<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 31日

(過去の)栄光のル・マン

出たらしいと聞いて早速買いに行ってきた。

アリスには無さそうで、その足で洛西まで走ったら酷い渋滞に捕まって営業時間ギリギリアウト。
ついカッとなって大須まで走ってFF14とか買ってきた。

e0034693_15221910.jpg


何がしたいのかわからないと思うけど、やってる本人もわからない。

もういい!もう知らん!と思いつつも、悶々としながら翌日また洛西に行って買ってきた。

これだけの無駄足とガソリンを浪費することを思えば大人しく通販で買ったほうが早いんだが、
まぁ、そこまでしてでも嫌いなんだよ、通販が。

e0034693_14414867.jpg


レーシングモーター”ル・マン490”
箱のデザインからもう完全に年寄りのハートをダブルロックオン。撲殺準備完了。

e0034693_14471974.jpg


レースに勝つ決め手となるレーシング仕様のチューン・アップ・モーター”ル・マン”
若干怪しめの日本語が燃え尽きるほどヒート。

e0034693_14521221.jpg


無負荷15400回転って540より低いくらい?30ターンてこんなもんだっけ?
ゴギングはさすがに540とは比べ物にならないほど頼もしいからトルクはあるんだろうけど。

e0034693_14553168.jpg


箱の中身はこんな状態で収まってた。
オリジナルのたいやきの型みたいな縦割りの発泡スチロールじゃないのはちょっと残念。
モータースタンドの代わりに使えたりとか、使い勝手は良さそう。でもどうでもいいよな。
ちなみに説明書も無い。チップコンデンサで配線済みだから付属品も何も無い。

e0034693_14593541.jpg


やったーカッコイイー!

モーターカンはいまどきのブラシモーターぽい。フロントプレートも一体型。
非鉄金属製別体式フロントプレートだと年寄りは泣いて喜んだかもしれんけど、
今わざわざそんなことやって、それで値段が倍とかになるのもあれだから仕方ないか。
…でも、倍程度なら出すぞ!って年寄りは案外少なくないかもしれない。
まぁルマン600Eだと思えば年寄りも納得できる。
ラベルのデザインは600Eっぽいけど、全体的にメタリック調でもっと高級感がある。

e0034693_157827.jpg


いままでスコーピオンに載ってたルマン540Jと並べてみる(やめろ
比べるとワイヤーがずいぶん短い。実際これくらいのほうが使いやすいよな。
ここではじめてラベルの上下が逆だった事に気付く。次は気をつけよう(次があるのか?

e0034693_15111046.jpg


いまどきなエンドベル。赤いのは当時スコーピオンによく使われた240Sをイメージして、か?
それならラベルも240Sっぽくしてくれたほうが良かったかなあ。
600Eっぽいラベルに合わせるなら黒の方がよかった気もする。
でもまぁ、スコーピオン用で、って事で黄色にならなかっただけありがたいのかも知れない。

e0034693_151526.jpg


レース用ストックモーターって訳じゃないからもちろん進角は調整式!
当時は600Eだって進角は固定じゃなかったしな。
でも軸受けはメタル。この値段のモーターでベアリング入ってないなんて!
まぁカシメじゃないんだから必要なら勝手に自分でバラして入れろって事か。

e0034693_15194035.jpg


早速スコーピオンに装着。やだかっこいい。

ベアリングは…まぁ気が向いたら入れよう。向かない可能性の方が大きいけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2014-08-31 15:20 | らぢこん | Comments(0)
2014年 08月 24日

