<   2011年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 26日

スバル版FT-86

スバル、新型FRスポーツの車名を「BRZ」に決定

なんか親近感のある名前に。ビーアールゼット、でいいらしい。ズィーじゃなくて(笑
[PR]

by harusame_kingdom | 2011-08-26 12:03 | | Comments(4)
2011年 08月 20日

めずらしくニュースから

里子虐待の声優ブログで悩み漏らす 「心と体つながっていない」「親でさえブキミに感じる顔」

元々声優とかそんな詳しくも無いというかほとんど知らないんだが、なんか聞いたことあるな、
と思って調べたら…とらハ2の愛さんだった。びっくり。

プロフィール見る限りでは、いかにもそういうことやらかしそうなバカDQN親とは真逆の印象なんだがなあ。
わかんないもんだなあ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2011-08-20 23:14 | ひとりごと | Comments(0)
2011年 08月 20日

飛び石激務

「さあ明日から仕事だ」と思うとなんだかこの世の終わりのような気分になるけど、
行ってしまえばなんてこたぁない。終始やらなきゃいけないことに追われ続けて余計なこと考える暇も無い。

そして、盆休み初日に休日出勤した分の代休で明日は休み。

おかげで、終業直前にぶっ壊れた型の修理の手続きで最後の最後までばたばたした。
通常なら「明日じゃ明日!」で済ますとこなんだけど、その明日が無いからな!
[PR]

by harusame_kingdom | 2011-08-20 22:55 | ひとりごと | Comments(0)
2011年 08月 19日

今日まで盆休み

働きたくないでござる!
[PR]

by harusame_kingdom | 2011-08-19 21:54 | ひとりごと | Comments(0)
2011年 08月 18日

水上車

昔、発泡スチロール製のボディにリポ&ブラシレスのハイパワーで、勢い余ってそのまま空を飛んでしまう
ボートや車の動画をどっかで見たような気がするけど、今度はまた違う意味ですごい。



右足が沈む前に左足を出し、左足が沈む前に右足を、ってやれば水上を走れる理論の実践(違

実際高速で走る車には揚力が働く(だからダウンフォースで押さえ付ける必要がある)から、
水面の抵抗を振り切って加速するだけのパワーがあればこういうことも可能…なのか?

現実の人間には不可能だけど、アラレちゃん並みのパワーがあれば二本足でも可能なのかもしれない。
[PR]

by harusame_kingdom | 2011-08-18 22:22 | らぢこん | Comments(4)
2011年 08月 17日

あひる夏の陣2011

まぁとこや3も現地6時くらいといか言ってたし、6時半くらいに着けばいいだろ、と思って
5時半に起きてちょうどいいくらいの時間に到着したら、すでに8割くらい人が集まっててびびる。
岩さん曰く5時半くらいにはもうほぼこの状態だったらしく「遅いよ」って言われた(悔

例年以上の参加人数だけど、参加者の気合の入り方も例年以上のようだ。

e0034693_14222219.jpg


賑やかしで台数だけは持ってきたものの、年々気合が抜けていく我が陣営(寒
実際走るのは2台だけ。

e0034693_14244822.jpg


タミヤの誰得ニューマシン・ヴァジュラを発売前に作ってしまおうというネタ車・バキュラ。
本物は(写真と能書きを見る限り)イグレスにトラックタイヤ&ボディを付けただけっぽいので、
うちにあっただいたいイグレスな元アバンテ2001にスーパーレバントのタイヤと
HPIナイトロRUSHのボディを乗っけただけのお手軽仕様。
オリジナルのボディ(恐らくスーパーレバントと同じ)が入手できなかったのは仕方ないとして、
せめてカラーリングやグリル形状くらいオリジナルっぽく作ろうか、とも思ったけど
結局面倒なのでやめ。バキュラっぽさを出そうとガンメタとシルバーで塗ったけどあまりそれっぽくない。

