神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 29日

CR-Zマイチェン

次期モデルは1リッターターボか?とかそもそも次期モデルあるのか?とか、
どっちにせよ当分大きな動きは無さそう、って話だったけどマイチェンはする模様。

年次改良みたいなごくごく細かいのを除くと2度目の大きめなマイチェン。
前回は外観はほとんど変わらなかったけどハイブリッド関係が結構大きく変わって
型式もZF1からZF2に変わった。
今回は中身はほとんど変わらずに主に外観と装備の近代化がメインか。
型式も変わらずZF2。

ぱっと見のイメージはけっこう変わった。が、前回があまりにも控えめだったから
そう感じるだけで、あまり興味が無い人が見たら「え?どこが変わった?」って思うかもしれない。
あまり大きくは変えずに、ほんのちょっと今風になった?程度。
現行フィットがああいう車なのに頑張りすぎて下品になっちゃってるのに、
こういう車なのにむしろすっきりしてて上品に見える。ああならなくて本当によかった。
今乗ってる初期型と比べると、些細なレベルで初期型の方が好きだけどこれも全然ありだと思う。

外観で一番大きく変わったのはライト。従来のハロゲン/HIDからLEDに。
ポジションランプは最初からLED(初期型は片側4個→マイチェンで8個)だったけど線で光るタイプに?
さらにウインカーも線で光るLEDになった。ウインカーは従来の方がよかった気がする。
ぱっと見の印象ではいちばん変化が大きい部分じゃないだろうか。

ぱっと見わかりにくいけど普通なかなかやらない変更点としてはリヤトレッドの片側5ミリ拡大。
元々極端に張り出したフェンダーに対してリヤタイヤがずいぶん奥まったとこにある印象だったから、
走行性能云々より見た目を気にしたんじゃないかなあ、と思ってる。
ユーザ側でもスペーサーとか噛まして簡単にできることだけど、フェンダーとかに干渉しないよう、
ツライチは難しいにしてもそれに近いとこまで持ってって問題ないようにする、
っていうのをメーカーならやってほしかったと思うんだけど、そこまではやってない模様。
5ミリワイドになってもまだまだぜんぜん引っ込んで見える。なんだろ?設計上問題あるんかな?

ブレーキのディスクやキャリパーも大きくなったらしい。たぶんこのへんはフィット(14インチから?)と
共通だったから、16インチからのCR-Zには小さすぎてすかすかだったから、
やっぱり性能より見た目を気にしての変更なんじゃないかなあ、と思う。

内装もそんなに大きくは変わってないけど要所要所でけっこうな変化が。
キーは挿さないけどガスコンロのつまみみたいなのをひねるエンジンスタートは
年寄りにも違和感が少なくてとても気に入ってたんだけど、ふつうの押しボタンになった。
まぁこれは時代の流れで仕方ないんかな、とは思うけど、サイドブレーキまで電子式になった。
こういう車だからここは変えちゃいかんような気もするけど大丈夫なんだろうか?
ドアの内張りとかシート表皮とかはちょこちょこ変わってるみたいだけどインパネは特に変化なさそう。
元々必要以上にかっこいいからいじらなくてもいいっちゃいいんだけど、
マルチインフォメーションディスプレイはカラーにしてもよかったのにな、とは思う。

ちょっと「おっ」って思ったのは、恐らくS660に用意されるのと同じと思われる
アクティブサウンドコントロール。なんちゃってエンジン音をスピーカーから出すあれだ。
これぞまさにチャラいハイテクを至上の命題よするCR-Zにふさわしいシステムだろう。
アクティブノイズコントロール(いわゆるノイズキャンセル)も付くからうるさくも静かにもできる。
本格スポーツカーでやるのはどうなの?って思うけどこの車ではがんがんやってほしい。
CR-XのDOHCVTECの音とか出たら最高なんだけどな。どうなんだろ?

