<   2008年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 30日

もったいない

頭痛くてなんにもやる気が起きない。
今日は朝起きて風呂入って、さっきプリン1個食っただけで、
あとはひたすら布団の中で朦朧としてただけ。何にもやってない。

あああ、もったいねえ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-04-30 18:22 | ひとりごと | Comments(2)
2008年 04月 29日

A210SS完成  か?

前回でだいたい車のカタチになってたのに、えらく間が空いてしまったのはそれなりに複雑な理由がある。
順を追って説明すると、以下の通り。

アルミバルクとタミヤダンパーをオレンジで塗ってみた

失敗

萎え

以上、説明完了(シンプル

今後役に立つかどうかは解らないけどメモ書き。

・アルマイトが綺麗に剥げなかったらいっそシルバーで塗った方がいいかも。
・ただでさえムラになりやすいクリアーなんだから慌てんな。
・オレンジはかなり濃い目に出した方がよさげ。

そんなこんなで、ついに完成!

e0034693_18402029.jpg


…あれ?完成してない?

いざダンパーを取り付けようと思ったら、ダンパーステーにつける分のボールが見当たらない。
欠品だと?聞いてないぞアクティブ!(グラハム風に

また萎えたので今日はここまで。ついでにいろいろあったこととかやったこととか。

まず、リヤハブにボールをつけるためにいもねじを立てるとこ。
片方つけて、もう片方もねじ込んでたら…「ぴきん」と音を立てて何かが飛んだ。

e0034693_18524614.jpg


いもねじの六角穴部分が割れた。長年やってるけどこれは見た覚えが無い。
鉄ねじの類なんて超汎用品だしケチっても知れてるだろう、とたかをくくってたけど、
もしかしてこのへんまでモノが悪いんだろうか。たまたまならいいんだけど。

フロントナックル周りは確かに普通に組むと渋々。しかし、これは寸法が合ってないというより、
CハブのC形状が狭まるように変形してるように見える。たぶんこれ曲がってなければ
ドンピシャな寸法なんじゃないだろうか。さらに1ミリくらい無理矢理スペーサー噛ませて
しばらく放置しておけば矯正できそうな気もするけど、めんどくさいのでやめ。
上側のキングピンをTF5用(ブッシュを使わない)に交換してみた。
スムーズにはなったけど若干ガタも出たのでスペーサー噛ませた方が良かったかも。
でも気にしないでそのまま。

Cハブとサスアーム、リヤハブとサスアームの渋いとこは若干削った。
削った量はほんの僅かで、TA05ノーマル足の方がよっぽどがりがり削ったような。
あれも最初はきっちりだったんだろうけど、TA04時代から作られすぎてて
金型がもう限界なのかもしれない。

ターンバックルはランスフォードのに。ノーマルに問題があるって話は聞いてないけど、単なる趣味。
ボールエンドは渋いと聞いてたので、何かてきとうなのを探す。
ヨコモやHPIは4.3ミリ玉を多用するので、使えそうなのはタミヤか京商か。
タミヤのは若干長めで、京商の短いのがよさげだけど、京商のは短いのだけじゃ売ってない。
タミヤのを短く切るのが一番現実的なんだろうけどめんどくさいな、と思ってたら
HPIの4.8ミリのを発見した。穴貫通タイプだし、長さもちょうどよさげ。
PRO3系のショックエンドらしい。こんなのがあったのか。とりあえずこれを掴む。

いざ帰って組んでみると、ノーマルに負けず劣らず渋い(困
いろいろ検討した結果、ノーマルにコーセーのボールエンドリーマーをかけて
それなりのスムーズさを確保できたのでこれで行く事にした。えらい遠回りだな。

こんなことやってるからなかなか進まんのな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-04-29 19:15 | らぢこん | Comments(2)
2008年 04月 27日

