神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 28日

ファイナルミッション

とりあえず碧南ジオン開発工場から回収した荷物はかたやま号に預けたし、
限界だった頭もさっぱりしてきた。車検の目途も立てたし、あとは東京まで行って帰ってくるだけだ。

今回はノート持っていくつもりなので、これが最後じゃないかもしれないが、
やっぱりこれが最後になる可能性は高いと思うし。皆様よいお年を。

俺、東京に行ったらWindows7ワッパーを食べるんだ(脂肪フラグ
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-12-28 22:47 | ひとりごと | Comments(2)
2009年 12月 27日

勝ち逃げ

ここ最近の連敗街道のたぶん6割くらいはテムジンだと思うんだが、おかげでものすごい苦手意識ができた。
もうばら撒いたダガーが刺さるかどうかだけの分が悪すぎる運ゲー状態というか、
ボムの使い方が上手くてダガーが当たる気がしない(酷いと撃たせてすらもらえない)相手だと
もはや何をすればいいのかさえわからない。

で、結局空中2段で行っけええええマグナアアアアムとか突っ込むしかなくなり、
それは必殺技で倒された怪人が巨大化してロボと戦うようなもので、例外なく負ける。

今まで何度悟って、何度忘れたかもう解らないほど繰り返してるので、未来のおいらのためにメモ。

・飛んだらダガーやホーミングを撃たなきゃいけない、って訳ではない
・空中ダッシュしたら空中2段しなきゃいけない、って訳でもない


少なくともテムジンの痛い一撃はサイファーと同じくらい大振りだから、「飛んでも何もしない」を
多めに混ぜるだけで劇的に痛い一発確定状態を減らすことは出来る。
あとはしつこく追ってくる左ターボボムをどう裁くかに専念すればダガーを撒くチャンスも劇的に増えるし、
痛いのを貰わずにダガーさえばんばん撒ければかなり分のいい運ゲーに持ち込める。

結局それだけじゃ上手い人には勝てん訳だが、そこそこの人にはたぶん五分以上には持っていける、はず。

それに気付いたら負け無し5連勝とか久々にできた。それでもまだ全然負け越し中だが。

普通はここでブースト猿ポッドに火がつくとこなんだろうが、なんかリバウンドが怖くて一時退却(弱
らぢこんでも、レース前の練習走行で車の動きが上出来なのを確認したら壊さないうちにさっさと
引っ込めてしまうチキン野郎だから、もうこういう性根なんだろうなあ。

だからいつまでも勝てんのな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-12-27 16:54 | ゲーム | Comments(0)
2009年 12月 27日

逆襲のデアゴスティーニ

個人的には実際に買おうとまで思ったことは無いが、デアゴスティーニのあの形態は単純に興味深くて
面白そうだな、とは思う。でも、ラジコンとの親和性は最悪としか思えない。

第1弾の出来上がったモノを実際に目の当たりにし、そこにかかった金額を考えると、もう
「冊子&分割手数料込みだから当然割高だよね!」で済ませられるレベルを遥かに超越した、
もう詐欺以外の何者でもないシロモノだったと思う。本当に酷かった。

第2弾のフェラーリF1も、結局完成したものは見ていないが、どう考えてもまともには見えない。
いくら京商だからって、いや京商だからこそ余計に怪しいとも思えるし(酷

システム上、1回当たりの部品代をある程度以下に抑える必要があるわけで、それは大規模なものほど
難しい。普通のプロポがついたラジコンを雑誌レベルまでバラすこと自体すでに無理なのに、
エンジンなんて!ミニッツくらいのを20号くらいにバラすならまだ現実的だと思うけど、
第1弾でさすがに懲りたろうと思ったら第2弾でさらなる非現実方向に飛躍してきやがった!

