神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 30日

ToS5日目

とりあえず無理矢理80まで上げて転職したとこで終わった前回からどこまで行けるか。

今まで、大体気持ちよく狩れるとこがあったら気が済むまで買って、
あとは黙々とクエを潰していく感じで進めてきた。
マップに表示される適正レベルから3つか4つくらい足りなくてもなんとかなるけど、
それ以上だと厳しいし、普通に敵を倒して稼ぐのはしんどい場合が多いから、
クエの報酬で貰える経験値カードを使って戦えるレベルまで持っていく、という感じだった。

が、ここにきて、レベルがマップに追い付かず、クエで経験値カードを貰おうにも
レベルが足りなくてクエも進められない、という状況に陥った。
ていうか、こんなレベルまで最適行動でもないソロで特に困らず来れたのがすごいのか。

さて困った。なんとか倒せる雑魚敵も大量にもりもり狩るには厳しいし、
ぼちぼち狩ってるくらいでは埒があかない。狩りでもクエでもない稼ぎは無いのか?

FF14ならリーヴかIDだろうか。ToSはリーヴは(たぶん)無いけどIDはある。
いちおうレベル50から参加可能なのは知ってたけどわからないから手付かずだった。
初日はほぼ無かったPT募集も最近は頻繁に出るようになったけど、
トークン使って3周?とかなんかガチっぽいのが多くて入っていいのか躊躇する。

そんな中、まったり雑談みたいなのがあったから恐る恐る入ってみた。
5日目にしてはじめての日本語入力だ。それまでひたすら黙々無言だった。

e0034693_1311862.jpg


まぁ、いろいろありすぎて全部は書ききれないんだけど、PT関連やチャット関連だけで、
今まで見たことも無いような不具合がもりもり出てきた。
不慣れなシステムだから不具合なのか仕様なのか判断が難しいのもあるけど、
こりゃ明らかにおかしいだろってとこだけでも膨大なのに、仕様もおかしすぎる。
本当に生まれたばかりのゲームならまぁ仕方ないかとも思うけど、
いちおう韓国版や国際版は正式稼動済みなんだからある程度の完成度はあるだろ、
って思ってたらとんでもなかった。ゲームのスペックはROよりも数段上だけど、
完成度はROのβ1と同等以下かもしれない。正式稼動もβ3とか呼ばれた
ROも大概だったけど、あれでもここまでは酷くなかった気がする。

ぐだぐだなシステムに難儀しながらも、やっぱり誰かと遊ぶのは楽しかった。
とりあえず一度IDにも行ってみたけど、レベル50から参加できるとこだから
80台なら楽勝だろう、と思ったら結構な歯応えでびっくりした。
無茶な突撃したとかじゃなく、おっかなびっくりで進んでるのにちょっと気を抜くと危ない。

そういえば、本来は課金アイテムであるトークンが、ログイン時間に応じて
勝手に支給されるんだけど、もちろん貧乏性なのでずっと使わず溜め込んでた。
今回初めて使ってみたんだけど、かなり細々といろんな方面でゲームが楽になる。
経験値や移動速度が増えるとか、1日2回しか行けないIDにもう1回行けるとか、
専用のエモーションががっつり増えたりする。

e0034693_1483538.jpg


ROのエモは頭の上に吹き出しが出るだけだったけど、ToSのはちゃんとキャラが動く。
コサックダンスとか面白いけどどういう時使うんだろう?

んで、今日は実家帰ってたからまったくやってない。
ごりごり遊ぶのはこのへんにして、ぼちぼちでやっていこうかな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-08-30 01:52 | ゲーム | Comments(0)
2016年 08月 28日

ToS4日目

なんとか転職までは行きたいなーと思って頑張ってたら3時まで掛かった。レベル80。

ROにも敵にレベルはあったけど、実際の強さや経験値とはあまり関係なかった。
ToSの敵レベルはそれなりに妥当で、妥当な範囲でレベルの割に強い敵や弱い敵も居る。
まずマップ表示するとこのマップの適正レベルも表示されるから殴らなきゃわからないって事も無い。
ROみたいにレベルの並びがでたらめだったりはしないので、適正な狩場に行くために
この超怖いマップを通らなきゃならない、みたいな事も無い。でも一本道でもないので、
本来のシナリオ通りに進まず、こっちのマップは何だろう?って行ってみたら
超怖いマップだったりすることはある。それでも即マップ開けば確認できるから即逃げればいい。

ROほどえげつなくは無いみたいだけど属性相性とかもあるみたいだけど、
ソードマン視点ではまだ絡んでこない。それでも物理攻撃属性(斬・突・叩)や
敵サイズによる補正はそれなりに大きくて、剣で斬ったほうがいい敵と、
槍で突いたほうがいい敵がある。どっちかに纏まっててくれればいいんだけど混じってると面倒。

e0034693_15522395.jpg


んで、こっちの攻撃属性に相性のいい敵が纏まって大量に居るとこではこうなる。
ROでも良く見られた光景だけど、通常攻撃が範囲で適正レベルだとプレイヤーが圧倒的に強い
このゲームでは、強力な装備やPTでがっちり支援しなくても、ソロで充分これくらいできる。
正直戦術もゲーム性も何も無い、もみくちゃになりながらただ暴れてるだけだ。
乱れ飛ぶ数字とHP/SPゲージを見て危なくない程度のとこで切り上げるだけだ。
よっぽどの無茶を続けなければまず死なないから緊張感も無い。でもこれが超たのしい。

