神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 28日

小骨

以前ふらふら堕ちる寸前まで行ったAntecの変態ケースのMiniITX版が出るらしい。

うはははははは、雰囲気抜群。さすがセルフパロディ(違

確かに元ネタと比べると超コンパクト。でもMiniITXだと思うと全然コンパクトじゃない。最高だ!(ぇ
強いて言うなら、内部フレームがちょっと余計か。全裸じゃなくて半裸な感じ。

まぁ、MiniITXな時点で流用じゃなくてほぼ1から組むことになるし、MiniITXを1から組み直してまで
一体何に使うんだと言われるまでもなく、行く気は無いけどな!まぁ機会があったら。

全ては不景気が悪い(便利
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-02-28 11:25 | PC | Comments(0)
2009年 02月 28日

A210SS

前回はサニオRRしか走らせなかったので、次はA210SSを。

とりあえず、純正オプションのアルミショックボディ導入。
最初に組んだっきり使ってすらいないノーマルダンパーをバラしにかかる。

ショックボディだけではなく、削り出しのピストンとロッドガイドも付いてくる。
まず驚いたのはピストンのしっくり感。ノーマルはそのまま組むとKX-Oneの
へんてこ片効きダンパーかと思うくらいピストンにガタがある。
オプションの削り出しのは、シムも何も入れなくても、ガタも無くきつくもない絶妙な感じ。

ただ、シール部はノーマルとは構成が変わっていて、ノーマルは成型の蓋、スペーサー、Oリング×2。
オプションは削り出しのロッドガイド、Oリング×1。何の注意書きも無いので、慣れた人なら見れば解るけど、
不慣れな人はOリング2枚突っ込んで「渋渋だぞこれ!」って事態になるかもしれない。
やっぱり、いろんな意味で初心者お断りな車だなあ、と改めて思った。

見るからに普通のハイエンドダンパーになって、その動きはスムーズそのもの…というほどでもなく、
結構ごりごりした感触すらある。やはり太古のローフリから改良に改良を重ねられたTRFダンパーには
及ばないのか。及ばないのは仕方ないにしてももう少し頑張ってほしい気もするが。

しかし、前後で2400円(パーツ売りの定価だから、原価はもっともっと低いはず)でこれだけまともになるなら、
もういっそキット標準にしてくれればいいのに、と思えるくらいの価値はあると思った。


あと、レースで指定されるA210DS標準モーターを積むことにした。
見た感じはラベルを貼っただけの540そのものだが、カンの穴から見えるローターには
樹脂製の冷却ファンが付いてる。最近こんな感じの安ストックモーターをたまに見かけるが、
たぶんそれじゃないだろうか。

23Tと言ってもせいぜいスポチュンくらいだろう、とは思ったけど、試しにモーターダイノにかけてみた。
7.2Vで2Aちょいの20000回転くらい。GTチューン以上スポチュン以下くらいの感じか?
ただでさえハイパワー不要なMサイズに標準で23Tはちょっとやんちゃじゃないのか?
って思ったけど、やっぱり妥当な線のようだ。それならいっそ540でもいい気もするけど。


そんな感じで、明日はタムタムの予定。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-02-28 01:04 | らぢこん | Comments(0)
2009年 02月 26日

トレンドリーダー

イーグルのハードケース振り分けリポも出回り始めた模様。アリスで8千円弱くらいだった。

これでもう本格的な普及は時間の問題だな、と思ったらエンルートからも出た模様。
すでに時間の問題ですら無かった模様。

しかもこれ、振り分けのバラ売り(つまり1セット揃えるのに2個必要)で、片方死んだり壊れたりしても
片方だけ買って交換したりできる(そういう使い方が正しいのかどうかは謎だが、発売元もそう言ってる)し、
2個買ってもイーグルより安いというのはちょっとすごいかも知れない。

そのスピードが想定外だったけど、安くなって選択肢が増える事に文句は無い。むしろ大歓迎。
ハイペリオンも品質には定評あるっぽい(?)し、特に後悔はしていない。

問題は、ここまで世界が動いてるのに、うちのはいまだに一度も走ってないということだ(ま
こればっかりは完全に自業自得なのでぐぅの音も出ねぇ(血
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-02-26 21:33 | らぢこん | Comments(0)
2009年 02月 25日

国内有名ブランドブラシレス

タミヤの安ブラシレスが発売されたらしい。
TBLM01(モーター)&TBLE01(アンプ)って、こんなにやる気の無い型番もちょっと珍しい。

e0034693_21335611.jpg


見た目はけっこう普通。高級感は無いけど価格相応以上な感じ。
ブラシモーター23T相当を謳う12TのKV値は3160。一般的に23T相当とされるLRPの13.5Tが
3100KVなので、順当なとこ、なのか?