そこにしびれる!あこがれるゥ!
嘘。富樫や虎丸なら泡を吹くくらいのレベル。

そんな蛮勇を以て伝説となったデアゴスティーニだが、まだ終わってなかった。

週刊フェラーリF2007ラジコンカー

またしてもF1!またしてもフェラーリ!そして車体もエンジンもさらにでかくなったァー!(卒倒
ちなみに1780円×100号らしいので17万8千コース。例によって創刊号は安いけど、
もうすでにわざわざ厳密に計算するのも馬鹿馬鹿しいレベルだ。

ちなみに、量販店なら最新の1/8レーシングにチューンドエンジン&ハイエンドプロポを付けても
それくらいかもっと安いくらい。同じものは市販されてないから比較のしようもないが、
もし実際に普通に市販されるとしたら、フェラーリのたっかい版権込みでもいいとこインファーノGT2の
レディセットに+αくらい?という気がするので、定価でもこの半分かそれ以下だろう。

じゅうななまんですよ奥様。この不景気に1780円の100回払い。たぶん2年くらい。

でかくて精巧なだけのラジコンならトイザらスとかで1万くらいで売ってるのでは?
は?エンジンがいいの?この2スト単気筒のグローエンジンがフェラーリサウンドなんですか?

どういう人のための、どういう人が喜ぶ企画なのかさっぱり理解できないんだが、
それでも結構それなりの数が出ちゃったりするんだろうか。
少なくとも、これが出るって事は前回のフェラーリもそれなりに出たってことだろうしなあ(頭痛

デアゴスティーニおそるべし。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-12-27 03:42 | らぢこん | Comments(0)
2009年 12月 27日

衷情

なんとか保ってた勝ち越しラインを割って気が楽になるかと思ったらそうでもなく、
やっぱり負け続けるのは正直辛い。戦っても戦ってもぜんぜん経験値入らないし。
まぁ、負けても負けてもデスペナなし、って考えれば天国なんだが。

いやいやいや、これは勝てんて、って思うような人も当然多いわけだが、
このレベルに勝てんのか、って思うような負け方も相当多くて凹む。
今までおいらに負けてた人もみんなそう思ってたのかも知れんが。

明らかに格上だな、って思う人に勝てたのは今日は1回だけだった。
1回だけでもあったのはなんかちょっと救われた気分だ。

そして、なんとかようやく中将になれたよドズル兄さん。

負け数(=コイン投入数)も600を超えたので、まぁXBOX360本体とツインスティックの
元は取れた、ということにする。もちろん、これで終わりじゃないがな!(猿
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-12-27 02:56 | ゲーム | Comments(0)
2009年 12月 26日

オラタン

やっと落ち着いたのでずっと触ってなかったオラタンをまたちょっとやってみた。

いちおう土曜の昼間なのに人が少ないな。ロビーだと2~4人くらいしか表示されないし。
んで、勝率はかなりぼろぼろ。ここ最近はずっと負け越し傾向だったが、とうとう負け数が勝ち数に並んだ。

ここからはまぁ落ちていく一方なんだろうな。

しかし、当たる人のたぶん半分以上が勝ち数も負け数も4桁超えてるような人ばっかなのな。
おいらは勝ち負け合わせてやっと4桁なので、猿で居続けてる人の1/10くらいしかやってない事になる。

ツインスティックになったことによる戦力アップは…正直微妙かも知れない。
多くの局面で超有効な開幕左ターボダガーをほいほい出せるのと、接近戦でクイックステップ近接の
選択肢が増えたことは確かに大きいんだが、その分ミスも増えて結果的にとんとんくらいな気はする。
もうちょっとやりこめば慣れて多少はマシになるだろうし、何よりやってて気分がいいのは間違いない。

同じ人と3回も4回も連続で当たるとちょっと気が滅入ってくる。もう少し勝てればまた違うんだろうけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-12-26 14:38 | ゲーム | Comments(0)
2009年 12月 25日

こんなところで死ぬわけには行かない

安心していろいろ気が抜けたのも無関係じゃないかもしれないが、どうも昨日から熱っぽい。
測ってみても熱は無いし、リア充共はどいつもこいつも居やがらないので大事を取ってさっさと寝た。

…が、朝起きてみると症状が確実にパワーアップ。恐る恐る熱を測ってみると37度8分あった。
インフルというほど高くも無い気はするが、念のため仕事を休んで病院に行ってきた。