何だろう?戦うゲームをやってるというよりも、ビニールぷちぷち潰しに爽快感を加えたような。
ToSは初心者だけどROは無駄に長くやってたから溜め込みが悪いことだって事は解る。
だからあまり長時間は溜め込まずにさっさと処理して、他に人が居なさそうならまた集める。
集めるのもマップをぐるぐる練り歩いて引きずり回すのではなく、FF14のフラッシュの
さらに広範囲版(画面全体よりさらにもう一回り)のスキルがあるから、それで見えてる敵
全部のタゲを一瞬で取れる。ROと違ってきっちり自分の敵だけを叩く、ということが難しいから
よほど露骨じゃなきゃ横殴りもあまり問題にならない(っていうか気にしてたらやってられん)し、
たぶん大丈夫なんじゃないかと思ってる。そのうち問題になるかもしれんけど。

なんかもうずっと篭って叩き続けていたい気もしたけどキリが無いのでほどほどで進む。が

e0034693_16261496.jpg


ふつうにゲーム進めてたら突然の鯖缶→「THE LOGIN」
何がRO懐古厨の心に響くのか忘れずにやってくれる。忘れてくれていいのに。

その後も進めていくと、通常の雑魚も妙に手強くて雑に戦ってると簡単に瀕死になるのに、
名前は通常の雑魚と同じなのに妙にでかくてHPがボス並みにある奴が混じってきたりで
泣きそうになりながらもなんとか頑張ってクラスレベル15に。ランク3の転職試験が
けっこう大変で鼻血が出そうだったから覚悟してたけどランク4の試験は超あっさりだった。
ランクっていうかクラス毎に違うのかな?

e0034693_1636497.jpg


というわけで、ランク4のロデレロになってみた。頭の天狗のお面はクラスとは関係ない。
ふざけた頭装備が多いのもさすがROの血統だ。

e0034693_16401446.jpg


いかにもかわいい系でもいかにもかっこいい系でもない、一見微妙な服。
でもよく見ると細かいリボンがいっぱい付いてるのがROのシーフみたいでいいな。
やたらボリュームのある二の腕やストライプもノイエ・シルチスっぽいと思えばかっこいい。
ランク2のペルタストからさらに踏み込んだ盾職で、盾を構えて突撃する機動隊のようなクラス。

同じランクのカタフラクト(騎乗両手槍)も悩んでとりあえずコンパニオン(ペット)も買ってみたけど、
今の適正狩場では速攻で死ぬから、真面目にレベル上げようと思ったらだいぶレベル低い
マップに行く必要がある上、どうもレベルが上がってもステータスが何も変わらない様子。
どうも、ステータスはレベルじゃなくて金を払って上げる仕様らしい。じゃあレベルは何なの?
ちゃんと戦えるようにしようと思ったら金がいくらあっても足らん、と判断して見送り。
早めに取ってこつこつレベル上げておかないと後々辛い、ではなく
他のクラスで充分強くなって予算も潤沢になったらちゃちゃっと上げる、でいいのかもしれない。

次の転職までは頑張っても三日くらい掛かるかな。休み終わっちゃうな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-08-28 17:04 | ゲーム | Comments(0)
2016年 08月 27日

ToS3日目

昨日はレベル48くらいからレベル66くらいまで。

プレイ感としてはだんだんレベル上がらなくなってきたなーって感じるけど、
結果の数字を見ると思ったほど変わってない。まだまださくさくの序盤ってことか。

e0034693_164662.jpg


さて、ぴょんぴょんにも大分慣れてきたし、ボスでもあまり死ななくなった。
もちろん楽勝って意味ではなく、なめてると速攻死にそうになる。
でも必死でやればなんとかできる。そこがすごい重要な部分だと思う。面白い。

ROのボスはゲームのアクセントというよりもはや天災のようなイメージで論外だったし、
FF14のボスは提示された手順をきちんと覚えて実行する作業だった。
ToSももっと理解が進んでいくと単なる作業に成り下がる可能性も無いことは無いけど、
予備知識らしい予備知識も無しの初見がゲームとしてちゃんと遊べてる。
本来当たり前なんだけどこれはけっこう凄いことだと思う。最近お目にかかってなかった。

ちなみにToSのデスペナは装備の耐久値が大きめに削れるのと、一部のアイテム(ジェム)を
ぶちまける事。絵的にはDiabloで死んだときみたいにばらばらと落とすんだけど、
拾うことはできない。見えてるのにただ消えるのを待つだけ。

