神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 28日

運命

というわけで、デスティニーも見終わった。

まぁ、面白いとは思う。つっこみどころも多いが見所も多い。
常時本筋が斜め上にある感じで、それはちょっと・・・という所に足場を置かないと
なかなか理解できず、もにょっとした気分になる。

まず、シン・アスカが主人公だと思って見ている限りもやもやが消えない。
最後まで見て結論は出た。奴は主人公ではない。ちょうど前作でのイザークの位置。
そう考えると、主人公にあるまじきあのウザさも、まぁこんなもんかと許容できる。

最初から最後まで常に主人公のポジションだったのはどう見てもアスラン。
さらに上の、ある程度到達しちゃったポジションにキラが居るのは、まさにサイバーSINでの
加賀とハヤトの感じ。あぁ、実にしっくり来る。

死んだクルーゼに代わって伝統のマスクマンのポジション(元祖はもちろんシャア)になった
ネオは、どっちかというとダンガードAに出てきたあれの臭いがする(変
立場以外は記憶を失う前のキャラまんまなのは、わかりやすすぎてちょっとどうかと思った。
どう見ても重要そうな割には、捕虜になってからの展開がディアッカのそれとまんま同じで、
仮にも司令官様だったのがそんなのでいいのかと思わずには居られなかった。

隊長になったイザークも、緑になったディアッカも、結局は富樫と虎丸のポジションだった。

いいキャラだと思ったハイネが、合流後の初出撃でゴミのように死んだのはショックだった。
「ザクとは違うのだよザクとは!」という台詞を吐くためだけのキャラだったのだろうか。

しかし、後で出てきたドムの3人組の影はさらに薄かった。名前出てきたっけか?
こいつらのシーン全部カットしても物語的に何の影響も無いしなあ。

こいつ一人のせいでマクロスSEEDデスティニーになりそうだった偽ラクスがくるくる回って
死ぬシーンは後半のハイライトだが、まるまる1話使って追悼するのはやりすぎだと思った。


しかし、最後は結局何だったんだろうなあ。

「この後停戦協定が・・・」みたいなのも一切無しで、要塞陥落、戦闘終了、で終り。
1stや前作のような相打ちでもない完全勝利だし、何か一言くらいあってもいいと思うんだが、
実際、世界を混乱させるだけ混乱させて何も示さないまま終っちゃったので、
ちょっとやそっとのフォローじゃ焼け石に水だから、いっそ投げっぱなし、なのか。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-11-28 01:09 | ひとりごと | Comments(2)
2007年 11月 25日

新型セットアップ

e0034693_20111865.jpg


というわけで、昼からドリラン。今度は時間も余裕あるし気の済むまで走る予定。

とりあえず1パック目は何も触らず、人間のウォームアップも兼ねて現状のおさらい。
が、つまんないの2歩手前くらいの安定志向だったはずが、妙に良く動く。
1週間寝かせた効果だろうか。いい事ばかりではなく、直進性がなかり危なっかしい。
おいらの感覚がいい加減なのを差し引いてもちょっと違いすぎる気がする。
路面が違うのかも知れないけど、ここまで違うだろうか?

戻してみると、右前アッパーアームの基部のねじが緩んでがたがたになっていた。納得。

せっかくなので、Cハブを10度から7度に交換してみる。
キャスターが立って、車高も若干下がったようなので後も合わせて下げる。前後6.5ミリくらい。
走ってみると…なんというか、今まで「?」だった部分がほぼ解消された感じ。
単に曲がるとか曲がらないとかじゃなく、曲がり方のおかしな部分が消えた感じ。
十二分な安定感と、必要充分な運動性。低速から高速まで素直で、唐突な部分が無い。
たぶん万人向けという方向ではもう旧型を超えちゃったんじゃないだろうか。
これが市販車の開発テストならゴーサインを出していいんじゃないかと思う出来。
でも、求めていたのは旧型のわくわく感なので、そこまではまだ到達して無い。

現状思い切ってがつんと付けたリヤのトーインをもう少し減らすか、現状サスマウントで
付けてるのをやめてリヤハブを2度のにして試してみようか、とかいろいろ考えながら
走ってたらストレートエンドで結構派手な飛び方をした。モーターヒートシンクが
吹っ飛んだのを回収して付け直し、再スタートしたものの挙動がなかりおかしいので中断。

