神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 30日

おいでん

去年はトヨタが土日休みじゃなくなったせいでギリギリまで行けるかどうかも怪しかったけど、
今年は例年通りふつうに行けた。人の混み具合とかも概ね例年通りな印象。

e0034693_14171944.jpg


らぢこんやる気満々軍団。超たのもしい!

何の意図も打ち合わせも計画性も無くてきとうに持ち寄った車だったが、
リアルMレギュのブラシレス&リフェ仕様そのまんまだったガンベイドの電池だけリポにしたのと、
380スポチュン仕様のM-Fourと、GP3700積んだサンドマスターは、絶妙に似たようなスピードだった。
嫌なトラクションの抜け方をするMコンバージョンのF103(たぶん380サイズのアウターローターの
ブラシレスが軽すぎ&ブレーキ効きすぎ)以外はみんな概ね普通に走っていた。普通って素晴らしい。

e0034693_142869.jpg


この日はずっと薄曇りで風も強めで、猛暑が平常なここ最近と比べれば、とかのレベルではなく、
ビールのうまさが半減するのでは、って不安になるくらい過ごしやすかった。
絶対必要だろうと思って持ってきた屋根も結局今回はまったく出番がなかった。
でもまぁ、名古屋ではゲリラ豪雨だったらしいから、豊田で降らなかったのはこの屋根のおかげだな。

ちなみに、ビールのうまさは半減だったのかもしれないけど、それでも十二分な威力だった。
ハーフキャンセルしても威力はそのままなライデンレーザーみたいなものか。

e0034693_14374541.jpg


そして、いよいよ本番。炭のエンジンに火をつけろ!

今回はたまねぎを筆頭に野菜がめったやたらにうまかったけど、もちろん肉も最高。
「何かが足りない」と思ったときはとりあえず塩こしょうだ。間違いない。
炭の中でホイル焼きにされてた浜松産じゃがいもが灰になってたのが心残りだった。

e0034693_1446767.jpg


去年はトヨタがアレだったせいか、心なしか寂しく感じられた花火も今年は例年通りな感じだった。
日中はかなり風が強くて、これなら多少風向き悪くても煙も全部流されるのでは?と期待したものの、
花火が始まる頃には風もすっかり弱まっていた。前半は手前に吹いてくる感じで
完全に煙の向こうで何か光ってる、みたいな感じだったけど、後半は右手に吹く感じで、
左側はわりと鮮明に、右半分に強いFOGが掛かるPowerVRのデモみたいな感じだった。

怖いカメラを携えた花火撮影部隊は徐々にトーンダウン気味か。
「PhotoShopで煙を画像処理するより花火をイチから描いた方が早くね?」みたいな。

ご無沙汰だった鈴木君や、さらに超ご無沙汰だったおおのんの兄貴にいろいろ懐かしい話を
聞けたのも良かった。また来年もやろう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-07-30 14:57 | ひとりごと | Comments(2)
2012年 07月 22日

おいでん

というわけで来週はおいでんですよ。

どうしますか野郎共。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-07-22 18:50 | 告知 | Comments(9)
2012年 07月 22日

落ちる車速信号

今度はナビが「車速信号線が外れました。接続を確認してください。」とか言い出した。

ちなみに起動直後は何事も無かったように振舞うけど、だいたい3分以内くらいでこのメッセージが出る。
ナビが起動時のどのタイミングで車速信号をチェックするのか解らないけど、
ハナから繋がってない場合はどうも別のメッセージが出るっぽいから、接触不良か故障か。

ディーラーで見てもらったら、接続も車速信号も異常ないっぽいからナビの故障では、との事。
1年なら保障も効くし3年なら諦めもつくけど2年で故障とは。なんてこったい。

今のナビが超気に入ってて買い替えなんて考えられない!って訳でもなく、
今のに特に不満は無かったけど超気になる新製品が!って訳でもなく、
今のは正直ナビとしてはともかくメディアプレイヤーとしては不満だらけだけど、
今のバックカメラとか活かすならまたパイオニアなのか、とか思うと、
金払って直すにも買い換えるにもあまり積極的になれない。何より金が無い(寒

ただ表示されたメッセージが消えないのがうざいだけで、
たぶんトンネルとか建物に入ったとき以外はナビとしてもそんなに困らないし、
このまま我慢してもう少し使おうか、うーん(悩
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-07-22 17:41 | | Comments(3)
2012年 07月 21日

