神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 29日

絶望ポーカー

【絶望ポーカー恋愛編】

今ここに、恋愛人生を賭けて絶望ポーカーに挑む者がいる。

その男、れざ。すでにいくつもの修羅場をくぐってきたこの男は、すでにオーラだけで会場を呑み込んでいた。その緊迫感ゆえに、彼は会場中の注目を集めていた。彼は堂々と最初のカードを引いた。

┌─┐─┐─┐─┐─┐
│友│友│友│友│強│
│情│情│情│情│情│
└─┘─┘─┘─┘─┘

カードを開いたとき、会場はざわついた。なんと幸せに満ちたカードたちなのか。しかもフォーカード。「世界に祝福された男」そのような印象を誰もが抱いた。

れざは「強情」を捨てた。

彼は今の自分におおよそ満足的ではあった。しかし、どうしても「強情」だけは捨てたかったのだろう。

彼はためらわずに新しいカードを引いた。

┌─┐─┐─┐─┐─┐
│友│友│友│友│友│
│情│情│情│情│情│
└─┘─┘─┘─┘─┘

「友情」によるオールポジティブファイブカード…

会場ではギャラリーが困惑していた。どう見ても、見るべきところがない展開であった。れざは、冷めた顔でこのカードを見ていた。なぜか満足げではあった…。

人はれざをこう呼ぶ。「友情を追い求めた男」と。
────────
【技名】
ポジティブスタートからの「友情」によるオールポジティブファイブカード
【スコア】
345点
────────
◆この結果URL
http://poker.hanihoh.com/r/?k=080729825u488df727e807c&th=00001EE
◆絶望ポーカー
http://poker.hanihoh.com


…いや、びっくりした。何このキン肉マンもびっくりの友情パゥワァーは。

や、でもさ、そんな友情至上主義者じゃなくても、4枚も来てたら普通残すよな?
むしろ、ここから友情をばっさばっさ切れるって相当すごいと思うんだが、どうか。

…何で言い訳してるんだ?(自問

おいらに不相応っていうか気持ち悪いくらいいい結果のような気もするが、これって

【絶望ポーカー恋愛編】

恋愛に派生するスキが1ミリも無い、って事なんだよな?
あれだ、誰にもフラグが立たずに、最後に雅史に「僕たち、友達だよね?」とか言われる感じか?

まさに絶望。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-07-29 01:58 | ひとりごと | Comments(4)
2008年 07月 29日

伝説巨人おいでん

というわけで、行ってきた。

雨が降るかもなんて考えてすらいなかったが、いざ向かい始めると不穏な空に不穏な風。
大丈夫かと思ったらけっこうな勢いで降ってきた。雷まで鳴ってる。
毎年、いつも梅雨明け直後くらいのタイミングなので、多少天気が悪いことはあっても
「中止か?」と思うような崩れ方をしたことは無かったんだがなあ。

まぁ夕立だから降り続ける事は無いっしょ、とは思っても、これだけ濡れた路面は
もう回復は無理だろう。突発的にらぢこん買う人が居るからこうなるんだな。

しかし、到着してみると、路面はドライではないものの走行に支障は無さそうだった。

・A210SS
本来のエクシージを載せての初走行。ボディ以外はGWのレースのときのままなので、
さすがにライトチューンじゃ力不足かと思ったら、そうでもなかった。必要充分な感じ。
直進性がいまひとつでお尻が軽いのはタイヤか路面(たぶん両方)が悪いせいか。
それでも無難に淡々と走れるのはさすがフルタイム4駆。最後は羽根がもげて終了(悲

・サニオRR2号機
ボディをいつものストラトスに、モーターをラジマガレース仕様の50Tからいつもの27Tに。
2駆で27TだからA210SSよりかなりアグレッシブなはずが…そうでもなかった。
スピードも安定感も大差ない感じ。やっぱりちょっと安定方向に振りすぎかもしれん。

・タムギアGT01(みこ
ほぼフルオプションの青々したマッシィーンだが、デフの調子が絶不調でまったく前に出ない。
どんだけ緩いのかと思ったら、触った感じはむしろ渋いのに、豪快に滑る。
ノーマルの組み立て済み樹脂ボールデフはものすごく出来がいいのになあ。

