<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 26日

早速乗ってきたぜヒャッハー!

結論:まだ寒い(弱

昼飯食べつつ矢田川の堤防道路をぐるっと走ってきただけ(30キロくらい?)だけど、
メットのあご紐が外せんくらい手がかじかんだ(寒

個人的な目安は「最低気温が10度を超えたら」なので、予想通りではあるんだけど。
調子こいて高速乗って遠出とかしなくてよかった。本当によかった。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-02-26 14:46 | バイク | Comments(0)
2012年 02月 25日

帰ってきたFZS

「4~5日もあれば」って話だったんだが、翌日にはモノが届いたらしく、18時半くらいに電話があった。

早速ライコランドに向かう。もちろん徒歩で。ごついジャケットを着て帰らなきゃならないので
長袖シャツだけの春の装い。昼間ならこれで充分なんだけどさすがに日没後はけっこう寒い。

特にこれといった問題も無く、無事退院。
しかし、これといったメンテもせずに雨ざらしの10年選手なので、全身つっこみどころのカタマリでもあるわけで。
今後のためにもいちおうメモっておく。

・フロントフォークのシールにオイル漏れの形跡あり。要オーバーホール
・インシュレータ(エンジンとキャブの接続部分)にクラックあり
・チェーン錆びすぎ
・フロントブレーキにエア噛んでる?

言うまでも無いから言わなかったんだろうけど、すでに解ってること

・シートがすでに限界を超えている
・溝的には充分だけどコンパウンド的にたぶんもう終わってるタイヤ
・2000~3000キロくらいでイリジウムに交換したけどそれっきりなプラグ
・錆びすぎのねじ類

全部なんとかしようと思ったら10万じゃ済まんよなあ(頭痛
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-02-25 19:47 | バイク | Comments(0)
2012年 02月 24日

アクア

なんとなく試乗してきた。

CR-Zで行くと通常売る気満々の営業もほどよくクールダウンしてくれて実に具合がいい。
名前すら書くことなくそのままほいほいと試乗スタート。

実はプリウスも乗っけてもらったことしかないので、トヨタのハイブリッドは初体験だ。
プリウスの未来感覚丸出しのシフトスイッチ(?)ではなく、普通に床から生えてるシフトレバーは
世間一般のいまどきのオートマ車と何も変わらない感じ。インパネも一瞬ぎょっとしたものの、
よく見ると実にシンプル。時計と電池メーターとハイブリッドのインジケーターと燃料メーターと
スピードメーターとシフトポジションとオド/トリップメーター、あと切り替え表示(燃費とか外気温とか)くらい。
文字で列挙するとぎょっとするが、実際ほんとにこれが全てなのでずいぶんシンプル。
タコメーターが無いので、エンジンが掛かってるかどうかはインジケーター横の「EV」表示のオンオフでしか
解らない。要はエンジンが止まってると「EV」と表示される。停車中でも。

少なくともCR-Zでは絶対に真似できないEV走行とはどんなもんか、というのが最大の興味だったけど、
意外と拍子抜けと言うか、ふつうだった。エンジンが止まってるからと言っても完全に無音ではなく、
ロードノイズとか、エンジン以外の音はふつうに聞こえる。正直高級車の類なら急加速でもしない限り
エンジン音なんてほとんど聞こえないから、そういうのと大差ない感じ。コンパクトカーにしては静かだな、
くらいな印象で、異次元体験!みたいな感じは全然無かった。
さすがに止まると完全に無音になるけど、それはCR-Zどころかいまどきはハイブリッドじゃない車でも可能だし。

ホンダのIMAとあからさまに違うな、と思ったのはエンジンの始動/停止が走行状況と完全に無関係なとこ。
停車中回ってたエンジンが走り出すと同時に止まって、次の信号でまた回り出す、とか。
凄いのは、何も考えずに乗ってればそれがハイブリッドだと気付かないくらい自然なこと。
停車中はともかく、走行中は「あ、今エンジンかかった」というのも注意してないとほとんど解らない。
うちの母親とかだと教えるまで絶対気付かないと思う。