ジェムはROのカードやFF14のマテリアのような装備強化系のアイテム。
装備に装着してる状態だと死んでも落とさないけど素で持ってると落とす。

装備が削れるだけでほぼ実害の無かったFF14はともかく、ROはとにかくデスペナが辛かった。
経験値1%っていうのは序盤ならそのへんの雑魚一匹叩けば即取り返せたけど、
終盤だと1日分の稼ぎが一瞬でパーになったりする。だからどんなにおいしくても
万一のある狩場では怖くて戦えない。絶対安全なとこでこつこつやるしか無かった。でも死ぬけど。
最近はROも随分変わったみたいで、今日スタートしてその日に転生とかもあるらしいけど。

だからToSもじゃんじゃんばりばりレベルアップして、好き勝手にクラスチェンジして
あー間違えたーよーしもう1回!みたいなゲームなんじゃないかと思ってたけど、
少なくとも今のところレベルが上がっていくのが単純に楽しい。懐かしい感覚だ。

今日も頑張ろう。今日はなんとかクラスチェンジまでは行けるかな?
次何に行くか考えてないけど。

そういえばチャンネルって何なのかいまだにわかってない。でもまぁ困ってない。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-08-27 16:04 | ゲーム | Comments(0)
2016年 08月 26日

ToS2日目

1日目でレベル25くらいまでやって、二日目。

序盤のもりもりレベル上がる感はだいぶ落ち着いてきた。
が、まだまだあまり強くなった感が希薄。最初はあんなにしんどかったのが
だんだん楽になってきたな、ってのが普通だと思うけど、元々強い上に、
お話とともにマップもどんどん進んで順当に強くなってくから、
敵一匹倒すのに何発くらい殴るか、一発食らったら何ミリ減るのかとかの感覚が
ほぼ変わらない。たまに最初のほうのマップに戻って最初の敵を殴ると
さすがに一撃だけど、それでもHP10の敵に300くらい食らわす!とかじゃなく
オーバーキル表示(そんなのまで出る)で130%とか140%くらいだから
そんな笑っちゃうほど強い訳でもない。

まぁタンクであるソードマンはそんなに火力無い設定なのかもしれんけど、
RO脳だとむしろ近接火力最強のイメージ(そもそも間違ってる)だし、
ステもひたすら力にしか振ってないからかなりの火力偏重のはずなのにこれだ。

あと、スキルが使いにくい(パッド操作だとFF14のクロスホットバー式で、
基本SPは戦闘中回復しないのでFF14みたいにスキル主体では戦えない)上に、
素殴りが充分強いのでボスでごり押しするときくらいしか使わないのに何も困らない。
ここ一番ですごい火力が出るのかといえばそうでもなく、もっとレベルが上がれば
また変わってくるのかもしれないけど、体感では瞬間火力でも素殴りの2倍も出ない。

そんな感じで、なんだかよくわからないけどわからなくても別に困らない、という
ある意味今風なプレイ感だったんだけど、レベル40くらいからだんだん緊張感が出てきて
ゲームらしくなってきた。雑魚も単なる殴り合いならまるで勝負にならないんだけど、
スキルを使ってくるようになってダウンさせられたり眠らされたりするようになった。
大量の雑魚に囲まれてそれぞれ順番に一定時間攻撃不可のデバフをかけられたりすると
「あれ?もしかして死ぬ?」みたいな緊張感もある。
序盤はほんとに「で、このゲームどうやったら死ぬの?」みたいな感じだった。

ボスも序盤はいかにもモーションの大きい「さあ避けてみろ」みたいな攻撃をするんだけど、
少なくともソードマンのHPはそれ全部食らってもまず死なないよね、ってくらいしか減らない。
んで、いちおう避けようと試みて避けれたり避けれなかったりするんだけど、
スキル連打連打連打ーーーあれSP無い?じゃあ殴る殴る殴る殴るはい勝った!
みたいな感じであまりにも緊張感が無い。

が、ボスもそろそろ必死でやらないと死ぬようになってきた。
ほんとに痛い攻撃はソードマンでさえもまともに食らうと満タンのHPが半分になる。
動いてる画面見てていちばんROと顕著に違う要素がジャンプだと思うんだけど、
このジャンプで敵のほとんどの攻撃を避けれる、という独特のシステムになっている。
見て当たってるかどうかではなく、ラグもあるだろうから一概には言えないんだろうけど、
ジャンプの上昇中だと避けてるように見えても食らうし、頂点から下降中は
例え真上から降ってくるような攻撃でも問答無用で避ける。
だから、ボスのモーションとタイミングを完璧に覚えればたぶん全部避ける事も可能だし、
とりあえずぴょんぴょん飛んでれば攻撃の半分は避けれる、という事になる。
強いボスとの戦いでは本当にこれが命綱で、ボス周辺がデバフエリアになってるときは
離れてぴょんぴょんしながらボスを引きずり出し、ぴょんぴょんしながら接近し、
攻撃の長いモーションに入ったのを見て死角に回り込んでスキル連打!
失敗したらぴょんぴょんしながら離脱してポーション叩いて(ROみたいに連打はできない)
立て直してまたぴょんぴょん接近する、という傍から見たら実に間抜けな戦い。
でもやってる本人は超必死ですげえ緊張感。