グレード構成はベーシックグレードだったβが廃止になってαとαマスターレーベルだけになった。
マスターレーベルになると17インチと自動ブレーキとかが標準装備になるから、
ふつうはこっちの方がお買い得なんだろうなあ。でもマスターレーベルになると
屋根が黒くなるツートンが選べる代わりにスカイルーフが選べないんだよな。
7万払って屋根黒くするくらいなら10万払ってガラス屋根(しかも黒い)にしたほうが絶対いいよなあ。

たぶん次期CR-Zは個人的にはコレジャナイになりそうだし、出ずに消える可能性も高いけど、
もう3年くらい経ってもまだ乗り換えたい!って思う車が出てこなかった場合、
最悪これに買い換える、って選択肢もありかもしれないな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-08-29 23:43 | | Comments(0)
2015年 08月 16日

新サンドマスターお色直し

さて、コミケも終わって一息ついたし、新サンドマスターの外装が手付かずで片付かないので、
とりあえず組み立ててしまうことにした。テクスチャマッピングはまたそのうち。

まずはパイプフレームだけ。

e0034693_1452795.jpg


むむむ!これは・・・?
なんかもうこれだけでほぼジャベリンって言っていいんじゃないのか?

e0034693_14524745.jpg


パネルまで全部はめていちおうの完成。
オレンジがだいぶ減ってジャベリン度はだいぶ薄くなった。

e0034693_14543155.jpg


これ、ボンネット部分だけ外して、ノーズ部分を全部オレンジ、屋根をアルミ風にしてやって
あとはどっかにロゴくらい貼ってやればもう充分ジャベリンなんじゃねえの?って気がする。
ウイングも付ければ完璧だけどあひるレギュ的には好ましくないかな。

お手軽なのはいいけどお手軽すぎて面白味に欠けるなあ。
もうちょっと何か考えよう・・・
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-08-16 14:57 | らぢこん | Comments(0)
2015年 08月 12日

FSS13巻

いっそこのまま無かったことになってしまうんじゃないか、って気もしたけど、
遅れに遅れてようやく発売された。

おいらは連載再開のときに立ち読みしてすでにあのショックを受けてたせいか、
いざ単行本を手に取っても覚悟してたほどのショックは無かった。人間の適応力すげえ。
いやまぁ、思ったよりは無かった、ってだけでまだ全然馴染めないけどな!

GTMのデザインも恐らく一番強烈なダッカス(黒騎士)やデムザンバラ(シュペルター)が
早々に出てきたせいか、バーガ・ハリ(Aトール)やユーレイ(サイレン)はふつうに見える(錯覚
単行本ではじめて見る、って人は考え得る最大限の覚悟をしておくといい。たぶんそれでも足りない。

とにかくGTM関連の違和感が凄すぎるので、元々違和感しか無かったプロムナードが始まると
なんだかほっとしてしまうという、なんなんだ一体!

散々待たされた分を差し引いても、お話そのものはすげぇ面白かった。
さぁ、14巻が出るのはいつになるかな(遠い目

・ギラ
せっかくいろいろ変わったんだからあのヅラもやめればよかったのに。

・デコース&エスト
出番は多いけどわりと順当と言うか淡々とあの感じでやってる。
「エストがエストじゃなかった頃の記憶はエストに戻った瞬間に消える」
という情報以外は今回大きな進展は無し?

・黒騎士ダッカス・ザ・ブラックナイト
従来がトップクラスのかっこよさだっただけにGTMになっていちばん落差が激しい機体かもしれない。
いい意味でMHを、悪い意味でGTMを象徴する機体なのかもしれない。
フルオーバーホールで元に戻るといいのになあ(夢

・バーガ・ハリ
防御戦闘に徹したらデコースでも潰せん、と言わせるほどの重装甲GTM。
いやでもAトールの時は食いまくってたじゃないですかデコースさん!とか、
少なくとも外観は他のGTMと同じでほっそいじゃないですか!とか、
MHは射撃では倒せないから白兵戦してたはずなのにガットブロウで撃ち落されてたりとか、
設定とビジュアルと実際やってることがいまひとつ噛み合わない。そのうち慣れるんだろうか?

