神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 19日

続夏休みの工作

e0034693_19433016.jpg


リヤ周りの接続方法がだいたい固まった。もう考え出すとキリがないのでこれで行く。

写真がその肝の部分。
それなりの強度で、片側が1軸可動、もう片側がボールコネクトになるアーム、ということで
主にGP系のサスアームを中心にいろいろ物色していたけど、これといったものがなく、
ある日、ふと意外かつ非常に身近にばっちりな部品があることに気付いた。

京商のリヤハブだ。

新品のストックはトーイン付きのしかなかったので、アルティマからちょっと借りてきた。
だから意味もなくベアリングが付いてるけど、実際には外して使う。
タミヤの6ミリボールエンドと、工具箱に転がってたダイナストーム用と思われるサスピンで、
ちょちょいと。リヤシャーシ側にはイーグルのサーボステーを介してボールコネクトで。

うあぁ、想像通りの動きだ。ばっちり!
ピッチング方向の可動範囲がやや狭いのが気になるけど、まぁ目をつぶれる範疇。
位置決めはボールエンドの長さでやるつもりだったけど、このリヤハブ自体がものすごく
調整幅が広いので、てきとうに組んでもどうにでも収まりそう。すばらしい!

とりあえず基本的な構成部品はだいたい買い揃えたので、次の日曜にでも試作2号機を作ろう。
電池ボックスの具合とリヤサスの動き、可能ならレーザーのリヤユニットを積んだ状態での
干渉チェックもして、問題がなければそれで寸法起こし、かな。

うはー、わくわくしてきた!
[PR]

# by harusame_kingdom | 2005-08-19 20:06 | らぢこん | Comments(0)
2005年 08月 16日

夏休みの工作

日曜まで仕事だったせいか、唐突に平日休み。
夏休みなせいか、平日昼間でもそんな快適な狩りはできないし、
そもそも火曜はメンテの日だし、というわけでもないけど、
けっこう前から妄想していたプロジェクトを無理矢理気味にスタートしてみる。

とりあえずカタチにすることを最優先に、走らせることは考えず、
安くて加工しやすい板材ということでアクリル板を買ってみたが、
直線は笑えるぐらい簡単に切れるものの、曲線が思うように切れずにくじける(弱
レベルを厚紙まで下げようかとも思ったけど、結局発泡スチロール板に落ち着く。

そして、小学生レベルの工作能力を駆使してざくざく切っては組み立てる。

e0034693_1733469.jpg


改造ホーネットではなく、まったく関係ないものからホーネットを作ってみる試み。
最大の肝は普通の車の部品を使ってローリングリジッドサスを再現すること。
フラットな路面では案外いけるんじゃねえの、という可能性を追求しつつ、
やっぱりだめ、となったら本来の部品で簡単に4独に組み替えられるというチキンなコンセプト。

フロントサスの具合とフレーム構造のチェックが目的なので、こんな感じで。
ボディだけはホーネット純正を使うつもりだったので、ボディマウント位置などの寸法を
現物あわせで模索してみたけど、思ったよりも簡単にばっちり決まる。
リヤダンパーステーの上の突起物がリヤボディマウントになる部分。
メッサーウイングのように巨大なダンパーステーは、とりあえずざっくり切り出しただけなので
最終的にはこの半分ぐらいのボリュームになる予定。
フロントのダンパーステーはカワダの1/12用サーボマウントを使って斜めに立てる。
板そのものは、ボディと現物あわせでとりあえず幅だけ決めたものの、高さはちょっとありすぎ。
ツーリング用のダンパーを使うつもりなのでもっと小ぶりになる予定。

e0034693_1754962.jpg


フロントサス。ボールコネクトのバラクーダ用サスアームをアッパーデッキとロアデッキに
取り回してスキッド風にしてみる。
思っていたほどストロークは取れなさそうだけど、使えないほどではなさそう。
Cハブから先はとりあえずアルティマから拝借。アルティマよりはスキッドが少ないので
このCハブだとキャスター立ちすぎ。もうちょっと寝たのを使おう。

e0034693_1833314.jpg


リヤ周りはまだ暫定ですらない。ローリングリジッドのコネクト方法は3通りぐらい考えてるけど
「これだ!」というものがなくて、今なお思案中。たぶん昔のコラリーみたいなリンクになると思う。

