<   2013年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 29日

次期主力プリンタ

というわけで、結局エプソン805Aに落ち着いた。
一宮グッドウィルで大容量じゃないほうの純正予備インクが付いて19000円くらい。
通販ならもっと安いとこもあるだろうけど、まぁこんなもんだろ。通販嫌いだし。

e0034693_16233660.jpg


こうしてMP600と並べてみると…思ったほど圧倒的に小さい訳でもなかった。
MP600も当時は随分コンパクトで感動したもんだけど、さすがに5年以上経って
コンパクトをウリに大々的に出てきた最新型とは勝負にならんだろう、と思ってたけど、
確かにまあ全面的に小さいんだけどそう驚くほどでもない。

ということは、このエプソンの最新小型ライン以外の機種を選んだら下手するとでかくなってたのか?

e0034693_16382124.jpg


とにかくインクが減る減ると評判だけど、同梱のインクなんて型番も明記せずに「セットアップ用」
なんて書いてあるくらいだし、ほんとに最低限しか入ってないんじゃねえの?と思ってたとこに、
ちょうど大容量じゃない純正インクが付いてきたことだし、せっかくなので比較してみた。

e0034693_1639076.jpg


まずは同梱のセットアップ用インク。24.6グラム。

e0034693_16404783.jpg


さぁ純正標準容量インクは…22グラム。あ、あれえ?

見た感じ梱包もカートリッジの形状もまったく同じに見える(わざわざコスト掛けて変えるとは思えない)し、
誤差か?と思って他の色も測ってみたけど、同梱インクはほぼ24~25グラム、
標準インクはほぼ22グラムで揃っていた。なに?別売りの方が少ないのか?

ちょっと意外な結果だった。次買うなら大容量インクだろうけど、早くても2年くらい先だな(遠い目
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-09-29 16:52 | PC | Comments(2)
2013年 09月 28日

あこたん

すっかり秋らしくなった週末。こりゃバイク日和だぜヒャッハー!

…んが、朝晩は涼しいけど日中の日差しが凄まじい。風は爽やかなんだけど、
太陽光線が本気で殺すつもりでずばずば突き刺さってくる。こりゃ吸血鬼じゃなくても死ぬ。

というわけでアコードの試乗に行ってきた(脈絡不明

高級車の類の運転席に座るのはスタンドで働いてた頃以来だから20年ぶりくらいか(遠い目
個人的にホンダ車の最大の弱点は内装の安っぽさだと思ってるけど、さすがにこのクラスになると
貧乏人の視点でけちをつけるような部分が見当たらない。ああ高い車ですね!みたいな。
最近は完全に標準装備からは消え去ったと思ってた灰皿がついてたのには驚いた。
オプションなのかも知れないけど少なくとも取って付けた感は無い。最初からここにあった風。
純正ナビはえらく奥まったとこについててタッチ操作しんどそうだな、と思ったら、
スイッチやジョイスティック等の操作部は手前に別体で付いてた。これが高級車か!
ナビとは独立した小ぶりなオーディオ画面があって、こっちはタッチ操作なんだけど
音量ボリュームだけが年寄りにもわかるようにがっつり独立して付いてるのが頼もしい。
エアコンはフィットみたいなタッチパネルじゃなくてふつうに押しボタン式。
左右独立の温度調整はスイッチまで左右独立してて年寄りにもわかりやすい。

こいつもスタートボタンは左に付いてた。今後こっちが主流になるんだろか。やだなあ。
ボタンを押すとエンジンがかかってびっくりした。トヨタ式に近いと思ってたし、
フィットですらエンジンかけずにスタートしたからこれも当然そうなんだろうと思ってた。

モーター主体のストロングハイブリッドで高級セダン、ということで超静かなんだろうな、と思ってたけど
意外と騒々しくて驚いた。踏み込むと「ぶるるる」というエンジン音?と「みゅおーん」というインバータ音?
をそれぞれ個別にはっきり認識できる。インサイトやアクアは「まぁ無音とは行かないよね」程度にしか
聞こえなかったから、立ち位置が特殊なCR-Zだけ特殊なんだろうと思ってたんだけど、
アコードもCR-Zと同等かそれ以上に動力系の音が聞こえる。いいんかな、こんな車なのに。

メーターはフィットハイブリッドをぐっと高級にした感じ。ど真ん中の大きなアナログスピードメーターがあって、
さらにその真ん中に切り替え式カラーディスプレイがある。フィットと違って電池メーターはちゃんと
常時表示になってるけど、どこを探してもタコメーターが見つからなかった。フィットにすらあるのに。
単にエンジンが止まってるときは「EV」と表示されるだけみたいだ。アクアとおんなじ。