KOれはひどい

サンワがこけ、JRは最初から蚊帳の外で、現状ほぼフタバの一人勝ちに近い状態の2.4GHz。
待ってる人はかなり多いと思われるKOは、大方の予想通り順調に遅れていた。

2月には「3月発売」、3月には「4月発売」と広告を出して、4月もどうも怪しい、という噂があり、
「5月上旬から下旬」という告知が出たのが先週頭くらいか。

ここまでは誰も驚かないけど、その告知の1週間後にこっそりと出荷を始めたのには驚いた。

もうKOユーザをやめたおいらには関係ない話だし、純粋に待ってた人には嬉しいニュースだろう。
しかし「もうそんなに待てない!」って他に行ったり繋ぎを買っちゃった人はどう思うだろうか。

自分の望む方向と逆に世界の流れを動かしてしまう特殊能力を、おいらに匹敵するレベルで
生まれ持ってしまった人がKOユーザの中にいるのかもしれない。心から同情する。

しかし、2.4GHzもまた各社で根本的な方式が随分違うみたいだけど、KOもまた何か違う。
起動時にキャリアセンスして、使ってるバンドを確認するから、ピットでは空いてても
コース上では空いてないかもしれないから、電源はコースで入れろ、と。
少し前のラジマガの記事にも同じような事が書いてあって「お前は何を言ってるんだ」と思ったが、
メーカーが自社サイトで言ってるんだから勘違いとかの類でも無さそうだ。

しかし、なんというか、素人的には突っ込みどころ満載と言わざるを得ない。

2.4GHzミニッツのASFは、起動時にキャリアセンスして、空いてるバンドを選んで使い続けるから
たぶんこれと同じ感じになると思う。が、SpreadSpectrumと明記してる以上、周波数拡散で
複数の周波数を使用する仕組みになっている、はず。拡散するのはどこかがカチ合っても
他で繋がれば機能を維持できるからで、起動時に確保したリンクが多少電波状況が変わった程度で
維持できなくなるなら意味がない。ペアリングはあくまで送信機固有のIDを受信機に読み込ませる
作業で、どの電波を使うかは関係ないはずだ。キャリアセンスした複数の周波数を
確保し続けるつもりなら、こんな迷惑な話もない。全てのプロポシステムがKOの定めた掟に
従って動くならそれもアリかもしれないけど、少なくともフタバにはそんな記述はないし、
プロポに限らずありとあらゆる雑多な機器が混在する混沌が2.4GHzなんだから、
ピットで電源入れてコースに持っていったくらいで正常動作しないようなのは使い物にならない。

実は広報担当者の勘違いで、起動時のキャリアセンスは電波の混み具合をモニターして
あまりに混雑して実用的なレスポンスを確保できなさそうなら使用の中断を促す、とか
そういうおまけ機能なんじゃないか、と思いたい。

あるいは、素人にも解る納得の解説をしてくれる人募集。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-04-27 01:29 | らぢこん | Comments(4)
2008年 04月 26日

流石だな俺

今度の会社は、基本的に祝日は無関係だ。
だからといって土曜日は完全に休みかというとそうでもなく、
平日休みとかもない。今までの会社では通常の休みはかなり少ない部類になる。

しかし、GW盆正月の大型連休がガツンとある。今までの会社で最大級だ。
ちなみに今年度のカレンダーだとGWが9連休・盆が8連休・年末年始が10連休だ。
正直、有意義に使いこなせない大型連休よりも、ちょこちょこ休みがあるほうが
個人的には便利だけど、もちろん頂けるものは大喜びで頂く。チャンスは最大限に活かせ!