結果はシロ。
「馬鹿は風邪はひくかもしれんがインフルにはならない」という40年近い人生の実績を更新した。

しかし、熱関連の症状(悪寒、だるい、ふらふらする)だけが顕著で他の風邪の諸症状が控えめ
(皆無でもない)なのがちょっと不気味。
南向きに停めた車の中で全開の日光を浴びるのが異常に気持ちいい。

インフルじゃないから遠征には支障ない、と、思うけど、どうだろう(不安
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-12-25 13:08 | ひとりごと | Comments(2)
2009年 12月 23日

元寇

なんとか原稿を終わらせた。

もうこうなった以上、何をどうやってもやっつけにしかならないんだが、
やっつけなりにやれることはやったと思う。きっと、たぶん。
「もっと普段からまじめにだな」とかいう毎度の反省なんてするだけ無駄だからしない(悟

ここまでギリギリだったのはみこ体制になってからは初めてじゃないのか?と思ったけど、
調べてみたら3年前もかなり酷かった模様。

のぼる体制の頃は、なんというか、酷いのが当たり前みたいな状態だった気もするが(遠い目
手前で尻に火をつけるのは勝手だが、人の尻に火をつけるのはいかんよなあ。もういい歳なんだし。

とりあえず、年内の「やらなきゃならないこと」がこれでやっと片付いた。
仕事のばたばたも今日でようやく目処が立ったし、あとは何事もなく終われば正月休みだ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-12-23 22:54 | ひとりごと | Comments(4)
2009年 12月 13日

復活?

いちおう、半日ちょいとは言えほぼフル稼働して怪しい挙動は無いので、直った、ということにする。
メモリもCPUもそのまま載せ換えただけだが、CPUはどうもピンに微妙な曲がり癖(?)をつけてしまった模様で、
ソケットにすこんとは入らなくなってしまって結構苦労した。付いてしまえば問題なく動くんだが。

あと、なんとなく換えたCPUクーラー(サイズKABUTO)がでかすぎて、付けた状態だとマザーの固定ねじが
1ヶ所留められなくて3点固定になってしまった。純正クーラーだと問題なかったんだが。
ていうか、このクーラーが特別でかい訳ではなく、今時のクーラーってどいつもこいつもあほみたいにでかいのな。
Pentium4時代の終焉と共に冷却戦争はピークを過ぎたんじゃないかと勝手に思ってたんだが。
そういえばBTXってどうなったんだろうなあ(遠い目

まぁ、超長いドライバーを用意すれば締めれない事もないんだが、そこまでするのもなあ。
スライド式とかの取り外し式マザーボードベースを持つケースなら問題ないんだろうけど、
直付けのThreeHundredはこういう時ちょっと厄介だな。
普通はCPUクーラーとケース天井の間に電源の隙間があるけど、このケースだと電源が下だから
CPUクーラーと天井の間に手の入る隙間も無い。これがスパルタか(無関係

マザーそのものは世代が2~3違うだけで同じGIGABYTEのMicroATX、ということでほとんど代わり映えなし。
PCI-Ex16とPCI-Ex1が入れ替わってごついビデオカードで潰れないようになったのくらいで、
レイアウトもあまり変わってない。そういえば最近はMicroでもDualBIOSなのな。ROMもえらく小さくなったな。

おぉ!と思ったのは

e0034693_1640384.jpg


同軸S/PDIF出力があること・・・もだが、PS/2コネクタがマウスとキーボードのどっちか一つに纏められた事。
もう今はPS/2自体絶滅危惧種なんだろうけど、共用にできることに驚いた。できるんだなそんな事。
BIOSにもそんな設定項目は無さそうっていうか、あってもキーボード接続認識できなきゃ設定できんしな。

BIOSも、設定項目が随分増えててまた驚いた。どんどんシンプルになっていく方向なのかと思ったら、
最近はまた複雑化の傾向なんだろうか。HybridSLIとかの新機能とかはともかく、
BlackEdition用にCPU回りの詳細手動設定の項目が追加されて随分まにあっくな印象が強まった。
ていうか、2年前の時点でBlackEditionはすでにあったはずだが、どうなってたんだろう?
興味なかったから深く考えたことも無かったが。

