神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 26日

いろいろ交換

先日ハンドルとか直したときについでに頼んであったネジ類が入荷したとの事で、
レッドバロンに交換に行ってきた。

もうすぐ5歳になるうちの子だが、フロントのブレーキディスクを固定するボルトを交換するのは
これが2度目。「海辺にバイクを停めたら錆びる」と嘉門達夫も歌ってたけど、
全体的にはネジ以外はそんなに錆びてない。
ネジ類はほぼ全て多かれ少なかれ錆びてて、特にディスク固定ネジが顕著。
よりによって走行中に腐って落ちたらいちばん危険な部分だと思うんだが(怖

見た感じ、強度的にはまだ支障なさそうだけど、もっとあからさまに腐って、外そうとしたら
頭が崩れるようになるとまたいろいろ面倒そうだし、せっかくなので早めの交換を決意した次第。

…が、すでに錆びて固着していたらしく、「外れないからもうしばらくお待ち下さい」と
わざわざ途中で報告に来てからさらに小一時間掛かった。

そして、タイヤを交換するために江南のビーグルまで走る。
おいらは一応FZ400のノーマルタイヤ時代からダンロップ派なので、
今回もダンロップの新型ROADSMARTにしてみた。
ちなみに今まで履いてたD220に換えたのが確か2003年の今頃。
その少し後に後継のD221が出て、ROADSMARTはそのまた後継。

4年も履いてた割には(中央部以外は)そんなに減ってないD220だったが、
ホイールから外す作業中のおやっさんの一言

「かってゃー(硬い)」

経年劣化でずいぶん硬くなっていたらしい。新しいタイヤをはめる時は

「やらきゃー(やわらかい)」

別にやわらかいハイグリップタイヤに換えた訳ではないんだが、実際それくらい違うらしい。
あんまり走ってないけど年数だけは経ってる、という人は交換も考えた方がいいと思う。

とりあえず、皮むきも終ってないタイヤなので普通にゆっくり走ることしか出来ないけど、
ちんたら走る分にはD220との違いはほとんど感じられなかった。
ノーマルのメッツラーME-Z4からD220に換えたときは、ちんたらでもはっきり解るほど
あからさまに動きが変わったけど、さすがに同メーカーの同カテゴリの後継では
そんなに明らかな違いは出ないか。
たぶん、限界性能は(賞味期限切れの)D220よりは全然高いはずだし、
正直あまりかっこよくなかったD220よりはスポーティなトレッドパターンも好印象。

少しふらふらするのが気になるが、これはタイヤではなく頭痛が原因だろう。
なんだか熱っぽいし、とっとと寝ることにしよう(弱
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-05-26 21:00 | バイク | Comments(0)
2007年 05月 24日

修理

GWに死んだVFS1コンペと、ZX5のシェイクダウンの時(1年以上前)に死んだサーボを
まとめて修理に出した先々週の日曜くらいなんだけど、修理内容の連絡がKOから直接来た。

VFS1コンペは内部に異常は無いらしく、どうもスイッチが壊れただけのようだ。
触った感じちゃんとちきちき動いてるように見えたけど、実は死んでいたらしい。盲点。
でもまあ、このシリーズのスイッチは特殊で、他のてきとうなスイッチと交換するのは
無理っぽいし、まぁ結果オーライということで。

サーボも内部に異常は無いらしく、コネクタのピンがおかしくて接触が怪しかったのが
原因っぽい。きちんとは刺さらなかったけど接触はしてるからいいかと思ったらだめだった。不覚。

結局、スイッチやらコネクタやらケースやらのいかにもやっすいパーツの交換と工賃、
ということで全部で3千円でお釣りが来る模様。素晴らしいね!

というわけで、急遽導入してまだ配線もしてないこいつも、急ぎの用は無くなった。

e0034693_2254675.jpg


どうしたもんかな?
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-05-24 22:06 | らぢこん | Comments(2)
2007年 05月 20日

ホビーショー

e0034693_2011779.jpg


というわけで、行ってきた。
去年は駐車場が無くて死ぬほど大変な思いをしたので、今回は早めに到着。
ツインメッセの駐車場に停めれたのって何年ぶりだろうか?