・タムギアGT01カワダ4駆コンバージョン(みこ
さらに青い上、黒い部分がほぼカーボンに置き換わったハイエンドマッシィーンだが、
これまたデフが絶不調で後輪に駆動力がほとんど伝わらない。ワンベルトFF。

・F103GT(P.
黒歴史化完了かと思われたあの車が新車で登場!注目の走りは…「ダイレクトドライブに
ゴムタイヤはやっぱり向かんね」という事を再認識させてくれた。フロントサスのストロークが
ほとんどないせいか、減速してもほとんどフロントに加重が乗る感じが無い。
26ミリタイヤのせいもあるかもしれないが、動きはもっさりで曲がらず、曲がり終わる前に
パワーを入れると容赦無く一瞬で巻く、いわゆるアンダーマッキーのお手本のような車。
ボディ(塗装完成済み)の出来は異常にいいんだけどなあ。


そして、らぢこんはほどほどにしておかないと怒られるので、てきとうに飲み食いに移行。
ししゃもも鳥もウインナーもハンバーグもうまかった。やっぱり塩こしょう最強だよな。
しかし、序盤飛ばしすぎたせいか、わりと早々にダウン。焼きそば食えなかったのは初めてじゃないかな。
ビールも2本飲んだら、あとは狂ったように水を飲んでいた。塩こしょうの過剰摂取のせいか、
体が猛烈に水を要求するのだ。これしきで音を上げるとは、やっぱり歳かのう。

花火もよかった。いつも竹やぶが猛烈に邪魔に感じるのに、今回はそうでもなかった。
風向きや強さがよかったのか、煙もそんなに気にならなかった。

夜中まで馬鹿話(主に下ネタ)で盛り上がって、日付変わるくらいに解散。
周辺の混雑も、例年よりかなりましだったような気がする。
夕立の影響か、ガソリン高騰の影響か。来年もこれくらいだといいなあ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-07-29 01:39 | ひとりごと | Comments(0)
2008年 07月 27日

ゼンニホン

今日は豊田ではおいでん祭だけど、谷田部では全日本の決勝。

身近な人達だとK藤さんがかなり、岩さんがまずまず好調な模様。
でも他はかなり大崩れした人が多い模様。何があったんだろ?

上の方では、京商勢が2駆・4駆ともAメインに4人残る健闘。
4駆は、他はヨコモ3人・タミヤ二人・HB一人なのでなんと最多勢力だ。すげえ!
2駆も、少なくとも二人はX-6だから、B4勢と並んだカタチだ。もっとすげえ!

決勝はまだ2駆の1本目が終わったくらいで、結構波乱な模様。まずはMSの人がトップ。
出た当時はここまでとは思わなかったけどX-6は好調っぽい。
DT03はミッドシップになるんだろうか。ならんだろうなあ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-07-27 09:49 | らぢこん | Comments(0)
2008年 07月 24日

おいでん

というわけで、今年もやってきます。
年に一度だけ、織姫と彦星がらぢこんをする集まりから始まったと言われるおいでん祭(出鱈目

今年もまぁ、いつもの場所にいつものように集まっていつもの感じで(てきとう
わからない人は聞いてください。

とりあえず注意事項だけ。

始まるとほぼ車での移動は不可能に近い状態になるので、
早めに集合・大体の頭数の把握・買出し、の流れで。
終わってからも周辺の交通機能の回復に時間が掛かるため、
帰宅は日付が変わることを覚悟しておいてください。

らぢこんを持ってる人は、せっかくだから年に一度くらい走らせてやってください。
持ってなくても何も問題はありません。

でぢかめを持ってる人は、せっかくだから年に一度くらい花火を撮ってやってください。
持ってなくても何も問題はありません。

そんな感じで、週末はお近くの豊田へ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-07-24 01:04 | 告知 | Comments(4)
2008年 07月 21日

ミニサーボ買ってきた

事前調査とか何もせずにアリスに突撃。

ちっこくて安そうなのを物色すると…一番安いのがミニンファーノ純正のだった。1500円くらい?
確かに笑えるくらいちっこくて安いが、これは線が4本の特殊なタイプで、
本当にミニインファーノのアンプ一体受信機でしか使えないし、そもそも持ってる。

次がロッシ純正の2種。mini-T用とmicro-T用?1800円くらいと2800円くらい。
これはまったく情報がないので、もしミニインファーノみたいに専用だったら困るな、
ということでパス。