アンプの方は、まず80gという数字にびびる。FETになる前のアンプの重量じゃないのかこれ。
ハイエンドはブラシモーター用よりかなりでかい印象はあるが、それでもだいたい半分(40g)くらいだ。
センサーレスの安いブラシレスアンプは下手するとローエンドブラシモーター用アンプよりむしろ小さかったり
するくらいだが、意外としっかりしたモノなんだろうか?本体にごついキャパシタが3つも付いてるし。
BEC(受信機電源)出力がハイエンド並みの3A(エクストレイでも1A)なのも好印象。

対応モーターがターン数ではなく「TBLMシリーズ」と言い切ってしまってるのも潔い。
使えないモーターを出さなければいいんだから間違いない。他所はともかく、タミヤはこれでいいと思う。


そして国産ハイエンド期待の星、キーエンス・タキオンもそろそろのはずだ。また伸びたら…笑えないが。
タミヤのとはクラスが違うのは仕方ないにしても、ネーミングの温度差が激しすぎて笑える。

同時期に発売される、正反対の性格の国産有名ブランドブラシレスだが、意外なところに共通点が。
どっちもモーターがギボシ接続なのな(笑
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-02-25 21:55 | らぢこん | Comments(2)
2009年 02月 25日

MEソロ終焉の危機

ほぼGD3しか行けるとこが無かったうちのMEプリ(Base96の70%)だが、今回のメンテで敵の配置変更が来て、
ソロでの滞在がほぼ絶望的になった。

うざいのにMEが効かなくてうざいシャアがもううざくてうざくてどうしようもなかったのが消えてくれたのはいいけど、
強い敵が追加された上湧きが激しくなって、狩れてる間は超楽しくなったけど、結局死ぬので狩りにならない。
半分くらいHPが残っててもソニックブロー一発で倒れた。満タンなら耐えれるのかどうかも解らないが、
ME詠唱しながらそれを維持し続けるのも無理だから同じ事だわな。

薦められて行ってみたアユタヤも、沈黙攻撃が激しくてアコセット装備だと対応し切れない。
装備の全面的な見直しが必要な上、そもそもうちの子はアコセットなしでMEソロできるのかが疑問。

現状辛うじていけそうなのはニブル村くらいか。でもいろんな意味で交通の便が悪いとこなので、
ただでさえ重い腰がなかなか上がらない上、到着したところで気力を使い果たすことが多々あるのが。

名無し?論外。PTでも少人数だと生きて帰れる気がしない(弱

頑張って転生させてやりたかったが、これはもうだめかもわからんね。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-02-25 01:50 | ラグナロクオンライン | Comments(0)
2009年 02月 22日

メイン機更新

一眼レフを導入しても、超高速機を導入しても、結局メインはコンデジから動かなかった。
まぁ一眼レフはともかくEX-F1はメインにはなり得ないとは思って買ったんだけど。

長らくメインを勤めてきたDMC-FX01もそろそろ3年になる。たぶん歴代最長じゃないだろうか。
先代(DMC-FX2)からほぼ変わらない操作系にも馴染みきってて、使いやすいし壊れないし
電池も良く持つ。写りも概ね満足で「うわ失敗した!」という写真が撮れる事がまずない。一眼だとよくやるが。
しかし、室内で黒くて細かいものをフラッシュ無しで撮るとさすがに厳しい。もっとでかくてえらい
デジカメで撮っても同じように厳しいし、これはまぁ仕方ないだろうと思っていた。
だからそれは欠点だと思って無いし、それならこの機械に欠点らしい欠点は見当たらない事になる。

もし買い換えるとしたら次もパナだろうな、と思っていたが、どうも顔認識とか個人認識とか、おいら的に
まったくどうでもいい方向への進化を驀進している模様で、ほとんど興味が湧かない。
広角が28mmから25mmになった事だけが魅力だが、買い換えてまで欲しいとも思わない。壊れたら、程度。

パナ以外で気になってたのは、屋内でのフルオートに滅法強いと評判のフジフィルム。
でもメディアがxDなんだよな、ということで早々に候補から外れていたが、そう言えばここもいつのまにか
SDに対応してたのな。つまりそれはパスする理由がなくなったと言う事か。