車体には特にダメージも異常も見つからず、タイヤがスムーズに回るのを確認していたら、
タイヤが結構ひどく剥がれてるのを確認。貼り直すか、とリムを引っ張りつつチェックしてたら

e0034693_20321627.jpg


サイドウォールとトレッド面の境がぱっくり切れてるのを確認。
これが原因でタイヤが剥がれたのか、タイヤが剥がれたからここが切れたのかは不明だが、
これはちょっと接着くらいでは直りそうにない。溝はまだまだあるから大丈夫かと思ったけど、
毎回あれだけタイヤカスを出しながら走ってるんだから、そりゃ減りもするよなあ。

さぁ困った。ドリラン最強タイヤ・シミズD98Jソフトはもう普通には入手不可能。
永久に使えると思ってた訳じゃないけど、こういう終り方は考えてなかったので途方に暮れる。
店内を見てもめぼしいものは見つからず、ライドのソフトは1セット(2個)しかないし、
ダメ元で店員さんに聞いてみると、タミヤのM(たぶんラジアル)がいいらしい。が、
これも1セットしか置いてなかった。
ていうか、60なのか?ただでさえ高すぎる車高に難儀してるのに、さらにでかいタイヤを?

自棄になってX:ID用ラジアルタイヤでも買おうかと思ったけど思いとどまり、今日はここまで。
セッティングの煮詰めはゴールが見えてきたけど、もっと根本的なところでまた
スタートラインに戻ってしまった。今度はタイヤ探しか。地味に金掛かるなあ(痛

帰りにラジ天名古屋に寄ってみたけど、M用のめぼしい食いそうなタイヤは軒並み売り切れてた。
みんな考えることは同じなのだろうか(違

とりあえず、アレックスのショートスプリングを買ってみたけど、どうしようかな、これから。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-11-25 20:48 | らぢこん | Comments(5)
2007年 11月 19日

新型シェイクダウン

時間も微妙だったし準備もほとんどしてないし、どうしたものか迷ったけど、
とりあえずドリラン行ってみた。

現地に着いて店を広げて、てきとうだったアライメント調整からスタート。
車高がえらいことになっててびびる。ハイトゲージ突っ込んだらそのまま通過してしまった。
フロントの車高が10ミリ以上ある。慌ててプリロードを減らすが、調整範囲の限界まで下げても
まだ8ミリ近く車高がある状態。京商ばね長すぎか?
仕方なく、リヤを上げることでバランスを取る方向へ。前後7.5ミリくらい。特設タイル用セットみたいだ。

走り出してみると、まずその直進性に驚かされる。旧型はストレートでも気が抜けないけど、
新型はトリムさえ合ってればすごい気軽に握れる。

一発目だし、巻き巻きのぴくぴくなのを覚悟していたけど、むしろアンダーな車だった。
旧型は握れないとぴくぴくで怖い車だったけど、これは握っても握らなくても一貫したアンダー。
相当ラフなスロットル操作をしてもまず巻かないので、がつんと振り回すようにすれば
けっこうよく動く。速くは無いけど普通に走るには問題ない程度の運動性はある。

2パック目はキャンバーを若干減らして(前後-3度→-2度)、リヤの車高を若干上げて、
気持ち運動性に振る方向で。しかし実際はほとんど変化を感じず。
楽だし安定してるけど、旧型のような脳味噌から気持ちいい汁が出てくる感じには遠い。

3パック目はフロントのリバウンドを殺しつつ若干車高を落とし、電池トレイをひっくり返して
前寄りに、さらにタイヤをいかにもだめそうなRP36にしてみた。
走り出すと、モーターは回ってるのに車がほとんど前に出ない。合わないとか食わないとか
そんなレベルではなく、まるでドリフトタイヤみたいだ。これはさすがにあんまりなので、
タイヤだけ元のラーメンソフトに戻してみた。かなり車の動きはシャープになったが、
ちょっと嫌な感じだ。それでもまだアンダーで、巻くような気配は微塵も無い。