次に安かったのは…これだった。

e0034693_14253031.jpg


KOのPDS3014ICS。3200円。
KOのサーボと言うと良かろう高かろうの代表格なイメージだが、
サンワやフタバどころかハイテックさえもぶっちぎって一番安かった。
比較対象としてモーターと並べてみたけど、いまひとつピンと来ないな。
耳まで含めた横の長さがほぼSDカードの縦の長さと同じ。高さはSDカードの横幅よりも
サーボホーン全部と基部が2ミリくらいはみ出す程度。ゴミのようにちっこい。
こんなにちっこいくせにデジタルでICSでセッティングアダプタとか使える。
スペックも0.11sec/60°、2.1Kg/cmと立派で、さらに金属ギヤと来てる。

ただ、サーボホーンやホーンビスはKO汎用とは明らかに違う。このサイズなら仕方ないか。
どれどれ、と手でホーンを動かしてみると…ぎ、ぎぎぎ、とスムーズさに欠ける感じ。
そして、どこかに引っかかったまま動かなくなり、力を掛けると、サーボが動くのではなく
ホーンのセレーションがなめるような嫌な手ごたえが来る。こりゃヤバいかもしれない。

今まで見てきたチャチなサーボ歴代ナンバーワンだったミニインファーノ付属のでも
もうちょっとスムーズに動いたような気がする。安サーボ作らせるとダメなのか?>KO

ホーンを取り外してみると…まず細いだけじゃなくて短い(4ミリくらい?)のねじにも驚いたが、
ホーンと同じ色の真っ白な出力軸にも驚いた。ちょっとまて!金属じゃないじゃん!

今まで、ファイナル以外は金属なのが普通で、ファイナルが金属のときに謳い文句にするのが
常識だと思ってたんだが、超ミニサーボの世界の常識は違うのか?

動きゃいい、って思ってたけど、動くかどうかも怪しくなってきた。大丈夫かこれ?
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-07-21 15:28 | らぢこん | Comments(7)
2008年 07月 21日

これは罠か?

てきとうな長さのターンバックル、はM03キット付属のタイロッドがジャストフィットした。
ターンバックルじゃないけど、車の性格的に偉そうなチタンターンバックルよりも
黒い素のねじ棒の方が好ましいので好都合。

現状、ユニバの後退角は見た感じそんな問題ないレベル。KX-ONEやX-6の前進角の方が
よっぽどキツい。カップには辛うじて掛かってる程度で、このまま走ると間違いなく抜ける。
アーム側の切り詰める余地がかなり残ってるので、幅を詰めれば問題なく収まるだろう。

ダンパーはまだ買ってないので、とりあえずノーマルのばねダンパーをあてがってみる。
…かなーり厳しい。どうやってもアームやロッドに干渉する。
元々ロアアームから後方のダンパーステーに取り回す構造のフロントサスだから、
これを(ほぼ)そのままリヤに持ってきてもうまく取り回せないのは無理もない。

元ネタはどうだったかな…と確認してみると、やっぱりアッパーアームにダンパーが付いてる。
元ネタは旧車であることを差し引いても驚くほど分厚い車なので、薄いGB03でやろうとすると
高さ的にかなり厳しいけど、仕方がない。角度とかでなんとかしよう。

これでアーム周りの密度が随分下がってすっきりするな、と思っていたら…あれ?
空いた隙間にロッドを通して、本来アンプが納まってたとこ(サスマウントとかが入ったので
そのままのアンプは入らなくなった)のあたりまで伸ばして、ここにミニサーボを置けば…

もしかして、後輪操舵可能?

…なんだか話がうますぎて素直に喜べない。ほんとにそんな簡単にうまく行くのか?
落ち着いて、考え得る問題点とか検証してみよう。

・ミニサーボ買うのか?
→超小型だとむしろ安い、はず。

・トルクとか足りるのか?
→どうせ後輪操舵なんておまけだから走行性能はどうでもいい。動けばOK

・サーボセイバーとか付くのか?
→サイズ的にたぶん無理。最悪壊れても仕方ない。

・サーボはどうやって固定する気だ?
→買ってから考えるが、最悪シューグーで。

・2サーボ4WSってどう制御するつもりだ?
→3PKS様にはプログラムミキシングという機能があってだな、とにかく大丈夫だ、たぶん。

・ナックルに凄まじいトレールが付いてるけどユニバ大丈夫か?
→切れ角少ないから大丈夫だ。きっと、たぶん。

・せっかくいい感じのロッド見つけたのに無駄になるな。
→いい感じのロッドと4WSとどっちが重要かなんて考えるまでもないだろ。

…だめだ、やめる理由が思い付かない。
ダンパー買いに行くついでにミニサーボも買ってこよう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-07-21 10:49 | らぢこん | Comments(0)
2008年 07月 20日