ただ、残念なことに、おいら自身がすっかりMT慣れしてしまってるせいで、ハイブリッドとか以前に
ATそのものにすごい違和感があって、そのあたりはちゃんと評価できない。
おいらは「あー、たぶんATってこんなもん。ふつうふつう」と思ったんだけど、
日常的にAT乗ってる人に言わせれば「ゲゲエーーーッ!!!」なのかも知れない。
CR-ZのMTに試乗したときはなんか逆のことを言ってたような気もするけど(遠い目

ミニバンやハイトワゴンじゃなくても屋根もシートも高めな傾向の、最近のコンパクトカーと比べると
わりと低いはずの屋根やシートも、普段CR-Z乗ってる人間にはよくわからない(汗
ふつうに座りやすいし前も後ろも見やすいし頭の上も余裕しゃくしゃくな気がするけど、
いまどきのコンパクトカーに乗ってる人に言わせれば「ゲゲエーーーッ!!!」なのかも知れない。

今日は暖かかったから気にならなかったけど、エンジン止まっててもエアコンが効く(らしい)というのは
ホンダから見るとうらやましい。ホンダもまぁエンジン切らなきゃいいんだけどさ。
あと、エンジンのスタートボタンが右側にあったのが好印象だった。なんだ、トヨタもやればできるじゃないか(何様

総じて、ふつうに良くできたいまどきのコンパクトカーですね、という印象。良くも悪くも。
値段は一見意外と安い気がするけど、3つもグレードあって10万づつ違うのに、違うのはほぼ内装関係で、
装備はほぼパッケージオプションに集約されてる感じで、付けないと限りなく何も無い車で、
付けていくとどんどん高い車になる、といういやらしい仕様。実際それでもバカ売れしてるんだし、
そう法外でもないんだろうけど、これ需要が落ち着いてきた頃に絶対お買い得仕様車出そうだよなあ。

世界一の燃費、という飛び道具を持ってる分値段が随分強気。それ以外は手堅くまとまってる感じ。
値段を考えれば納得の行く燃費で、使い勝手で上回るフィットハイブリッドも意外といい勝負だと思った。
プリウス対インサイトは気の毒で見てられなかったけど。

そして、自分のCR-Zに乗って帰る。あぁ、やっぱりおいらはこれがいいや、って思った。
燃費も後方視界も人を乗せるのも完敗だけど、いまだにハンドルを握るとたまににやける。
ただの街乗りでもなんか楽しい。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-02-24 22:53 | | Comments(4)
2012年 02月 24日

バイク日和

さすがに朝晩は寒いけど日中ならもう大丈夫じゃね?というわけで久々にバイクでGO!

少なくとも年が明けてから掛けた覚えが無いので、エンジンはすっかり熟睡。デスヨネー
セルはうんともすんとも言わない、という訳ではないが「み゛ーーー」みたいな異音を発するだけで
まったく回らない。まぁここまでは想定の範囲内。

颯爽と車の前まで引っ張っておもむろにブースターを繋ぐ。ハイブリッド超便利(ハイブリッド関係ない

アムロ「接続完了、ハイパーランチャー始動するぞ!」

それでもさくっとかかる感じではなく、通常のちょっと寝起きの悪い感じで始動するエンジン。
ブースターを片付けたりしてる間に5分くらいアイドリングで暖気しつつ充電。
ついでに車から抜き取ったETCカードを挿すか、と一旦エンジンを切る。

カードを挿してすぐにエンジンをかける。み゛ーーーーーーーー

…思ったより重症だったらしい、一旦片付けたブースターを再度繋いでまたエンジンをかけつつ、しばし悩む。
アイドリングじゃ充電量が足りないだけで、走ってればそこそこ充電すんじゃね?
でも何かの拍子で速攻エンストとかしたらそこで試合終了だし、そもそもちゃんと充電できる保障も無くね?