やっぱり10度のCハブの安定効果は絶大、という事なのだろうか。
7度や4度のCハブでも試してみたかったけど、持ってきてなかった。今回はここまで。
旧型も持ち込んだけど、結局一度も走らなかった。

シェイクダウンとしては出来すぎなくらいの走りだった。旧型も最初はもっと怪しかったし。
いかに安定させるかの勝負だと思ってたので、この展開は予想外。でも望むところ。
試してみたいことはまだいくらでもあるし、こりゃ将来楽しみだ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-11-19 00:36 | らぢこん | Comments(3)
2007年 11月 18日

ボディ完成

e0034693_1334150.jpg


なんとか日曜にシェイクダウンできんかな、と慌ててボディを塗ってみた。
慌ててても慌てなくてもやっつけなのは変わらないので仕上がりにも変わりは無い。
ちなみに奥のが旧型。ボディ被っちゃうとわかんないけどホイールナットの色が違う(どうでもいい

ウイングはアルティマ用の余り(たぶんまだ結構ある)から作ろうかとも思ったけど、
面倒なのでとりあえずノーマルで。気が向いたらまた換えるかも。

ちなみに、後側の穴位置はほとんど変わらなかった。前方向と内側にそれぞれ数ミリくらい。
ルーズに開ければほぼ誤差で収まる程度。前側はけっこう違うので要空け直し。

うちでは一つのボディをいろんな車に、という使い方をすることはまずないので、
ボディマウントの仕様がばらばらでも実際そんなには困らないけど、
やっぱりスケールボディ派の人には不便だろうなあ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-11-18 13:22 | らぢこん | Comments(0)
2007年 11月 15日

先日、職場のえろい人にガンダムSEEDのDVDを借りたので見てみた。今さらだが。

当時から傍目には叩かれてるとこしか目に付かなかったけど、実際見てみると、
正直、なんでそんなに叩かれてるのか理解できない。充分面白い。

文句のつけどころとかつっこみどころはまぁ皆無ではない。が、そういう目で見るなら
初代だって相当なモンだと思うんだが。こんなもんじゃね?

なんでそれがガンダムなのか、というのがよく解らない作品が増えてきて、そんな中で
ガンダムであろうとする心意気みたいなモノには共感すら感じる。
作中ではほとんど「ガンダム」という単語を使わないのには奥ゆかしさも感じるが、
予告編で「なんたらかんたらでどうにかしろ、ガンダム!」といちいち言うのが台無しか。

主人公の感情や行動に概ね共感できたのも大きかったかもしれない。
わけのわからんすね方をしたり、理解不能な行動を取ったりする事がほとんど無かった。
事前のイメージで一番不安だった点でもあるが、いい方向へ裏切られた。
良し悪しというより、単においらに合ってただけかもしれないが。

序盤からカンに触ったのはフレイの存在。ただひたすらいつ死ぬかだけが楽しみだったが、
ウザさが臨界点を突破した瞬間(種が弾けるイメージ)俄然面白いキャラになった。
以降、何かやらかす度においらの顔には嫌な笑みが浮かんでたんじゃないかと思う。
終盤捕虜になって大人しくなってからはつまんなくなっちゃってがっかり。

個人的にはこんなのが赤毛ポニテなのが大変に不満(やかましい
あと、ハロは最後の最後までうざかった。


で、今度はデスティニーを借りてきて見始めた。今2話くらい。

大筋で前作と直結の流れだけど「敢えてこうしたのが好印象だった部分」が
軒並み逆方向に変更された様子で戸惑いを隠せない。
わざわざばらばらで発進して前線で合体するインパルスを見た後だと、
戦闘中に換装するストライクに「無茶な!」と思ってた自分がかわいく思えてくる。

この印象がどう動くのか、動かないのか、さらに落ちるのか。お手並み拝見と行こうか。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-11-15 23:35 | ひとりごと | Comments(5)
2007年 11月 14日