この、淡々と進んでたストーリーからさあボスが来る!戦え!ってなって
さっきまで他プレイヤーや通常モブがわらわら居たフィールドが突然インスタンスになって
ボスとの一騎打ち(PT組んでたらどうなるかはまだ知らない)に突入する感じは
なんかイースっぽいな、って気もした。序盤は緊張感無さ過ぎたけど最近は特に。
倒したボスが派手に消滅してアイテムが手に入るとこなんか特に。あのBGMが欲しい。

そんなこんなで、二つ目のクラスも無事15になって次の転職。
器用貧乏でどんどんスキルを増やしていくより同じクラスを繰り返して
スキルレベル上げるほうがいい、って話だけど、このキャラでどこまで行けるかも
わからんし、そもそも正解というかセオリーも解らないし、けっこう頻繁かつ大規模に
スキルに調整が入るらしくて、どうも現状「これが鉄板」と言えるものも無さそうだし、
必要なら後からまた下位クラスをやることも可能なんだし、そもそもスキル使ってないから
実用上あんま困らないんじゃね?ということで深く考えずに行くことにした。

というわけで、ソードマン(ランク1)→ペルタスト(ランク2)→ホプライト(ランク3)へ。
今度は片手槍のクラス。直前にレベル40の片手槍を拾ったからとか両手剣が嫌いとか、
濁点が嫌いとか半濁点大好きとかそんな理由ではなく、純粋に服で選んだ。

e0034693_13271673.jpg


かわいい(確信

e0034693_1328463.jpg


ちなみに武器が変わると見た目にも反映される。全部かどうかはわからんけどたぶん全部。
でっかいカイトシールドを背負った後姿はなんかターンXみたいだ。
ポニテとの親和性はいまいちだった。

e0034693_1332382.jpg


静止画だとわかんないけど走ってるときのひらひら感がすごくいい。
安心してください、パンモロはもちろんパンチラもしませんよ!
ポニテもいい感じに揺れる。盾邪魔だけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-08-26 13:38 | ゲーム | Comments(0)
2016年 08月 25日

ToSやってみた

というわけで、昨日は職安やら履歴書やらで急にばたばたしたので、
OBTそのものは15時から始まってたけど18時くらいから繋いだ。

e0034693_13363982.jpg


いや、繋ごうと試みた。繋がんねえ!SIMPLE1500シリーズ「THE LOGIN」の再来だ!
さすがRO懐古厨狙い撃ちタイトルだけあってよく解ってる。憎い演出だ(口元の血を拭いながら

e0034693_13371019.jpg


フォーラムとか確認してみると、3つある鯖のうち1番目のは速攻で満員でもう入れないどころか
入った人も進行不可能な状態になって緊急メンテが始まるらしい阿鼻叫喚っぷり。
ちなみに昨日キャラ作ったのはこの1番目の鯖だ。早速お蔵入り。

2番目もすでにかつかつだから3番目ならすぐ入れるぜ、って事らしかったけど、
それを読んで実行しようとする段階ではすでに3番目の鯖もかつかつで入れなかった。
初日からすげえな!いや初日だからか?

とりあえず定期的に叩いたり連打したりしなくても待ってれば入れるらしいから大人しく待つ。
30分くらいしたらようやくバラック(キャラセレ画面?)に入ったものの、
ただ背景(室内)の絵が表示されただけで何のメニューも出てこない。

e0034693_1338225.jpg


え?何これ早速バグってんの?って思ったけど1分くらいしたらメニューも表示された。
キャラメイク自体はもう解ってるし死ぬほどシンプルなんだけど、何かボタン押すたびに
1分くらい帰ってこないのがすげぇ怖い。ゲーム始まる前からこんなので大丈夫か?

とりあえずまたロングポニテの剣士を作っていざ突撃!

e0034693_13394517.jpg


最初に出てくる敵の名前がいきなりおかしい。不安の煽り方が入念過ぎる。
そんなに心配しないでいいのよ?もう充分不安だから!

肝心のゲームの方は、なんというか、だいたいこんなもんだろうと想像してたよりも
さらに数段ROとはかけ離れてるイメージだ。グラディウスとファンタジーゾーンくらい違う。
ROの剣士といえば育ってしまってからはともかく序盤はとにかくひたすら地味だったけど、
通常攻撃が範囲攻撃になってるので、敵をまとめてざくざく切り刻みながらどんどん押せる。
ファイナルファイトみたいな感じだ。
しかも、敵も数は多いけどものすごく弱いので、レベル1からすでに無双できる。

あほみたいにばりばりレベルが上がって狂ったように転職しまくるゲーム、という
先入観だったけど、確かに初期のROと比べればあほみたいに早いんだけど、
レベル200以上まで行ってまだ上があるゲームだと思うと案外ゆっくりなスタートだった。