…むーん、やっぱりバッテリー替えたほうがいいか。前回は5年前で、やっぱり5年目で交換してるし。

とりあえず近所のライコランドに向かう。

対応表を見ると、やっぱりFBのFT12B4か湯浅のGT14B4、ということになっている。
なんか5年前のレーシングワールドよりずいぶん高い気がするのに軽く眩暈を覚えつつ、
なんか聞いたこと無いメーカーの12B4がちょっと安いのが目に止まる。

とりあえず店員を呼んでバッテリー交換したい旨を伝えて、適合表見てじゃあこれで、ということで
その安いのを選んで金を払い、交換してもらう。

…が、やっぱり現物14B4だったからこれだめです!というオチになった。
まぁ予想はしてたんだけどさ。そもそもGT14B4店頭在庫切れじゃん。

結局、バイクもろとも預けっぱなしにして入荷したらつけてもらう、って事になった。
メットも冬ジャケットも店のコインロッカーに置きっぱで、軽装で歩いて帰った。
風も無いし歩きだから体がぽかぽか、とかいうレベルじゃなく、日が当たる左側がじりじり来る。むしろ暑い。

こんなにいい天気なのに1キロバイク乗って1キロ歩いて終わりとは。mottainai。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-02-24 20:27 | バイク | Comments(0)
2012年 02月 24日

大丸

どうせ早めの時間なら別に平日でもよくね?とも思ったんだけど、
実際帰ってきて寝るとこまで含めてそうスムーズに進むとも限らんよな、ということで
翌日有休を取って不退転の決意で臨んだ3度目の大丸。

いや、有休は仕事的に休めそうだったから休んだだけで、それ以上の意味は無かったんだけど。

先週は2時半くらいでアウトだったので今度は1時半くらいを狙ってみた。
シャッターは開いて外に看板や椅子も出てるけど、中は薄暗い準備中状態。
しばらく車内から様子を見てたが、2時ちょい前くらいから人が並び出したのでそそくさと加わる。
4番手くらいなのでフロントローは確定。さすがに今回は大丈夫だろう。

しかし、なっかなか開かない。気温はそんなに低くないが妙に風があってすげぇ寒い。
1時間くらい待って、ようやくおやじさんが出てくる。よっしゃよっしゃ。

「作るの遅くなるで、他で食べてきてください」

…いや、あんまり早くから並んでるといつも言われる台詞なんだが、まさかここで出るとは。
すでに自分の後ろにも数人並んでたが、唖然としつつも文句を言ったり帰ったりする人は居なかった。

結局3時を回ってようやく座れた。初回ロットが先頭の3人で、おいらは2回目のロットだったけど、
出てくる前に初回の3人は食べ終わって店を出ていた。
実際おやじさんの処理能力の低下はけっこう深刻なようだ。

今回得た情報

 ・足腰や肩の痛みが酷いらしい
 ・それで今月は4回も休んだらしい
 ・1時間しかやれなかった日もあったらしい(先週か?
 ・「いつまでやるのか」ってよく聞かれるけど「明日のこともわからない」って答えるらしい

しゃべってるとむしろ元気そうに見えるけど、肉体的には相当しんどい様子だった。
肩が痛いからどんぶりも辛うじてカウンターに置くくらいまでしか上がらないらしい。

おやじさんの活動限界の低下に加えて、最後の駆け込みで客も増えるから、
この先はさらにどんどん2次曲線的にハードルが上がっていくことが予想される。
無くなるまでに食べておきたい人は、できるだけ早めに相応の覚悟で臨むことをお勧めする。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-02-24 04:38 | ひとりごと | Comments(5)
2012年 02月 23日

むきー

知らないうちにマウスに自動ダブルクリック機能や自動ドラッグ中断機能が付いていた。わぁい(投

買ったのが去年の3月だから…だいたい11ヶ月か。

なんだかんだでロジクールとはけっこう長い付き合い(10年近い?)だけど、
トラブるのは電池周りか光学センサー周りがほとんどで、ボタンのトラブルってほとんど記憶に無い。
いちおうゲーミングマウスなんだからむしろ耐久性重視でもいいと思うんだけど、そうでもないのか?