しかし、入場前の行列は強烈で、やっぱりどうも年々酷くなってるっぽい。
昔は朝イチに行けば、ざっと一通り回るくらいまでは空いてて、2周目で混みはじめる、
くらいだったのが、半分も見ないうちにもう帰りたくなるくらい混んでくる。
モデラーズギャラリーも、昔は会場が混んできてから見に行ってもゆったりだったのが、
一通り会場を見てからだともうコミケ会場くらいの人口密度になってる。人がゴミのようだ。
とうとう今回はモデラーズギャラリーには一歩も入らないまま会場を後にした。

来年以降もどんどん酷くなっていくんだろうか?

模型業界が盛り上がってるならそれはいい事だとは思うけど、正直そうは思えない。謎。

今回は「これは!」というような目玉は個人的には無かったけど、見てきたのをいくつか。


タミヤ:

・タムテックギアGB02バギーチャンプ

これはかっこよかった。全体的なフォルムはやっぱり今風で、シルエットで見たらきっと
全然似てないと思うけど、あのフロントサスの存在感と説得力が全てと言っていいだろう。
触ってみたけど、実際のサスアームの長さよりも有効長が短く、それでも大きな角度で
大きくストロークするので、純粋なサスペンション性能は恐らくGB01のダブルウィッシュボーンに
遠く及ばないだろう。だが、それがいい。

・タムテックギアGT01フェラーリ288GTO

e0034693_2042272.jpg


待望のオンロードタムギア第2弾。第1弾がこれならたぶん買っちゃってただろう。
しかし、おいらはポルシェは嫌いだけど、このへんの古めのフェラーリも嫌いじゃないけど
そんなに好きでもなかったりする。出たときのインパクトが薄れた今では、買うほど
欲しいとは思えないかなあ。余裕があったら。でも余裕なんてあるわけないしな(弱

・TA05IFS

e0034693_20442132.jpg


へんてこサスのTA05。
サスを押してみたらほとんど動かなくて一瞬焦ったが、持ち上げてみたらだらんと下がった。
プリロードが不適切で車高がぜんぜん取れてない状態だった。
横にあったオプション仕様のはそれなりにまともに動いてる(ように思えた)ので、
流石にそんなあからさまにダメなわけでは無いっぽい、が、どうなんだろ?実際。

e0034693_20485859.jpg


しかし、絶対出るだろうと言ってた青クランクだけど、キット発売前から発表されるとは
思ってなかったのでちょっと驚いた。最新のタミグラN1仕様(?)のTRFサトシ車。
さすが、N1でも容赦ねぇな。

・TA05MS

あー、そういえばちゃんと見てないや(弱

・ホットショット(2007)

タミヤ再販路線久々の大物。センターシャフトやドッグボーンが普通のタイプに置き換えられて、
ダンパーの内部構造が今時の物に、アンプ仕様だけどデザインの関係上セメント抵抗の
ヒートシンクだけが残されたり等、妥当で現実的な変更点以外はほぼ当事のまんまっぽい。
今見ると異様なオーバルブロックタイヤもそのままだけど、オプションの六角ハブで
現行のタイヤも履ける。でもこっちの方がやっぱり異様に見えるな。
ちなみに、今後のタミグラではワンメイクではなくDF03と混走の方向で使用可能っぽい。
マンタレイやDF02すら出れないクラスにこれを放り込むのもどうかと思うが。


京商:

・レーザーZX5RTR

現役で頂点を狙えるレーシングバギーのRTRモデル、という意味では画期的だけど、
ZX5ってRTRとはかなり相性悪いんじゃないかと思うけど、大丈夫なのか?
フルアルミのセンターマウントやリヤユニバ(!)等、一部では本家をも上回る装備を
持ちつつ、思い切った戦略的な価格設定。
それでも、RTRを求めるユーザ層の多くには「たっかいグラベルハウンド」ぐらいにしか
見えないんだろうなあ、と思うとやるせない。

・TF5スタリオンSHIN

…素のスタリオンがどうだったかよく知らないので、正直どう変わったのかわからない(弱

ていうか、今このタイミングで出てくるべきなのは「レーザーZX5SHIN」だと思うんだけどなあ。
夏にはもう世界戦なんだし、とりあえずフルオプションの赤いZX5、程度でもいいから。
それとも、今さら中途半端なエボリューショナルモデルを出す意味も無いほどに
劇的に変化(電池位置とか)した新型が控えてるんだろうか?