というわけで、土曜まで働いたら9連休!のはずが、
いろんな不幸や不手際が重なって日曜出勤しなければならないことになった。
それでもまあ8連休なんだが、ケチが付いた感は否めない。むぅ

そんなわけでむしゃくしゃしていたら、つい押してしまった。

いろいろ足したり引いたり、モニタークーポン15%OFF適用とかで12万。
悪くはないと思うが、ほんとにこれでよかったのかどうかはむしゃくしゃしてやった事なので(逃
今では反省したふりをしている。

どうでもいいが、これでまた歴代ノートPCのメーカー全部違う記録が更新された。

NEC PC-9801NS20(386SX 12MHz)
シャープ mebius PC-PJ2-M2(mobilePentiumⅡ 300MHz)
パナソニック Let'sNote L1GA(mobilePentiumⅢ 500MHz)
東芝 dynabook C7/212CMEN(mobileCeleron 1.2GHz)

って、NSまで入れてもこれでやっと5台目か。思ったより少ないな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-04-26 01:09 | PC | Comments(4)
2008年 04月 21日

A210SS、作戦行動に移る

というわけで、やっとこ組み立て開始。

説明書を見ると、最初にダンパーを組み立てることになってる。いきなり問題の箇所だ。
もうノーマルダンパーを使う気は無くて、タミヤダンパーを使うのが確定なんだけど、
これだけ怖い話を聞いてると自分の眼で見たくなってくる(難儀

Oリングのキャップを閉めるとこからすでに緊迫感満点。
異常に硬くて奥まで締め込めなくて、こんなもんなのかと思ったら2個目はすんなり締まって、
こりゃいかんと思って1個目もまたやり直したり、とか。普通なら気にもしないようなバリも
必死で削るけど、ピストンの遊びがありすぎるのはシムとか入れずにそのまま放置。
ちゃんと組めるかどうかが問題で、使う気は無いのでこのへんはてきとう。

結論として、いろいろ苦労はしたけどちゃんと組めてしまった。
ダンパートップをキャップに無理矢理押し込むとキャップのねじ山がなめる、と聞いてたので、
こじらないようにそーっとそーっと押し込んでみたら…収まってしまった。
4個中2個が最後まで締め込むのが難しかったけど、一応ちゃんと締まったし、
外せることも確認。細心の注意を払って腫れ物に触るように組めば一応組むことは可能なようだ。
リコールで送られてきた対策パーツは使わなかった。キット付属ので行ける模様。
ちなみにキャップ類はタミヤとの互換性はないようだ。

調子に乗ってそのまま組み立てを進める。
まっすぐ立てたはずなのにちょっと気を抜くと曲がって行こうとするねじはスリル満点。
サスピン穴はシブシブなのでストレートリーマー必須。でもサスマウントのクリアランスは
精度が良すぎてきついような印象。サスボールは手で押し込んだだけで問題なくはまったし、
サスマウントをしっかりねじ込むと左前足だけ渋くなるのが、気持ち緩めると嘘のように軽くなる。
説明書にも「締め込みすぎない」と注意書きがあるので、これが正しいのだろう。
後はがったがただが、スペーサーを3ミリ分(説明書には何も入れる指定が無い)入れるときっちり。
左後だけ渋かったけど、スペーサーに残ってたバリを削ったら直った。
今のところ、精度は思ったほど悪くない印象だ。

ボールデフは異常にかっこいい。標準でシールドされてるのも画期的だと思う。
他で見た覚えが無いけど、どっかあったっけか?
あとは性能と耐久性に問題が無ければ最高なんだが…どうかな?
いずれバラしてタングステン玉入れて組み直すつもりだけど、とりあえずそのままで。
センターユニットも結構かっちりしてていい感じ。しかし固定がOリングだけで大丈夫なのか?
スパーを止める4本のねじが、ねじ込む時がりがり言うのはタップが綺麗に切れてないのかと
思ったら、ねじの頭がメインギヤアダプタに思いっきり接触していた。問題は無いけど気分悪いな。

エキセントリックアジャスターは、頼りないけど見ながらぬるぬる動かすには具合良さそう。
TA05の決め打ちで合わせるタイプは、左右揃えるのは簡単だけどなんだかんだでめんどいから
どっちもどっちな気がする。415のが見てて一番楽そうだったけど実際どうなんだろ?