また症状にムラがあって、酷いときはほんとにどうにもならないけど、いいときはぜんぜん平気だったり。
使えない事は無いんだけど、非常に気分が悪いのでなんとかしたい。

そういえばこいつは導入時からいろいろ気持ち悪かったんだよなあ。
買い換えるならもうロジクールはやめようかな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-02-23 01:14 | PC | Comments(0)
2012年 02月 20日

プロポ遍歴

なんとなく振り返ってみたり。

・サンワ ニューダッシュS

記念すべき人生初プロポ。当時の入門プロポはこれか初代アタックかJRビート2くらいだった気がする。
とにかく安いのが自慢であり特徴のプロポだったから機能は何もなし。リバーススイッチすらない。
スティックユニットをばらして180度ひっくり返す力技リバースだった。

・サンワ マシーンA

記念すべき人生初ホイラープロポ。機能的にはダッシュSの上位・ダッシュVと大体同じで、
リバース・D/R、EPAくらいしかないが、必要充分だし、機能云々よりもホイラーであることが重要だった。
弟のEX-2と比べると、凝った形状でかさばる筐体だったけど、アンテナが短くて取り回しが良かった。
結局社会人になってチームSKB活動が始まる頃くらいまで使ってたから相当長かった。

・サンワ Mゼクス

記念すべき人生初のハイエンドプロポ。これで窮屈な27MHzとはおさらばだぜヒャッハー!って思ってたら
周りも次々に40MHzに移行してきた上に27MHzがナローバンド化して形勢逆転とか(遠い目
機能とか操作性云々よりもとにかく液晶画面が付いてるのが超かっこよかった。そんな古き良き時代。
多彩な機能は実際ろくに使わないのは当時も今も、そして未来永劫たぶん変わらないけど、
たまにしか使わない機能だからこそ、ぱっと見てさっと使えるわかりやすさがありがたい。

・KO EX-1プレシオス

記念すべき人生初のKO。筐体は軽くてコンパクトなのにアンテナが無駄に長いから、
構えると妙に重いのはEX-2から変わってなかった。これも伝統なんだろうか。
機能はともかく、小さすぎるディスプレイと劣悪な操作系(ボタン三つ押しとか)はとにかく使いにくかった。
受信機が小さいのと、12ミリ六角ハブのホイールを使える汎用アダプターが純正で出てたのは
面白かった。思えばK.I.Y.コンセプトの発端はこのへんだったのかもしれない。

・サンワ M8

結局サンワに戻ってくる。スタイルも機能も操作系もまさにMゼクスの正常進化で、しっくり感が異常。
複雑で大柄な筐体だけど、剛性はしっかりしてて、相変わらずアンテナが短くて取り回しがいいのに
電波も強力で、当時は両側にサンワが立つとKOはノーコンになるとさえ言われた。
実際KO使っててもそこまで酷いとは感じなかったけど。

・KO EX-10ヘリオス

M8に大きな不満は無かったけど、ずいぶん長く使ってるのにマイチェンばかりで全然新型が出ないのと、
ホビーショーのデモでハイレスポンスの威力に触れてまたふらふらとKOに浮気。
いざ自分の環境でノーマルとハイレスポンスを切り替えて効果を体感してみようと思ったら…
「もしかしたら気のせいかもしれないけど」レベルですら体感できなかった。まったく同じと断言できる。
体感に個人差があるのは仕方ないし、おいらが違いの解らない男だった、ってだけの話なんだが、
じゃああのホビーショーのデモは何だったのか。わからん奴にもわかるように何か細工してあったんじゃ?
以来、KOの言う事は凄ければ凄いほど信用しない事にしている。
でもノーコンになったことは一度も無く、後任がえらい事になったので結局けっこう長く使うことになった。

・サンワ M11

待ちくたびれたM8の後継機。ずいぶん待たされた割にはデザインはびっくりするほどキープコンセプト。
それだけに、持った感じも操作性も、新鮮味は薄いけど違和感も皆無。超しっくり。
しかし、問題は予想もしないところにあった。ノーコンだ。強力電波に定評のあったサンワとは思えないほど、
とにかく異常にノイズに弱い。プラスチックのカタマリであるアソシB4ならまだなんとか使えたけど、
アルミとカーボンのカタマリであるレーザーZX-Sだとまるでお話にならない。走り出した瞬間に暴走。
一般的にノイズに弱いと言われるローエンドAMプロポやKOでもここまで酷いのは見たことが無い。
キーエンスのシンセ受信機をもっと酷くしたような感じだろうか。
結局使い物にならないのですぐにヘリオスに戻してしまった。