サイバーシステム

CR-Zにはまだ当分頑張ってもらおう、ということでナビを新調した。

e0034693_1382965.jpg


サイバーナビ AVIC-ZH0099H

まぁおいでんの時にはもう付いてたからそろそろ1ヶ月近く経つんだけどな。
タムタム近くのスーパーオートバックスで価格.comより何千円か高いくらいだった。

今まで付いてた楽ナビと比べたらそれなりに高級感のある顔。でも原価だとせいぜい数百円違う程度?
この手のナビはメーカーやグレードを問わず見た目はそう大きな差は無いんだけどな。

e0034693_1322831.jpg


やっぱり肝はこれ、HUD。

いまだに解像度はWVGAで頭打ちな上に、この車では通常の180ミリ汎用サイズしか付かないから
画面の見栄えはもうハイエンドでもローエンドでもそうあからさまな差は無い。
目新しい使用感を求めるなら結局現状ではこれが一番有力な選択肢なんじゃないだろうか。
近未来のクルマ感を全面に押し出したCR-Zにはよく合うと思うし、
仮に将来軽オープン(コペンとは限らない)に乗り換えることになるとしたら、
もうバイザー部分にHUDは無いだろうな、と思うと尚更「今付けなきゃ」という気持ちが(正当化

ちなみにHUDもクルーズスカウター(カメラ)も含まない素のナビ本体の値段は
4年前のHDD楽ナビの値段とあんまり変わらない。ハイエンドが安くなったというか、
進化が頭打ちしたからもう値段を下げるしか無いというか。

操作感も4年前の楽ナビと比べて「劇的にさくさく動く!」とは感じない。「言われてみれば速いかも?」程度。
フリック操作とかに対応したけど、「スマホみたいな操作感」がウリのケンウッドには遠く及ばない印象。
ケンウッドもハイエンドのスマホにはまだまだ届いてないと思うけど。
ルート検索の速度も、たぶんCD-ROM時代まで含めたうちの歴代のナビで一番遅く感じた
4年前の楽ナビ同じか気持ち早い程度。何なの?遅いのがカロッツェリアの伝統なの?

メディアプレイヤーとしては大幅に改善されてようやく普通に使えるレベルに。
でもこれはサイバーナビと楽ナビのグレードの違いというより、楽ナビの基本設計が
(当時基準でも)あまりにも古臭すぎただけな気もする。さすがサイバーナビだ!というより、
3年前の楽ナビLiteでもこんなもんなんじゃないだろうか。

クルーズスカウターは、交差点とかの3D拡大表示のリアリティを追及しようとした結果、
カメラで実際の映像を取り込んでしまえ!という力技の極地。確かにまぁこの上なくリアルなんだけど、
目の前に見える風景と同じのをわざわざ手元の画面で見る、という行為に何か間抜けさを感じる。
特にHUDが付いてれば、そっちにナビ情報を表示したほうが手っ取り早くて合理的なので、
その本来の目的はほぼ無意味になってる。あとは前走車や信号を認識して
「信号青になったぞ」「前の車動いたぞ」みたいなのを知らせる機能があって、そっちがメインになってる。
ただ、この認識もけっこう怪しい(目の前のクルマをガン無視したり、距離もでたらめだったり、
対向車を認識したりすることもある)から、あまりアテにはできない。
たぶんいちいち「前方を確認してください」とか音声で言われたらイラッと来そうだけど、
「ポーン」とさりげなく音が鳴るだけだからわりと聞き流せる(※個人の感想です)し、
それなりには役に立ってる。ドライブレコーダーにもなるし。

HUDはかなり満足度が高い。でも結構否定的な意見は多い。ガチ実用装備としては
値段に見合ったメリットは無いかもしれない。おもちゃとしては最高だと思うんだけどな。

見え方も妥当だと思う。条件によっては見難いと感じる事もあるけど「もう少しこうすれば」
みたいなのも思いつかない。西日の直撃に打ち勝てるような表示なんてそもそも直視できんし。
バイザーを取り外さないと付かないのが人によってはかなり致命的かもしれない。
いちおうHUD自身に小ぶりな簡易バイザーみたいのが付いてるけど「これで大丈夫」とは言えない。

それより問題なのは、ナビ本体とHUDの接続がBluetoothになってること。
こんな別電源必須な固定デバイスを無線接続しても、配線が楽になる以外に何もメリット無いのに。
まぁ、ちゃんと繋がってふつうに使えれば別に文句もないんだけど、実際たまーに接続に失敗する。

バックカメラは元々付いてたのを使い回したんだけど、表示にガイド線が入るようになった。
でも固定の線が表示されるだけで、ハンドルに連動してぐねぐね曲がったりはしない。