サンワ、フタバ:

揃って2.4GHz帯への対応を仄めかす参考出品があった。
特にサンワはM11シンセの発表直後なのに、大丈夫なのか?
どちらも本家スペクトラムと同じようにモジュールから直接短いアンテナが生えるカタチだが、
モジュールを持たないMX-3クラス(?)にも対応機種が出るようで、これは思ってたよりも
早い時期に出てきて大規模展開されるのかもしれない。
実現したら、ラジコン業界としてはナローバンド以来の大革命になると思う。


カワダ:

タムテックギアGT01をワンベルト4駆(!)にするコンバージョンが出ていた。
コンバージョンと言っても、流用されるのは足回りとバンパーくらいで、
ほぼまるごと1台に近い内容。青いアルミとカーボンのカタマリはタミヤちっくで、
遠目に見たらTA05MSあたりに見えるかもしれない。
かっこいいとは思うけど、ここまでする必要のある車とも思えないんだけどな。
これが一発当たることがあれば、また時代が動くかもしれない。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-05-20 21:37 | ホビーショー | Comments(3)
2007年 05月 16日

死ごt

言わんこっちゃない。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-05-16 22:00 | ひとりごと | Comments(0)
2007年 05月 12日

死事

今週から職場の新システムが稼動。

………
……


言いたいことは色々あるが、要約すると「言わんこっちゃない」の一言に尽きる。

従来のシステムがほぼ100%の限界で運用されてたのを、BrokenThunderにも匹敵する
未完成システムで回せる訳が無い。

でもまぁ、初日こそ死にそうに忙しかったものの、2日目以降はそうでもない。

システムのあまりにもあんまりだった部分が改善されただけで、それでもまだ問題山積みで
旧システムの能率には届いてないんだけど、仕事量そのものが減ったのが大きい。
これも、初日のあまりの酷さに懲りた客先が仕事量を減らしてきたのかもしれないけど、
実際はおいらの関連する以外の部分が混雑しすぎて、慢性的な渋滞でこっちの仕事に
スムーズに流れてこなくなってるのが大きいような気がする。

というわけで、体は思ったほど辛くはないけど、不慣れな上にやりかたがころころ変わる
作業内容や、改善点の洗い出しなどで時間が取られるので、精神的にきついし帰りも毎日遅い。

今日は月イチの病院なので休みだったが、明日からは当分日曜以外の休みは無い。

早く落ち着いてくれんかなあ、誰かが倒れる前に。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-05-12 01:50 | ひとりごと | Comments(0)
2007年 05月 05日

ホビーショー

さて、例年は土曜日に行ってるホビーショーだけど、おいらはどうも今回は休み取れないっぽい。
のぼるさんに聞いてみたら、のぼるさんも今回は土曜だめっぽい、ということで、
日曜日(20日)に行く事に決定。

ということで、行く意思のある人表明プリーズ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-05-05 10:59 | 告知 | Comments(4)
2007年 05月 05日

落雷→炎上

ちょうど発売日だったし、高橋行く前に寄ってって買おうかな、とナビでとらのあなを検索したら
最寄が大阪と出た。名古屋にもあるはずなのに、この一応最新のナビには入ってないらしい。

というわけで、結局買わなかったBrokenThunderだが、どうやらすごいらしい。

ある程度駄目なことは誰もが覚悟していたはずなのに、それを遙かに下回る出来らしい。
あれだけ好意的だったmixiのサンダーフォースコミュでさえ悲鳴と怒号と嗚咽が飛び交っている。
見に行ってないから知らないけど、たぶん2ちゃんとかすげぇんだろうなあ。

動画を見て納得。これにゴーサインを出せるほど寛大ならもっと納期を延ばしてくれてもよさそうなのに。
大人の世界って不思議だ。

映像的には、解像度以外の全ての面でTFⅤに遠く及ばない。
ゲーム性に至っては、TFシリーズ全て、というか市販ゲームのレベルに達していない。
X68k時代の同人か、PCエンジンのクソゲーあたりが比較対象に丁度いい感じ。
TFⅤの2面冒頭とか、グラディウスの空中戦を延々やる感じだろうか。
1面ボスなんて、TFⅤラスボスを先行者で表現した悪質な冗談のようだ。
やられると恥ずかしそうにすぐに画面外に消えていくのも、開発者の素直な心境なのかもしれない。