足なんて飾りですよ

飾りだからこそ最重要だけどな。

さらにいろいろあって、リヤナックルにGT01用ではなくGB03のリヤハブを使うことになった。
上下幅が広くなりすぎる問題がずばっと解決した上に、後にかなりオフセットするので
見た目だけ(アーム長は同じ)足が長くなってかっこよくなる上、さらに具体的な取り回しを
どうするか思いつかずに先送りにしていたトーイン固定ロッドの問題までもが一気に解決した。

弊害として、後オフセットが大きすぎてユニバの角度が微妙。まぁなんとかなるだろう。
切った貼ったした末に無駄になったGT01のナックルは気にしない方向で。
ていうか、そんなのいちいち気にしてたらこんなことやってらんない(ゴミの山をチラ見しながら

さらに、てきとうな長さのねじと630ベアリング8個を買ってくる。
汎用とは言え多用されるサイズじゃないのですげぇ高い。TRFテフロンシールドでも
2個あたり100円くらいしか変わらんし。これだけで2000円近い(血

そして、いよいよ組み付け。左アッパーしか付いてなかったサスマウントを、
アッパー/ロア/右/左すべて取り付け、フレームの干渉部分をがしがし切る。
あとは高級ベアリング入りサスアームをねじ止めするだけだ。

フオォオオオオォオオオオオ(興奮

実にスムーズかつかっちり動く。さすがベアリング入り。
バイパー(あ、これもベアリング入りだった)はダンパーで規制しないとどこまでもスムーズに
360度以上回転してしまうが、さすがダブルトレーリングなだけにフリーでも正常な範囲でしか動かない。

あとはダンパーをつけて、ぶらぶらのステアリングをロッドで固定すればリヤサスは完成。
ロッドの取り回しの目処は付いてボールも付いてるけど、適当な長さのターンバックルがない。
ダンパーもろとも買ってこよう。今回は細くて短くて頼りない感じを重視したいので、
いつものツーリング用ではなくタムギア用(初めて)を買ってくる予定。
3Racingあたりの安っすいのがいいなあ。

パイプフレームの取り回しも脳内ではカタチになっている。
これまたフレームのちょうどいいとこにねじ穴があって、もしかして設計段階から
このネタが想定されてたんじゃないかと思うほどだ。や、もちろんありえないが。

あとはアルミ板でダミーフレームを作るかどうか。バイパーよりは全然楽だけど、
バイパーよりは全然重要度も低い。余力があったら、かな。

ドライバー人形は…まだ悩み中。
ラジコンランドにはスパーダのボディが2枚あった。2枚買ってアルティマにも付けてやれ、
という事だろうか。神様って奴はホント容赦ってモノを知らないな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-07-20 14:48 | らぢこん | Comments(0)
2008年 07月 19日

オラ、ワクワクしてきたぞ!

目下リヤサスと格闘中。

フレームの幅がGB02のフロントバルクと同じでこりゃ都合いいわいクククとか思ってたけど、
結局GB02のフロントナックルがそのまま使えず、小技経由でGT01のフロントナックルを
採用した結果、GB02と同じ幅だとかなりワイドになってしまうことが発覚。
このままだとどうやってもユニバが届かないので、なんとかして元の幅に収める事に。

とりあえず、深く考えずにアームの先端をニッパーでばっさり切る。
思い切って5ミリくらい落としたが、まだ足りないようなのでさらに2ミリ詰めた。
これ以上は強度的にヤバそう。幅は…なんとかギリギリ行けるか?くらい。

アッパーアーム取り付け部も、すんなりは行かなかったが、紆余曲折を経て
強度的にも精度的にも位置的にも「こここここだ!ここしかねえ!」というポイントを偶然発見。
ナックルの関係で取り付け位置が無茶苦茶(10ミリくらい)上がってしまうことになったが、
これなら相当スペーサーかましても問題ないだろう。