落ちるカトンボ

なんというか、SH-07Dのブラウザの落ちっぷりが酷い。

あのIS04でも確か1年くらいはそうそう落ちることは無かった気がするんだが、
まだ使い始めて間もないのに、全盛期のIS04並みかそれ以上の勢いで落ちまくる。

そんな一日中いじり倒してる訳でもなく、仕事中の休憩時間+αくらいなので、
多いときでも1日1時間を越えることは滅多に無いんだが、だいたい少なくとも1日3回は落ちる。

IS04は常に無言で落ちてたけど、SH-07Dは問題が発生したのでブラウザを終了します的な
確認ウインドウを出して落ちるんだけど、「OK」を押してないのにさっさと消えることも多いし、
無言でいきなり落ちることもある。超高速自動OKが発動して目視できないだけかもしれんけど。

落ちた直後に同じとこを見に行こうとすると何度でも連続で落ちることもあるし、
じゃあそこはもう頑として絶対に表示できないのかと言うとそうでもなかったりする。なんなんだこれ。

androidってこんなもんなのか?
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-07-21 15:15 | 携帯 | Comments(2)
2012年 07月 14日

難航中

あひる無制限用のネタ車が一向に進行しない。

もちろん、そんな高度なことをするつもりは無く、むしろ今まで作ってきたろくでもない車たちの中でも
屈指のしょうもなさで、技術的に難しそうな事は何も無く、まさに夏休みの工作レベル。
ただめんどくさいだけで「まぁ、やっちゃえばなんとかなるんじゃね?」と思うだけで、エンジンが掛からない。

作るのは結局のところハリボテなので、手間を掛ければどこまででも作り込めるんだけど、
技術も無いけどそれ以上に根気が無いから、完全再現はたぶん無理。
じゃあどこまで作り込むのさ、というところで思考がぐるぐる回るだけで何も前に進まない。困った。

どうにもらちが明かないので、とりあえず一番肝心な部分をばばっとカタチにしてみた。

e0034693_1538646.jpg


…意味がわからないにも程がある(血

それでもまぁ、いろんな方向性がだいぶ固まった、ような気がした。
やっぱり、進むべきはどこまで再現するかではなく、どこまで手を抜けるか。
我ながら酷いとは思うけど、これこそが我が道。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-07-14 15:43 | らぢこん | Comments(10)
2012年 07月 08日

テクスチャマッピング

あひる用戦闘車両その1・サンドマスターとりあえず完成。

e0034693_1453643.jpg


というわけで、トマホーク。
元々赤一色に簡単なラインとステッカー程度なんだけど、せっかくテンプレもあるから
全面を貼ってみた。京商ロゴしかない屋根までも全面ステッカー貼り(無駄

e0034693_14102594.jpg


故に、アップで見ると粗というかペパクラ感がすごいことになっている。
特にベース色とぜんぜん違う色にするなら、2~3ミリ大きめに色付けた方が良さそう。

e0034693_14132546.jpg


ドライバー人形も、当時の雰囲気を出すためにナイト・シューマッハ風に。

e0034693_14161392.jpg


本来はこんなマスクド竹之内風。

e0034693_14182848.jpg


カラーリングがシンプルな分、アクセサリーで頑張ってみた。
フォグランプはマイティフロッグ用、ネットはホットショット用、ミラーはABC製。
思った以上にそれっぽくなった。写真だとミラーが目立たないけど現物はなかなかの存在感。

この手のレーシングバギータイプのボディでミラーが付いてたのって、
たぶんトマホークだけだと思うんだけど、実車とかだとどうなんだろう?

e0034693_14235841.jpg


ル・マンとかトマホークとかのロゴは現物があったからスキャンしただけだけど、
古いスポンサーロゴを探すのにけっこう苦労した。K&Nとか新しいのばっかで古いのが全然無い。
カヤバやアクセルも当時モノとは微妙に違うんだけど諦めた。それっぽいからいいや。

e0034693_14281049.jpg


リヤエンドの排気管はどうしようか考え中。どうやっても違和感は出そうだし、無くてもいいか。
何かいいのが思いついたらやってみよう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-07-08 14:29 | らぢこん | Comments(0)
2012年 07月 07日

アンパンマン、新しい顔よ!

