆も居る。なぜかクローラーまで居る。
さすがに4駆は速いねー、っていうか2駆も速かった。侮れない。

e0034693_2047330.jpg


次にオーバルクラス。540か21.5Tノンブーストのあんまり速くない奴ね、という
ゆるい縛りで車はなんでもあり。現行4駆バギー多め、トラックやSCも居る。
うちのトマホークもここ。旧車は少なめでホットショットとかが居たくらい。

うちのトマホークはあひる仕様まんまで21.5Tに15000回転のリミッターつけてるから
ただの21.5Tよりもう一声遅い。オーバルだしこれで勝てって言われたらうまい人でも
難しいと思うけど、カタマリで走ってる中で明らかに邪魔になるほど遅い訳でもない。
なぜか妙に当たりが強くて、でかいのや4駆相手にもけっこう当たり勝つ。面白い。

予選は2組あったけど決勝は全員(19台?)で一斉に走る。
オーバルだしなんとかなるんじゃない?って思ってたけど、確かに走ってる方は楽しいけど
マーシャルに回ると助けに入る隙がなくてすげぇ大変だった。コース外から起こせる棒が欲しい。

今までもなんとなくの兆候はあったけど、決勝途中でモーターが止まってリタイヤ。
ぐりぐり手で押してるとまた動いたり止まったりする。バックの入りが妙に悪かったりで、
アンプが壊れたんかな、って思ったけどよく考えたらリミッターが悪さしてるのかもしれないな。
今度外して試してみよう。

e0034693_2112452.jpg


そして新春名物耐久レース。前は1時間2セットとかやってたけど今回は1セットのみ。
それでもこの寒い中よくやるわ、と思う。車種はなんでもあり?だけど車種ごとに
柔軟にハンデを設ける、ということでMは10分早くスタート。
でもMで出るのはK藤さんだけなので延々と一人で。いじめみたいにも見える。

e0034693_215119.jpg


10分後に残り全員もスタート!しかしこのフラットなコースではMも充分速いので
思ったほど差が縮まらず、このままではK藤さんぶっちぎりになってしまうということで
K藤さん以外全員オーバルを走れる時間帯を設けたり、なぜか途中で
コースが逆周りになったりと、柔軟というか自由すぎるレースが展開された。

朝は天気も良くて暖かかったし、最後ぱらぱら雨が降ったけどすぐ止んだし、
ここ最近の中では結構ならぢこん日和だったと思う。面白かった!

ちなみにコースは3月くらいまでにかけて徐々に山を盛っていく模様。
フラットなコースで走らせたい方はお早めに。寒いけど。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-01-23 21:10 | らぢこん | Comments(0)
2017年 01月 22日

HV-02?

サンワから新しいブラシレスアンプが出るみたいなんだけど

e0034693_23231548.jpg


なんだこのうすらでかくて古臭いのは。ほんとに新製品なのか?
しかし、いかにも今時無さそうな妙に見覚えのある形状は何なんだ、と思ったら

e0034693_23251672.jpg


ヨコモの安ブラシレスアンプシリーズ第1弾・BL-SPじゃないか。
うちにはBL-SP、BL-SP2、BL-SP3と3代揃っててつい最近4代目も発売された。
つまり、相当古いってことだ。なぜ今頃こんなのを?

スペックを見ると・・・むしろ退化してる(8.5Tまで→13.5Tまで)けど、
謳い文句を見る限りではテレメトリーに対応してるようにも取れる。でもSSL対応とは書いてない。

ちなみにサンワでの先代・HV-01の方がスペックも上でサイズも小さくて軽い。
形状はBL-SPの後継であるSP2やSP3に近いけどひと回り大きいから別物っぽいけど。

いまどきは廉価ブラシレスアンプでも後期のブラシアンプ並みに小さいのがほとんどなのに、
一番でかかった頃のFETブラシアンプ並にでかいのを新製品として出す意味がわからない。
その代わりびっくりするほど安いんですよ!って訳でもない。サンワの中では安いほうだけど、
従来より劇的に安いとまでは行かないし、安さで勝負の他社製品にはまるで勝負にならない。

なんなのこれ?
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-01-22 23:46 | らぢこん | Comments(0)
2017年 01月 20日

うちのホビーウイング知りませんか?(知るか

たぶん三つは買った気がするんだけど、今オプティマに乗ってる1個しか見当たらない。
壊した覚えも無いんだけどな。どこやったっけかな?