ちなみにスイッチひとつでEVモードに切り替えられる。試してみた感じ、エンジンかかってなくても
走行ノイズはあまり変わらない印象。エンジンのオンオフで極端に音量が変わるのを嫌って
わざとエンジンかかってなくてもそれなりに音が入るようにとかしてるのかな?わからんけど。

走りはとてもスムーズでパワフル。CR-ZのIMAも踏み込むとパワフルだけどエンジンが荒ぶるから、
「おぉモーターアシスト効いてんな!」っていうのが直接にはわかりにくい。
アコードのはいかにもEV然とした、大排気量の自然吸気ガソリンエンジンのような、
がんばって回転上げなくても転がり始める瞬間からこんなに余裕ですよ!みたいな感じ。
まぁ純粋なEVっていまだに乗ったことはないんだけど操縦は昔からしてるからな。主に1/10だけど。

足回りも、いかにも「コストと乗り心地を追求しました!」みたいな全てをオブラートに包んで
うやむやにする感じではなく、ものすごく乗り心地がいいのにアスファルトの荒さが変わったのも解る。
ハンドル切って曲がる感じもCR-Zとほぼ同じ舵角で行ける。こりゃ快適だ。これが高級車か!

先進感をがっつり前面に押し出しつつも年寄りへの配慮を怠らない、こりゃ売れる車だろうなあ、と思った。
外観(プロポーションはともかく細部)はもうちょっと落ち着いててもいいんじゃないかと思うけど、
やっぱり見た目でも先進をアピールせねば!みたいなのがあるんかな。

マイチェンで別人の顔になったSAIを見て冷静になってくれればいいんだけど。
「アレに比べたらうちなんて全然大人しいし平気平気!」って思ってるんだろうか。思ってるんだろうな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-09-28 18:39 | | Comments(2)
2013年 09月 22日

すっきり

今週は土曜もふつうに出勤日だったので休みは日曜のみ。シルバーウイークとか都市伝説。

貴重な休みを有効に使うべく、某ヘアサロンですっきりした後新しい眼鏡を受け取ってきて視界すっきり。
やっぱり度はほとんど進んでなかったけど乱視が悪化してたらしい。

しかし、ここ2~3年で急激に近くのものが見えなくなってきてて、スマホとか眼鏡外さないと見えない。
んで、せっかくなので遠近両用にしてみた。

レンズの銘柄にもよるけど、基本的に正面から上方向は遠くのもの,視線を下に向けると近くのものがよく見える。
ふつうの眼鏡は視界全体がまんべんなく見えるのに対して、遠近両用は焦点の調整を視線の方向で合わせるから、
従来目線だけ動かしてた事でも顔の向きごと動かす必要がある。
遠近両用な上に強めの乱視矯正が入ってるから周辺の像の歪みが大きいから慣れるまでふらつくかも、
とか言われたけど、「言われてみればそんな気もするかな?」程度でほとんど気にならない。
はじめて眼鏡作ってかけるようになった時の違和感に比べればゼロに等しい。

うん、これはいいものだ!

あとプリンタも買ってきたけど箱開けるのがめんどくて台所に置きっぱになってる(何
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-09-22 23:17 | ひとりごと | Comments(0)
2013年 09月 18日

フィット試乗

なんとなく行ってきた。

見た目は…はじめて見た時の「うげー」という感覚はすでにだいぶ薄れてきてる。
すぐに慣れて何とも思わなくなるとは思うけど、やっぱりいいとは思えない。先代の方が好き。

そういえば先代ってたぶん一度も乗ったこと無いな。初代は試乗したことあるけど昔すぎて忘れた。
だからまぁ、先代と直接比べてこう変わった!って評価はできない。
先代をベースに斜め上に作り替えたCR-Zと比べてもあんまり意味は無いか。

乗ったのはハイブリッド。シフトレバーがプリウスみたいになっててびびる。プリウスも運転したこと無いけど。

メーターはぱっと見CR-Zっぽい。が、なまじCR-Zっぽいだけにかえって違和感が強い。
ど真ん中に銀色の丸い枠があるのは同じだけど、中にあるのはアナログのスピードメーターだけ。
横の切り替え式ディスプレイはカラーになってて、タコメーターはここに出すことができる。
しかし、アシスト/チャージのメーターは常時出てるのに、電池容量のメーターが無い。
切り替え式ディスプレイで動力モード表示にするとそこに出てくるけど、めちゃくちゃ小さい。
これってハイブリッド車にはけっこう重要な情報だと思うんだけど、いいんかなこんなので。