駆動系は、ユニットスイング式で重量物が先端付近に来るのはまずそうな気がするので
ミッドシップで、コンパクトで、オフロードで問題なく使える容量と防塵性があってスリッパーも装備、
ということでレーザーZX-S用を使う予定。ただ、ほとんどのパーツは新品で用意したものの、
肝心のスリッパーユニットがメーカー生産終了で入手できなくなってしまったので、
もうすぐZX-5が発売されれば引退になるZX-Sから借りてくることになる。不本意だけど。

サスアームに見立てたただの板(写真ではとりあえず1枚だけど、実際は上下で2枚)を
リヤユニットに固定して、4駆のフロント用ナックル(未定だけどたぶん京商になると思う)を
ねじ止めする。ステアリングはターンバックルで固定し、ここでトー角も調整可能。

このへんは、取り回しを決めてから切り出す予定。今回はここまで。
なんというか、見れば見るほどリヤ荷重が足りなそうな車だけど、元のホーネットも同じだし、
サイズアップして重心が下がった分安定性はかなりましになってるはずだけど、どうかな。
とりあえず、今月中に板材の寸法を出すところまでは行きたいのう。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2005-08-16 20:16 | らぢこん | Comments(6)
2005年 08月 14日

続々々々野次馬世界戦

まずは訂正。この前の書き込みの順位は第3ラウンドだった模様。正しくはこちらから。

総合ではアツシハラ4位、マサミ6位、ビリー・イーストン7位。

事後情報で興味深いのは、優勝したニール車を始め、上位陣の何人かはどうやら
電池を6セル載せながらも5セルしか配線しないで6V仕様で走っていた、という事。
京商勢最高位だったコルツ車は6セル配線のようなので、全員ではなさそうだけど。
安宍さんが「15ターンぐらいでとろとろ走った方が…」とコメントしてたけど、
もっと大胆なパワーダウンが図られていたようで、世界はいろんな意味ですごい。
たぶん、モーターやギヤ比で落としてブレーキとかのフィーリングが変化するのを
嫌ったんだと思うけど、確かにこれならそのままのフィーリングでパワーだけ落とせそう。
律儀に6セル積んでるのは、レギュレーションの問題なのか、ウエイトバランスの変化を
嫌ったのか、後で雑誌や広告に不自然な5セルマシンの写真が載るのはメーカー的に
あまり好ましくないのか、ひみつセットとしてパッと見わからないようにしたのか。

それにしても、あんな手足以上の精度でマシンをコントロールする達人たちでさえ、
6セルを持て余す、って、どれだけ酷い路面なのか想像も付かない。
コントロールタイヤ制は概ね賛成だけど、「普通にそこそこ食うタイヤでみんな平等に」
が理想であって、こんな罰ゲームみたいな路面でやられると普通の人は困るよなあ。
世界戦は普通じゃない人ばっかりだからいいのかもしれないけど、あのコースだって
普段はきっと普通の人が普通に走ったりレースしたりしてるはずだし。

本来道なき道を走るためのオフローダーで、路面に対してけちをつけるのは
ナンセンスなのかもしれないけど、やっぱり、根本的な問題として、気持ちよく走れないと
らぢこんって楽しくないと思うんだけどなあ。わざと食わないタイヤつけて「修行」するのも、
より気持ちよく走るための準備な訳で、誰がどう見てもこれ以上は考えられない表舞台である
世界戦がこんな修行路面では、ちょっと夢も希望もないかなあ、と。
最高の舞台にふさわしい最高の難易度を、ということなら、去年の全日本みたいな
キ○ガイ大ジャンプ祭りのほうが、見てるギャラリーにも楽しいと思うんだけどなあ。
走る人にはどっちも地獄かもしれんけど。