ちなみにROのクエはおまけみたいなものだったけど、FF14みたいにしっかりした
メインクエといろいろ稼げるサブクエがあって、クエで貰える経験値はそのままではなく、
使うと経験値になるアイテムとして貰える。で、それはまだ溜め込んだままで使ってない(貧乏性
だから純粋に戦闘のみで得られる経験値でしか上げてないけど、それでもそれなりに上がる。
通常戦闘の経験値なんて雀の涙にしかならなかったFF14ともまた違うみたいだ。

ROは一度の経験値で2つ以上レベルが上がらない仕様だったから、レベルの低いキャラで
極端に大量の経験値が一度に入ると溢れた分をどぶに捨てる事になった。
ToSがこの仕様を踏襲してるのかどうかはわからない(普通しないと思う)けど、
溜めといた経験値を欲しいときに欲しいだけ使えるようになった。
これがどう便利なのかはまだわからない。これからわかるんだろう、きっと。

とりあえずクラスレベルが15になって最初の転職チャンス。初期のソードマンがランク1で、
次はランク2のハイランダー(両手剣)かペルタスト(盾)になるか、もっかいソードマンやるか。
同じクラスはもう2回まで繰り返し可能で、繰り返すことで新しいスキルが増えたり
同じスキルでもより高レベルまで取れたりする。ROみたいな「前提スキル」の概念は無く、
そのクラスのそのサークル(1回目がサークル1、3回目はサークル3)のスキルはどれでも取れる。
とにかくクラスがいきなり膨大で覚えらんねえよこんなの!って思ったけど、
スキルツリーとか無いとどう育てりゃいいのか見当も付かなかったROよりは解りやすいとも言える。

で、とりあえずペルタストになってみた。新しいクラスになるには簡単なクラスチェンジクエがあり、
それをクリアするとクラス衣装を貰える。実際の装備ではなく、首から下の見た目はこれで変わる。
んで、貰った衣装は今後また違うクラスになっても着れるから、このクラスやってみたいけど
見た目がなぁ、って時でも衣装は今までのを着ることが可能。取引不能でそのキャラが
いままでやったクラスしか装備できないので、プリーストの服を着た剣士!とかはできない。妥当。

e0034693_1417482.jpg


ROのクルセイダーはとにかく露出皆無のがちがち厚着大王!みたいな印象だったけど、
ToSのペルタストは派手な衣装で相手の注意を惹きつける、ある意味壁役という職務に忠実な
非常にストイックかつ夢のある設定になっていた。いいね!

e0034693_14181226.jpg


しかし、パンチラならいいんだけどパンモロはなんとかして頂きたかった。
ROのプリースト(初期)でずいぶん叩かれた教訓はどこへ行ったのか。

e0034693_14221346.jpg


しかしほんと、こうやって止まってる画面だけ見てるとホントにHD版ROにしか見えんのだけど、
プレイ感があまりにも別物過ぎる。それは比べ物にならないくらい進化したからか、と言うと
そうとも言い切れない。とにかく全体的にものっそい大雑把な感じだ。
もっと慣れればもっと緻密に動いたりできるんだろうか?
ROをかつかつでやってた人にはこんな大雑把なゲーム許せん!ってなるかもしれない。

しかし、これだけ別物なのにROの匂いがする、ってだけでなんかわくわくする。
RBOみたいな感じだろうか。炭鉱のBGMとかにやにやしながら聴いてる。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-08-25 14:33 | ゲーム | Comments(0)
2016年 08月 25日

急展開からあまりにもあっさりなラスト

・先週末職安「じゃあ来週月曜面接で」

・月曜面接「返事は1週間以内に」

・思いつきでそのまま下呂温泉へ

・帰ってきた翌日朝にはもう不採用通知の封筒が

・飯食いに行くついでに職安「じゃあ明日面接で」

・今朝面接「じゃあ9月1日からよろしく」

なんかもうこのぐだぐだが未来永劫続くんじゃないかと思ってたけど、
最後はいいのかこれでって心配になるくらいあっさりだった。BLEACHか!

というわけで、長いような短いようなでも結局どんなに長くてもあっという間だよね、
という夏休みはあと1週間で終わることになりそうだ。

いままでの会社よりは若干遠くなるけど充分近い。また小牧。
10年以上ぶりに塗装屋に戻ることになる。
会社名を短縮するとまんま以前働いてた塗装屋と同じ名前になるのが若干不安。

さて、どうなるかな。とりあえず休みはだいぶ減りそう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-08-25 13:11 | ひとりごと | Comments(2)
2016年 08月 23日

ROから逃げたつもりで逃げられない亡霊

ROをやめて早幾年・・・って今確認してみたらまだ3年も経ってなかった。
なんかもう10年くらいやってない気分なんだけどな。

んで、あちこち転々としつつ、先日FF14もやめた。

なんなんだろな、いろいろ言われるけどゲーム自体はよくできてると思った。
自分が適応できなかったのと、あとユーザの質。当然悪い人ばっかじゃないんだけど
かなりアレな人が多くて、全体の空気もそっちに引っ張られがちに感じた。