ロールアウト

というわけで、車体部はメカ積みまで含めて全て完成。あとはボディ塗るだけ。

e0034693_20571925.jpg


素のまんまだったフロントのアルミポスト(何用かは不明。たぶんZX-Sあたり?)を
自前偽アルマイトに。非常にうまくいって本物と並べてもまったく判別が付かない。
おかげで、並んで立ってるバッテリーポストのいんちき臭さが強調される形に。

e0034693_2151752.jpg


フロントダンパーが前傾気味だったのを補正。ウレタンバンパーはランチアストラトスと
干渉するのでカット。カッターなどでしこしこ切ると切り口が汚くなるので、できるだけ
大きな刃で一気にざっくり切るのがいい。今回は包丁を使用。

e0034693_2114323.jpg


右側メカトレイはアンテナポストを共締めしてるが、左はナットだけというのも寂しいので
こっちにはカワダのトランポホルダーを付けてみた。自前偽アルマイト。
アンプはアレックスの赤ヒートシンクをつけてえらそうにしてるが、中身はVFS2。
この車に赤と黒以外の線を使いたくない、ということでモーターマイナス線も黒にしてみたものの、
振り分け電池の青い線で台無しになってしまった。くそう、シャンテでくっつけてやる!

e0034693_21142680.jpg


受信機はスペクトラムにしようかとも思ったけど、恐らくシェイクダウンでは旧型と交互に
走り比べるカタチになると思うから、1個しかないスペクトラムよりも2個あるシンセの方が
載せ換える手間が無くていいだろう、という判断。赤アンテナポストはアレックス聖。

e0034693_21181599.jpg


独自仕様のリヤダンパーステー。旧型を最初に組んだ頃から、すごいスペーサーを噛む
ダンパー取り付け部が気になっていたのを、バッテリー押さえ基部と分離させて
バルクの後に取り付けるカタチに変更。単に分離しただけではなく、バルクの形状と
きっちり同じアールの処理を施されたダンパー押さえ基部や、フロントダンパーステーと
共通したラインに改められた新リヤダンパーステー等、い○い製作所の職人芸が光る。

e0034693_2132316.jpg


サイドステフナーが排されて意味を失ったバルクのサイド部の張り出しは、再利用として
ボディマウントステーに。なんとなく広坂パパ版スタリオンっぽい?

全てが綺麗に収まって大成功!と思ったら、リヤダンパーステーを外さないと
そのすぐ下のミッション固定用ねじ2本が外せないことが発覚。惜しい。
まぁミッション降ろすのなんてそう頻繁にすることじゃないし、ねじ6本が10本に増えただけ。

さぁ、ボディ塗らなきゃな。どんな走りをするのか楽しみだ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-11-14 21:36 | らぢこん | Comments(4)
2007年 11月 11日

ひさびさのレース

朝、目覚ましが鳴って朦朧とした状態で、すごい雷の音&降りだす雨の音が聞こえてきて、
これはもう無理だろ、と思いながら意識が途切れて、気付いたら7時半だった。
ダメ元で荷物を車に積み込んでいると岩さんから連絡。あっちは空は晴れてるものの
路面が絶望的でこりゃもう駄目でしょ、との事で、とりあえず準備も中断。

さてどうしたものかとうだうだしてたら、また岩さんから連絡。どうやらやるっぽい。まぢか!
代理エントリーをお願いして荷物を積み込み、いざ豊川へ。

11時くらいに到着。予選1回くらいは終ってるかと思ったら今から始るとこだったらしい。セーフ!

スペクトラムのセットアップをするときに電池も積んだままだったので、即走れる状態。
あわててポンダーの穴だけ開けて出撃。土の上を走るのは半年以上ぶりか、と思ったけど
よく考えてみればあひるで走ってたか。でもあれはタムギアだしなあ。

ほどよく湿って大変具合の良さそうな路面は、実際はちょっと湿りすぎで、タイヤがすぐに
泥スリックになってしまう。コーナーでぜんぜんインに付けないけど、巻く感じも無く、
まぁこんな感じかなあ、と。直線はあきらかに他の車より遅いが、ギヤ比なのか、
モーターなのか、電池なのか、思い当たる節が多すぎて対処に困る(弱

1年近く前に刈谷で何度か走っただけのZX5にミドルアームを組んでどう変わったのか。
条件も違えば人間の記憶自体あやふやなので正直さっぱりわからない。

コーナーから長い直線まで、ジャンプで飛んでる間以外のほぼ全てがウォッシュボードのような
路面で、特にストレートエンドのスピードの乗ってる状態でステアリングを切るのが怖い。

ジャンプもどう飛べばいいのかさっぱりわからない。何やってもダメなわけではないけど、
次に同じようにやったつもりでもだめだったり。ちゃんと飛べたと思っても着地で足を取られて
へんなコケ方をするのが目に付いた。人間がダメなのは当然として、それだけなのか?