今回のBJ4勢大躍進の鍵は、その駆動方式やレイアウトよりも、パワーがかけにくい路面で
車を壊しにくかったからじゃないだろうか、と邪推してみる。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2005-08-14 15:20 | らぢこん | Comments(0)
2005年 08月 14日

続々々野次馬世界戦

2駆の決勝まで終了した模様。
Aメインはアソシ7ロッシ3.予選で健闘していた京商勢は残れなかった模様。
日本勢は2大巨頭がなんとかAメイン入りしたものの、足立伸之介でさえもCメイン落ち。
なんというか、星団最強大安売りのどっかの漫画みたいだ。化け物だらけ。

優勝のニール・クレッグを筆頭に上位3台はアソシ。ロッシ勢では前回チャンピオン
(当時はアソシ)のビリー・イーストンが4位に食い込む。日本ではともかく本国では
ずいぶん下火のような噂が聞こえてたアソシだけど、まだまだ横綱の貫禄充分に見える。

最後尾で辛うじてAメインに滑り込んだアツシハラは7位と意地を見せたものの、
日本が世界に誇る伝説巨人マサミは8番手から最下位に沈む。何があったんだろ?

4駆の方は動画があったので見てみた。スリッピーだとは聞いていたけど、
なんというか、2駆みたいに見える。世界最高レベルの人間が限界まで攻めてもあれくらいしか
握れないなら、おいらレベルだと1周ぶつけずに帰ってくるのも困難かもしれない。
2駆はさらにこの3秒落ちぐらいらしいので、壮絶ながまん大会が予想される。
おいらレベルだと1周する前にらぢこんが嫌いになって泣いて逃げ出すかもしれない。

しかし、世界はおっそろしいね。見てるだけで満腹だ。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2005-08-14 01:38 | らぢこん | Comments(0)
2005年 08月 12日

先祖帰り

バギーの世界ではロッシが世界戦でXX-4を使う先祖帰り現象が見られたが、
なんとタミヤ様までもが突然の先祖帰りでびっくり。

や、ここ数年の年寄り狙いの再販モノではなく、現状の特殊なニーズに応えるために
古いのを引っ張り出してきた、という意味ではロッシと同じとも言える。

TA03F・PROドリフトスペック

確かにドリフト向きらしい、という話は以前から聞いてはいたけど、
タミヤがこういう形で再販するとは思わなかった。ちょっと意外。
でもまあ、比較的気軽に再販できて、かつ大き目の需要が見込める、という意味では
まぁ、妥当なのかな、と。ダイナストームの再販のほうがよっぽど意図不明だったし。

FRPダブルデッキ仕様なのは、少量ならバスタブより生産しやすいから?
でもどうせほかの樹脂パーツ一式用意しなきゃいけない訳だし、
バスタブだって金型残ってるならコスト的にもそんなに大きいとは思えないけど、はて。

やっぱりこう、ドリフターな方々へは「PRO」という響きがより大きく購買意欲を刺激する、とか、
案外そういう安直な理由だったりするんじゃないかと推測。

個人的には、TA05って案外ドリフト向きなんじゃないかと思ってるんだけど、
なんにせよ、早く組まないとなあ。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2005-08-12 22:34 | らぢこん | Comments(2)
2005年 08月 12日

続々野次馬世界戦

とりあえず4駆は終了。日本の究極超人二人も今ひとつうまくいかなかったようで残念。
野次馬的に車だけ見てみると、Aメインはヨコモプロトと新型BJ4が3台づつと、
XX-4とDurangoが2台づつ。ベルトとシャフトが半々で全部フロントミッド、という
ちょっと興味深い結果に。
でもBメインに目を移すとロッシ珍妙プロト(JRX-4?)とかZX-5とかも居るわけで、
結局は人間の性能と時の運、というあたりまえな結論に。