受信機もなんかいっぱいあった気がしたけどどこやったっけかな?って確認したら
482(アンテナ内蔵テレメトリー)2個、462(テレメトリー)1個、381(安)3個ちゃんとあった。

でもホビーウイング安ブラシアンプ(QuicRun1060)の行方がわからない。

近年使ってそうな車だと

 TB04:SV-SPORT
 プラズマフォーミュラ:BL-SP2
 ガンベイド:Justock
 トマホーク:BL-SP3
 スコーピオン:乗ってない
 ビートル:乗ってない
 サンドマスター(新):キット付属(ちなみにオリオンラベルを貼ったホビーウイング)
 サンドマスター(旧):キット付属(謎アンプ)
 GF01:Gフォース
 A210SS:GT7
 F103アニバ:乗ってない
 4独グラホ:乗ってない
 アバンテ:乗ってない
 ファイティングバギー:乗ってない
 ZX5FS:乗ってない
 RB5:オリオンVORTEX
 サニオRR2号機:乗ってない

・・・ちっこいのやバイクには使ってないしなあ。
何に使うでもなく外した状態でどっかにあるのかと思って探してみたけど、
その状態のフタバ401CRが2個とノバックサイクロンTCが出てきたからたぶん違うっぽい。

えええええ?捨てたんか?捨てた車に積んだままだったのか?
全部かどうかは思い出せないけど思い出せる範囲で振り返ってみると

 ダイナストーム(3台):全部メカ無しだしホビーウイングは積んだことがない
 ガンベイド:サーボしか乗ってなかったはず
 F103RM:サーボしか乗ってなかったはず
 B4:何も乗ってなかったはず
 ヴォガード:何も乗ってなかったはず
 DF03Ra:VFS-1レイスピードが乗ってたはず
 長い奴:BL-SPが乗ってたはず
 アンダーソンM5RACE:GTBが乗ってたはず
 TA04:何も乗ってなかったはず
 TF-4:何も乗ってなかったはず
 DT02:何も乗ってなかったはず
 WR02:何も乗ってなかったはず
 M03:何も乗ってなかったはず
 ワイルドダガー:何も乗ってなかったはず
 F101:何も乗ってなかったはず
 グラホ2:何も乗ってなかったはず
 アルティマRBR:何も乗ってなかったはず

・・・ええええ?どこ行ったんだ?

矢沢さんとこに行ったTT02には確か401CRが乗ってた気がするんだけど、
もしあれがそうだったとしてももう1個くらいあるはずなのに。なんでだ?

歳か?歳のせいなのか?やだなあ。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-01-20 20:52 | らぢこん | Comments(2)
2017年 01月 18日

なんとなくスイッチ

さて、ひさびさに最新ゲーム機の話。

Nintendo Switch

まぁ良くも悪くも実に任天堂ぽいなー、という第一印象。
大当たりしたDSを小当たりしたWiiに混ぜて何かおかしなことになったWiiUをばっさり捨てて
また新しくきちんと混ぜ直してみました、みたいな感じ。素人目に「これは革新だ!」
みたいに思える部分は何も無いけどちゃんと混ざってうまいこと纏まってる印象。

ハードウェアスペックでぶいぶい言わせる方向はとっくの昔に降りてるんだから
そのへんはどうでもいい。PCだと思えば非力だけどタブレットだと思えばなかなか。
据え置き機でも携帯機でもない、据え置き機寄りの携帯機、という新しい立ち位置。
手で持って長時間遊ぶのは辛そうだけど置いて使ってもいいのよ?みたいな。

個人的に感心したのは、ハードもだけどソフトも無理してない事。
新しいハードで新しい体験を提供しなくちゃ!は結構だけど、それだけで
傑作を連発できればいいけど実際そうも行かんだろ。
いや別にこの新しいのでやらなくてもいいんじゃない?ってタイトルも満遍なく出そう。
発表の場にスト2を持ってくるあたりがもうかなり露骨に
「もう新しいのはいいんじゃよ、っていう年寄りの皆さんも注目してください!」
という強烈なメッセージを発している。年寄りとしては受け取らざるを得ない。
オリジナルに忠実なモードもあるみたいだけどストゼロみたいな絵は違和感凄いな。

値段がいろいろ物議をかもしてるみたいだけど、まぁこんなもんじゃないだろうか。
中華パッドベースの中華クオリティで作れば2万切るかも知れんけど、
任天堂が新しく立ち上げた奴だしいろいろ凝ったギミックも備えてる。
このスペックの単なる据え置き機、なら1万でも微妙かもしれんけど、
液晶&タッチパネル&電池で+15000円、コントローラ周りで+5000円、
って考えればそこそこ妥当だと思うし、そのうちまた下がるだろう。

ネットワークサービスが有料とかけしからん!って声もある。
個人的にはそういうゲーム機ってXBOX360しか知らんからそういうもんだと思ってたし、
インターネットを通さない集まってマルチプレイは関係ないなら別にいいんでない?
結局は内容次第だと思う。金取っといてこの内容は何だ!ってなったらその時怒ればいい。

個人的には超久々になんとなく買ってもいいかな、って思えたゲーム機だ。
だいたい今まで買ったのは基本的に必要に駆られてだから、なんとなくで買ったのは
DSくらいなんだけど、あれも品薄だったときたまたま目の前で入荷、とか無かったら買ってなかった。
お前そんなにスト2やりたいの?って聞かれるとそうでもない。まあ出たら買うだろうけど。
最初はもうゼルダで遊んでるだけでいい気もする。
ディスクシステムのしかやってないから30年ぶりくらいだぜ!

でも3月はターボスコーピオンが出るからな。まぁちょっと無理かな。
仕事見つかってればいいけど(遠い目
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-01-18 02:39 | ゲーム | Comments(2)