製品ディスクにこっそり置いてある言い訳.TXTによると、時間が足りなかったから
今後ネットを通したアップデートで対処していく、との事。そんな事をそんなとこで
こっそり書くこと自体論外なんだけど、「当初の構想の1/3も盛り込めなかった」ということは、
仮にこれを4倍にしてもまだTFⅤには届かないから、その程度なのかも。

…やってもいないのにあんまりボロクソ書くのもあれだけど、あまりのあれ具合に、
買ってでもいろいろ言いたい気がするのは、もしかしてそういう商法なのだろうか。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-05-05 10:51 | ゲーム | Comments(0)
2007年 05月 05日

久々の高橋

ひまひまだと思ってたGWも、なんだかんだで結構忙しく、結局大した準備はできなかった。
リアルVAN仕様だったTA05のボディマウントを元に戻し、モーターも540からカワダVT23Tに。
サーボは悩んだ末新たに買ってきたS9550に積み替えることに。

TA05はサーボの耳を切る必要があるので、早速ニッパーで。

「ぶち」「ばき」

半分切ろうとしただけなのに、残したい穴の半分ぐらいまで一気に割れて血の気が引いた。
もうサーボケースを買いに行く暇もないし、行ったとしても売ってる保証もないし、途方に暮れる。
結局、開き直って、ちぎれかけてぶらぶらしてる破片を無理矢理残してサーボステーをねじ止め。
まぁ、大丈夫だろう、たぶん(不安

通常(より若干大きめ)サイズの2343だとホントにギリギリの搭載だったシンセ受信機も、
S9550だと超余裕。薄型サーボって素晴らしい。スピードは若干眠いけど、
元々スピード殺して使ってたおいらにはあまり関係ないし。

あとは、紛失してたヨーロピアン→タミヤコネクタの変換を作って、サーボのニュートラル出して終了。

本当はアンプもVFS2に載せ換えて、異常にガタのあるCハブ周り(ちなみに最初から)を
交換して、ダンパーも組みなおそうと思ってたけど、結局手付かず。

久々の高橋はえらく盛況で、道路脇は車を停める隙間も無いほど。全盛期でもおいでん以外で
こんなに混んでるのを見た覚えが無い。奥の駐車場に見覚えのあるジータが停まってたので
その隣へ。もれのさんはすでにある程度走り終えた後のようだった。

早速走り始める。こんな混んでるときは27MHzシンセは最強の武器だ。
てきとうに(控えめに)つけたピニオンが小さすぎたようで、伸びないし転がらないしギクシャクする。
2~3周してさっさと引き上げてピニオン交換。64ピッチだし、思い切って3枚上げる。
これでスムーズに走れるようになったが、挙動が変にシビアで難しい。
どうもこの気温だと28Rはやわらかすぎるようで、食わない訳じゃないけどずるずる行く感じ。
32Rあたりが妥当なんだろうけど手持ちに無い。貼ってない36Rがたまたまあったので、
せっかくだから貼って使ってみる事にした。

走り出して、インフィールドでいきなり巻く。うわ、さすがにこりゃ硬すぎたか、と思ったけど、
びしっと安定してる。無理が効かないけど、無理しなければ抜群の動き。好感触。
しかし、ここで1パック目が終了。

よし、次からは猿になるぞ、とニヤけながら電池交換してるとこに久々ののぼるさん登場。
久々なのでいろいろだべりつつ、PRO2持ってきてたから走らせるよう煽る。
しかし、PRO2自体すごい年代物なのに、載ってるアンプがさらに凄かった。CX-7て(汗

もれのさんのTCも久々に見たけど、基本レイアウトは現行主流と大差ないはずなのに、
足の付き方とかにすごい時代を感じた。でもちゃんと普通に走るからすごいよな。
こんなに涼しいのにやたら止まるP12と、デフは直したほうがいいと思うけど(汗

