神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 31日

まぢか

京商にダンパーシャフトを送ったら「異常なし」との回答が。

見た感じヤバそうでもちゃんと組めるならいいんだけど、実際組めなかったのになあ。
下側Eリングをはめた状態で返ってくるらしい。

恐らくモノは同じはずのオプティマダンパーはちゃんと組めたんだけどな。
面倒だからパスするつもりだったけどばらして確認してみるかな。

戻ってきたらちょっと真面目に検討してみよう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-03-31 01:12 | らぢこん | Comments(2)
2017年 03月 28日

それでこそ京商

早速ターボスコーピオンを組みはじめた。

元々ワイドだったのをさらにがつんとワイドにしたフロントアームシャフトが
ターボスコーピオンの目玉だったけど、さらに固定ブロックで押さえられる部分に
セレーションが入るという驚きの改良が施されてた。
従来だとここが緩むとするする動いてアライメントがめちゃくちゃになるのが
スコーピオン系のアキレス腱だったけど、これがちょっとした滑り止めレベルではなく、
アームブロックの溝に手で押し込んでもシャフトが入らないくらいきっつい。
一度ねじでぐりぐり締め込むと、緩めてもびくとも動かないくらい食い付く。

最初のスコーピオンでは削らないとまともに組めないくらいきつく、
次のビートルで改善されて若干きついけど普通に組めるようになったデフのベアリング。
トマホークでは特に変化した印象は無かったけど、ターボスコーピオンでは
まるで普通の車のようにするっと何事も無く収まるようになった。
もちろんドッグボーンも突っ張らないし、オリジナルのアルミから鉄製に変更されて
磐石の信頼性を得たリヤサスポストはさらに大幅強化された。もうねじが緩む以外に
壊れようがないんじゃないのかこれ。

このシリーズでなぜか頑なに維持されてきたくっそ面倒くさいポリカのパッキンも
なんとか押し込んで、さあダンパー組むぜー!ってとこで思わぬ落とし穴にはまった。

e0034693_2244437.jpg


ダンパーシャフトを一目見た瞬間に「なんか溝浅くね?」って思った。
試しにタミヤのダンパーシャフトと並べてみると目測で1/3くらいしか無い。
ラジペンで押し込む前にまず溝にEリングを当てて立てるのがすげぇ難しい。
まるで溝なんて無いみたいだ。

e0034693_22473570.jpg


無理矢理Eリングを押し込むと…溝が浅い(=軸が太い)からEリングが押し広げられて
歪んでしまう。それでも組めりゃいいんだけど、曲がったEリングが邪魔でピストンが
ちゃんと収まらない(=押さえのEリングの溝が見えなくなる)から無理だ。

全部の溝にEリングをはめてみた訳じゃないけど、少なくとも見た感じは
2箇所×4本=8本の溝が全て異常に浅い。1個だけとかなら不良掴んじまったか、
って思うとこだけど、4本全部ってことは最悪初回ロット全部これ、って可能性もある。
あーなんか久々にキたな!それでこそ京商って感じだ!


なんとなく、思い出せる範囲で今まで自分が買った京商キットの不良暦を書いてみようか。

・サーキット1000アドバンス
 フロントのアームブロックのねじ穴のタップが不完全
 タイロッドの両ねじシャフトが片方しかねじ切ってない
・デミカターボオプティマ
・グランプリレーサーNSR500
・オプティマミッド
・レーザーZX
 初期ロットはベルトカバーが不良でベルトのテンションがぱつんぱつんになる
・レーザーZX-R
・TF2
・TF2タイプR
・TF4
・KX-One
・レーザーZX-Sエボリューション
・アルティマRBタイプR
 フロントタイヤがワイド4リブのはずが片側ラジアスリブが入ってた(2台買って両方)
 バンパーとスパーギヤが成型不良
・レーザーZX5
・アルティマRB5
・TF5
・レーザーZX5FS
・サンドマスター(初期)
・サンドマスター(改良)
・プラズマフォーミュラ
 不良じゃないんだけど仕様がいろいろ酷い
・ハングオンレーサーNSR500
 樹脂パーツが「羽根つき餃子か!」ってくらいひどいバリ
・スコーピオン
 デフのベアリング穴がきっつい
 ドッグボーンが突っ張る
・ビートル
・トマホーク
・オプティマ
・ターボスコーピオン
 ダンパーシャフトのEリングの溝が浅い←New!