e0034693_292169.jpg


そんな感じで、今日はここまで。

一筋縄では行かないが、最悪最凶なキットを覚悟して臨めば案外そうでもない。
ただ、おいらの持つパッシブスキル「ありえないような不良を普通に掴む。初物だと余計に」で
たまたま不良を掴んでしまってるだけなのかもしれない。
組めないのが正常なはずなのに、不良だから組めちゃう、みたいな。

奇跡はこれからだ!(不穏
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-04-21 02:09 | らぢこん | Comments(6)
2008年 04月 20日

ホビーショーとは関係ないタミヤネタ

ネットが繋がらない間に「なんじゃこりゃ」と思って、それっきり忘れてたことを
今思い出したかのように書いてみる。や、実際今思い出したんだが(弱


・F103RM

またなにやらかっこよさげな箱に入った特別っぽいF103が売っていた。
F103GTはすっかり無かったことにされてる様子だし、今度は一体なんなんだ。
ミニッツ的に考えるとリヤモーターか、タミヤ的に考えると…ラーク・マイナート?(誰

その正体はただの再販F103だった。

実際はそのまんまではなく、一応車高調整ギヤケース、軽量デフジョイント、
ボールサスが標準装備にはなっている。確かに別に買うことを思えばお買い得ではあるが、
標準仕様とどれだけ原価が違うか考えるとこの値段はかなりボってる気はする。

なんだかよくわかんないけどF1がまた静かなブームらしいっぽいから
とりあえず出してみるか的な安直さを隠そうとすらしないタミヤの姿勢には
センチメンタリズムな運命を感じずにはいられない(もういい

で、結局RMってどういう意味なんだろう?リアルマネー?


・マイティバリスタ

エンジンのXB、ということで本来まったく興味が向かないとこだけど、ラジマガの
新製品コーナーの隅っこに小さく写ってた写真が目に入った。

何に驚いたって、その小さな写真では形状がまったく理解できなかったこと。

それらしくカラーリングはしてあるが、エンジンやタンクが丸見えなその造型は、
バギーのボディじゃなくてラリーカーのアンダーボディじゃねえの?とさえ思えた。
大き目の写真で見ると、意外とオーソドックスなバギー的な形状なのは理解できた。
が、やっぱりエンジンのヘッドやリコイルのノブ、タンクのキャップやチョークポンプが
むき出しにされるぼっこぼこの穴はもうちょっとどうにかならなかったのか。

改めて見比べてみるとナイトロサンダーあたりも大差は無いんだけど、
どうしてこうもかっこ悪く見えるものか。ルーフのラインを完全に破壊している
エンジンヘッドが大きいんだろうか。ナイトロサンダーは一回り大柄な分、はみ出した部分が
相対的に小さく見えるのが地道に効いてるのかもしれない。

常々から、エンジン(特にツーリング)のボディにぼっこぼこ穴を開ける文化には
どうにも馴染めんな、と思ってたのを改めて強く認識することになった。

この車も右側から見ればもっと何倍もかっこよく見えると思うんだけど、
きちんとわざわざかっこわるい側から写すのはタミヤの良心なんだろうか。
XRAYやミニインファーノのトラックがかっこいい角度しか写さない(違う角度で見ると
びっくりするほどかっこ悪い)のとは対照的だ。どっちが正しいのかは謎だけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-04-20 19:39 | らぢこん | Comments(0)
2008年 04月 20日

試乗

うちの近所、というほどでもないんだが、41号沿いにホンダとヤマハの店があって、
なにげに入ってみたら試乗車があったのでなんとなく試乗してみた。

・ホンダDN-01

今までにまったく無かったタイプの新型車。強いて言うならスズキのG-STRIDERが
近いだろうか。あれはショーモデルだし、さすがにあそこまでぶっ飛んではいないが、
あれと比べなければ十二分にぶっ飛んだカタチをしている。