「3Dジャイロ搭載で高度も計測して高架と側道を認識する」という能書きは、4年前の楽ナビどころか
そのさらに3年前のストラーダにもあった気がするけど、「このシチュエーションだと難しいかな?」
ではなく「お前ハナから認識とかする気無ぇだろ」ってくらいでたらめだった。
出来ないなら出来ないで仕方ないんだけど、なら出来るとか言うなよ。
まだ4年前の楽ナビの方が新品のうちはまだ多少認識してるように感じたんだけど、
今回のサイバーナビは導入直後からもう全力ででたらめだった。
アルゴリズムが進化して精度が下がったのか?(無意味

あと、3年分の通信料込みの通信ユニットが付いてるので、DVDが郵送されなくても
自力でアップデートができる。すでに2回くらいアップデートが来てたけど、小さいのはともかく、
大きめのはDVD程じゃないけど片道数分の通勤時間でやるには無理があるボリュームだった。
アップデートを始めるかどうかの確認はあるから勝手に始まる事は無いけど、
アップデートするまで毎回確認されるのがうざいし、ダウンロードは中断しても再開できるとはいえ、
ナビ起動→再開の確認→どこまでダウンロードしてたっけかな?→よしダウンロード再開!
の所要時間が妙に長いので、近所で飯食って買い物して、みたいな細かい移動の時は
さっぱり進まなくてすげぇイライラする。事前に「所要時間:推定○○分」みたいのが欲しい。

さらにダウンロードが終ってからのシステムの更新中は電源を切れない。
通勤中(しかも遅刻ギリギリ)とかだと結構しゃれにならない。
これだとこまめに更新があるのがかえってデメリットになる気がする。
もうちょっとスマートにやれんかったのかな?

あと、純正ステアリングリモコンが再び調子悪くなっててもう壊れたかもしれん、って思ってたけど、
ナビを換えたらすっかり直って絶好調になった。やっぱりディーラーの取り付けがよっぽど下手だったんだな。

引渡し直前に、オーディオのボリュームを上げるとHUDユニットに謎の共振が出るのが発覚して、
取り付け部にクッション挟んだりしてギリギリまで対策してくれたスーパーオートバックスの取り付けは
実に頼もしかった。こういうとこの方がノウハウの蓄積も大きいのかなやっぱり。
[PR]

by harusame_kingdom | 2014-08-24 14:29 | | Comments(0)
2014年 08月 17日

あひる夏の陣2014

去年は直前で仕事が大爆発した上にコミケとの日程がかっつかつできついを通り越して無理ゲーだったけど、
今年は仕事も小爆発で済んでコミケ日程も超余裕だったから楽勝でしょHAHAHA、って思ってたのに、
盆休み入って土、日、月とまったくペースが上がらず、火曜の前日設営前にようやく
ダクテッドファンの配線が終るとかそんなレベル。残った作業にそんな大きいのは無いから
まぁ頑張ればなんとかなるだろ、と思ってたけど作業項目の数がしゃれにならないレベルで、
結局設営から帰ってきて家を出るまで仮眠を取る暇すら無かった。どうしてこうなった!

e0034693_12401538.jpg


というわけで、今回も事前テストどころか動作確認すらできてないぶっつけ本番。
そして、ネタ枠で用意した2台はことごとく不発、という最低の結果に終った。

e0034693_1353134.jpg


ネタ車1号・リアルパワードリフト。
水色のデューンバギーの第3者視点にカメラを付けて、筐体っぽくしたプロポに
スマホを乗っけてリアルタイム映像を流しつつBGMも流そう、という試み。

結論として、もっと可動アームを大胆に長くしないとパワードリフトな視点にはならないっぽい。
あと、wifiが不安定なのかiReceiverがだめなのかアプリがうんこなのか不明だけど、
接続がとにかく不安定で、スイッチ入れて起動するといちおう映像は出るんだけど、
地面に置くか置かないかくらいでもう接続が切れてしまう。使い物にならない。