あと、細かい点では

e0034693_16581238.jpg


前の(GA-M68SM-S2L)ではソケットの裏側にこんな樹脂の補強板が付いてた。
樹脂とはいえ、カーボンとか混入してそうな随分丈夫そうな奴だ。
AM2のクーラーはsocketAの時ほど強力なばねじゃないと思うので、
ここまで補強せんでもなあ、と思ってたけど、今回外してみたら若干基板が反っていた。
何の補強もなしでコアが割れるほど強烈なばねで締め付けてたSocketAマザーは
もっと酷かったのかもしれん(怖

e0034693_1745811.jpg


そして、今回の(GA-M85M-US2H)のはえっらくごっつい鉄板が付いてた。
確かにまぁ絶縁さえちゃんとしてれば、この方が強度も放熱性も上でコストも安いんだろうな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-12-13 17:08 | PC | Comments(0)
2009年 12月 12日

1号機復活大作戦

夏までは無理としても、どうせ年末秋葉行くし、と考えていたんだが、
その年末に向けての作業がまったく手付かずの状態で2号機しか使えない状態は
いろいろ困るよな、ということで腹を括って大須に行ってきた。

とりあえずsocketAM2/3系がまぁびっくりするほどAMDばっかりになってて閉口。
2年前はnVidiaもそれなりの勢力だった気がするんだが、なんか昔のSISくらいの扱いみたいだ。

いくらその製品単体が優秀でも、PCは結局複数の製品の集合体なので、少数勢力は
ちゃんと動いてるうちはいいけど、何か起るといろいろと必要以上にめんどくさい。
特にnVidiaじゃなきゃ絶対に嫌!って訳じゃないんだが、ATiを使いたくない、というのが大きい(難儀

ATiとくっついた時点でAMDも昔ほど好きではなくなったし、Intelがそんなに嫌いって訳でも無い。
正直マルチスレッド性能なんてほとんど恩恵のないおいらにはPhenomよりもi5の方が恩恵あんじゃね?
という気がしてきた。i7はなんとなく行くにはあまりにも高すぎるけどi5ならなんぼか現実的に見えるし。

さらに、ロジクールM950が1万切ってたのを見て何度か気を失いそうになったり、
いろいろ紆余曲折あって、結局GIGABITEのGA-M85M-US2H(GeForce8200/MicroATX)と
てきとうなCPUクーラーだけ買ってきた。我ながら随分大人になったもんだな(遠い目

とりあえず現在memtest86中。今のところ問題なさげだが、さて。
次回の完全更新(たぶん2年後)にはIntelに行こうかのう(鬼笑
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-12-12 21:27 | PC | Comments(0)
2009年 12月 06日

ホントニコマッタンガー

風呂に行って戻ってきたら、USBに挿しっぱのカードリーダーには通電したまま電源ごと落ちてた。

再起動したが、5分と持たずにまたマウスもキーボードも一切受け付けないで固る、というのが2回続いて、
これはいよいよダメかも知れん、と思ってとりあえずmemtest86を突っ込んで回してみた。

するとtest#4あたりですごい勢いでエラーを吐き始めた。しばらく見ていたが吐き終わる気配が無いので
中断しようと思ったらESCも効かなくなってる模様(エラーは依然として吐き続けてるので中身や表示は
固まっていない)だったのでリセット。

エラー出まくり画面を写真に撮ろうと思って再度チェックを続けるが、test#4どころか1周しても
エラーが出ない。たまたま通っただけかも知れん、と思って回したまんまで寝て起きたら、
元気にエラーを出さないまま15週目を回っていた。

頭がどうにかなりそうだった…

とりあえず、Windowsとかドライバとかよりももっとローレベルなとこが問題なのは間違いなさそうだけど、
memtest86で15週も正常に回るならメモリ自体はたぶん問題なさそう?
すると「おかしい時はメモリに悪影響が出るけど出ない時は出ない」という現象はどうやって起こるんだ?
電源なのか?マザーなのか?メモリコントローラ(=CPU)なのか?

ちょっと軽く泣きそうだ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-12-06 11:50 | PC | Comments(6)