・シュマイス
他の多くのAP騎士団の人たち同様、悪役顔だけど頼もしい男。
おいらも「オレの腕にまたがれ」って言ってみたい(憧

・ジィッド
現状何一つ見所のないDQN。ファティマに優しくない騎士は他にも大勢居るけど、
自分のファティマを笑いものにするこいつは本当のクズ。いつ死ぬのかが当面の楽しみ。

・ハイト
へっぽこ偽カイエン。なんだかワンピースのバルトロメオみたいな役回りになっちゃってるけど
もちろんあんなには強くない。「今はこんな失敗作がいるのか?なぜ処分しない?」って
ツバンツヒがドン引きするくらい弱い。今後がちょっと楽しみ。

・ミース
すっかりもうバランシェ様だった。

・モラード
ぜんぜんふつうのおっさんっぽいのに実はすごい、ってあたりが則巻千兵衛っぽいな。

・桜子
いまだに前回のプロムナードのトラウマにどっぷりだった。気の毒に。

・ツバンツヒ
破裂の人形の設計者、ストーイ・ワーナーは偽名なのか?ユーゴ・マウザーはそのままっぽいのにな。
このほっそいロボコップみたいな数千歳のサイボーグが、恋する乙女みたいな表情するのが見どころ。

・ヘアード
ヤーボがカステポーに飛ばされる頃20歳そこそこ、って話だけど実年齢じゃないよな?
地球人換算だよな?ほぼ幼女だったクリスティンが16歳だったから20歳なんてまだ小学生じゃないのか?
すごいキャラがどばどば出てくるけどやっぱり本編の主役はこの人だと思う。すごくいい。

・ちゃあ
今まではとにかく「どんだけ駄目か」を前面に押し出してきた感じだけど今回は凄かった。
どうもこの子が魔導大戦終結のカギっぽいって事らしい。いろんな意味で不安。

・預かり屋のおやじ
貴方はもう出てきてくれるだけでもうれしい。癒される。

・えみりぃ
アホであった。

・ジーク&ジークママ
誰?

・クラーケンベール
初めて出て来たときはアナンダの首千切っちゃう超怖い人だったのが前巻では台頭してきた若き指導者に、
そして今回はとうとうプロムナード要員になってしまった。このジェットコースターのような落差は何なんだ。

・フンフト
うわあえろい!

・ダイ・グ
なんだかもうすっかり婿養子みたいに。

・クリスティン
茨の道続行中。がんばれ。

・ナカカラ
かわいい顔して残酷なことを言う。

・スパコーン
最初は機械音声でしゃべって目からビーム出すイロモノだったのに、ずいぶん渋くなったよなあ。

・グリット・ブリンガー
いやこれクロスミラージュだよね?ミラージュ騎士団主力GTMってこれでいいの?
巻末のうんちくでは複数のバリエーションを持つことをえらそうに否定してるけど、
結局ミラージュだけで今でもめちゃめちゃ種類あるけどどうなってんの?

・アイシャ
いちおう13巻連続出場、なのか?3コマしか出てないけど。
とりあえずムンスターには着いた、ってことは解った。で、マロリーは?

・ナルミ
AP騎士団ツラック隊支隊長。スクリティ隊ともまた違う場末で走り回る糸目の苦労人。
たぶん次巻はこの人が中心になって話が進むのかな?って終わり方だけど、どうだろう?
前巻で同じような登場をしたマロリーは今回たぶん1ミリも出てないし。

・ソープ
はいはい、こういう状況のこういう場面で出てこなきゃ嘘だよね。水戸黄門並の安定感。

・ラキシス
ゲヘヘヘヘ!
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-08-12 19:11 | ひとりごと | Comments(0)
2015年 08月 11日

あひる夏の陣2015

というわけで、今年もいざ関が原。

年々気力ゲージが短くなっていくのが深刻で、とうとう満タンでも虎煌拳が飛ばないくらいになって、
長い奴直してサンドマスターの外装新調するくらいでいいや、って思ってたらそれさえできなかった。

e0034693_072290.jpg


今回の布陣はスコーピオン3兄弟をメインに、ラダーフレーム祭りということで長い奴をお飾りに。
新サンドマスターはせっかくフレームがオレンジだからジャベリンにしてやろう、って思ってたけど
今回は間に合わず、旧型のトマホーク外装をまるごと借りてきた。新車なのに新鮮味ゼロ。
グラホクラスに540仕様のビートル、無制限クラスにブラシレス&リミッター仕様のトマホークで出たけど、
どっちもレギュレーション上は完全にグラホクラスで問題無いから実際はどっちでもよかった。気分。

今回走った3台はどれもここ1ヶ月以内にキットから組んだ完全な新車だ。
こんなに短期間にキット組みまくったのはまじめにやってた頃も含めて無かった気がする。

…改めて見るまでも無く、何だこの京商好き好き大好きみたいなラインナップは。
長い奴もワンオフパーツ以外は8割くらい京商製だし。

そして、なぜかM将軍様とタネイ社長に紹介していただいて京商の人と話をさせていただく、という
なんだかよくわからない展開に。京商の赤いTシャツ着ていった甲斐があった、のか?