プレデターX10の写真もあったけど、真っ黒なボディでメカが載ってなかったので
出走車ではなさそう。展示用?
シャフトドライブに振り分け電池、という、一見今後のトレンドのように見えるけど
実は前後逆だったりと、個性剥き出しのバギー界の傾奇者。
ロッシのあれと比べても独創性は互角以上で、かっこよさでは圧勝。
でも実際速いのはロッシなんだろうな、たぶん。

CAT4000は出走車と思われる写真があったけど、結果はどうだったんだろう?
ツーリングではあっちのでかいレースで勝ったらしい、とか聞いたような気がするけど、
本職(?)のバギーはどうなんだろう?>シュマッカー


で、とりあえず2駆は練習ラウンドが終わった模様。
スリッピーでバンピー、ということで、素人的にもロッシ勢かなり有利なんじゃないか、って
気がするけど、アソシ勢もぜんぜん遜色なく速い模様。
興味深いのは京商がAメイン圏内に二人もいること。
フロントストレートアーム仕様はマーク・パビディス車だけの模様で、他のメンバーは
(同タイムのジェミー・コルツ車も)ガルアーム仕様との事。
ストレートアーム&BK2ボディだと、元々がアレだけに、KYOSHOステッカーが無ければ
まんまロッシに見えるんだけど、これが本場のメリケンジョークなのだろうか。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2005-08-12 13:38 | らぢこん | Comments(0)
2005年 08月 09日

続野次馬世界戦

フランス語?で書いてある内容はいまひとつわかんないけど、すげぇ面白い。

ロッシの新型(?)は12位ぐらいにつけてるらしい。速いのか、あれが…
当然人間も速いんだろうけど、車もある程度以上走らないとこの順位は出ないと思うし。
これがロッシマジックかー、と改めて写真をじろじろ見てみるが…やっぱりどう見てもかっこ悪いのう。

新型BJ4は調子よさそう。前足が新型(=B4用じゃない)になって、最大の弱点は克服したのだろうか?
やっぱり、シャフトもベルトも今後はこのレイアウトがトレンドになるんじゃないだろうか?
5年後ぐらいに出そうなレーザーZX-6とか(鬼笑

あと、なぜか2駆の京商プロトの写真が。LRPの新型アンプQC3も気になるけど、
前足がまた変わってる様子。全日本で見たガルアームは、複雑な補強リブの入った
成型品っぽい足だったけど、のっぺりと肉抜きのない削り出しっぽいストレートアームになってた。
やっぱりガルアームだめなんだろうか?
アッパーアームマウントも、全日本では樹脂製だったのがカーボン板で作り直してあって、
ジオメトリを1から取り直してるのかもしれない。これはかなり先が長そうだ。

日本人選手では、マサミ&アツシハラの2大超人はAメイン入りは堅そうなものの、
他はちょっと微妙な雰囲気。期待の足立伸之介はいまひとつ噛み合わない様子。でも15位。
あんな鬼のように速い人達がこんなに苦戦するんだから、世界ってすげえんだなあ、と
当たり前のことをいまさら思ってみたり。

さて、夕方から夜中までだったはずの仕事が朝までになった。
戻ってきたら4駆の結果は出てるころかな。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2005-08-09 13:11 | らぢこん | Comments(0)
2005年 08月 08日

野次馬世界戦

全日本も終わって一息、の今日この頃。海の向こう(イタリアだっけか?)では世界選な訳で。
なんというか、各国各社の新型がてんこ盛りで、野次馬視点でも異常に面白い。

特に4駆は、つい先日まで主力現行車だったヨコモ・ロッシ・京商が、それぞれ新型車を
投入したり先祖帰りしたり(ぇ)で顔ぶれががらりと変わって、すげぇ新鮮。

2駆の方は今のところ京商とDurango以外に新型の話は聞こえてこないけど、
どうなんだろう?京商と並ぶ2大アソシコピー勢力であるアカデミーから
よくできたB4コピーとか出ると面白そうだけど…やっぱり劣化コピーにしかならんかな。

・京商
 もう、こんなにプロトタイプ臭のしないプロトタイプって他に無いんじゃないだろうか。
 気になるのは発売日のみ。9月説が濃厚だけど、さて?