どうもシャープのスマホだと不具合があるっぽい、ってレビューは見たんだけど、
うちも見事にまったく同じ症状で、メニューに入るとそこからどのボタンを押しても異常終了する。
そしてこの最新版が3月のタイムスタンプなので、半年近く放置されてる事になる。
もう直す気無いんだろうなあ。可能性はすごいと思うんだけどなあ。もったいない。

まぁ、仮に問題なく映像が表示できてたとしても、ネタとしてはわかりにくすぎたかもしれない。

本体のデューンバギーは設営から帰ってきてから箱開けて組み始めたという酷い突貫。
当初はモヒカンくらい乗っけてやろうかと思ったけどそれもやめて、ノーマルの人形も
真っ白なの乗せるくらいならもう無しでいいか、とか、フォグランプつけようと思ったら
いきなりねじがばかになってて締まらないとか、素組みなからとか突貫だからって次元じゃなく
とにかく酷い。車体もモーターを380から540Jに乗せ換えただけでベアリングすら入ってない。

e0034693_13534098.jpg


ネタ車2号・長い奴2期。
去年は残念ながら失敗に終ったけど案外もう一息くらいだったんじゃないのか?という
甘い期待の元、GNドライヴ(ダクテッドファン)をもう1機追加。
他にもまぁ思いつくことは可能な限りやってみよう、ということで、ホイールベースを
若干短縮(サスアーム位置で前後それぞれ1センチくらい)して、電池もモーターの上に。
曲がらなさ過ぎる対策には4WSまで仕込む余裕は無かったので、とりあえずリヤを
トーアウトに組んでみた。普通の車ならこれで劇的に曲がる(っていうか不安定になる)けど、
この1メートルの世界でどうなるかは未知数。

結局、ブラシレスモーターを3基も積んでおいてひとつも回らない、という残念な結果に。
ダクテッドファン2基はアンプのセットアップが動いてないっぽい。元々空用なので、
スロットルを100%前進にしなきゃならなかったり、色々面倒だったのは間違いないんだけど、
去年動いてた1基の状態から二股かませて分岐しただけだからプロポ側の設定は
大丈夫かと思ったんだけど、だめだった。去年は独立した3チャンネルとして手動操作してたのを
今回はスロットルにミキシングさせたのがまずかったのかもしれないけど、戻しても同じ。
二股だと何か不具合があったんだろうか?とにかく怪しいとこ多すぎて絞りきれない。

後輪駆動用のブラシレスモーターは「みーーーー」という音だけするけどびくとも動かない。
よく見るとセンサーケーブルがコネクタのとこで断線してるっぽいからたぶんそのせいだ。
電池位置を変更するためにごちゃごちゃやってたときに無理に引っ張ったのかもしれない。

というわけで、去年は失敗、今年は不戦敗に終った。たぶん動きさえすれば
何らかの手応えはありそうだと思うんだけどなあ。来年こそは(まだやるのか

e0034693_14131373.jpg


今回結果的にメインになったネタじゃない枠・スコーピオン2014。

ボディは「メカボックスの黄色をなんとかうまいこと活かせないものか」と散々悩んだ結果、
「いつものカラーリング(白青黄)を白青だけで作る」といういつも以上の手抜きに落ち着いた。酷い。
サイドの斜めの白いストライプなんてダイソービニールテープだ。カッティングシートですらない。酷い。
前後タミヤのダンパー&ばねはセッティングもへったくれもない、それっぽいのをただ付けただけだけど、
結果的にものすごくまっとうだった。やわらかいリヤに対してかっちかちのフロント、という
ノーマルタイヤとのマッチングはそれなりに妥当だったみたいで、全体的に反応は穏やかで、
アンダーは強いもののとにかく巻かないので、ブレーキできゅっと曲がれる。

e0034693_14325386.jpg


0.3ミリのアルミ板を買ってきて、デザインナイフとニッパーとペンチでてきとうに作った
ダートバーナーズ・ジュラウイングのような何かと、ラベルだけルマンっぽい540J。

e0034693_14363394.jpg


サンドマスターは去年のまんま。去年なんか駆動系から異音がしてたような気がしたから
ピニオンだけ鉄のに換えただけ。あとは外装以外フルノーマルのまんま。
外装は気に入ってるけどさすがにそろそろ何か変えたい。