今回はネタ的には不作もいいとこだったのに、ラジマガの取材にも過去に無いくらい
写真撮ってもらえたんじゃないだろうか。人生何があるかわかんないもんだなあ。

e0034693_0103171.jpg


今回の唯一のネタらしいネタ。ヨコモのモーターにルマンって貼るのはまずいだろ、ってことで
ターボのシールでも貼ってやろうかと思ったけど、リミッターまで付けてるのにターボも無ぇよな、
ってことで作ってみた。ノンターボ。

レースの方は、安定して中の下~下の上くらいの定位置。大きなトラブルもなく、
車なり、人間なりにまずまず乗れてたんじゃないだろうか。

e0034693_0543429.jpg


自分のしょぼい自己満足はともかく、今回もすごいものがいっぱい見れた。

e0034693_0121780.jpg


受付嬢。

e0034693_0142327.jpg


星団最強の人形使い・ぶらっきーさんの今回のラインナップ。
北斗百烈拳を生で見たらこんな感じだろうか、みたいなミクさんの足の動きが凄まじい。
万全のクラッシュ対策として装備された長すぎるロールバーが計測ラインに引っかかるから
人間が手で計測ラインを持ち上げる、という異様な光景も。

e0034693_022836.jpg


4駆だけじゃないホーネット職人・びーとるさんの今回の新作・ホーネットRRR。
「マスターグレード版ホーネット」を目指して丁寧に作り込まれている。
オリジナルではヘルメットしか無かったドライバー人形はつま先まで全身入ってる。
あくまでノーマル然としたシンプルなフロントのダブルウィッシュボーンにリヤのローリングリジッド。
グラスホッパー/ホーネットがグラスホッパー2/スーパーホーネットに正常進化したように、
その次の最新世代、グラスホッパー3/ハイパーホーネットが正常進化で出たらこうなる、みたいな。
もし今のタミヤが本当に現代版ホーネットを出すとしても、たぶんDT-03あたりに
ホーネットっぽいボディだけ乗っけてお茶を濁すだけなんじゃないかと思う。
でも「ホーネット」という名前に思うところがある層が本当に求めてるのはこっちなんじゃないだろうか。
いい夢を見せていただいた。ありがとう!

e0034693_0343587.jpg


みっどさんちのお馴染みの将軍様が2台に増えてる!と思ったらサンダーバードらしい。
よく見ると箱ボディ乗っける用のボディマウントが付いてる。
バギーに箱ボディを乗っけたのはタミヤTA01や京商スリングショットよりマルイが先だったのかもしれない。

e0034693_0422562.jpg


「MF-01Xはホイールベース縮め放題で面白いぜ!」みたいな流れで始まったのが
今回のミニヨンククラスだと思うんだけど、やっぱり長くする方向で作ってきた人が居た!
堂々のサイズ!そして4WS!ジャンプ台手前のヘアピンだけがかなりキツそうだったけど、
それ以外は概ね問題なくコーナーも曲がっていた。見た瞬間笑っちゃうけど走ってるとかっこいい!

e0034693_047172.jpg


どう見てもレッドブルよりはるかに効きそうな赤まむし。

e0034693_0484417.jpg


もはや誰も追いつけない孤高の道を歩むTXT-2エアリーダーは・・・なんだかすごい洗練されてた。
こういうキットですよ、って言われたらなんか信じちゃいそうだ(いろいろ間違ってる

e0034693_0514335.jpg


密かに注目アイテムだったオプションNo.1のキャタピラユニットは…
やっぱりオプションNo.1クオリティだったらしい。無理もないのかもしれないけど。

e0034693_0555715.jpg


あひるでもたぶんはじめて見た気がするYZ834B初代ドッグファイター。
大型の巻き線スピコン(たぶんオリジナル)までついてる。平べったくて前上がり後ろ下がりの
独特の姿勢で走る姿は当時のままだった。懐かしい。

e0034693_0593319.jpg


アウトランとターボアウトランが居た!