e0034693_14334851.jpg


ほぼ素組みの再販アバンテ。カラーリングがネタと言えばネタだが、ここでは「だから何?」以下のレベル。
屋根にフカヒレが乗ってるのも恐らく気付いた人居ないんじゃないだろうか。
タイヤは本番ではダークインパクト付属のハイデンKに交換。グリップがどうこうではなく、
ノーマル汚すのが勿体無いのと、新品接着済み未使用が2セットもあるのを消費したかっただけ。
実際他のアバンテも大半はノーマルタイヤのまま走ってたけど特に問題なさそうだった。

e0034693_1445535.jpg


去年の変態4独グラホと並べて、似たようなリヤサスの3台。

e0034693_1449355.jpg


本物はたぶんはじめて見るニッコー・スーパースプリントと、ボディはライジングストームだけど
中身はマルイ・ニンジャ。どちらもマイナーながら当時は一線で戦ってた車だけに、
綺麗にしてあると今でも速そうに見える。

e0034693_14554546.jpg


ショッカー入隊…ではなくエントリー受付の行列。

e0034693_14575593.jpg


今回のビックリドッキリメカ大賞。長いってレベルじゃねえぞ!
かなりゆったりしたあひるのコースレイアウトでもとても曲がり切れないんだけど、
これがドリフト気味にうまいことS字を抜けたりすると妙なかっこよさがある。

e0034693_1521461.jpg


中身はこんなの。基本的にはオーソドックス(?)なゴブりんそのものなんだが…
連結延長パーツをこれでもかというほど使ったフレームはもはやレゴブロックの世界。 
何かいろいろと無理があったようで、ヒートごとにモーターが焼けてたらしい。
2モーター4輪駆動の6輪車。

e0034693_15122467.jpg


これもたぶんはじめて見たニッコー・ダンディダッシュとニチモ・ルミナス。
このクラスの珍車と並んでると普通の車にしか見えないターボオプティマミッドスペシャルが気の毒。
ダンディダッシュはさっきのスーパースプリントの兄弟車で廉価版の方。
トップフォースに対してのマンタレイみたいな。
ルミナスは今回見るまで存在自体すっかり忘れてたかなり高レベルの珍車。
パクリ&てんこ盛り路線だったペガサスエクシードと比べると随分シンプルで独自性の高い構造。
電池とセンターシャフトとモーターを全部センター縦積みにしたレイアウトの無茶さや、
70年代SFみないなセンスのボディがいい。和む。

e0034693_15345274.jpg


岩さんとこ。スーパードッグファイターのボディが新作?個人的にはオリジナルの方が好きだった。
ターボオプティマのかっこよさは何度見てもため息が出る。

e0034693_1538233.jpg


ショッカー秘密基地。ロクりんやエアリーダーもさすがにそろそろ落ち着いてきた頃かな、と思ったら

e0034693_15452872.jpg


ぜんっぜんそんなことはなかった。ショッカー脅威のメカニズム。

e0034693_15475066.jpg


「イ゛ーッ!」(あ?何見てんだよ

e0034693_15501573.jpg


そして、ショッカーと比べるとだいぶ小規模なものの、こちらも戦闘員さん。

「ヒャッハー!」

e0034693_15522483.jpg


相変わらずいろいろおかしい豪華賞品の山。今回はガンプラ多め?

e0034693_15542656.jpg


もう1台居たFF03バギー。

e0034693_1694033.jpg


アバンテもバルキリーが良く似合うよな。

e0034693_16113121.jpg


K藤さんのTRF201。ロールゲージとライト(点灯する!)で随分いい雰囲気に。
ザハークもこういう方向で行けば良かったんじゃないかなあ。

e0034693_16142626.jpg


もしもアタックバギーが神聖モテモテ王国の軍用車だったら(もしモテ

ファー様再降臨。迷彩でもくるくる。

e0034693_1625574.jpg


当時っぽい雰囲気のロスマンズっぽいカラーリングのスーパードッグファイターやアルティマプロ。
そして、これまた貴重なシュマッカー・クーガー。

e0034693_16292483.jpg


集合写真。人数もすごいが台数はもっとすごい。

e0034693_16313197.jpg


アバンテは…意外と少なめ?