アメリカンとスクーターを足して2で割ったような印象だが、乗った感じもそうだった。
現在の2大主流カテゴリの融合で新境地を狙ったんだろうけど、どうなのかな、これ。
アメリカンな視点で見ると、未来的なフォルムと楽ちんなオートマ(マニュアルモードもある)
が付加されて、アメリカンなフォルムを失ったカタチになるのだろうか。
スクーターな視点で見ると、まともなタイヤとサスを与えられて、使い勝手のいい
収納スペースを失ったカタチ、だと思うんだが。
神聖モテモテ王国での半魚人の解説に「陸でも海でも半分不自由」とあるが、
まさにそれなんじゃないだろうか、と心配になる。

アメリカンにもスクーターにも興味の無いおいらなので、人事としての想像しかできないけど、
好きな人にはどう感じられるんだろうか。ちょっと気にはなる。

たぶん、おいらが買うことはあり得んだろうなあ。面白いとは思うけど。


・ヤマハFZ-1フェーザー

フルモデルチェンジからもう2年くらい経つのか。実際に間近で触れるのもたぶん初めて。
しかも今回初登場の国内仕様だ。この機種に国内仕様が出るのがまずサプライズだ。
今乗ってる02年モデルと比べると、思ってた以上にマッシブで寸詰まりな印象。
600(本当はこっちを試乗したかったが試乗車が無かった)と比べても、さらに小さく感じる。
逆に600は思ってた以上にすらりと大柄に見える。本来おいらが求めるイメージはこっちだなあ。

またがった感じは思ったほど違和感は無い。相変わらず自然で楽ちん。
しかし、走り出してみるとけっこうな違和感がある。とにかく、いろいろと軽い。
ブレーキもクラッチも軽い(うちのクラッチワイヤーがだいぶ渋くなってるせいもあるけど)し、
シフトの感触もえらく軽い。ごく短いストロークでちきちきっと入る感じ。
エンジンも妙に軽く回る。発進時のトルク感が妙に薄いけど、軽く吹け上がって
不自由ない加速が得られる感じ。「600ってこんな感じか?」と思ってたイメージに近い。
国内仕様でパワーダウンしたせいもあるのかもしれないが、上は要らないけど、
下は残すかむしろ強化して欲しかったなあ。それとも、フルパワーでも下はこうなのか?

デジタルスピード/アナログタコのメーターはとても見やすかった。
アナログフルスケールのスピードメーターは目盛が細かすぎて、特に疲れてると見難いんだよな。
あとは「やっぱ新車は気分いいね」くらいしかうらやましいポイントが無かった。
デザインだけじゃなく、乗り味も旧型のほうが好みだ。
万が一乗り換える事になっても、現状では1000は無いなあ。
600はデザイン的にはまったく文句は無いので、あとは乗った感じに不満が無ければ。
どこか試乗できるとこないかな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-04-20 01:46 | バイク | Comments(0)
2008年 04月 19日

ホビーショー事前ネタ・タミヤ編

まだ1ヶ月くらい先の話だか、ぼちぼち情報も出てきつつあるみたいだ。
真っ先に出てきたのは最大手・タミヤ。

・TBエボ5MS

5どころか4の頃あたりからシャフトは下火になってきて、実際5もどれだけ売れたのか
よくわからないが、まだやる気あったのかタミヤ。待ってた人いるのか?
そういえば、エボ5が出たのは確かTF-5と同じ頃(2年前)だし、すっかり忘れ去られたものかと。
6ではなく、5MSなので、内容的にもそれほど大きな変化は無さそう。
たぶん、足回りが最新の416準拠になって、あとはタミヤお得意(他メーカーはどこも真似しない)の
アルミのエアインテークが付くとか、それくらいじゃないだろうか。
板類の厚さや形状が微妙に変わったりくらいはあるだろうけど。
総じて、直後に416が出ることが解ってる415MSXXライナートくらいの注目度じゃないだろうか。