スタートボタンはハンドルの左側になった。みんなそんなに助手席に乗った人に見せびらかしたいのか?
絶対右の方が自然で使いやすいと思うんだけどなあ。
そして右側には緑のECONモードのスイッチ。Sモードのスイッチはシフトレバーのとこにある。
なんというか、統一感の無さが凄まじい。誤操作防止のためにわざとなのかも知れんけど。
タッチパネルのエアコンは…そういえば触らなかったな。アイドリングストップ中もエアコン効くのは素晴らしい。
純正ナビは相変わらずな感じであまり興味は無いけど、つるっとして広いパネルはたぶん
社外の車種専用大画面のが出るんだろうな。そういうとこだけは売れ線量販車がうらやましい。

全体的な質感はそこそこ。悪くはないけどこれを気に入って選ぶ事も無いだろな、って感じ。
なんとなく、シートレールのねじ止め部分が妙に目立ってたのは気になった。
センタータンクレイアウトの弊害なんだろうか?先代はどうだったんだろ?

日ごろCR-Zに慣れた体にいまどきの超実用コンパクトはさぞかし快適なんだろうな、と思ったら、
確かにまあCR-Zよりはましなんだけど、代車のライフに乗ったときみたいな「なんじゃこりゃあ!」
って思うほどの取り回しの良さは感じなかった。CR-Z以上ライフ未満、なんて当然予想できた事だけど、
どっちに近いかと聞かれればむしろCR-Z寄りな気がした。絶対ライフ寄りだと思ってたのに。

スタートボタンを押してもエンジンが掛からないのがまず従来のホンダIMAでは考えられない。
発進はモーターのみで動き出すけど、わりとすぐにエンジンが掛かってやっぱりエンジン主体で走る。
どうもDCTはスムーズな発進制御が難しいらしいのでそこをモーターに任せてるらしい。
EVモードに固定して走るような機能は無いっぽい。踏み方とか加減して可能なのかも知れないけどわからない。

DCTの車に乗るのは初めてだけど、バイクならちょうど同じホンダのVFR1200に乗ったことがある。
VFRはなんかもう本当にただのオートマだなあ、って印象だったけど、フィットの方がむしろ
自動制御のマニュアルっぽさを強く感じたのが意外だった。けっこうがちゃがちゃと忙しそうに動いてる。

アクセルの踏み加減とエンジンの回り方がばらばらなCVTは気持ち悪いとか、
ダイレクト感のあるDCTの方が走りは楽しい、みたいな話をよく聞くけど、
個人的には勝手にがちゃがちゃやってるのがダイレクトに感じられるDCTの方にが強い違和感がある。
結局は同じ事を無段階でやんわりと制御するCVTの方が上質で違和感小さい気がする。
スリップロスとか無い分性能では有利なんだろうし、慣れれば気にならないのかもしれないけど。

足も意外と落ち着いた感じで、路面のショックは不快じゃない程度に伝わってくるけど、その代わり
ふわふわした感じも無い。わりとCR-Zに良く似た印象。もうちょっとストローク伸ばした感じ?
ハンドル切って曲がる感じも、さすがにCR-Zほどじゃないけどウィッシュやライフと比べると
ずいぶん違和感は小さい。

総じて、CR-Zからふつうの車に戻るための第一歩としていろんな意味で具合が良さそうな車だった。
いやまぁ、当分そんなつもりは無いんだけどな!

ここ数年メカニズム的にはずっと停滞してたホンダ車としては久々の大革新だと思うし、
デザイン以外に弱点らしい弱点が見当たらない、恐ろしくよくできた車だとは思う。
でも、わりと細かいとこで「他にやりようがあったのでは?」みたいなとこは多い気がするから、
マイチェンでけっこう化けるんじゃないかと思ってる。デザインも含めて。

でも、次期CR-Zがこれをベースにするなら、DCT一本になってMT無くなっちゃうかもしれないな。
そもそも出るのかどうかも解らんけどさ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-09-18 02:10 | | Comments(8)
2013年 09月 15日

V作戦

いちおう毎年行ってたプレストの試乗キャラバンだけど、今年はV-MAXが来るらしいと聞いて
楽しみにしてたくせにすっかり忘れてて行きそびれた。が、なぜか今年は好評だったのか不評だったのか
二周目もやるという事で、これ幸いと行って来た。