e0034693_16332840.jpg


アタックバギーはもうちょっと多め。

e0034693_16351074.jpg


今回は人数多いので1ヒートあたりの台数も詰め込み気味だったんだけど、
進行速度とか抜きにしても、より混沌の濃度が高まっていい感じだったんじゃないかと思った。
特に無制限のこの組の混沌っぷりが凄まじかった。小さいのはタムギアからでかいのはSCまで、
珍ハイエンド・プレデターからまったりミッドナイトパンプキンまで、3輪車から6輪車、さらにキャタピラまで。
世界中探してもこんなわけのわからないレースは無いと思う。

e0034693_1642947.jpg


操縦者もちびっこから戦闘員まで。

e0034693_16433550.jpg


一見凶悪そうに見えて実は超癒し系だったキャタピラ車。ふつうの車で真面目に走ると
10周前後のコースを2周しかできないあまりの遅さに、公式にショートカット自由の許可が与えられた。

e0034693_16574385.jpg


しかも、この壁を乗り越える姿のかわいさがまた異常。萌え死ぬかと思った。
走ってる姿のおいしさでは今回のチャンピオンだったんじゃないかと思う。

e0034693_164910100.jpg


てきや3

e0034693_16501877.jpg


今年のどて丼&どて串&串かつも絶品だった。
気がついたらこの状態だったので食べる前の写真は無し。しょうがないよね。

e0034693_165253100.jpg


碧南からチャリを漕いできた一流アスリート様もご満悦。


どうでもいいおいらのレース結果は、グラホ(アバンテ)が中の上くらい、無制限(バキュラ)が下の上、
というまったく予定通りの結果。アバンテは後足のごん太アッパーアームのねじが緩んで
スタビ固定用の板が紛失。バキュラは走行前に電池押さえにつけ直したねじと、予選一発目で
ステアリングクランクにピロボールを固定する、どっちも同じチタンの3×8皿ねじが首から折れた。

e0034693_1794279.jpg


こういうのをマミる、って言うのか?

アルミねじでもこんな折れ方したことなんて無かったんだが、タミヤのチタンビスはこうなるらしい(怖

e0034693_17135121.jpg


決勝でバキュラは後足を壊して終了。段付きねじが飛んだだけかと思ったらリヤハブから割れてた。
アバンテ再販のおかげで今なら普通に入手可能な部品だ。よかったよかった。

細かいとこがちょこちょこ壊れたけど、再起不能になるような壊れ方はしなかったからセーフだ。

e0034693_17182319.jpg


今回は「最後までフカヒレが取れなかったら勝ち」という条件を設定していた(どうでもいい

e0034693_17483013.jpg


タムギアの決勝だけがギリで中止になった(無理すればできなくはなかったと思う)けど、
それ以外は概ねスムーズに進行して予選2回と全員決勝までやって時間内に片付けも終了。
去年が相当にぐだぐだ&今年は人数も多かったからちょっと覚悟しないといけないかと思ったけど、
上出来だったんじゃないだろうか。レースに不慣れな人も多かったのに。

抽選では、ハイテックの4本充電できる充電器とゴーヤが当たった。
「もっとバリバリらぢこんやらんかい!」という神の声だと思って厳粛に受け止めたいと思う。
あとAKBだかSNDだかのCDが全員に配られた。らぢこんも大概だけど、他にもっと金の掛かる趣味で
頑張ってる人も居るんだな、と思うと頭が下がる。