ミニッツ方面はキリが無いので書いてない。

たぶん忘れてるのもありそうだけど買うたびに何か不良がある!ってことはさすがに無い。
その点タミヤは車自体がひでえなってのはよくあるけど不良を掴んだ覚えは無い。
京商以外で印象的だったのはサスピンのEリング溝が切ってなかったのと
デフリングが割れてたヨコモYZ10。あといろいろ酷かったアクティブA210SS(遠い目

京商にはいろいろやられてるけどあまり腹は立たない。信者だからな。
でもプラズマフォーミュラは本当に大変だった。高レベル信者向け。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-03-28 23:29 | らぢこん | Comments(0)
2017年 03月 26日

ターボスコーピオン

もちろん無事に発売日に買ってきた。

e0034693_20472657.jpg


さすがに復刻版だけで4台目になるから新鮮味は無いはずなのに充分わくわくしてる。
もったいつけずにさっさと組もうと思ってたのに、気が付いたらもういい時間だった。
まぁぼちぼち組んでいこう。

e0034693_20564860.jpg


サーボは使う予定の無いビートルに載ってるのでも持ってこようかと思ってたけど
結局新規で買ってきた。ついでに2個セットなら381(廉価受信機)と大差ない値段で
叩き売られてた482(アンテナ内蔵テレメトリー受信機)も買ってきた。
アンプとモーターはずっと前に買って用意してあるルマン240Sだ。完璧だ。

ついでに、ターボスコーピオンの板類が売ってたからなんとなく買ってきた。
よーしトマホークもロングホイールベースだー!って思ったんだけど、
あの車は現状でわりと神懸かったバランスだからあんまりいじらない方がいいな。
ビートルも素のままでいく方針だし、最初から好き放題いじってたのはスコーピオンだ。
でもスコーピオンまでロングにしちゃうとターボスコーピオンと並べた時になあ。

…トマホークもう1台買ってターボトマホーク作っちゃう?いやいやいやいや。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-03-26 21:05 | らぢこん | Comments(0)
2017年 03月 21日

とあるなんとか

確か去年のホビーショーでなんか変なことやってるな、くらいに思ってたけど、
ラノベとコラボしたバーチャロンがゲームにリバースコンバートされるらしい。

とある魔術の電脳戦機

ラノベ方面はまったくわからないから、それが面白いのかどうかも知らないけど、
ラノベが面白いかどうかは正直どうでもいい。いやどうせ面白いんだろうけどさ。

問題は、ゲームとして出てくる以上受けて立つ以外の選択肢が無いことだ。

しかし…恐らく今回のコラボで立ち上げなおしたんだろうけど、
バーチャロンシリーズ公式サイト自体が随分前から404だったじゃないか。
つまりもうやる気無かったって事だろ?
亙はなんかやる気満々みたいなコメントしてるけど、亙の言う事だからなあ。
多少の腹案くらいはあるんだろうけどほぼ今から考えます!に近い状態なんじゃないのか。
プレイ人数すら未定だ。1対1なのか2対2なのか、あるいはそれ以上なのか。

イメージイラストを見る限りではテムジンはオラタン仕様みたいだけど、
ラノベの中ではどういう扱いだったんだろう?オラタンにもフォースにも
当てはまらない別物なんだろうか?
カトキのコメントではバーチャロイドは新規ではなくお色直し程度みたいにも思えるけど。