e0034693_114046.jpg


脅威の新世代エアリーダー、っていうか飛ばないドローン。今年世界戦に挑戦する
エキスパートドライバーの技量を持ってしてもいろいろ無理がありすぎたらしい。
たぶんTXT2エアリーダーと比べると重量差100倍じゃ済まないんじゃないだろうか。

e0034693_152859.jpg


本物ははじめて見たラビットFF。オプティマミッドのミッションだからRS-3なのかな?

e0034693_1164588.jpg


これもはじめて見たSGコヨーテ。ストレートパックを2本にバラしたものを左右に搭載する、
独特の電池の積み方は当時オプティマで真似するのがちょっと流行って「魚雷仕様」とか呼ばれてた。
その構造の特異性はヤンキー・エレクトラレーシングにも匹敵するかもしれない。
ヤンキーもSGも本職は1/8で、そっちではそれぞれわりとオーソドックスなのを作ってたのにな。

e0034693_1242491.jpg


ひさびさに見たマッドウルフ。実は過去に何かのレースのおた抽で当たって
キットを持ってたんだけど、手をつけることなく手放してしまった。もったいない事した。
いろんなメーカーが参加してたブームの頃、あのバンダイが出した最初で最後の車。
そう思って見ると妙にごてごてしたデザインがガンダムっぽくも見える(気のせい
構造はかなり意欲的というか独創的で、何にも似ていない。
ドッグボーンを持たず、トレーリングアームの中にチェーンを内蔵する駆動システムは
少なくとも電動では他に無かったと思う。1/8とか実車にはあったみたいだけど。
当時無限ワークスが使って全日本でも上位に入ってたから実際速い車だったんだと思う。

e0034693_1333987.jpg


縞パン神・工場長の新作。ついにリボンが3Dに。

e0034693_1355294.jpg


MF-01Xはここまで短くなる、という到達点。
なんというか、コアブロックに変形したままの状態で飛んでるコアファイターみたいな、
かわいいというより異様というか、どうなってんのこのボディ?

e0034693_1401672.jpg


そして今大会最大の衝撃作・K藤さんの合体ミニ。
なんというか、街の遊撃手というか、パーマンというか、トンボの交尾というか、
とにかく2台のミニが常時テールツーノーズで走る。しかも速い。
シャーシはM05とM03の2台だけど、電池とアンプはM05の方だけに載ってて、
M03の方はモーターとステアリングサーボしか載ってない。
つまり、通常のツインモーター4WDSの構造だ。シャーシが2台だけど。
後ろのM03は逆位相でステアリングが切れるようになってて、異様な見た目なのに
実にふつうに曲がる。2台の接続は2本のタイロッドのみ。

e0034693_1494399.jpg


これだけで充分すごいのに、決勝では横連結の常時サイドバイサイドという形態で登場!
何だこのツインビーの合体攻撃みたいなのは!恐ろしいことにこの状態でもふつうに速い!
今までも様々な伝説を生み出してきたあひるだけど、走ってるとこも含めて、
本当に最後まで目が離せなかったのははじめてかもしれない。完全に全部持っていかれた。

e0034693_1555024.jpg


今年も最後まで楽しく無事終了。また来年も楽しみだ!

e0034693_1574210.jpg


おた抽では久々に何かいかがわしいモノが当たった。
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-08-11 01:58 | らぢこん | Comments(2)
2015年 08月 09日

投げたいプリンタ

前回使ったときにほぼ半減してたインクがほぼ空に近い状態になってた。
なんだこれ。起動するたびにそれだけで半分くらいインク使うのか?すげえな。

それだけ念入りに起動時にクリーニングしてるのかと思ったらテスト印刷の結果が凄いことに。
一部とかじゃなくてもう半分くらい詰まってるんじゃねえのかこれ。

仕方ないのでヘッドクリーニング。残り少ないインクをごりごりどぶに捨てる。
ノズルチェックしてみてもまだイエローがちゃんと出てないっぽい、と思ったら
「Yのインクが空になったから交換しやがれ」とか言われる。

ちっ、しょうがねえな、とカートリッジ交換して再度ヘッドクリーニングしようとしたら
「MとCも空になったから交換しやがれ」とか言われる。

思わずベランダから投げようかと思ったけどCR-Zに当たりそうだったからやめた。

技術的にそういうものだから仕方ないとかならともかく、10年近く前に買ったMP600とか
ぜんぜんまともだったと思うんだが、なんなんだこれは。これが天下のエプソン様の最新技術
(って訳じゃないけどプリントエンジン周りは現行機も変わってないはず)なのか?