そんな感じで、今年も無事に終了。途中雨も降ったけど全然平気だった。
さすがぁウッディドームだ、なんともないぜ!
[PR]

by harusame_kingdom | 2011-08-17 17:31 | らぢこん | Comments(2)
2011年 08月 15日

夏完了

今年のあひるも無事終了。今年も面白かった。

帰りの渋滞は昨日よりはかなりマシだったものの、朝早かったせいかとにかく異常に眠くて、
一宮近辺の渋滞を抜けたらもう家まで目と鼻の先なのに、耐えられずに尾張一宮PAで仮眠。
眠気は落ち着いたもののなんか全身妙にだるくて何もやる気が起きない。

詳細はまた後日、ということで、今日はとっとと寝よう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2011-08-15 21:06 | らぢこん | Comments(0)
2011年 08月 14日

前日設営

屋根付きで快適なウッディドームだが、利用時間が17時までで時間に余裕が無いのが難点。
というわけで、限られた時間をフルに使うために設営は前日に、が最近のパターン。
おいらは毎回直前までどたばたやってるので今まで出たことが無かったんだが、今年は行ってみた。

名神に乗るとやっぱり一宮で渋滞。どうせ手ぶらなんだしバイクでも良かったかなあ、と思ったものの

e0034693_19391472.jpg


暑っ!!!

e0034693_19402098.jpg


雨っ!!!

というわけで車大勝利だった。

e0034693_19422663.jpg


あひる成就のため、ウッディドームよ、私は帰ってきたあああああ(核

e0034693_19442353.jpg


2時過ぎくらいに到着、すでに10人くらい人は集まってたものの機材がまだ来ない。

e0034693_19463485.jpg


特にすることもないので、だべったり走らせたり。

e0034693_1948758.jpg


2時半くらいに機材てんこもりのユニック付き2トントラック到着。戦闘開始だ!

e0034693_19502451.jpg


こんな感じで完成。9割がたうろうろしてただけであんまり働いてないけど(弱

e0034693_19524640.jpg


お立ち台とかぁー、優越感ー、みたいな?(死ね

e0034693_1956857.jpg


さあ設営が終わったらフリー走行タイムですよ(設営前もやってたけど

e0034693_1958242.jpg


ぴかぴかの再販アバンテも走る。意外と普通な印象だった。

e0034693_20514276.jpg


ぴかぴかのSCデュランゴも走る。もっと大人気ないのを想像してたけど意外とムーディーで好印象。

e0034693_2024986.jpg


もしもワイルドウイリー2にショッカーの戦闘員が乗ったら(もしショ

e0034693_2055722.jpg


ニチモ・スピリットFFにFF03バギーにM05バギー。3台ともFF。

e0034693_2085146.jpg


ボディやホイールはもちろん、ロールゲージに貼ったネットやモーターまで迷彩で塗ったアタックバギー。
小物類とかも雰囲気抜群なだけにコード類がすごい気になる。なぜ受信機が外に?

e0034693_20225185.jpg


手ぶらでうろうろしてたら4駆ホーネット職人びーとるさんに声をかけていただいたので(光栄
せっかくなので直接手にとって見せていただいた。
思い付きで作ったら作りっぱなしのおいらのネタ車とは違い、元々凄いのにさらに進化を続けている。

e0034693_20283190.jpg


フロントサスはインボードに。足回りはデュランゴらしい。

e0034693_20304225.jpg


駆動系は引き続きTA04だが、シャーシの前後やアッパーデッキもTA04のものを
アクリルサンデーで切り貼りしているらしい。知らないで見たらそういうシャーシなのかと思うほど
ホーネットのフレームと一体化していて、強度的にもかなりのものらしい。
いくらアクリルサンデーが強力でも、並大抵の加工精度ではこんな綺麗には行かないだろうなあ。

e0034693_20371820.jpg


ポリカ材の積層から削り出したギヤカバー。ダンパーを避ける加工とか涙なしでは見れない。
おいらなら絶対楽な方向に逃げる(弱


いろいろ刺激をもらって、おいらももっと真面目にやらなきゃなあ、と思って4時過ぎくらいに撤収。
渋滞にやられて晩飯食べて帰ってきたら7時近かった。

まずはタムギアをちゃんと完成させよう、ということでメカの調整。
サーボは元気に動くがアンプがびくとも動かない。ハイレスポンス切ったりいろいろ試してみたけど
スイッチ入れた瞬間にLEDがチカッと光る以外はまったく反応しない。死んでるのか?