走り終えて、泥スリックになったタイヤを水洗いしてると、フロントタイヤがかなり剥がれてるのに
気付いてしまった。ジャンプの不安定はこれが原因なのかもしれない。
乾いてから貼り直そうかとも思ったけど、剥がれたリムに泥が詰まってるのを見て
貼り直す気が失せたので、何か他にてきとうなフロントタイヤが無いか探す。

が、4駆のフロントタイヤがぜんぜん無い。ホールショットとかあったはずなのにどこ行った?
唯一、恐らくZX-Rあたりで遊んでた頃から残ってるインナーすら入ってない32があったので、
前後32で行く事にした。まぁ、なんとかなるでしょ。

タイヤだけ換えた予選2発目。ホールショット泥スリックよりは全然食う。小回りのコーナーも
さくっとインに寄れるし、すごい楽。ただジャンプが相変わらずぼろぼろなのでタイムには
あまり影響しなかった。最後にはリヤのボーンが外れてのろのろでゴール。

タイヤはこれでよし。ボーンが外れたのはリバウンドがありすぎてサスが伸び切ってしまうので、
本来ならダンパーを組み直して長さを詰めるところだけど、面倒なのでアーム側の固定位置を
一番内側から真ん中にしてリバウンドを減らした。ピニオンは1枚上げて、モーターも
コミュ研してもらったので直線はなんぼかマシにはなるはずだ。
前日充電のくたびれGP3300で最新電池にどこまで食い下がれるか。

決勝はBメインの下から2番目。が、スタート直後の混乱に乗じていきなりトップに。
すぐに速いのが迫ってきてあっさり2位に落ちるものの、直線以外は意外といい勝負で、
終始抜きつ抜かれつを繰り返して、すげぇ楽しかった。これがレースだよなあ。
最終ラップで、ジャンプに失敗したおいらが後ダンパーステー付け根を砕いて終了。
ゴールはできなかったけどそれでも2位だった。上出来。

ジャンプの飛び方も最後の方になってやっと解ってきたのに、残念。

スペクトラムは少なくとも今回はまったく不審な挙動は見られなかった。
登録したプロポ以外と混信することがないので、車体側のスイッチを先に入れても
全然平気だし、思った以上に使い勝手はいいかもしれない。
アンテナの無いプロポにはまだかなり違和感があるけど、そのうち慣れるでしょ。

直前までばったばたでろくに準備できなくて、カメラどころかテーブルやスペアパーツ箱まで
忘れてくる有様で、次回は用意くらいはびしっとしていきたいのう。

それにしても、レースはやっぱり楽しい。
サニーランドも来年は不定期ではなく偶数月の第二日曜の定例になるらしいし、
ちょっとは真面目に頑張ろうかな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-11-11 23:30 | らぢこん | Comments(0)
2007年 11月 11日

24部隊

飲み会より帰還、充電開始。

ちなみにさっきのを書き始める前に天気予報を確認したら20%くらいの晴れ/曇りだったのが、
送信ボタンを押してから再度確認したら50%の雨になっていた。これも雨乞いなのか?(血涙

釈然としない気分のまま受信機を載せて車体側は一応完成。
受信機というか、新しく買ってきたアレだ。

e0034693_23451296.jpg


サンワもJRもまだ店頭では見かけないし、KOなんざ来春予定なので、フタバが一番乗りか?
何の事前情報もないので、普通に出回ってるのか品薄なのかはわからない。が、

「今買っとかないとボーナスが出る頃には品薄で入手困難かもよ?かもよ?」

とゴーストが囁くので買ってしまった。恐らく受信機は一番高くてでかいフタバだが、
モジュールとのセットはアリスで1万7千ちょい。個人輸入等でスペクトラムを買うと
3万くらいしたのと比べるとかなり現実的。