・TA05IFSR

これもまぁ予定調和か。タミグラで人気のボディをIFSじゃなくても載るのにIFS専用にしたり、
何かとIFSを主力にしたいおタミヤ様の意向的には出ないほうがおかしい。
わざわざRを買ってIFS仕様に組み替える手間が省けるのはいいことだと思うが、
個人的には興味は無い。


・ヴォラックMSC3

調べる必要も無いほど簡単に内容が想像できる。VFS1C3を青メタにしてタミヤマーク付けただけ。
そういえば、C2版って出てたんだっけ?聞いた覚えが無いけど。


・DF03MS

こっちもすっかりDB01に移行して忘れ去られたのかと思った。
レース前提なら間違いなくDB01なんだろうけど、そうでないならDF03のほうが
なにかとタミヤ的で好ましいと個人的には思うので、てこ入れはいいことだと思う。
内容はわからないけど、たぶんDT02MSくらいの装備なんじゃないだろうか。
付属ボディがどうなるかが気になる。MSカラーのアバンテMk2なんだろうか。


・タムギアポルシェ935

順当といえば順当な、(恐らく)ショートホイールベース系のニューボディ。
個人的にはまったく興味の無いボディだが、種類が増えるのはいいことだと思う。


・TB03

発表予定リストだとえっらい下のほうに埋もれてて見落としそうになるが、
どう考えても今回の目玉はこれしかないんじゃないかと思う。ついに出るTB02の後継。
TB02自体、現状ではほぼラインナップから切られてる状態で、次はもう無いと思ってたけど、
TT01からステップアップしたいけど、ベルトだと石を噛むから…と躊躇してた
パーキングロット層にはかなり魅力なんじゃないだろうか。
また、ワーチャンでの鈴木君の活躍も原動力の5%くらいにはなってるんじゃないかと思う。
内容はまったく不明。エボ4やエボ5をバスタブに置き換えるのはまるごと新設計に近いし、
状況から判断するとTB02IFSみたいなのになる可能性も無いことは無い。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-04-19 11:44 | らぢこん | Comments(4)
2008年 04月 17日

サニーランド

久々のレース。半年近くなるのか。
そしてダブルエントリーはさらに超久々。久々すぎて前回いつだったか思い出せない。

前夜うだうだやってて寝るのが遅くなって、案の定寝坊。
岩さんに連絡して代理でエントリーだけしてもらってひたすら高速を走る。

小牧に越してきてから初めて高速を使ったんだが、笑えるくらい便利。
家から小牧ICまでの間に信号が1個しかない。帰りも同じ。
しかも通勤時間だとETCの割引が効いて音羽蒲郡まで走って片道950円。
感覚的には実家に帰るよりサニーランドのほうが近いかもしれない。

颯爽と遅れて到着。ちょうど始まったばかりのようで、最終組にしてもらったおいらは
普通に出走可能なタイミング。しかし今からタイヤを貼らなきゃいけないので無理だった(弱
そそくさとショップで瞬着を買って、新品の32(前回ここで買ったもの)を貼る。

e0034693_0334076.jpg


RB5は、シェイクダウンで走って以来なのでちょうど1年ぶりの出番。
リヤショートダンパー&ミドルアームのコンバージョンを組んで、
不調だったスリッパーをオーバーホールして、モーターをZX5からのお下がり11Tにした程度。
スリッパーはどうしてもしっくりこない。実害は無いんだけど気分が悪い。
ショートダンパー&ミドルアームの効果はよくわからないが、とりあえず巻かない。
タイヤは37を持ってくるつもりが忘れてて、面倒なのでホールショントM3のまま
走ってみたけど、問題は無かった。何もかもが普通な印象。