3人揃ってスタート。気持ちよく飛び出したおいらはストレートエンドの高速コーナーで
軽く飛んで、そのまま意識を失った。またスイッチが切れたか線が外れたか、と思ったけど
見た感じ、どこにも異常が無い。またバラセルのシャンテが外れたのかとも思ったけど違う。
考えたくないが、どうもアンプが突然死したっぽい。
片足もげたショッキーがどこかとショートしたんだろうか。
「逆接とかで壊しても修理不能です」みたいな事がパッケージに明記してあるVFS1コンペだし、
修理して直るのかどうかも怪しい。

あぁ、また余計な出費が(頭痛

結局、おいらはここで終了。7パックも充電してきたのがまずかったのか(反省

のぼるさんのPRO2はさすがにスポチュンでは辛そうだったが、これはこれで
ドノーマルXBのTT01に勝つための大人げなさマキシマムな車だそうで、
もうちょっと大人になろうよ、もう2児のパパなんだから。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-05-05 10:20 | らぢこん | Comments(0)
2007年 05月 03日

らぢまが

そういえば「(メーカー)大特集!」はもう終ったのな。
ホビーショー直前ということでそっちネタがメイン。

TA05IFSはリバサスが標準らしい。また中途半端な、とも思ったけど、よく考えたら
単にプッシュロッドの取り回しに都合がいいだけなのかという気もしてきた。

気になるのはCハブが変更されていて、アッパーアームのボール位置の微調整が可能に
なったっぽい事。写真を見る限り、若干肉厚が増した程度で構造は何も変わってないようにしか
見えない。TA05MSも同じっぽいので今後はこれが主流になるのかも。
出たら買って確かめてみよう。もちろんCハブだけな。

TA05MSはモーター位置が若干後に下がったらしい。
これで前後ベルトが等長じゃなくなって、TA05のアイデンティティが一つ消えたカタチになる。
また、テックのコンバージョンみたいに思い切って後に下げた訳ではなく、パッと見わからない
程度に微妙に後にずれただけなので、元々微妙だったメカ積みスペースがさらに微妙に。
従来の位置(モーターの後)にアンプを置くのはかなり難しそう。
モーターの前に最近の415のようなアルミのエアインテークが付いてるし、
さらに片持ちセンターシャフトを支える部分が出っ張ってる分さらに邪魔そう。
これよりさらに狭いはずのお大尽ポルシェってメカどうやって積んでたっけ?
バスタブじゃない(=シャーシ枠に必ず収まっている必要は無い)からなんとかなるのか?
板シャーシが全ての面で優れている、とは思わないが、あの邪魔臭いモーターガードが
無くなったのはちょっといいかもしれない。

タムテックギア・バギーチャンプは、本当にフロントサス以外は何も変わっていない様子。
だが、そのフロントサスが尋常じゃない。ダブルトレーリングのくせにF201やジェネティックのような
ボールコネクト式(確かに一応元ネタもボールコネクトではあったけど)で、トレッドや
キャンバーまでいじれるらしい。ホイールアクスルもリヤと共通じゃない専用っぽい。萌え。
フレームまで共通ってことはたぶん現行GB01にもボルトオンできそうだし、
どうせ最初はフルセットでしか売らないから、買うならバラかなあ。

京商の目玉は1/12GPレーシング。先月CAD画像で出てた奴。
実際カタチになってみると…良くも悪くも、とても21世紀の新製品には見えない。
まずボディ。デザインだけじゃなくカラーリングセンスまで20年前。
新しい提案なのかと思ってたけど、単なる懐古主義なのか?個人的には好きだけど。
フロント回りは元祖ファントムEP4WD以来の2枚の板でナックルを支持する形。
しかし、大径プーリーを避けるためか、このへんの形状が当事の様式美的にはダッサダサ。
まだ初期のプロトだからだと思いたいけど、もう少しおっさんを喜ばせるデザインにして欲しい。
リヤサスはさすがにエンジンユニットごとスイングさせるのに抵抗があったのか、
ダイレクトドライブのリヤアクスルのみをスイングさせる豪快な方式。
写真で見て想像する限り、こんなものがエンジンパワーを受けてまともに動くとは思えないので、
きっと想像以上の何かすごい仕組みになってるんだと思う。行ったらじっくり見てみよう。