さてどうしたもんかな、と思ってたらRO懐古厨の期待の星ToSのオープンβが始まるらしい。

どういうゲームかと言うと、いちばん最初にROを作った人が10年くらい経って
またROみたいなゲーム作ったらこうなりました、みたいな(まんま
いやまだ実際ゲームでは遊んでないからあれだけど、昔ROでいろいろあった人は
動いてる画面見た瞬間に目頭が熱くなる何かがあると思う。

とりあえず、ROの最大の特徴だった2Dベースのビジュアル以外は結構違うっぽい。
巨大な敵が派手に暴れ回ったり、プレイヤーの動きも多彩でハクスラっぽくも見える。
調べてみても結局よくわからなかったんだけど、ざっくりとした印象は
インスタンスダンジョン等の最近のMMOっぽい要素がありつつも、
付いていけなくなった頃の煮詰まったROの臭いがぷんぷんする。
運営も悪名高いとこだし、考えれば考えるほど嫌な予感が拭えない。

んが、結局考えてもわかんないし、他にやることも無いから突撃することにした。
1ヶ月くらいで正式サービス開始予定らしいから駄目だったらそこで切ろう。

んで、OBT開始は明日からなんだけど、今日から先っちょだけおっけーというか、
キャラ作るとこまではやらせてくれるらしい。

e0034693_2212546.jpg


さぁどうせゲームはできないんだから今日はじっくりねっとりキャラ作るぜー!
って息巻いてみたものの、凝り出したらそれだけで一日潰せそうな最新の3Dの
キャラメイクとは違って、びっくりするくらいあっさりしてる。ROよりもシンプルなくらいだ。

ROと違っていわゆるノービスが無く、キャラを作る段階で初期クラスを決める。FF14と同じ。
ROどころか最近のゲームと比べても呆れるくらい細かく転職を繰り返すのが
特徴のゲームだけど、膨大なクラスもざっくりと戦士・弓・魔法・僧侶の4つに分かれるので
それと性別を決めて、あとは髪型と名前、ゲーム開始都市(2ヶ所)を決めたら終わりだ。

身長とか胸のサイズとかいじれないのは仕方ないにしても、ROでは設定できた
ステータスも髪の色もまったく触れない。髪の色はどうもゲームを進めると開放されるっぽい。

キャラの等身や雰囲気はものすごくROっぽい。が、解像度は劇的に上がってて
あまりドット絵感は無く、アニメーションのパターン数はどうもROと大差ない感じだから
相対的にむしろ荒く感じる。装備ではなくクラスで決まる服装や、頭装備だけで
三つもあるスロットとかROまんまでほっとしつつも、なんとかならんかったのかとも思う。

キャラは2Dでも地形は3DなのがROの特徴だったけど、ToSはどうも地形も2Dみたいで
角度を変えたりとかできなさそうだ。そういえばマウス操作にも一応は対応してるものの、
基本はキーボード操作が推奨でマウスはいろいろ不具合が多いらしい。
マウスでやる気満々だったけどどうしようかな、対応できるんだろうか。
パッドも対応してるからまずはこっちでやってみるか。パッドでROとか想像不能だったけど。

FF14みたいにひとりキャラ作ればなんでもできるゲームではなく、キャラをどう育てるかが
主軸になるゲームみたいだ。最初はどうせ失敗するだろうし、本命の支援や弓は後回しで
まずは剣士からやってみようと思ったけど、キャラメイクがあまりにもあっさりすぎたから
とりあえず3人作った。左からクレリック(ボリュームカール)、ソードマン(ロングポニーテール)、
アーチャー(ショートポニーテール)。ポニテだけで3種類もある。いいね!

まだゲームも始まってないしわかんないままの事だらけだ。
ゲーム開始時にチャンネルを選択しろって出てるけどチャンネルが何なのか何の説明も無い。
ROでもイベント時とかに異常に過密なマップを複数作ってユーザを分散させたりしてたけど
あれと同じことなんだろうか?ゲーム中にも変更できるらしいし。

しばらくはこれで頑張ってみよう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-08-23 22:54 | ゲーム | Comments(0)
2016年 08月 19日

バイクの日

というわけで朝から頑張って出掛けてきた。でも朝からくっそ暑いな!

41号に出た瞬間からもう渋滞が始まってたのでとりあえずマックに逃げる。
優雅に朝マックしながらETCカードを忘れたことを思い出す。あぶねえ!