もう先週の話なんだが、メットを新調した。

e0034693_1410336.jpg


左のが今までお世話になったX-9

いちおう、メットの賞味期限は3年、ということになってるけど、7年くらい使ってる。
その間はこけたりもしてないし使用頻度も大したことは無いんだけど、
合皮みたいなとこがぼろぼろはげてきてるので、外はともかく内装のくたびれっぷりは酷い。

おいらの頭は単にでかいだけじゃなく、どうもショウエイのしか受け付けない形状のようで、
以前ろくに試着もしないで買ったアライのでえらい目に遭って以来、試着は欠かさないようにしてる。
そんな高級品じゃなく、もっと安いのでいいじゃん、と常々思うんだけど、合わないものはどうしようもない。

e0034693_14212587.jpg


新しい相棒・XR-1100

いちおうX-9の後継、ということでラインナップ的には真ん中のクラスになるが、
「数字のでかさ=偉さ」と解釈するとショウエイ史上でも恐らくぶっちぎりのハイエンドになる。

e0034693_14341270.jpg


もちろん頭部バルカンも装備。「ぶぁるかん!」の音声入力でザクくらいなら蜂の巣にできる。

e0034693_14362170.jpg


さらに後頭部にはミサイルランチャーも装備。高い攻撃力で邪魔な渋滞も一掃できる。

しかしまぁ、こういうベンチレーションの類ってどうしてわざわざ開閉できるようになってるんだろ?
閉じるシチュエーションが想像できない。寒い時?
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-07-07 14:42 | バイク | Comments(0)
2012年 07月 03日

まずは一度走ってみた

平日でも定時で上がればまだまだ全然明るいぜ!というわけで早速ちょっと走ってみた。

e0034693_1201182.jpg


コースに持ち込む程の事でもないし、アスファルトで走ってもよくわからんだろう、ということで
徒歩10秒の公園的なとこで走ってみた。こういうとこでらぢこん走らすのって下手すると高校以来くらいかも。
あひる向けテストとしても、車の性格的にもこれ以上は無いくらい絶好の条件だ。

………
……


おぉ、これは…正直予想以上だ。

いやまぁ、最悪ぜんっぜん走らなくてもしょうがない、くらいに思ってたけど、
子供のおもちゃとしてもまじめな入門用としてもわりと安心してお勧めできると思う。



まぁこの動画くらいよく走ったらいいですねHAHAHA、と思ってたけど、本当にこんな感じだった。
サーボがちょっといいのと電池がGP3700(でも熟睡)な事以外はほぼRTRと同じはずだけど、
よく走り過ぎない程度によく走る、実に絶妙な線だと思った。

見た目の印象よりもさらにリヤ荷重が大きいみたいで、あんなに後ばねが硬いのにそれでも
ほんの気持ち後下がりな姿勢になる。しっかり踏ん張った上に適度なリバウンドもある。
史上稀に見るレベルのスーパーぼよんぼよんサスも、びっくりするほどちゃんと仕事してる。
細かいギャップも全部拾う!くらいの勢いでよく動くけど、パワーが適切なせいか暴れることもなく、
まるでオイルダンパーが付いてるような、とまでは行かないけど、あのぼよんぼよんばねサスとは
思えない動きを見せる。もちろんフリクショングリスの類は何も付けてない、素のまんまで。

タイヤもお世辞にもハイグリップとは言えないけど、食わないなりにちゃんと走る。
普通、グリップの確保できない2駆バギーなんて捨てて帰りたくなるくらい苦痛になるけど、
くるっと一瞬で巻くのではなく、ちょうど動画のようにイン側の前輪を軸にマックスターンする感じ。
あれはなんかすごいテクニックを駆使してくるくる回ってる訳じゃなくて、切り過ぎるとふつうにああなる。
謎の安アンプもなかなかのもので、低速もスムーズだし、ブレーキがちゃんと使えるのに
バックが非常に使い易い。ブレーキ&バック付きのアンプってすごい癖の強いのが多くて、
酷いのになるとバックすること自体が難しい奴(ミニッツとか)もあるのに。

総じて、オンザレールでコントローラブル!とまでは行かないけど、砂の上をストレス無く走れる。
人間が下手なのを車が補ってくれるのではなく、うまく操作しないと膨らんだりふらふらするけど、
明後日に飛んで行ったり真後ろ向いて止まったりすることも無い。深く考えなくてもそこそこに楽しく走れる。

外装も、軽くぶつけたり乗り上げたりする程度ではびくともしなかった。
しかし、そんなにめちゃくちゃ砂だらけになった訳でも無いのに、電池蓋の押さえがびくとも動かなくなった。
最悪ねじ2本でばらせるから取り外し不能になる事は無いけど、小さなばねの入ったストッパーを
再度組み付けるのはけっこうめんどくさい。入門者にはもちろん、自分でも勘弁してほしいくらいだ。
たまたまならいいんだけど、こういうものだとしたらけっこう深刻な欠点かもしれない。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-07-03 02:22 | らぢこん | Comments(2)
2012年 07月 01日