・フタバ 3PKスーパー

サンワもKOも信用できなくてどうしたらいいんだ!ということでフタバに移行。
ノーコンに悩まされてたくせにさらに弱そうなフルシンセにしたんだけど、特に問題も無く。
畳んだ状態のアンテナが妙に邪魔なのとディスプレイの位置がしっくり来ないのが些細な欠点だけど、
それ以外は概ね好印象。どう見ても無駄だろうと思った機能も変態自作車等で大活躍した。
後に2.4GHzモジュールを導入してバンドに縛られた生活に終止符を打った。まさに革命。
シンセも2.4GHzも、受信機が高くて大柄なのが残念。後継機の4PKや廉価機向けには
小型の新型受信機が出てるのに3PKには使えない、というのも大いに不満。

・サンワ MT-4

再度サンワに戻ってきた。そして伝説へ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-02-20 00:56 | らぢこん | Comments(0)
2012年 02月 19日

未来のプロポ導入

2回連続で大丸れなくてムシャクシャしていたので、金を下ろしてアリスに向かう。

目当てのものは…なんか価格の張り出しそのものが無くなっていた。なんだ?そんな大人気品薄なのか?
ガンベイドのボールデフだけ買って店を出たものの、余計ムシャクシャしたので久々に洛西に向かう。

10時間くらい前に通った道は、さすがに真夜中みたいにスムーズじゃないのでまたムシャクシャ。
なんかもう色々と駄目だ。早くなんとかしないと。

というわけで

e0034693_16541831.jpg


テレメトリー成就のため、サンワよ、私は帰ってきたああああああああああああ(核
新EX-1だと思った?残念、MT-4でした!(やかましい

いやまぁ正直テレメトリーにそこまで興味津々だったのかという訳でもなく、
テレメトリー抜きで考えても現時点での選択肢で今後の主力を考えるとこれしかないかな、と。
最新でもなんでもない(もう出て1年以上は経ってる)けど、次世代プロポのあり方の模索、
という意味ではEX-1よりもまっとうで前向きだと思うのはおいらが結局サンワ贔屓なだけなんだろうか。

受信機は461の2個のと462の1個のでちょっと悩んだ結果462にした。
どっちもMT-4専用のテレメトリー対応受信機(厳密には送受信機、か)だけど、
462には動力電源の電圧モニター機能が追加されてる。
たぶん日常の使用でいちばんテレメトリーの恩恵があるのは電圧監視だと思うから、
最初から付けとけよ、って思うんだけど、ホントに最初だったから思いつかなかったんだろうなあ。
テレメトリー&4チャンネル&超ハイレスが無いけど安い受信機(381)もあるから、
今後必要に応じて増やすならそっちでいいか、という事で。

側面から見たシルエットは(実質的にほぼ)ハイエンドのプロポとは思えないくらいコンパクトだけど、
ディスプレイやホイールのレイアウトの関係で厚みはそれなりにある。
実際かなり軽いんだけど、その見た目のコンパクトさから受ける印象ほどでもない感じ。
でもキャリングハンドル風にデザインされたアンテナのすっきり感は素晴らしい。
3PKSもハイエンドプロポとしてはわりとコンパクトな部類だったけど、アンテナ回りだけが
妙に収まりの悪いデザインだっただけに、このへんの満足度は非常に高い。

2.4GHz専用設計なので4セル仕様。単3乾電池4本が収まるグリップ下台座部分も絶妙な形状。
4セルが収まる最低限のサイズにすると安定感が無くなるのでだいぶ余裕があるサイズで、
2本×2列の標準電池ボックスだけじゃなく、横4本のパックでも収まりそうな形状になっている。

ただ、電池は下だからケーブルくらいしか入ってないグリップなのに、若干太めなのが残念。
持った感じは3PKSよりほんの気持ち太い。充分許容範囲ではあるんだけど、
せっかくラージグリップまで標準(聞いてるかKO)で用意されてるんだから、もっと思い切って
細い設定でも良かったんじゃないかなあ、とは思った。実際、大の大人のくせに細いグリップ好き、
という人間を自分以外に見たことが無いけど、子供とかも持つなら細いのもあった方がいいと思うし。