願わくば、いまどきのハードウェアでばりばりにかっこよく描き直したオラタンであってほしい。
そこにマーズみたいな益体も無いキャンペーンモードを追加してもらっても構わんけど、
素のオラタンもオンライン対戦対応でちゃんと用意してくれたらそれでいい。
そこだけ守ってくれたらキャンペーンモードがどんなにうんこでも構わない。

PS4は買わなきゃいかんけどそこはまぁ仕方ない。問題はツインスティックだ。
XBOX360のやつ使わせてくれるとすげぇ助かるんだけどなあ。USBだし刺さるんだから
あとはソフト側が対応する気あるかどうかだけだと思うんだけど。
サターンだったかDCだったかの時に「ツインスティックよりキーボードを優先してほしい」
とかあほなこと言ってた奴が作るゲームだからなあ。心配だ。
「どうせ完全新作なんだからもうツインスティックとかいいよね?」とか言い出しかねん。

現状で期待と不安がだいたい2:8くらい。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-03-21 20:58 | ゲーム | Comments(0)
2017年 03月 11日

ビッグウィッグ

正直「これは買わねば!」とまでは思わなかったんだけど、
そういえばホットショット系の復刻モデルってまだノータッチだったな、とか
かなり思い切った価格設定でぐらぐら来てなんとなく買うことにした。

e0034693_1749577.jpg


だからまぁ、そんな前のめりだった訳じゃないんだけど、結局発売日に買ってきて
今日から組み立て始めてる。再来週にはもうターボスコーピオン来ちゃうからな。

しかし、いざ作り始めるとやっぱりいろいろと面白いな。
当時ホットショットは所有してたけど「あれ?こんな風だっけ?」ってとこが結構ある。
ホットショット系最終モデルだから細かく改良されてたのか、復刻時に改良されたのか。

前後の駆動系&サスアームのユニットが完了してあとはフレームとメカ積みとダンパー。
構造上の最大の萌えポイントであるラック&ピニオンのステアリングが楽しみだけど、
その前にV8エンジン風のモールドとか塗装してやろうかな、とかいろいろと夢が膨らむ。

うん、買ってよかった(ほくほく
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-03-11 18:01 | らぢこん | Comments(2)
2017年 03月 11日

MT-10がやっと国内発売になるらしい

発表されたのがちょうどFAZER8を買った頃だったから…1年半くらい前か。

海外ではとっくに発売してたのに正規代理店のプレストもずっとだんまりで。
ラインナップを見ても「17年モデル」「16年モデル」のマークの付いてないやつ
(=15年かそれ以前の在庫?)が大半だ。排ガス規制とかが海外も国内も
あまり変わらなくなるっぽい(?)し、今後はめぼしいとこは逆輸入じゃなくて
ヤマハが直々に国内モデルとして出して行って、プレストは徐々に店を畳みにきてるのか?

で、MT-10/SPも国内モデルとして出てくるみたいだ。

素の方でも160万台、SPだとほぼ200万だ。現行R1ベースだと思えば
こんなもんか、とも思うけど、MT-09がよく出来てるのにすごい安いから、
この価格差ほど性能差はあるのか?とか考えるとだいぶ厳しい気もする。

能書きでは「単なるR1のネイキッドじゃないよ!ちゃんとMTとして作り込んでるよ!」
ってことを熱く語ってるけど、見た目から受ける印象はR1のネイキッドまんまだ。
かつてのFZS1000がR1からちゃんと作り込んだネイキッドだった訳だけど、
FZS1000は顔(とエンジン)だけがR1で他は別物だったのに対して、
MT-10は強烈過ぎる顔とアップハン以外はほぼR1まんまで正反対だ。
まぁ現行R1の顔自体が歴代R1とはまるで別物だから、あれを超絶ヤマハセンスで
ネイキッドに翻訳した結果があの顔、と言われれはそうなのかもしれない。