食べ終わった頃には41号の渋滞も一旦引いたみたいだ。ETCカードを持って出直す。
わりと多くの人はもう盆休みも終わってそうな頃だけど一宮バイパスでバカ混み。
でもその先は特に問題無く。いつもなら関が原で降りるけど今回は来週面接受けるとこの
下見も兼ねてるので大垣西を経由する。

e0034693_145415.jpg


久々の伊吹山。FAZER8で来るのははじめてだ。
早朝って訳でもないけどいちおう平日だからかそんなには混んでなかった。
上りはほぼノーブレーキの超安全運転で車も5台くらい抜いただけ。
こんなにゆっくりなのにエンジンはそこそこ回るから走ってる感があって楽しい。
逆に下りは8割くらいスロットル全閉で、残り2割も軽く開ける程度。
減速はブレーキ、加速はシフトアップ。エンジンはほぼ回さない。
最初はただおっかないだけで面白くないなーって思ってたけど、
慣れてくるとこれはこれで楽しい。結局1回も抜きも抜かれもしなかった。

e0034693_1564951.jpg


上の方は雲って言うか霧がかかってる感じで、走ってるというか空飛んでるみたいで怖い。
入り口の表示では気温20度くらいって話だったけど、確かに涼しいんだけどそこまでとは思わなかった。
コミケ三日目の朝くらいか。温度設定28度のエアコンの方が涼しい。

しかし、山の上の方はともかく降りてくるとやっぱり暑すぎてやってられん。
太陽が本気出してないときにこっそり乗るくらいしかないんだけど、
生半可な早朝じゃもう充分暑いし、日が落ちてからだと不慣れなとこはあんま走りたくないし、
虫だらけになるのもやだな。

あと、暑さの弊害として、タンクが熱すぎて貼ったタンクパッドがずれてくる。
剥がして貼り直せば戻るんだけど、本来こういう製品じゃないよなこれ。
何か耐熱両面テープ的なものを使った方がいいんだろうか?

もうちょっと暑さが落ち着いたらまた乗ろう。現在走行距離3200くらい。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-08-19 15:36 | バイク | Comments(0)
2016年 08月 16日

あひる夏の陣2016

というわけで、今年もいざ関が原。

e0034693_1781864.jpg


今回は前日にコミケで売り子だったからばたばたはしたものの、
ネタらしいネタは何も仕込んでないので準備らしい準備も何も無く。
電池以外のものは事前に車に積んでおいて、前夜に充電しただけ。

e0034693_16593356.jpg


出走車は机の上の3台。グラホにリミッターブラシレスのトマホーク、無制限に540のオプティマ。
電池はサンマスだけGP3700であとはリポ。サンマスも後期型のアンプはホビーウイングだから
たぶんリポでも壊れないと思うけど敢えてニッケル水素。重くてまったり。

下の5台はただのお飾り。コンセプトは京商大好きアピール。

e0034693_1794583.jpg


プロポはセットアップし直すのも面倒だったからMT-4とMT-Sを両方持ってきた。
が、電池が片方しか入れてなかったから毎回電池を入れ直すという間抜けな事態に。
電池ボックスが共通だったからまだよかったけど。

e0034693_1726242.jpg


今年は一目見て「ん何じゃこりゃああああ!!!」って車はちょっと減った気がする。
それでも充分頭おかしい(当然褒め言葉)なんだけど。

e0034693_17294457.jpg


毎度お馴染み星団最強の人形使い・ぶらっきーさんは今年はガルパン。
戦車はタミヤのフルオペではなく、本来はフィギュアのディスプレイ用のものらしい。
ディスプレイ用なのに280モーターを2基仕込んだモーターライズで、
「なんならラジコンにしてもいいのよ?」みたいな仕様だったのに540サイズ(13T)を
ぶっ込んだ鬼畜仕様。駆動系がまるで持たずにキャタピラが外れまくったのは残念だった。
砲塔は可動するものの前二人が首チョンパする仕様は実車と同じなんだけど、
そのためだけにわざわざ前二人がプロポ側の操作で引っ込むギミックが仕込まれてる。
文章で見ても「へー」って思うだけかも知れないが、実際目の当たりにすると凄い。

これが爆走して「あひるは戦車じゃないと勝てんね」って言われるようになったら面白かったけど、
元々540に対応した設計のはずのブリザード系でもいろいろ苦戦してたみたいだし、
ハードルはとてつもなく高いと思うけど、なんたかんだでなんとかしてしまいそうな気もする。
これからも頑張ってほしい。

e0034693_1745223.jpg


これもぶらっきーさんのマリオとルイージ。
ルイージはWR02だけどマリオはGF01か、と思ったらまさかのMF01Xでミニヨンククラス用だった。
しかもステアリングに連動してマリオっていうかボディもろとも左右にスイングする
ローリングコクピット仕様だった。戦車や足こぎミクさんほどのインパクトは無い(相手が悪すぎる)けど、
その絶妙な操作性は他の参加者にも大好評だった。
食わないし遅いんだけど、とにかく操作に対する挙動がスムーズかつ穏やかで扱いやすい。

e0034693_17542174.jpg


直前にあまりにもいろいろあって一時は参加も危ぶまれたびーとるさんも無事参加。
新作が無いのはうちと同じだけど作りっぱなしじゃないのはうちと大違い。
調子よく走れてたみたいで何より。

e0034693_17575490.jpg


駄目な方の京商を語る上で欠かせない、という意味で歴史的に重要な車・ギャロップMkⅡ
スコーピオン系で当時のレースシーンをがっちりリードしてたものの4駆では若干出遅れた京商が
てんこ盛りのハイテクをぶち込んで出したプログレス&ギャロップをさらにブラッシュアップした後継機。
ギャロップの駄目なところをちょっとでもなんとかしよう、という改善内容は涙ぐましいけど、
何が凄いって、これがオプティマの後から発売されたって事だ。
素の性能がガンダムとザクくらい違うのに、足にミサイルポッド付けてパワーアップしました!って
そんな程度で勝負になる訳も無いやん、っていうのが同じメーカーで後から出てきたのだ。すげえ。