・ヨコモ
 レイスピードでも紹介されてるけど、全日本仕様からまた進化している模様。
 下キャップ型アソシダンパー、ロッシとヨコモと両方使えるホイールハブ等、小物も魅力的。
 ナックルのつくりが独特。サスピン位置に対してアクスルがかなり低いので、アームレベルでも
 かなり車高が取れそう。奇抜なだけじゃないのは、なんというか、さすが。

・ロッシ
 いくらロッシ様でもさすがにそれはやらんだろう、と思われたJRX-Sベースのバギー登場。
 度肝抜き度ではTRF406Xを上回るかもしれない。っていうかどっちも正気じゃねえ。
 しかも、単にバギーの体裁にしただけではなく、基本レイアウトにまで手が加えられてて、
 モーターと電池の位置が入れ替わっている。モーターが後ろで電池が前。
 等長に近かった前後ベルトは後ろが極端に短い普通(?)のレイアウトになった。
 ていうか、PRO3と言えなくもない。でも超ワイドスパンな前後デフはそのままで、
 当然、足は(バギーとしては)異常に短い。JRX-Sに普通のツーリング足を付けたら
 こんな感じかも、みたいな印象。見た目の印象だけで言うならとても走るとは思えない。
 実際、チームロッシの主力はBK1(KE?)とXX-4らしいので、このプロトタイプは
 顔見せだけなのかもしれない。それにしてもBK2とXXX-4の立場は…

・J Concepts
 新型BJ4はフロントミッドのモーターと後ろに振り分けの電池。市販車ではいまのところ
 見られないレイアウトだけど、自作車だとHienとかスーパーダイダロスとかの
 有名どころに採用されてて、個人的には今最も合理的なんじゃないかと思うカタチ。
 無理矢理電池の上をまたいでいくDurangoよりもぜんぜん自然だと思うし。
 しかし、このタイミングでの新型発表は、日本国内ではけっこう微妙な気が…
 なんかもう値段まで出てるっぽいし。

・アカデミー?
 「早速新型BJ4のパクリか?」みたいな投稿を某掲示板で見たけど、本当ならちょっと
 仕事早すぎ。明らかにBJ4じゃないんだけど明らかに同じレイアウトの違う車の写真が。
 でも写真で見る限りでは駆動系もサスアームもアソシっぽいので、ほんとにアカデミーなのか謎。
 自社の新型(SB V2)もあることだし、こんな大舞台でそんなおかしなことするかな?
 …ロッシでもおかしなことしてるし、韓国メーカーだしなあ(頭痛
[PR]

# by harusame_kingdom | 2005-08-08 21:02 | らぢこん | Comments(0)
2005年 08月 05日

だっはっは

ふた仕事ぐらい終わって、次の仕事まで時間があるのでちょっと繋ごうと思ったら、
なにやら経験値2倍措置のためのメンテが始まったとこだそうな。

我ながら見事すぎるタイミング。面白すぎるけど笑えない。

で、明日にはもう終わっちまうそうな>2倍
土曜休みの普通の人たちが頑張っちゃって、不規則勤務のうまみも生かせないまま
ろくに狩りもできないまま終わりそう。けちくさい事言わずに1週間ぐらいやればいいのに。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2005-08-05 16:13 | ラグナロクオンライン | Comments(0)
2005年 08月 05日

ギャワー

さーて、昼から仕事で朝まで帰れないし、いまなら空いてて優雅に快適な狩りができるし、
いっちょやるかー、と思ったら鯖落ちてやんの。

お約束過ぎて涙も出ねえ。

機器の不具合とかで昨夜2時からいまだに復旧しないんでやんの。
どーせしばらくやれないから、もっと盛大に落ち続けて、
あとでどかんと補填処置とかしてくれたほうがいいのう(勝手
[PR]

# by harusame_kingdom | 2005-08-05 09:29 | ラグナロクオンライン | Comments(0)