あと外観で気になったのは、当然あるだろうと思ってたグリップ上のダイヤル(普通はD/R)が無かった事。
ぅえぇーまぢでー?と思ったけど、ステアリング周りのデジタルトリムが4つもあって、
デフォルト設定でステアリングD/Rとブレーキトリムもここに設定されてた。当然変更もできる。
確かに実際D/Rなんてぐりんぐりん回すことはそう無いから、この方が使い易い気もする。
ぱっと見でどのスイッチがそれなのか解んないのが難点だけど、とりあえず触ってみれば
ディスプレイにでかでかと機能名と数値が表示されるから解りやすい。

そして、コンピュータプロポの要である操作系に関しては…M6以降M11までの伝統のサンワ式
(ずらっと一覧で表示された機能から選択する)とは随分違ってて面食らった。
小さく見えてるメニューからジョグダイヤルで選択して進んでいく形式なので、むしろKO式に近い。
もちろんディスプレイの情報量が旧KOとは段違いなので、あそこまで使いにくい訳ではないんだけど、
なんだろう?このサンワともKOとも違うけど未体験でもない操作感覚は…そうだ、デジカメだ。
一般的なデジカメの操作系をカーソルキーからジョグダイヤルに置き換えたら大体こんな感じだ。
メニューの体系は良く考えられてて、例えばステアリングのスピードをいじろうと思ったら、
機能から選んでスピード→ステアリング、と入ることもできるし、
チャンネルから選んでステアリング→スピード、と入ることもできる。
従来のEXPとARCをひとまとめにして「カーブ」という機能で設定したり、
ステアリングやスロットルのハード的なズレを補正する機能があるのは3PKSと同じ。
もちろん3チャンネルや4チャンネルのミキシングも一通りできるし、前後独立駆動や
4輪操舵等、具体的なモードも選択できるから、ふつうにこの機能を使う特定分野には使いやすそう。
個人的におお!と思ったのは、従来はセンターしか動かない(エンドポイントは固定)なメイントリムも、
サブトリムみたいにエンドポイントごと動くモード(パラレル)に切り替えられること。
てきとうにメカ積んだら走らせながら調整、というずぼらスタイルなおいらには、
いちいちサブトリム呼び出さなくてもメイントリムで事足りる方が何かと好都合だった。これは素晴らしい。

ただ、スロットルのハイ/ローを50:50か70:30かで切り替える機能はあるのに、
ボート用の100:0の設定は無いとか、ミキシングの突っ込んだ設定(EXPとかまで反映させるかどうか、とか)や、
M11にあったような気がするツィーク調整とかの「で、普通それはどこで使うの?」みたいな機能は
一部無かった。が、ハイエンドのM11との差別化としてはあまりにも控え目というか、
これ無くて困る人なんてホントに居るの?みたいな機能以外は全部入ってる感じ。

従来のミドルクラス(MX-3とか)では随分コスト削られてるように感じた、ホイールやスロットルの
操作感覚も驚くほど改善されてた。スロットルの位置や角度もかなり細かく調整できるようになってるし、
実際それなりにコストも掛かってるんじゃないかと思う。少なくとも持った感じの高級感は3PKSより上だと思う。

唯一残念なのは、恐らくウリの一つだったはずのジョグダイヤルの操作感覚。
ジョグダイヤルそのものは、マウスのホイールみたいで一見良さげな感じなんだけど、
動かした感じと、実際の画面の反応に妙な違和感がある。進みすぎたり、なぜか逆に戻ったり。
これも使ってれば慣れるんかな?
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-02-19 18:43 | らぢこん | Comments(3)
2012年 02月 19日

大丸

再度挑戦。2時に家を出て2時半ちょい前くらいに到着。
店は開いてて、外に6人並んでたのでそのまま並ぶ。

が、おいらの前にまだ二人残った状態で「材料が無くなったから終了」になった。
外から見た感じ、少なくともラーメンの麺は結構あるように見えた。
たぶん今は2時半くらいでやめたいんだろうな、と思った。
だから先週は5時前に完全に閉まってたんだな。