走行可能状態まで完成

e0034693_142795.jpg


というわけで、ステッカー以外は完成。あひる用車両としてはむしろステッカーが本番なんだけど、
そのへんはまぁ、これからぼちぼち。電池まで入って調整も済んでるからスイッチ入れれば即走れる状態。

e0034693_1442521.jpg


ふつうのバギー代表としてDT02(これも未走行だった)と並べてみる。
確かに幅は狭いんだけど、もっとウルトラナローなイメージだったのに比べると案外そうでもない。
片側1センチくらい狭い程度?もっとタイヤ1個分近く狭いような気がしてた。

ビードロックのホイールは通常のバギー(2.2インチ)より若干小さく、ツーリングより大きい。
タイヤの触った感じも独特で、現行のでは近いものが思いつかない。
大昔のスコーピオンとか初期型トマホークに付いてたブロックタイヤに近い感じだろうか?
かなり硬い上にこのパターンなので、正直とても食うとは思えない。
アスファルトでわりと気兼ねなく使えそうなのはいいけど「サンドマスター」としてはいかがなものか。

e0034693_225154.jpg


買ってきたメカ。受信機はサンワのFHSSの安いほう、ということでRX381。
(機能的にハイエンドの)462と比べると、テレメトリーと超ハイレスポンスとチャンネルがひとつ少ない。
サイズは気持ち小さくて重量も気持ち軽い。
旧ハイエンドの451と比べるとチャンネルがひとつ少ないだけで重量もむしろ軽い。
大手メーカー純正FHSS受信機としてはかなり安い部類。アリスで6800円くらい。

でも、正直最初はもうちょっと安いかな?みたいなつもりだったのでちょっと悩んで、
2個買うつもりだったけど結局今回は1個にしておいた(弱
RTRに付いてるのにそっくりだけど液晶付いててちょっと偉そうなプロポ・KT201(RTRのはKT200らしい)
が受信機2個付いてサンワ381と大差ない値段で売ってて「いっそこれでも…」って考えそうになったけど
なんとか思いとどまった。あぶねえ。

サーボはヨコモのS-007とか言う奴。デジタルで0.11sec/6.5kg(6V)な安サーボ。2800円くらい。
せっかくだし久々にサンワのサーボを買おうか、とも思ったけど、当然こんな車にハイエンドを奢る気は無く、
ミドルクラスもなんだかんだで5~6千くらいするし、それなら型落ちのERG系がそれくらいの値段だし…
とか考え始めて結局やめた。大手メーカー純正系ではKOのセミロープロのが目立って安い以外は
どこも大差ない感じで、あとはイーグルとかエンルートとかの激安系。たぶん問題ないんだろうけど、
なんとなく避けてヨコモにしてみた。冷静に考えると怪しさでは大差ない気もする。
セレーションはフタバ系だけどコネクタは耳が無いタイプ。どこが作ってるんだろ?

サイズ的にはドンピシャで、サンドマスターの樹脂一体サーボ押さえにしっくり収まった。
サンワ系だと若干小さくてちょっと余るらしい。

受信機はさすがにカバーの中で暴れるので両面で貼った。暴れるといっても範囲も狭いし、
軽いし、飛び出すことも無いからほっといても問題ないかも知れないけど、念のため。

骨太でがっしりしたパイプフレームは頼もしいけど、そこにはめ込むボディパネルがやばい。
ぶつけたら絶対一発でキャストオフしそう。でもこれたぶんわざとそうしてある。

一見するとコストダウン一辺倒でチープなだけの車に見えるけど、よくよく見るといろいろな思想や趣向が
見え隠れして面白い車だと思う。この値段でこんなにお手軽なのに、作るだけでこれだけ楽しめるのは
いいおもちゃだと思う。あとは走ってみて、まぁよっぽど酷くなければ。

機能面でも、ネタとしても、触ってるとやりたいことがいろいろと出てきて困る。
サンドマスタークラスは完全無改造なので、外観ネタでしか攻められないのがもどかしい。
無制限用にもう1台買っちゃってもいいかも知れないな。

まずは一度走ってみてから、かな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-07-01 03:01 | らぢこん | Comments(0)