時間が無かったのと他にめぼしいのは大体乗ったことあるやつばっかだったのでV-MAXだけ。
まず見た印象はとにかくごつい。隼やVFR1200みたいにカウル込みでごつい感じじゃなく、
ネイキッドなのにごつい。わりとアメリカン寄りなイメージだったけど、またがってみると
アメリカンほど低くふんぞり返る感じじゃなく、むしろふつうのネイキッドやFZSに近い感じ。

事前に店員から注意されたのは

・フロントブレーキががつんと効くからこけそうになる人が多い。あまり握らないように。
・とにかくものすごく速い。あんまり開けないように。

世界に誇る馬力バカ一代バイクとはいえ国内モデルだし、そう無茶な事もないでしょ、と思いつつも
おっかなびっくりで走り出す。握りすぎるとえらいことになるブレーキは今乗ってるFZS1000でも同じ
(っていうか実際それで1台潰してる)なので、普段から中指一本ブレーキだし、
そもそもガン握りはできないんだけど、確かに微速ではえげつない効き方する。
でも普通に動き出してしまえば車体が重いせいかわりと妥当な効き方に感じた。
教習所の、もはや完全に整備不良レベルでブレーキが効かないCB750しか乗ったこと無い人が
いきなりこれに乗ったら確かに冗談抜きで死んでもおかしくない。

走り出したときのエンジンの印象は、最近の大型でも回転でパワーを出す感じの奴とは違って
しっかり下から「大型ならまぁざっとこんなもんですよ」と言わんばかりに頼もしいトルク。
V-MAXの排気量をもってすれば、って訳じゃなく、ちょっと前のバイク(うちのFZS1000とか)なら
わりと常識的にこんな感じだったと思うんだけど。最近のはインジェクションのドン付きを誤魔化すために
わざと下を細くしたりとかしてるんだろうか?よくわかんないけど。

低速での回り方は、でかいシングルやツインみたいな野太い感じではなく、高回転型直4みたいに
スムーズな感じでもなく、結構ばたばたした色気の無い感じ。強いて言えばT-MAXぽい気もする。
もちろんパワーはT-MAXとは比べ物にならないんだけど、もうちょっとやんちゃでもいいのでは?
って思えるくらいフラットで扱いやすい。混んでる国道で流れに乗る程度の速度域でも超楽ちん。

そして、動き出してしまえばあんなに重い車体もずいぶんひらひらと軽く動く。
いかにも曲がらなさそうなイメージからはびっくりするくらいよく曲がる。すごいなこれ。

試乗コースだとそもそもそんなに開けられる場所が無いんだけど、最後の最後、
信号を左折して店に戻るまでの300メートルくらいのとこでちょっと開けてみた。
や、開けたって言ってもぜんぜん全開とかじゃない。ガンダムで言うならとりあえず起動して
目の前に居たザクの鼻をちぎってみた程度のレベル。それだけで軽く瞳孔が開いた。
V4の大型バイクって先代のVFR800と現行のVFR1200くらいしか乗ったこと無いんだけど、
あの抑揚無く淡々と回る感覚とは真逆の、気が狂ったんじゃないかと思うほど情熱的な回り方をする。
同じエンジン形式とはいえ狙ってるところがまるで違うから、性能の良し悪しで比べるものじゃないと思うけど、
それでも印象としてはガンダムとジムくらい違う。まさに化け物だ。
リックドム12機を3分で落とすレベルで乗ったらどんな世界になるのか想像もつかない。

大型バイクの醍醐味は直線でがんと開けたときの爽快感だ、と思う人にとっては
たぶんこれは世界最強の選択肢なんじゃないだろうか。速いだけならもっと上がいるかもしれないけど、
これ以上イヤッホウできるバイクはちょっと想像できない。

軽くくらくらしながら自分のバイクに戻ると、自転車とまでは行かないけどなんだかNS50Fみたいに見えて
一瞬我が目を疑った。すぐに正気に戻ったけど、あらためてV-MAXはおいらにはごつすぎると思った。
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-09-15 17:44 | バイク | Comments(0)
2013年 09月 07日

プリンタぶつぶつ

こんな特集記事ですらクローズアップされてる要素のほとんどが805Aから変わってない部分
(さらに先代の804Aと比較されてる)だから、実際よっぽど変わってないんだろうなあ。
たぶんトレイが自動で閉まる機能くらいで、あとはファームのアップデートでもやれそうな事
(やるかどうかは別として)くらいしかない。