今度は1時くらいで行ってみるか。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-02-19 04:03 | ひとりごと | Comments(0)
2012年 02月 12日

BRZ

なんとなく見に行ってきた。楠のスバル。展示車とぺらいパンフしかなかったけど。
まともっぽいパンフは店内用のみだった。まだ正式には発売前だから仕方ないか。
CR-Zも正式発売直後に見に行った時はこんなもんだった。

予想通り、30代~50代くらいのおっさんの熱い視線を集めていた。
みーてーるーだーけーなので声かけられなかったのも好都合。

とりあえず、周りからじろじろ見たり座ったりして思ったこととか。

ぱっと見は、思ってたよりは小さい車、という印象。実際CR-Z比で20センチくらい長い程度なので
長さはほぼコンパクトカーサイズ。幅は立派な3ナンバーだけどいまどきのこういう車だから仕方ないのか。
低い低いと言われる全高もCR-Z比で10センチ低いだけ、CR-Zはフカヒレ込みの数値だから
実質屋根の高さはだいたい同じくらい。座った感じも大差無かった。
まぁこの車の低さの真髄はエンジンだから、展示車に座っただけでは何もわからない。

インパネは、アルテッツァのようなプレミアムゥーな感じでも、CR-Zのようなサイバァーな感じでもなく、
わりとまっとうな印象。点灯するとまた印象違うのかも知れんけど。
FRってロードスターみたいにごついミッションが張り出して左足が窮屈、という印象があったけど、
これはぜんぜん気にならなかった。ほぼCR-Zと遜色ない感じ。
6速ミッションはぷりぷりと気持ちいい。リバースの位置がCR-Zの逆なので慣れないとやらかしそうで怖い。

本革&アルカンターラのシートは大変具合が良かった。やっぱ黒はいいなあ。
リヤシートの狭さはCR-Zといい勝負。フロントシートを一杯下げると足の入る隙間が完全に無くなる。
座ってないから座った感じは解らないけど、座面のえぐり込みはCR-Zよりえぐいので、
頭の上の余裕はありそうだけど、姿勢はさらに無理矢理なんじゃないだろうか。
あと、センターコンソールがリヤまで完全に続いてるので、後ろに二人乗ろうと思ったら、
助手席側から二人とも、はたぶん無理。運転席側も開ける必要がありそう。さすがFR。

普通ならああここがシガーライターソケットですね、みたいなとこにエンジンスタートボタンがあってびびる。
押しボタンでもガスコンロのつまみでも何でもいいんだけど、位置はやっぱりハンドル右側がいい。しっくり来る。
ラクティスも左側にあったけど、3年乗ってて「いいな」と思えた局面が一度も無かった。右側を強く希望。

あと、後が超見やすい。CR-Zと比べての話なので、普通なら超は付かないレベルだけど。
でもラクティスよりはいいんじゃないかなたぶん。現行のは知らんけど。
最近の車は外から見てガラスな部分の面積の割に、実際窓として機能する面積があほみたいに小さいけど、
これはほぼ外から見たとおりのサイズの窓だった。こういうとこも年寄りに気を使ってるんだろうか?

トランクはまぁそれなり。リヤシート倒してトランクスルーすればCR-Zに近いレベルの積載能力はありそう。
でもやっぱりでかいものの積み易さではハッチバックの方が便利だろう。
AE86みたいにハッチバックも出ればいいのにな。出るんかな?


総じて、動かないのを見たり座ったりしただけの段階で、CR-Zより明らかにいいなと思えたのは
後方視界だけだった。かっこいいんだけど、CR-Zみたいな今まで見たことも無いようなかっこよさではなく、
昔ならこれが普通だったよね、みたいなかっこよさ。

現物を見てはじめて心を掴まれる、みたいな部分は無いけど、思っていたほどネガな部分もなさそう。
好印象だけど、金があったらCR-Zから乗り換えたいなあ、とまでは思わなかった。

そもそも金なんて無いんだけどな!

4月くらいになったら試乗車もありそうだからまた行ってみよう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2012-02-12 21:50 | | Comments(7)