<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 28日

Surface3ちょっと使ってみた

いやまぁ買った日と次の日にちょこちょこ触っただけでそのまま放置されてるんだけど。
ノートとかタブレットとか外出先以外ではほぼ使わないのは解りきってるから無問題。

e0034693_14503849.jpg


今まで使ってたTransBookT100TAと比べて。
10.1インチと10.8インチって事でまぁ大差無いだろ、って思ってたけど意外と違った。

e0034693_1455097.jpg


本体も一回り大きいけど画面はさらに大きい。解像度はさらに違う。1366×768と1920×1200。
単体のディスプレイとしてはうちのPCで歴代最高解像度だ。
21.5インチの1920×1080が細かすぎて見難かった歳よりも今のところ大丈夫そう。

e0034693_14595816.jpg


T100TAも電源は小さかったけどこれは端子が折り畳める分さらにコンパクト。
SurfacePro3は端子が独自形状だったらしいけどこれは一応通常のmicroUSBだ。
スマホとかと違ってちょっとハードに使おうと思ったらモバイルバッテリー必須、
みたいなことは無いだろうし、もし使おうと思っても生半可な容量じゃ使えないんだろうけど、
いざとなったときになんとかできそうな安心感。

ちなみにT100TAは本体のランプで充電状況が確認できて、それが普通だと思ってたけど、
Surface3は電源挿すとこのコネクタ部分に内蔵された白いLEDがずっと点いたままだった。
満充電かどうかは本体立ち上げないとわかんないみたいだ。ちょっと不便だな。

e0034693_1571713.jpg


本体と電源以外の付属品は、マニュアルとも言えないようなぺらい注意書きと、
SIMの抜き差し用の道具くらいでほぼ何も付いてこない。

ペンはYmobileで予約したら付いてきたけど買うと5000円以上する。
「色は選べません」って話だったけどシルバーならまぁいいか、と思ったら
なぜかボタンが紫だった。そのセンスはどうなの?

マウスもまぁ今までどおり要るときだけてきとうに余ってる有線マウス付けりゃいいか、
って思ってたけどせっかくだから何か買ってみた。
いくらレシーバーがゴミのようにコンパクトになったとは言え、挿しっ放しで持ち歩くのも
なんか怖いし、貴重なUSBをそれで塞いでしまうのもなんかもったいない、
ということでてきとうなBluetoothマウスを探してみたけど思ったより選択肢無いのな。
結局ロジM557に落ち着いた。ロジのドライバはもう一生使いたくなかったけど、
専用ドライバ使わずに素で使う分にはやっぱりハードウェアはいいよな。今のところ良好。

あとタイプカバーも別売り。デスクトップのメカニカルフルキーボードに1万出すのを躊躇する人間に、
このぺらぺらキーボードが1万5千というのは当然脅威。でも無しでの運用は考えられないし、
これも込みで分割にしたのでとりあえず今は痛くない(駄目人間思考

マグネットでがちょん!と合体するのは思ってたよりかなりしっかりしてる。
キックスタンドもしっかりしててふつうに机の上で使うにはまったく不安は無い。
でもやっぱり「通常のクラムシェル型ノートのように」とまではいかない。
不安定に座った状態のひざの上で使う、みたいな状況だとさすがに苦しそう。
T100TAはそのへんの使い勝手は完全にクラムシェル型ノートそのものだった。

キーボードとしては、ピッチはこの大きさの割にかなり頑張ってる感じだけど、
特殊キーとファンクションキーをFnキーで切り替えて使う方式なのがすごく残念。
キーは小さめだけどレイアウトに癖がないT100TAの方が個人的にはいいな。

電源ボタンの位置はどっちも同じ(よく知らんけど業界標準なのか?)だけど、
T100TAは「・・・まじで?」って不安になるくらい長押ししないと電源入らないのに、
Surface3はふつうに押すだけでふつうに起動する。ここは圧勝。

ただ、電源入ってから実際立ち上がるまでがなんか妙に遅い。体感で倍近く?
OSはどっちも8.1の最新だし、ハードウェアスペックも大差は無いけどほぼ全面で
Surface3の方が上のはずだし、ASUSもそんなに余計なアプリをこれでもか!って
突っ込んでくる方じゃないけどMSの方がさらにあっさりだと思うんだけど、なんで?
SIMスロット付いてるだけでこんなに違ったりするのか?

さて、ペンの使い心地はどうかな?ということで早速PhotoshopCS2を入れてみる。
んが、インストールはできたけど起動できない。ぐぐると8.1でCS2が動かない、
って訳では無さそうだからSurface3特有の問題か、おいら特有のまんがだろう。

仕方ないのでなんか付属のお絵かきアプリみたいなのを立ち上げてみる。

e0034693_15452978.jpg


反応ガーとか書き味ガーとかいうプロヘッソナルな方々にはあれかもしれないけど、
下手糞がこの程度のをさらっと描く分には特に致命的な問題はなさげ。
ペンで描いてる間は画面に手が触っても誤認識しないけど、ペン先が画面から離れると
手が触ってたとこに身に覚えの無い線が付いたりするけど、
「汚い手でお絵かきしてたら紙が汚れたから消しゴムで消した」くらいの
大雑把なアナログ思考で描く分にはあまり気にならない。
それよりも「画面に直接描ける」っていう体験が単純に面白い。