そして今度の新製品ではイメージセンサに新技術を投入して従来よりさらに暗いとこにも明暗差が激しいとこにも
強くなったらしい。価格帯やサイズもパナのFX系と同じだし、レンズも広角は現行のパナに劣る
(でもうちのパナと同じだ)けど望遠はさらに伸びてる。手ぶれ補正もあるし高感度に強いから
被写体ぶれにも強い。スペック的に不満はまったく無いし、あとはその「強さ」が期待通りなら、
充分に次期主力足り得るんじゃないだろうか。

これは要チェックで、しばらく待って値段が落ち着いた頃を狙おうか、と思ってたが、価格.comの掲示板で
津島のエイデンのオープニング特価で価格.comの最安値より全然安いという話を聞いてぐらぐらして
実際に行ってきた。

思ったより奥まったとこにあるそんなに大きくない店で、駐車場に停められなくて苦労したが、
いざ言ってみると噂どおりの値段で出ていた。早速店員を捕まえる。

「あのー、これを・・・」
「あぁ、これは新製品でまだ出てないやつで、発売日は…あ、今日ですね」
「今日です」
「少々お待ちください」

(少々)

「入荷量が少ないので、ここには(展示機は)無くて…こちらにあります(通路一本入ったとこ」
「…こっちの値札とあっちの値札と1000円違うんだけど、どうなってるの?」
「…少々お待ちください」

(少々)

「申し訳ございません、こちら(安いほう)で結構です」
「じゃあ、ください」
「少々お待ちください」

(少々)

「こちらの商品でよろしかったですね?(箱にSILVERと書いてある」
「これって銀と黒がありましたよね?」
(別の店員が寄ってきて)「こちらの色もございますがどうなさいますか?」
「じゃあ、その黒ので」

すごい人だったしばたばたしてるのは解るが、ちょっと頼りなさすぎじゃなかろか。
たぶん結構注目の新製品じゃないかと思うんだが、発売日15時の時点で他に問い合わせとか無かったのか?
こういうとこで大抵聞かれる「メモリーカードはどうしますか?」の類も一切無かったし、
あまり詳しくない人が買いに行くのはお勧めできないと思った。

SDも一応チェックしたんだが、特別に安くも無かったのでとりあえずここでは買わなかった。

e0034693_3182185.jpg


FX01と比べると全体的にやや大きい。高さで数ミリ、厚みは大体同じだが、レンズ周りが張り出した分が
丸々大きい感じ。幅は大体同じだが、FX01ほど丸くないので若干大きく見える。
持った感じの重さは大体同じだが、大柄な分、密度は低く感じる。黒というよりガンメタっぽい面白い色は
単なるつや消し黒のFX01よりも好みだが、それ以外の全体的な質感や高級感はFX01が上。

操作系は圧倒的に慣れてるのを差し引いて考えても、パナの方が理路整然としていてわかりやすい気がする。
フジも難解というほどではなく、個人的にはカシオやキヤノンよりは解りやすい気がするので、
あとはまぁ慣れてきてどこまで印象が変わるか。

起動時間はあまり変わらず、終了時間はやや速い印象。驚いたのはズームのスピード。
3.6倍のFX01より5倍のF200EXRの方がテレ端⇔ワイド端の時間が半分以下くらい。
速すぎて微調整しにくいんじゃないかと不安になった。これも慣れるんかな。

早速1枚、ちょっと難しそうなの(そして、おいらが主に撮るもの)を1枚撮ってみた。

e0034693_3383373.jpg


ほーーーー

フルオートのフラッシュ無しでこれだけ写ればおいら的にはまったく文句は無い。大満足。
ほぼ肉眼で見たまんまな印象だ。

これなら次期主力機として長く付き合えそうだ。仕事も暇なのに無理して買った甲斐はあった。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-02-22 03:45 | でぢかめ | Comments(2)
2009年 02月 20日

サニオRR用ニューボディ

前回の戦闘で右前足を複雑骨折したサニオRRだが、ボディも前端のエッジがばきばきで、
グラステープが無いと形状を維持できないくらい深刻なダメージを負っていた。

ABCのランチア・ストラトスもそれなりに気に入ってはいたけど、形状がとんがってるのと、
成型の不具合なのか、ポリカの厚みが厚いとこと薄いとこの差が極端で、さらに困ったことに
ぶつけて割れやすい周辺部ほど薄い傾向があり、かなり壊れやすいように感じる。