アッパー側は基部がかなり狭まったカタチに収まったので、アームの切り詰めも
そんなに限界チャレンジせずに済みそうだ。ホッとしつつフレームを眺めていたら、
ロアはここんとここうしたら取り付け幅も一段狭くできる上に、当初考えてた方法よりも
強度的にぜんぜんいいんじゃないかねチミィ、という取り付け方法が浮かんだ。

問題はアッパーもロアも、これだとサスピンが普通の3ミリねじになってしまうので、
サスアームにはまる樹脂ブッシュをベアリングにした方がよさげな事か。
寸法を測ってみたら外径6ミリだった。汎用の630ベアリングが使えそうだ。

今のところ、何一つすんなりとは行ってないが、何一つ致命的な壁もない。
よく出来た謎解きアドベンチャーゲームってこんな感じだろうか。やったことないけど。
超楽しい。たぶんすげぇ目がキラキラしてるんじゃないかと思う。
恐らく、完成するとそれなりに綺麗にまとまってしまうと思うので、
この過程のワクワクはやってる本人以外にはなかなかわからないと思う。

まさに自己満足の極みか。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-07-19 22:35 | らぢこん | Comments(0)
2008年 07月 19日

おっぱいぱい(オプションボディ、と言っているらしい

先代RBRは純正で1種類出ただけだったが、RB5は社外ボディがそこそこ出ている。
昔はB3のボディを無理矢理乗っけたりしたものだが、いい時代になったのう。

JCONCEPTS Illuzion

一見してノーマルと大差無いというか、ノーマルをベースに若干大人しくした印象?

teamあざらし クラッカ

写真で見ると普通に低くてシャープでかっこいいボディだけど…
現物を見るとかなーりすごい形状をしてる。あれだけ強烈なノーマルが普通に見えるくらい。
他のと比べると高いのが難点だが、そうそう壊すものでもないのであまり気にしない。
ちなみに購入済。そのうち塗ろう(遠い目

Proline Vortex

最近はCrowdPleazerじゃないボディも作るようになったProline。
この新シリーズ「Vortex」はZX5用もすでに発売されてるけど、こっちはZX5というより
D4をもっとあっさり風味にした感じ。RB5用もあっさり風味で、他のボディと比べると
ずいぶん直線基調に感じられる。有機的でうねうねしたのが嫌いな人には
いいのかもしれないけど、エアスクープの形状が野暮ったいのがいただけない。
これスクープレス仕様は出ないのかな。出たら良さそう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-07-19 19:35 | らぢこん | Comments(0)
2008年 07月 19日

2ターン目終了

というわけで、買出しにタムタムへ。
シルバーストン最寄のサークルKのつぶれた跡がレッドバロンになっててびっくり。

ZX5は、ここもウイングマウント品切れ(敗北
ていうか、順調に京商バギーパーツコーナーが縮小している。
FSのパーツどころか補充もされてないっぽい。ここも終わったか。

しかし、タムギアのリヤサス周りをどうにかするのに具合のいい部品を見つけた。
ヨコモのSD-CGM用アルミリヤサスマウントだ。
これが思惑通りに収まれば、アルミサーボマウントに穴を開けずに済みそうだ。
あとはねじとかスペーサーとかをてきとうに掴んで終了。

家に帰って、あてがってみると…おぉお、すげぇ、たぶんばっちりだ。
フレームの固定穴を2個きっちり開けるのは無理っぽいが、
まぁ1個きっちり&もう1個てきとうに、で充分だろう。
ついでに用済みになったアルミサーボステーをダンパーステーに転用する算段も立った。
さらについでに、ノーマルのリヤアッパーアームがナロー化したフロントの
アッパーアームにそのまま使い回せるのも発見。いいね!とんとん拍子だ。

あとは実際フレームに穴を開けてリヤサスがきちんと組み立てられるか。
それで基本構造部分がクリアになるので、あとは外装周りだけ。
こんなものはアルミ板やアルミパイプの切った貼ったなので、ハードルらしいハードルはない。
しかし、盆栽的には最重要項目でもあるので手は抜けない(抜くけどな

やっぱりドライバー人形は欲しいなあ…またスパーダのボディ買うのか?(嫌
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-07-19 18:49 | らぢこん | Comments(0)