T100TAは「タブレットにもなるノート」として、Surface3は「PCみたいにも使えるタブレット」として、
それぞれ良く出来た機械だと思う。さすがにSurface3の方が全体的に上質だと思うけど、
1年半後発で値段も倍違うことを考えると改めてT100TAのお買い得感は凄かったな。

さて、これでWindows10が来ても心置きなくT100TAを実験台にできるな!
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-06-28 16:28 | PC | Comments(0)
2015年 06月 21日

Surface3買った

なんとなくいいな、っていうのはSurfacePro2くらいの頃から思っていた。
んで、結局TransbookT100TAに落ち着いたのが1年半くらい前。

これいい!もう最高!とまでは思わんけど、スペックも使い勝手も概ね納得してた。
ただ、主にアップデート絡みで、数少ない「使いたいとき」に使えないことが頻発して頭にきてたのもあって、
新しく出たSurface3がなんとなく気になってた。自分の用途ならi3でもオーバースペックだから
Atomでさらに安くなるならかなりいいんじゃないのか、と。

でも蓋を開けてみたら思ったほど安くはなかった。これならもうちょっと出してProでも・・・と思ったら、
Proは円高のおかげでえらい値上がりしたりとか。自分基準ではCPU性能の優先度は最低なので、
割安感が無くてもサイズとかの手ごろ感でもやっぱりSurface3かなあ、とか。

あとペンが使えるのもいいよな。液晶に直接絵が描ける液晶ペンタブとか一部の選ばれしお大尽にのみ
許された贅沢品がこんな値段でなんとなく買える、って思うとテンションが上がる。必要かどうかは別で。
ペンは別売りだけどせいぜい2000円くらいでしょ?って思ったら5000円以上して一気に冷静になる。

が、ワイモバイルで予約したらペンが付いてくる!ってニュースを見て再度ロックオン。
Surfaceなんてどうせどこで買っても値引きなんてほぼ無いだろうし、あからさまに
「こりゃもう旧型を選ぶ理由が無い」ってくらいの新型でも出ない限り値崩れもしないだろうし、
円高が進めば今後さらに値上がりする可能性だってあり得る。
携帯屋で買えば手数料なしで分割払いできるのも駄目人間的に大きい。

e0034693_16312338.jpg


というわけで、予約してたので発売日に買ってきた。
この手のモノを発売日に買うなんてたぶんはじめてだ。
「どんだけ前のめりなんだよ」って思われるかも知れんけど、前述のとおり別にそんな訳でもない。
ただなんとなく、強いて言うならムシャクシャしてたから。

小牧市内に1店しかないワイモバイルショップも、さすがにこの日はそれなりに
混雑してるんじゃないか、って思ってたけど、ふつうにガラケーからスマホに機種変の兄ちゃんが
一人居ただけで他に客は居なかった。大丈夫かSurface3、大丈夫かワイモバイル。

まぁ日常的に使うモノでもないし、たまに外で使いたいときでもスマホのテザリングで
事足りるんだけど、SIMが刺さってればまた使い勝手も変わってくるんだろうか、という
あまり深くない興味本位で回線ごと契約してみた。やっぱ無駄だと思ったら解約するかも。
せっかくProじゃない3を選んだんだから、っていうのもまったく無いと言えば嘘になる。

だらだら書いてたら思いのほか長くなったから、もうちょっと突っ込んだ話はまた後日。
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-06-21 16:31 | PC | Comments(0)
2015年 06月 13日

RC213V-S

ちょっと前から話は聞いてたRC213V-Sがいよいよ本当に売り出されるようだ。
内容が内容なだけに「やっぱ現実的じゃないよね!てへぺろ」みたいな感じでポシャるかと思ってたのに。
こいつに比べたら15万のドッグファイターなんてぜんぜん普通だ。でもポシャったけど。

2190万円。国産車としてはレクサスLFAよりは安いけど新NSXよりも(たぶん)高い。
もちろんナンバー付けて公道走れるバイクとしては間違いなく日本一(下手すると世界一?)の値段だ。
あのNRだって500万くらいだったから、当時の物価を考えてもまだまだ全然高い。

そもそも購入できないmotoGPのRC213Vが実際いくらするのかはわからない。
でもRC213Vをベースに若干のコストダウンを施した(一応)市販レーサー・RCV1000Rが
1億3000万だそうな。ちなみにマシン2台&スペアマシン2台のセットらしいので、
単純に4で割ると1台3250万。単純に割っちゃっていいのかどうか知らんけど。
RC213V-Sは実際このRCV1000Rに灯火類とセルを追加したもの、に近いみたいだから
保安部品でコストが上がった分よりも(少数とはいえ)量産されでコスト下がる分の方が大きいか、
と考えるとそんなに悪くない値段、なのかもしれない。いろいろ麻痺してくるけど。

2000万の世界最強のバイク、ということで当然誰もが気になる最高出力は、
やはり通常の市販車とおなじく仕向け地によって違うみたいで、
最高のヨーロッパ仕様で159馬力、日本仕様は70馬力だそうな。

・・・あまりの数字に最初はニュースのミスタイプなんじゃないかと思ったけど、
どうやら本当らしい。ふつうのCBR1000RRでも170馬力くらいあるのに。
CB750にすら負けるじゃないか。

偉い人「こんなキチガイみたいなバイク公道で走らせていいと思っとるんかねチミィ」
ホンダ「じゃあ絞ります」

みたいなのがあったのは想像に難くないけど、それにしても絞りすぎだろ。
実際はサーキット専用スポーツキットとやらを組み込むことで215馬力くらいまで上がるらしい。
いくらECUで好き放題設定できるからって極端すぎだろ!