もうちょっと丈夫そうで、かつ低くてよく走りそうなのはなんかないかな、と、アトラスの86とか
どうなのよ、と思ってたんだけど、ライトステッカー付きのはまだ出てないっぽい。
他に何か無いかと探してみたら…面白いものを見つけた。

e0034693_209441.jpg


カワダ製M300GT用Fボディだ(笑

A210どころかIFSでさえ足元にも及ばないほど低いノーズのM300GT専用ボディ。
倒立サーボなのでダンパーをレイダウンにもできないうちのサニオRRに載るとは思えないんだけど、
なんとなく載るような気がして買ってみた。だめならまぁA210SSなら載るだろ、くらいの気持ちで。

e0034693_20134075.jpg


世間的にこれを「載る」というのかどうかは謎だが、おいら的にはアリだ。

ボディマウントの下側にピンを付けず、ダンパーステーに乗っかったボディを上ボディピンで押さえるカタチ。
ボンネット裏側をグラステープか何かで保護しておけば擦れても大丈夫だろ。
それでも高さ的にギリギリアウトな感じだが、カットラインを下ぎりぎりまで下げるとちょうどシャーシの下面に
ツライチくらいの高さになる。多少浮いてもそれでも通常のMボディより全然低い。すばらしい。

リヤのオーバーハングもヒートシンク付きのモーターがギリで納まる絶妙なサイズ。
まさに、A210SSのユーザーアンケートの出して欲しいボディに「フェラーリ360」と答えた
おいらのために存在するようなボディじゃなかろうか(言いすぎ

ぬるっとした形状で壊れにくそうだし、値段も高くないから実にいい感じだ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-02-20 20:23 | らぢこん | Comments(4)
2009年 02月 16日

事前練習その1

というわけで、早速日曜に行ってきた。

なにやら初心者講習会とかをやってたので、終わって夕方から出走。

久々のサニオRR2号機は…相変わらずまったりな車だった。タイヤは食ってるっぽい。
しかし、唐突な動きは無いものの、特にストレートでふわふわして怖くて全開にできない。
フロントのリバウンドを減らしてみたらしゃきっとして修正舵が当てやすくなったものの、
ふわふわ感は変わらず。リヤの車高を下げてみたらかなり落ち着いて握れるようになった。
インフィールドの動きは悪くない。4駆のような開け方はできないし、1号機のような
リヤ流しっぱなしアドレナリン垂れ流しっぱなしみたいな走り方もできないが、普通に曲がる。

大筋で悪くない状態にはなったので、細かいところを試してみようと、ねじが緩んで分解した
ハイトルクサーボセイバーを直すついでにフロントのサスマウントを前側外F(一番外)の
後側外D(外から2番目)にしてサスピンを若干前開きにしてみた。
さてどうなるかと思ったら…ストレートで右前足を引っ掛けた。ホイールアーチにタイヤが見えない。

回収してみると…Cハブもろともサスアームがもげてて愕然とした。

e0034693_2095034.jpg


ナイロン削り出し足でも折れるのな。オリハルコン並みに折れないものだと思い込んでた。
折れるとしたらCハブまでだろ、って思ってたから予備は用意してたけど、サスアームの予備は無い。

結局、1パック半くらいで終了。
こりゃサスアーム発注しないとまずいなー、と思ってたら、丁度家に帰ったくらいのタイミングで
岩さんから電話が。BLOG見て連絡くれたんだろうか、と一瞬思ったけどよく考えたら
まだBLOGにも何にも書いて無いじゃないか。なんという絶妙なタイミング!

e0034693_20194136.jpg


折れてない側はこんな感じです。よろしくお願いします>岩さん

たぶん、岩さんの仕事の速さなら、おいらがボディ(これもほぼ大破)を作るよりは早いから
問題は無いと思うけど、次はA210SSのテストだな。
純正オプションのアルミショックケースを買ってきたので、今付いてるTRFダンパーから
純正アルミダンパーに交換して走ってみる予定。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-02-16 20:20 | らぢこん | Comments(3)
2009年 02月 14日

あの人は今

ひさびさに鈴木くんから電話があった。

今年はタミグラ戦士だそうで、いろいろとまた怖い話が聞けた。どこまで行っても嫌な世界だな。

ていうか彼も4月にはまた結婚なはずだが、大丈夫なんだろうかそんなことしてて(汗
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-02-14 21:32 | ひとりごと | Comments(0)
2009年 02月 13日

タムタムリトルスポーツ2009

来月にタムタムでMのレースをやるらしい。

これは久々にA210SS&サニオRRを使えるいいチャンス!
先着20名で事前エントリーらしいので早速行って申し込んできた。

そういえばとこや3系以外のMレース出るのって初めてじゃないだろうか。
去年のラジマガレースがあったけど寝坊して行かなかったからなあ(弱

1回くらいは事前練習に行けるといいなあ(目標
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-02-13 21:03 | らぢこん | Comments(2)