恐ろしいことに、そんな車が今回2台も居た。さらに恐ろしいのは、早々にフロントナックルを壊して
終了かと思ったらその場で新品のスペアがあったって事。なんかもう時空とかいろいろおかしい。

当時は本当に何やってもだめな子、という印象しか無かったけど、現代の技術で
丁寧にレストアされたギャロップMkⅡは驚くほどふつうに良く走っていた。

e0034693_18184420.jpg


…どう形容したらいいのか困る車(汗
遠目にはシャア専用ヘビーダンプかな、って思ったらヘビーダンプっていうかむしろザクで、
中身もGF01じゃなくてどうも寸詰まりのイグレスのように見える。
設立当時のTRFもまさかイグレスが30年後にこうなるとは想像も付かなかったろう(遠い目

e0034693_18254366.jpg


2モーターTA03かと思ったけどよく見たらMF01Xがえらいことになってるのも凄いけど、
奥の一見クローラーっぽい何かが凄すぎる。脅威の4モーター4WD。

e0034693_1831533.jpg


今回はオプティマ祭りということでオプティマ大集合。全部で28台?
当事モノも10台近く居た模様。オプティマプロかっこいいなあ。
京商の人にターボオプティマいつ出るのか聞いてみたところ

・そのうち出します(出すことは明言)
・でもその前に出すものが(ジャベリンしか無いよね)

との事。ジャベリンとオプティマプロは正直ボディだけ出してくれればいいなって思ってたけど、
出るなら仕方ない、買おう(覚悟完了


レースの方はまぁ可も無く不可も無く、中の下くらいの安定のポジション。
路面はライン上は綺麗に砂が飛んでてグリップするけど外れるとどこまでも砂地獄。
再販オプティマのタイヤはここでは合ってなくてずるずるのドリドリなんだけど、
それでもちゃんとコントロールできるのがすげぇ楽しかった。
コーナー手前から車体に45度くらいの角度をつけたまま突っ込んで、
スロットルの加減でラインの真ん中(外すと砂地獄)を抜けていく。遅いけど面白い。
速い人はやっぱりみんな2.2インチの現行タイヤだった。

e0034693_1856920.jpg


決勝ではストレートで絡んだトマホークがサーボ壊してリタイヤした以外はまぁ順当に。
ローエンドじゃなければいいや、くらいのつもりで気に入って使ってたSX131だけど、
これだけ豪快にサーボギヤ壊したのは初めてかもしれない。
やっぱ金属ギヤのサーボ使っといた方が安心なんだな。

今年も楽しかった!また来年!
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-08-16 18:58 | らぢこん | Comments(4)
2016年 08月 16日

夏完了

コミケ→あひるの強行軍が終わった。あとはだらだらぐだぐだしながら職探しするだけだ。

今回のコミケは唸るほど暇なので用も無いのに前日から乗り込んだけどやっぱり暇だった。
秋葉も朝から一日練り歩けば充分だ。二日目は要らない。
結局宿でごろごろするだけなら家でごろごろしてればいいし。

最終日だけがとにかくばたばたで、ひとりだけSuica持ってなくて電車に乗れず。
券売機前の人の海から最後尾の札を探して列を逆流してみるものの、
列の密度が徐々に薄くなっていくだけで札は見つからず、人はどこまでも続く。
心底うんざりしたので会場に戻ってタクシー乗り場に並ぶ。
タクシーも全然来ないから1時間以上掛かるぞとか言ってたけどもういい。
ここ並んでりゃ帰れるんだろ?じゃあ待つよ。
途中からものすごい勢いでタクシーが押し寄せてきて(たぶん第1便を乗せたのが戻ってきた)、
乗客の列よりタクシーの列の方が長くなってきて、結局40分くらいで乗れた。
で、品川から新幹線で直帰。

こんなもん辛くてクソ面倒臭いだけで何にも楽しくねえ!とまでは言わんけど、
こんだけ時間と体力と金を突っ込んでまたここに来たいか?って聞かれると正直辛い。
本の内容について答えられるのは自分しか居ないから、って思って売り子を続けてたけど、
実際、特に最近は俺が居ないと話しにならんな!とは思わない。居ても居なくても話しにならん。

もしサークルを続けるなら原稿はまだ書くけど、現地に行くのはもうやめにしようと思う。
もっと頑張ってもっと体力も金も使って戦い続ける人はこれからも頑張ってくれ。自分はもういい。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-08-16 15:54 | ひとりごと | Comments(0)