はじめてここを走ったときはあまりの我慢大会っぷりにどうなることかと思ったけど、
結局何も触ってないのに2年目以降はぜんぜんふつうにストレスなく走れてる。
慣れるとか腕が上がるとかはあり得ないし、なんか路面が変わったんだろうか?

e0034693_14432953.jpg


今回は参加人数が90人くらいということなので、参加車輌はさらに倍以上?
参加しない車輌も混ざる記念撮影はさらにもっと多いだろうから…何台だろう?

e0034693_14473399.jpg


けっこうみんなもう飽きてるんじゃないかと思ってたサンドマスターも意外と好評。
手をかけなくてもてきとうに走れるから片手間に丁度いいのかもしれない。
タムギアは電池とか専用に用意しなきゃならないのが地味に面倒だったし。

e0034693_14503483.jpg


スコーピオンもそれなりの数が。当時モノも少数ながら居る。

e0034693_1453391.jpg


トラクターは安定して変態濃度が高い。すごいあひる向きだと思う。もう定番でいいのでは?

e0034693_14553724.jpg


長い奴対決。うちの緑のは不戦敗だけどこの超長いクローラーがまたすごかった。
クローラーだからリンク伸ばせば伸ばし放題とはいえ、このレベルになるとそんな簡単な話じゃない。
恐ろしい事にドライブシャフトまで長いので作り直してあってちゃんと4駆になってる。
クローラーなら前後独立の2モーターだって一般的なのに、そこに逃げないのが男らしすぎる。

e0034693_1551577.jpg


F201ベースでバギーを作る、という事自体がもう完全にネタで、実際過去にも
何台かあひるを賑わせてきたけど、それもぶらっきーさんが作るとこうなる。
もう全身がつっこみどころの完全武装で、F201云々とかがずいぶん小さなことに思えてしまう。
ペダルはわざわざセンターシャフトから取り出された動力が直結していて、スロットルに連動して
凄まじい勢いでミクさんが足で漕ぐ。そこにあるのはかわいさとかほのぼのではなく、まさに狂気。

e0034693_15143313.jpg


直前のテスト走行での破損から奇跡の復活を遂げた、びーとるさんの4駆じゃない風4駆ホーネット。
さすがに1日は持たないのでは、って話だったけど結局最後まで持った上に、
他の子も含めてとてもよく走ってた。これが日ごろの行いなのか。

e0034693_15183952.jpg


これがホンモノのダートバーナーズ・ジュラウイングだ!当時の子供はみんな憧れた。

e0034693_15201112.jpg


ファンシーな外観に似合わず、あのダクテッドファン付きTXT2相手に互角以上の戦い
(競争的な意味じゃなく格闘的な意味で)を繰り広げていたネコバス。

e0034693_15244490.jpg


中身は最新の2014版だけど、ボディは当時モノのビートル!
子供だった当時はかっこいいのに安いスコーピオンよりこっちを選ぶ人の気が知れなかったけど、
おっさんになるとこのかわいらしさと凄みを併せ持った独特の味が解るようになってきた。
でもやっぱりまだスコーピオンの方が好きだなあ。

ちなみにボディがメカボックスの蓋を兼ねるスコーピオンとは違って、ビートルには
独立した蓋があったんだけど、これはポリカ板を切って蓋を自作している。
それも、ありあわせでてきとうに蓋をした、って感じじゃなく、結構しっかりしててびっくり。
これ作る手間でスコーピオンのボディをふつうに塗れたんじゃ(ぼそ

e0034693_15311746.jpg


今回個人的にいちばん感激したのがこのギャラクシーフォース。
うちのやっつけアウトランと違って、ロゴマークやスマホの映像が無くても
カタチだけで一目でギャラクシーフォースだと解る。ものすごい完成度。
このくるくる回るデラックス筐体はでかすぎてあんまり出回ってなかったけど、
あのマイケルジャクソンの自宅にもあったという、ある意味世界的に有名なモノだ。