個人向けプリンタ市場が頭打ちとかニュースでやってた気がするけど、
こんなものふつうの人に使わせたらそりゃもうやだってなるだろ。

※追記1:

「黒が残り少ないけど、黒使わずに他の色で黒出すモードにすると黒節約できるけどどうする?」
とか言ってきた。実にきめ細やかに人の神経を逆撫でしてきやがるなこいつ。

※追記2:

黒に続いてライトシアンとライトマゼンタも切れて全交換。
そしてまだヘッドクリーニングとノズルチェックしかしてないのに最初に換えたイエローがもう半分になってる。
プリンタってこんなに理不尽な機械だったっけか?
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-08-09 15:48 | PC | Comments(0)
2015年 08月 08日

新サンドマスター

実は出てすぐ買ったんだけどずっと寝かしてあった。1年近く?
セットが変わって走りやすくなったらしい、とは聞いてたけど結構あちこち変更されてて面白い。

・サーボマウント

旧型では一体の樹脂パーツでサーボ全体をがばっと押さえ込む感じだったけど、普通っぽいのになった。
旧型だとちょうどいいサイズのサーボなら楽ちんジャストフィットだけど、合わないとがたついたりした。
新型はシャーシ側への取り付け穴が若干オフセットしてて、たぶんこの向きを変えることによって
サイズが違うサーボにも対応したんじゃないかなあ、と思う。
ただ、そのへんの説明が1ミリも書いてない。何も考えずに組んでどうしても付かなくて、確認して気付いた。
この、ちゃんと考えてるのにツメが甘いのが京商クオリティ。

・アンプ

ORIONとか書いてあるけどどう見てもホビーウイングだった。
電源スイッチのはめ込みモールドはあるけど旧型とは微妙に寸法が違うみたいで付かない。
両面テープで止める指定になってた。妥当だけどなんか間抜けだ。

・ギヤカバー

折れる折れると大好評だったツメ式からふつうのねじ止め式になった。
知らない人が見たら退化に見えるかもしれないけどこれは超進化だ。

ちなみに初回限定なのか何なのかわかんない(箱にも説明書にも何も書いてない)けど、
オイルダンパーコンバージョンが同梱されてて、せっかくだから組んでやろうかと、
ダンパー取り付け前の段階で中断。もうメカも乗ってるからダンパー付けたらあとはタイヤと外装だけだ。
ネタ的には外装がメインになるんだけどまだ用意は出来てない。

そういえばキットの定価もしれっと1000円上がってたな。
オイルダンパーコンバージョンが1000円だからまぁ妥当っちゃ妥当なんだが、
これたぶん標準装備ではない(標準なら説明書に書いとけよ)だし、細かい改良は多いけど
特に謳い文句に挙がるような事は無い。

あれか?アンプが高級ORIONになったから値上げしましたよってか?ホビーウイングなのに?
ていうか旧型の付属アンプってどんだけ安かったんだよって話か。ホビーウイングも激安なのに。
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-08-08 02:17 | らぢこん | Comments(0)
2015年 08月 02日

いろいろ点火中

車の外気温計の表示が40度とか42度とか。

e0034693_14181720.jpg


ハンドルが熱くて持てねえ!
アルミシフトノブはもっと熱くてほわちゃあ!

というわけで、やっぱり夏と言えば冷房!冷房の効いた部屋最高!!!
はぁ?海ぃ?バッカジャネーノ?

原稿の進捗は現状ビートルがまだ書き終わってない状態で8KBくらい。
トマホークも書けば20KBくらいは行くんじゃないかなあとか希望的観測。
写真はめぼしいとこは撮っといたつもりだけど文章が書き上がってからたぶんまた撮る。

あひる準備はまるで出来てない。ビートルやトマホークがあるし、サンドマスターも旧型があるから
最悪走るものが無い!って事は無いし、新サンドマスターも組むだけならほぼ一瞬だ。
問題は外装だなあ。あんまり凝ったことはできなさそう。
長い奴は持ってって置いとくだけでいいか、って気がだんだんしてきた(駄目
ほら、ラダーフレーム祭りってことで!

というわけで今日も今からがんばる。
あぁ冷房最高。結婚してもいい。
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-08-02 14:27 | ひとりごと | Comments(0)