ZX5は、前回ここで砕いたリヤダンパーステーマウント周りを直して、
ブラシレス(ノバック6.5R)&バルカンボディを投入。
ブラシレスは普通にパワフルな印象。言うほどの違和感は感じない。
ニューボディはカットラインを目一杯まで下げたおかげで妙なボリューム感。メタボレーザー。
悪くは無いけど、今まで載ってたバレットボディの低さと比べるといまひとつ。
バレットも前回ここで1回走っただけなんだよなあ。もったいない。
タイヤは前後32。これまた普通に食って普通に動く印象。

これといって大きなトラブルも無く、順当に下のほうの順位でレース終了。
ZX5は最後の最後でまた壊れた。今度はフロントギヤボックスを支える
メインシャーシとアッパーデッキがそれぞればっきり折れて、フロントサスが
根元から外れてぐにゃぐにゃ。

e0034693_035687.jpg


アッパーデッキは予備というか組み込むつもりだったカーボンコンポジットのがあるが、
メインシャーシは買ってこないと。
フロントギヤボックスが横に首を振ったときにインプットシャフト回りも
ダメージ受けてないか心配。

e0034693_0352686.jpg

e0034693_0354396.jpg


いっそ新車という手もあるけど、まぁホビーショー見てから考えよう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-04-17 01:03 | らぢこん | Comments(0)
2008年 04月 13日

絶品チーズバーガー

ロッテリアの新作。
パンに肉とチーズが挟まっただけの、構成としてはチーズバーガーそのものなのに、
ハイエンドのチーズストレートバーガーより高い意欲作。

「レタスもトマトも必要ないうまさ」との事だが、レタスもトマトもまったくうまいと感じない
(味的な事より栄養的な悪あがきでで入ってるものだと解釈している)おいらにとっては
特に興味深い。構成はシンプルながら、その写真のチーズと肉のボリュームは
充分その値段に見合うと思えた。

しかし、いざ行ってみると数量限定で売り切れ。3回目の挑戦でようやくありつけたが、
それでもすごい行列だった。いや、ロッテリアとしてはすごい行列だが、
昼時のマックならまぁこんなもんだろ、程度の並び。列をさばくのが不慣れなのか、
たかが10人ちょいの並びで15分ぐらい待った。マックならまずありえん。

肝心の絶品チーズバーガー本体は「後で席までお持ちします」で、その他のセットを
持って席について、実際本体が出てくる頃には他のはとっくに食べ終わっていた。
これもマックならありえんなあ。

第一印象は「小っさ!!!」

確かに普通のチーズバーガーよりは若干厚みはある。が、その程度。
写真のイメージが凄かっただけにギャップも凄まじい。
たしかに「うまい!」とは書いてあるけど「でかい!」みたいな事は書いてなかったが。
この値段でこのサイズとなると、いよいよ生半可なうまさでは納得行かない。
その味や如何に。

………
……


確かにまぁ、うまいかまずいかで言えばうまい。
チーズはあまり好きじゃないのであまり適切な評価はできないけど、
複雑な味わいの凝ったチーズだな、という事くらいはなんとなく理解できる。

で、肝心の肉は…ちょっとこしょう効きすぎじゃないのかこれ。個人的には好きな方向だが。
濃厚なチーズでこくと油っけを補い、強いこしょうで臭みを消して味を補う、というのは
安物のすかすか肉には有効だけど、いい肉のいい部分は解りにくくなるような。

実際すごいいい肉を使ってるのかもしれない。が、この構成なら安い肉でもあまり味は落ちなそう。
これで200円くらいならよろこんで2個3個買うところだが、360円に見合うかと言うと微妙。

写真と比べるとさっぱり、という点ではメガマックも大差ないんだが、
あれは充分値段に見合ってる、と感じる。

「ハンバーガーは量だよ、兄貴」(ドズル・ザビ

ライデン1機よりテムジン20機の方が絶対強いと思うし。
やはりおいらはマック派だなあ、と再認識。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-04-13 03:41 | ひとりごと | Comments(2)