まぁ、新型R1が200馬力くらいだったから少なくとも馬力だけなら値段ほどの差は無いよね、
ていうか馬力のためならいくらでも金出すぞコノヤロー!みたいな人はカワサキH2R買ってそうだし。
このバイクを馬力で語ってもあんまり意味は無いんだけど。でも70馬力はあんまりだよな。

貧乏人「わっ!わっ!これ2000万のあれですよね!すごいですね!速いんでしょ?」
セレブ「ふふ、でもこれ70馬力しかないんだよ(ニヤリ」

みたいなやり取りを楽しむのが真のセレブなんだろうか。金持ちの考えることはわからん。

しかしまぁ、一番上がとんでもなくすごいのは別に構わない。
どうせ買えないんだから2000万だろうが2億だろうが20億だろうが知ったこっちゃない。
それでもぽんと買う奴は世界のどこかに居るんだろう。

でも、「ふつうの人でも頑張れば買える程度の」すごい奴もちゃんと作ってくれないと。
ホンダは特に一般向けラインナップがどんどんつまんなくなってるんだし、
カッコだけじゃなくてちゃんと4気筒で2万回転くらいまで回せるCBR250RRを新しく作って、
単気筒とか2気筒でお茶を濁してるカワサキやヤマハをぎゃふんと言わせるとか、
そういう方向の方がもっと業界全体が盛り上がるんじゃないかなあ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-06-13 21:23 | バイク | Comments(0)
2015年 06月 06日

ホビーーーショーーー

というわけで、遅くなったけどやっとモデラーズギャラリーを。

e0034693_19193417.jpg


未完成(下半分だけ)→完成→フルアーマー、と進化してきた1/1戦車。
今年は微妙に痛くなっていた。

e0034693_19214031.jpg


今回の旬はやっぱりネオジオングだろうか。
だいたいどこに居ても視界内に数体は見えたんじゃないかな。

e0034693_19233839.jpg


若干ゴリラーマン入ってる気もするゴルゴさん。

e0034693_19245669.jpg


某氏の大好きな3段空母もあちこちにあった。大人気。

e0034693_2072982.jpg


ものすごく普通にありそうな気がするファランクスタンク。

e0034693_2091742.jpg


アッガイもさすがにもう縮小傾向か。ダブルオーがトランザムしてたくらい?
大量ジムも今年は居なかったし、これも時代の流れなのか。

e0034693_2012354.jpg


それでもやっぱりよくわからないネタの種は尽きず。
「兵器だと思った?残念、宇宙怪獣でした!」って事なんだろうか。
ムサイはともかくザクレロは確かにそうかもしれん、と思わせる説得力がある。

e0034693_20155898.jpg

e0034693_20193437.jpg


なんだかわからんけどジムは赤いズゴックにやられるもの、という定説に対するアンチテーゼ。
小学生だったおいらにはんだごてで腹に穴を開けられたガンダムチョコボールのジムも
これで安らかに眠れるのかもしれない。

e0034693_20212264.jpg


レッドミラージュはかっこいいなあ。
13巻の発売が遅れてるのも、今一生懸命GTMをMHに描き直してる、って思えば待てる。
もう超余裕でぜんぜん待てる。頑張れ永野。超頑張れ。

e0034693_20251045.jpg


一見ふつうだけどよく見ると間違ってるネオジオング。

e0034693_20272494.jpg


1/1が居るこの会場ではあれだけど、それでも馬鹿でかい戦車。1/6らしい。
さすがに一般人に1/1は無理でもこれなら頑張れば・・・すげえ頑張らないと厳しいけど。

e0034693_20291722.jpg


1/6のメリットとして兵隊さん人形にGIジョーとかがそのまま使える、というのが。
これなら普通の人にもむしろ敷居が低いのでは(騙されてる

e0034693_20311268.jpg


サイバーフォーミュラもちょこちょこ見かけるけどナイトセイバーは珍しいな。フルスクラッチらしい。
作中ではふつうのF1っぽく見えるのがむしろ浮いてる印象の車だったけど、
こうして単体で見ると充分にサイバーだな。

e0034693_20335796.jpg


ウッディーなνガンダムはついにフィンファンネルが付いて完全体に。
これはもうガラスケースというか床の間に飾るべきレベル。超絶かっこいい。
作った人はけっこう高齢の方らしい。匠だ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-06-06 20:38 | ホビーショー | Comments(0)