トレイが自動で開くのに閉めるのは手動、っていうのは今のMP600でも気になってたとこだけど、
そのために1万以上も余計に払うか?って考えるとなあ。

わざわざ特集やるならもっといろいろ変わった機種でやればいいのに。
実際これが主力だから仕方ないのかも知れんけど。

というわけで、エプソンに行くならまぁ805Aで決まりかなあ。
今のところ値段にもそう目立った動きが無いのは、やっぱり新型が出てもあまり価値が落ちないことが
確定したからなんだろうか。実際新型が発売されたら動くのかも知れんけど。

ちょうど発売日が給料日直後だし、そこでがつんと値が下がるなら買っちゃうかもしれない。
でもあんまり期待できんだろうなあ。むーん。
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-09-07 23:54 | PC | Comments(2)
2013年 09月 07日

今月のらぢまが

久々な気がする誌面リニューアル。でも正直ロゴが変わった程度で、
良くも悪くも違和感が無い。GSOS先生がいっぱい絵を描いてたくらいだろうか。

・特別付録
村上さんが「もっとヤりたーい」とか言ってるえろいDVDがついてた。

・KO RSx-one10Response
「ハイスピードタイプ誕生」って、今まで無かったんか!

・タミヤTB04
現行変態ベルト車TA06に対抗するために誕生した変態シャフト車。
タミヤはこういうどこも真似したがらないようなのをやってればいいと思うので個人的には応援したい。
しかしたっかいな。TA06やXV01もこんなもんだから今時はこんなもんなのか?
PROですでにTA05Rより高い。やっぱりTA05は安くていい車だったなあ。

・タミヤDB01RR
ビッグボアダンパー&角電池対応新型バスタブ、というわかりやすい近代化改修。

・タミヤDF03MS
で、こっちは何がどう変わったの?

・タミヤ ラ・フェラーリ
ボディ目当てでツーリングカー欲しいと思ったのはもしかしたら初めてかもしれん。かっこいいな!

・タミヤTRF418
今度は足回りまで込みでほぼ全面的な新設計との事だけど、CAD画像しかない現時点では
やっぱりぱっと見何が変わったかわからない。現物見てもたぶんわからんと思うけど。
ガチでレースやってる人には期待のニューカマーなんだろうけど、野次馬には何も面白くない。
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-09-07 18:36 | らぢこん | Comments(2)
2013年 09月 01日

プリンタごにょごにょ

盆休み終了→仕事の鬼、の流れでずっと放置してたらでかでかと広告が貼られてた。いかんいかん。

というわけで、書く事っていうか書かなきゃいけないことがいっぱいあった気がするんだけど、
気が付いたらすでにほとんどがいまさら化していた。なんだかな。

さて、ずいぶん前から顔料黒が出なくなってたうちのプリンタ(MP600)だけど、
気が付いたらすでに修理サービスも終了していた。いつか修理してやろうと思ってたのに。

じゃあそろそろ次を考えなきゃな、ということでなんとなく考えてみた。

・画質:いまどきのなら何でも綺麗なんじゃねえの?(鼻をほじりながら
・複合機:やっぱり利用価値は倍増する。それでもまあ使用頻度は低いんだが。
・CD/DVDレーベル印刷:MP600買うときに一番「おぉ!」と思った機能だが、そういえば使った記憶が無い。
・給紙:前面カセット超便利。ステッカーとか変な用紙も使うから1枚差しも欲しい。
・インク:変な用紙だと顔料使えないのもあるから染料じゃないやつは困る
・ランニングコスト:ヘヴィに印刷しまくる訳じゃないから多少高くてもいいとは思うけど、最近の話を聞いてるとおっかない。
・無線とかクラウドとかスマホ対応とか:心底どうでもいい

という条件で考えるとまず現行のキヤノンがどうも全滅っぽい。給紙が前面カセットのみ。
エプソンだと上の方はカセットのみだったり下の方は背面のみだったりで、
両方使えるのが805A以上、ということになる。でも給紙以外は完全に775Aで充分なんだよな、
と思うともんにょりした気分が拭えない。あとユーザが多いせいかいろいろ悲鳴が聞こえてきて怖い。

もう別にキヤノンやエプソンじゃなくてもいいんじゃねえの?ってブラザーとか見てみても、
手差しのみながらA3行けるとかけっこうな飛び道具を持ってたりするけどたぶん使わんよな、とか。

というわけで、もうすぐエプソンの次期モデルが発表されるだろうから、それを横目で睨みつつ
805Aの叩き売りを狙うか、あるいは顔料黒は無かったものと思ってMP600を使い続けるか、
みたいなのが現時点での方針。

どうしたもんかな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-09-01 19:20 | PC | Comments(6)