あと、ついにM11にシンセが。今さらすぎてすっかり忘れてたので驚いた。
これ、シンセモジュール使用時はディスプレイに使用バンドが表示されるらしい。
現行M11でもモジュール交換だけでそうなるのか、ファーム書き換えが必要なのか。
同時に新型シンセ受信機も。型番からすると3チャンネルっぽいけど4チャンネルらしい。
見た感じ、サイズも変わってないっぽいし、値段もそのままっぽい。

まぁ、アウトラインは正直どうでもいい。問題は中身だ。
元々M8用シンセはあったのに、2年もかかってどう作り直してきたのか。
クリスタルでさえあれだけノーコンに弱かったのをどう対処したのか。
その結果次第ではまたふらふらとサンワに戻ることもあるかもしれない。

…まぁ、期待はしてないけどさ。


あと、JMRCAのツーリングの規定が変わった件とか。
スーパーエキスパートとかは正直興味ないのでどうでもいい。好きにやってくれ。
しかし「IFMAR準拠」「でも4セル」って、この時点ですでにすげぇ矛盾してないか?

最大の焦点は「23ターンはスタンドアップに限り進角調整可能に」という点。
ぶっちゃけ、実際の進角が大目に付くことが最大の武器で、それ以外はほぼデメリットしか
無かったレイダウンはこれで消え去る事になるんじゃないだろうか。
実際レイダウンのノイズや発熱による事故は結構問題視されていたらしく、
今後レイダウンは認可しない方向になるらしい。
それなら最初からレイダウン禁止にすりゃいいじゃねーか、と誰もが思うけど、
「告知期間などを考慮致しますと適切な措置とはなり得ませんので」との事。
要は来シーズンに向けて大量に買い込んじゃった人とかどうすんのさ、って事っぽい。

や、人ではなく、店、か?

ルール改正で定番だったものがゴミになるのはモーターに限った話じゃないし、
何を今さら、という気もするんだが、きちんと早めに根回ししておけば済む事じゃないのか?
やっぱりその場の思いつきで決めてんじゃねーの?という気持ちは拭えない。

大体、電池の進歩による行き過ぎたスピードアップが問題なのはスポーツマンも同じだと思うんだが。
これを気に進角固定なままでレイダウンだけ禁止にしてしまえば効果的にスピードを
抑制できるし、より混乱も少ないと思うんだけどなあ。
「速くなきゃやだ」って人は「じゃあエキスパート行け」でいいと思うし。

個人的には、ふつうに買ってきた23ターンが進角調整可能になるのは素直にうれしいけど、
ここまできたら、もう軸受けもベアリングでいいじゃん、とも思う。
今さらコストとか言っても笑い話にしかならないし、ねえ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-05-03 11:25 | らぢこん | Comments(3)
2007年 05月 03日

パンクだけでは済まなかったらしい

パンクしたバイクは、バイク屋に連絡して翌日取りに来てもらった。
そこで知ったんだが、購入時についてきたロードサービス200キロの券の有効期限は5年で、
買ったのが夏だったのでけっこう危ないところだった。

無効になる前に使えて良かったのか、こんなのを使うこと自体良くはねぇだろ、とか。

しかし、いちおうパンク修理道具は持ってきてるから直せるならその場で、という事に。
問題なく直ったので結局引き取りは無しということに。

その日はもう車で来てたので、どーやってバイク持って帰るかな、とか考えつつ、
しばらくそのまま職場に放置して、今日やっと乗って帰ることにした、のだが…

エンジンをかけて準備をしていると、近くの建物から職場の人(同じ作業着を着てはいるが
面識は無い)が二人くらい出てきてこっちに向かってきた。
一瞬何事かと思ったが、それまでにこのバイクに何があったのか説明しに来てくれたのだった。

・突風が吹いたときがあって、そのときに倒れたらしい。
・で、この人たちが助け起こしてくれたらしい。
・ハンドルバーが曲がってるが、それ以外に特に被害は無いっぽい。
・別にいたずらとかしたわけじゃない。

要約するとこんな感じ。とりあえずお礼を言ってそのまま出発した。
その後判明したのは

・サイレンサーもちょっと擦った跡があるが、そんなには目立たない。
・右ハンドルの曲がりはけっこう大きく、右に小回りしようとするとタンクに当たりそう。
・アイドリングが不安定になった。

というわけで、また入院しなきゃならないかもしれない。

はー…
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-05-03 01:59 | バイク | Comments(0)