受信機は、シンセと比べると横幅が微妙に(1ミリくらい)小さいが、アンテナ部分の
不自然なでっぱりのおかげで全然コンパクトではない。搭載に悩むほどでかくもない。
驚くべきはそのアンテナ線の長さ。短いとは思っていたけど、本体から伸びた10センチ
くらいの若干太い線は「同軸ケーブル」で、実際正味の「アンテナ線」はその先の
3センチくらいの細い線だけ。実際無線LANとかのアンテナのサイズを考えれば
そんなもんか、と思えなくもないけど、従来の受信機と大差ない筐体から伸びた線が
たったこれだけ、というのは大袈裟でもなんでもなくカルチャーショックだ。

モジュール側も、無線ルータに付いてるのと似たようなアンテナで、使うときの取り回し
だけじゃなく、3PKの数少ない欠点の一つ「収納時にアンテナが邪魔」が改善されるのも
地味にうれしい。あとは元々のアンテナ穴をどう処理するか、追々考えよう。

気になるのは、モジュールにあるダイヤル。シンセのバンド選択ダイヤルと似たタイプで、
デフォルトで0、8にすると海外仕様になるらしい。元々のスペクトラムと国内仕様の違いは
電波の出力だけ(桁が違う)らしいので、ダイヤル一つで強力電波で大会ぶっちぎりな
ヒミツ兵器になるのかもしれない。もしかしたら、認可を得るために出力を抑えざるを得なかった
けど、実際はこれくらいパワーないと使い物にならないからこっそり上げてね、みたいな
裏事情があるのかもしれんね、とゴーストが囁いてた。ゴーストの言う事なのでアテにならんけど。

実際どうなのかは、まぁ、使ってみるしかない訳で。

明日晴れるかなあ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-11-11 00:24 | らぢこん | Comments(3)
2007年 11月 10日

とりあえず完成

とりあえずダンパーもボディも作って走れるカタチに。

e0034693_17284272.jpg


ちなみに、横の写真もついでに張り替えようと思っただけで、RB5の方はまったく触ってない。
ただ並べてあるだけ。こいつも走りっぱなしで半年以上放置されてるし、メンテしないとなあ。

前回どういうセットでダンパー組んだかなんて当然忘却の彼方な訳で、
バラして出てきた泥混じりの液体の番手は判別不能。ピストンは削り出しの3穴が付いてた。
たぶんレイスピードだな。ノーマルの3A相当、と思ってていいんだろうか?
とりあえずピストンはそのまま、オイルは前40/後35(アソシ)を入れてみた。メモメモ。
ちなみに仕上がりはいまいち。引きで組んでるけど綺麗に戻ってこない。
しかし、その綺麗に戻ってこない具合が左右で概ね均等なのはある意味絶妙(微妙
ばねは前#60(オレンジイエロー)/後#68(青)で、狙ったわけじゃないけどボディカラーと同じ。

あと、受信機載っけてニュートラル出さなきゃいけないんだけどな。ぜんぜん完成じゃないやん。
天気はなんとかなりそうだし、充電もしなきゃいかんのに、今から職場の飲み会。

まぁ、なるようになる、か?
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-11-10 18:12 | らぢこん | Comments(0)
2007年 11月 09日

メンテは雨乞い行為なのか?

答えろ神!(逆上

というわけで、なんか週末雨っぽいですが(血
だからってバラしたまま放置するわけにも行かないのでメンテ続行。

とりあえず、後足換装完了。特に意味は無いけどついでにフロントのアームも新品に。
目新しい新機構があるわけでもなく、同じ構造のまま形状が若干変わっただけなので
特に悩むことも迷うことも無いんだが、それにしても付属マニュアルそっけなさ過ぎんか?

しかし、肝心のダンパーだが…どうせなら使う直前にオイル入れたいと思う乙女心。
さらに、SPコンバージョンとベルベットコートシリンダーを買えばバラさなくても
まるまる一式ダンパー組めるんじゃね?とか考え出すと…キリがない。

ちなみに、おいらがラジコンの作業で嫌いなのは1番がアンプの半田付けで、
2番がターンバックルの組み立て、3番目がダンパーの組み立てだったりする。
なんか最近やたらターンバックルとダンパーを組んでる気がするんだが。

仕方ないので、腹を括ってダンパーを組む事にする。明日な。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-11-09 23:30 | らぢこん | Comments(0)