一切の言い訳を排除してサーキットで勝ちに行くために作られたR1から、
明らかにオーバークオリティな要素はいろいろと削られては居るけど、
鬼のようなスイングアームやフレームの塊感は完全にR1そのまんまで、
元祖のMT-01はともかく、近年の成功シリーズであるMT系に通じる
軽快なイメージは微塵も無い。とにかく強ぇんだ!凄ぇんだ!って主張しか感じられない。

とにかく写真で見る限りでは「おぉ!」よりも「ぅ・・・」寄りの印象だけど、
いろいろと奇抜なだけに現物を見てみないとなんとも言えないかもしれない。
エンジンの味付けもR1とはまるで違うみたいだけど、結局のところクロスプレーンなら
V4的な回り方なのは変わらなさそうだけど、どうなんだろう?

もう春だし試乗会シーズンも近いはずなのに、毎年恒例のプレストの試乗キャラバンも
いまのところ何の告知も無し。やっぱりもう畳む気なのか?

どっかで試乗できるといいんだけどなあ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-03-11 00:33 | バイク | Comments(0)
2017年 03月 07日

春の旧車まつり

続々と発売日が確定して来た。

3月9日ごろ:ビッグウィッグ
3月24日ごろ:ターボスコーピオン
4月20日ごろ:グラスホッパーⅡ

CATがまだ見えないけどほぼ隔週で1台買う勢い。デアゴスティーニもびっくりだ。
ターボスコーピオンの次(ジャベリン?ターボオプティマ?ファントム?)も
動き出してるだろうから案外早いんじゃないかと思ってる。

とりあえず今週末はビッグウィッグだ。さくさく組んで行かないと追い付かないな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-03-07 22:41 | らぢこん | Comments(0)
2017年 03月 05日

今月のらぢまが

創刊500号らしい。78年4月創刊だったらしい。
自分が読み始めたのは83年だったか84年くらいの中村やすひろのポルシェ956が
表紙だったやつかな。ずっと取ってあったのに間違って捨ててしまったのが悔やまれる。


・ビッグウィッグ2017

由良拓也と滝博士の豪華対談。近年では色気も何も無い競技一辺倒として
普通に使われてるディッシュホイールが当時は最先端デザインだったんだな、というのが
また興味深い。ムーンクラフトのロゴって当時から入ってたっけ?
当時の一線のデザイナーの渾身のエアロボディは今見ても新鮮でかっこいい。
それに比べて、現行バギーの最新トレンドのエアロボディときたら…(汚いものを見る目
復刻版のパッケージはブリスターパックにはならないらしい。
残念だけど値段で相当頑張った代償だと思えば仕方ないのかもしれない。


・グラスホッパーⅡ2017

正直当時でさえ今更感が強かった印象で、「これが最初の1台だった!」って人も
そんなには居なかったんじゃないかなあと思うけど、個人的にはけっこう気に入ってた車。
純粋な入門者より、グラスホッパーで入門した人が「おぉ、こんなとこも改良されてる!」
ってにやにやするのが醍醐味だと思うし、そう考えると復刻スコーピオン系にも通じる。
元々の出来も改良の度合いもスコーピオンには遠く及ばないけど、その分安い。
たぶん買う。車体はあまりいじらず、当時手抜きしすぎて後悔したボディを
もっとちゃんと塗ってやろうかと思う。


・トップフォース2017

単純に年代的にはもうそろそろビンテージモデルを名乗ってもいいんだろうけど、
なんだかんだで駆動系がいまだに現役だったりで、あまりそういう気がしない。
エボならまだ…いや、あんまり値段ばっか高くなるのも困るか。
見た目だけでもハイキャップダンパーをまた出してくれるならちょっといいかもしれない。


…って、書きたいこと書いたらタミヤの復刻しか無かった。
CATのこともちょこっとだけ書いてあったけど目新しい情報は無し。
ちなみにラジマガ情報では無いけど国内代理店に動きはあった。
発売は4月予定で定価税別4万5千だそうな。値引きは無いんかなやっぱり。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-03-05 22:19 | らぢこん | Comments(2)