というわけで明日のタムギアは不戦敗が確定した。せめて残りの2台は頑張ろう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2011-08-14 20:46 | らぢこん | Comments(2)
2011年 08月 14日

タムギアだいたい完成

e0034693_114398.jpg


キットから組んだはじめてのタムギア。

小さいだけで構造はいたって普通なのでさくさく組める。
小さいので主にEリングで泣きそうになる。歳は取りたくないのう(衰
ちなみに説明書だとフロントサスマウントを車体に付けてからサスアームを取り付けるので、
あほみたいに小さいEリングを隙間に突っ込むようなすごいカタチになる。
なんでそんな付け方しなきゃならんのかさっぱり解らなかったので、試しに単体でサスピンに
Eリングをはめてからサスマウントにサスアームをつけて、それから車体に付けたが何も問題なかった
大問題だった。なんでこんなとこにねじが!
元々RTR専用で組み立てキットは想定してなかったとは言え、なんかいろいろと酷い。
単に詰めが甘いとかじゃなく、わざわざ難しく書いてるようにしか見えない。何故だ。
いまどき1/10でもサスピンにEリングなんてどんどん使わない方向なのに、
こんなちっこい車に使うなよ!どうせ後ろには抜けないんだから前にふたするとか、
せめていもねじ固定とか、やりようはいくらでもあるだろうに。

おいらはいつもはサーボのニュートラル出しとか組み立て時は全然気にしないで、走らせるときに
必要に応じていじる、というスタンスなんだが、タムギアはサーボを外すのがかなりめんどくさいので、
サーボ周りはねじ止めせずにはめ込んであるだけの状態。とりあえず1本充電できたらちゃんと調整して組む。
もし電池がぜんぶ死んでたら、まぁ、それまで。
ボディは現在洗って干してある。いつもの3色なのでまぁそんな苦労はしない予定。

さて、そろそろ設営に出かけようかな。高速混んでそうだけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2011-08-14 11:56 | らぢこん | Comments(0)
2011年 08月 13日

やっとできた

e0034693_20251557.jpg


e0034693_20253613.jpg


2台ともメカ積み&調整まで完了。あとは走るだけだ。やれやれ。たぶん壊れるけどそこまでは知らん!

アバンテはとにかく笑えるくらいタイト。収まってはいるもののワイヤー類があちこちボディに当たってて
余裕がまったく無い。いくらポンダーが乗るとはいえ、ドライバー人形乗せないし今時のメカだし
まぁ余裕じゃね?とか思ってたけどとんでもなかった。よく当時のメカをこんなのに積んでたな。

イグレスは(ホイールベースが長いせいもあるけど)さすがにかなり改善されてて、
その気になれば今時のメカならロアデッキだけでも載りそうなくらい余裕がある。
しかし、いざ電池を乗っけようと思ったら…入らん!GP3700はアウトなのか?
GP3300でも見た感じ大差ないので、試しに1600SPを突っ込んでみたら…これもだめ。
ちょっとこれはいくらなんでもタイトすぎんか?

ちなみに復刻アバンテは今時の電池にも対応できるよう、電池押さえの位置を2箇所から選べて、
大きめの方で組んでおいたらGP3700も余裕で収まった。
それにしても…昔の電池ってそんなに小さかったのか?何か騙されてる気さえする。

悩んだ末、電池押さえ棒になってる太めのアルミポストの代わりに、何かてきとうな小さめの部品
(タムギア用のロッドエンド)を付けてみた。これでGP3700も行ける。


なんとか最低限のカッコはついたけど、タムギアがまったくの手付かずだった。
どうしよう(悩
[PR]

by harusame_kingdom | 2011-08-13 20:43 | らぢこん | Comments(0)