走る筐体ネタをやらかした本人としてはただただひたすら嬉しいんだけど、
この題材をここまで完璧にやられちゃうと、この上はもうR360くらいしか無いんじゃないのか。
ハードルが上がりすぎてもはや手に負えない(汗

e0034693_1538286.jpg


レイジェントとブースト。それぞれオプティマとオプティマミッドのAYK版みたいな存在。
ブーストは結局AYKの遺作になったんだっけか?

e0034693_1541574.jpg


同じくAYKのバッファロー。当時のラジコンでバッファローと聞くとワイルドウイリスを
思い出す人も居るかも知れないけど関係ない。もちろんメルコとも関係ない。
ものすごく綺麗に仕上がってるけど、元は1000円のジャンクだったそうで、
いろんなところを直したり新規で作ったりしてあるらしい。

e0034693_15471246.jpg


ずいぶん久々に見た気がするヒロボー・インベーダー。
ちゃんと作ってあるせいなんだろうけど、随分かっこよく見える。
当時はもうちょっと微妙だった印象なんだけどなあ。

e0034693_15522773.jpg


もうすぐ再販されるファイティングバギー。その後一時的に流行った「簡略化するためのモノショック」
ではなく、部品点数も重量もがつんと増える無駄モノショックが実に馬鹿っぽくもかっこいい。

e0034693_15584297.jpg


いつか見たデルタウイング…ではなく、白いからZEOD RCなのかな?
フロントサスはタムギアではなく1/12用っぽい。これも見た目めちゃくちゃなのに
走ってると意外と普通だった。案外この路線は面白いのかもしれない。今度やってみよう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2014-08-17 16:26 | らぢこん | Comments(5)
2014年 08月 09日

ファイティングバギー2014

e0034693_21352656.jpg


バギーチャンプがまさかの再販を果たしたときから「出るかも」とは思ってたけど、
ずっと音沙汰無かったからもう無いかな、と思ってたらこのタイミングで来た。

中学1年の時にこれを買ったのがおいらのらぢこん人生の第一歩だった。
だから個人的にはもうこの上なく思い出深い車なのは間違いないんだけど、
いい思い出よりも辛い思い出の方が多かった。まさに青春の1ページ。

事前にそれなりに勉強はしていたつもり(ちなみに情報源のほとんどは当時図書館で読んでた
「ラジコン技術」「模型とラジオ」だった)だけど、当然始めてから知ることの方が多いわけで。
そして、知れば知るほど、いかにスコーピオンが凄くてファイティングバギーが駄目か、
ということを思い知るコンプレックスまみれの日々だった。

そのスコーピオンが再販された直後に再販が決まるとは。
センチメンタリズムな運命を感じずには居られない。

確かに元々スコーピオンよりはちょっと高い車だったし、バギーチャンプが相当がんばった再販で
当時よりかなり割高だった事を考えると、まぁこんなものかな、と思う値段なんだけど、
同じくらいがんばった再販なのに値段もものすごくがんばったスコーピオンの直後なだけに、
比べちゃいけないって解ってても比べざるを得ない。ものすごい割高に感じる。

まぁ、たぶん買っちゃうことになると思うけど、スコーピオンみたいに超前のめりで買う訳ではなく、
悶々と後ろ向きに買う事になりそう。むーん。

性能はともかく、見た目はめちゃくちゃかっこいいんだよなあ。

写真を見る限り、KCとかNGKとかの一部のロゴマークが差し替えられた程度で概ね同じに見える。
実際フロントサスやミッションはバギーチャンプと同じだし、メカボックスを廃したダブルデッキのシャーシは
バギーチャンプより再現は楽そう。板切ってポスト立てるだけだし。電池はまたちっこいリフェ専用なのか?
問題は最大の特徴であり苦笑ポイントでもあるリヤサス周り。能書きには今のところ何も説明は無いし、
たぶんオリジナルに忠実なカタチで出てくるんだろうな。じゃないと意味無いし。
[PR]

by harusame_kingdom | 2014-08-09 22:20 | らぢこん | Comments(4)