<   2007年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 26日

壊れた雷

正直、あまり突っ込んだ話(まにやなら常識なのかもしれん)は知らないけど、
いろいろあってⅤ以降ぱったり途切れていたサンダーフォースの新作が出るらしい。

Broken Thunder

いろいろあって「サンダーフォース」という名前は使えないらしい。

現時点で詳細なことはほとんど明らかになっておらず、イメージCGやデモムービー、
BGM等を収めたプレビューディスク(上のリンク)を配布しているだけ。

本編の発売は4月下旬らしい。

わからないなりにも期待だけは大きかったんだけど、最近だんだん冷めてきた。
プレビューディスクも入手してない(体調があれで捕獲しに行く気力が無かった)し、
何よりまず、唯一最大の情報源であるmixiのサンダーフォースコミュでの一連のやり取りを見て、
なんというか、いろんなものに対してどうでもいい気分になってきた。

無料配布のプレビューディスクを、入手できなかったと嘆く人が居るところで
俺は3枚手に入れたぜ!甘いな、俺なんか4枚だぜ!みたいな小学生以下な人間が存在するのは
まぁ、ゲームの出来不出来には直接は関係ないけど、このシリーズのファンを名乗ることに
少なからず抵抗を感じるようになったのはまた事実な訳で。

何より、ゲームそのものがあれだった場合でも

たった○ヶ月で寝ずに作らされたらこうなります

とかしれっと言われそうなのが一番怖い。

…あー、そういえばⅣもまだやってないんだった。メガドラ繋ごうかな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-02-26 23:27 | ゲーム | Comments(2)
2007年 02月 23日

RB5

3月下旬、らしい。

価格は先代のエボと同じだけど、エボのようなフルオプション仕様ではなく、ZX-5みたいな
微妙な仕様に落ち着く模様。ちょっと不満。

メインシャーシだけは標準でコンポジットだけど、ショックタワー、ミッション、リヤシャーシ、
リヤバルクはコンポジットのがオプションで出る。
ていうか、ミッションがコンポジットって!ここが標準とオプションとで体感できるほど違ったら
ちょっと問題のような気もするんだけど、どうだろう?
先代もB4もミッションまでコンポジットの設定は無かったような。

逆に、プロトでは極厚のカーボン板をさらに2枚重ねで使ってたショックタワーが、
プロトとほぼ同じ形状のまま樹脂に置き換わってるけど、これはどうなんだろう?
見た感じ、素材そのものの強度に依存した形状(=構造的には強くなさそう)だけど、
これはB4のような構造的にたわみにくい形状にするか、最初からコンポジットを
標準にするべきだったんじゃないだろうか。現物見てみないとなんとも言えないけど。

ダンパーは最初からスレッドタイプ。でもチタンコートシャフトはオプションなんだろうなあ。
デフもタングステン玉はオプションみたいだし。

タイヤも今回は別売り。どうせならホイールとアクスル周りまで別売りにして、
京商式かアソシ式かを最初からユーザで選択できるように…は無茶か、さすがに。
おいらは迷わず京商式だからいいけど、たぶん多くの人はアソシ式にすると思うし。

しかし…ZX-5の時も思ったけど、装備が微妙で割高な印象はどうしても拭えない。
先代と比べれば設計や思想は大幅に進歩したとは思うけど、パーツ構成やそれぞれの単価は
実際それほど変わらないと思うし。いかに先代が安かったか、という事か。
素のB4と同じかちょっと安いとは言え、国産車と輸入車をそういう次元で比べること自体
何かおかしい気がするし。パーツは安いから壊しまくる人には維持費が安いけど。

いきなり文句から始ったけど、もちろん買いますよええ、借金してでも。
コンポジットショックタワーとタングステン玉とランスフォードのターンバックルくらいは最初に行こう。

楽しみだなあ。

その頃には501X組みあがってるかなあ(他人事風
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-02-23 01:21 | らぢこん | Comments(0)
2007年 02月 20日

M03R

TA05Rのお得っぷりに対して、こいつの不甲斐なさと来たらどうだ。

実質、実戦装備と言えるのはアルミナックル、アルミリヤハブ、アルミサーボステー、
アルミヒートシンク、フルベア程度。
あとはメッキフレーム、メッキホイール、クリアブルーCVAダンパーと、単なるカッコ装備。
それでいて、しっかりと素のM03の倍ぐらいの値段。
正確な試算はしてないけど、たぶん素のM03にアルミパーツを後付けするのと同じくらいの
値段で、おまけにメッキパーツが付いてくる、程度のお得感か。

最近盛り上がりを見せつつあるMクラスに対するタミヤの回答がこれなら、ちょっとなめすぎてないか?

恐らく、新設計のアルミパーツはジオメトリの肝として、見た目のしょっぱさ以上に
実際の走りへ好影響を与えるんじゃないかと思うけど、これだけ別に買えばいいんじゃね?

TAO5Rは素のTA05の存在意義さえ揺るがすほどのお買い得感があったけど、
M03Rの微妙さは終焉間際の正月タミヤ福箱に近いものを感じる。

…ごめん、言い過ぎた。福箱と並べるのはさすがに失礼だ(反省

今からタミグラ用にMシャーシを導入するなら、せっかくだからこっちを、程度にしかお勧めできない。
あるいはメッキまにやぐらいか。

タミヤ信者は何言っても黙ってても買うだろうし。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-02-20 00:07 | らぢこん | Comments(0)
2007年 02月 19日

TA05R

ついに出た即戦力型TA05。

素のTA05の倍ぐらいの値段はするけど、言うまでもなく、素のTA05で同じ事をすると
もっとぜんぜん金が掛かる。すげぇお得。タミグラ用に導入するならもうこれしかない。
現時点では具体的に標準装備されるオプションは明言されてない(と思う)けど、
写真などから判断できる範囲で。

・青アルミセンタープレート(専用新設計)
・リバサス
・青TRFダンパー
・青アラミドベルト
・ワイドピッチプーリー
・高精度デフジョイント
・コンポジット系樹脂パーツ(ダンパーステーやステフナー周り)
・青アルミピロボール
・青アルミターンバックル
・アルミサスマウント

あと、断言はできないけどたぶん前後ユニバ(後はアルミボーン)も付いてる。
ワンウェイ関連は不明。たぶんセンターはダイレクト。

たぶん、ここから追加で実戦で必要になるのはスタビやワンウェイ関連ぐらい。
たっかい青モーターマウントや青トランポホルダー、カーボンバッテリーホルダー等、
気分で付けたいものをつける余地は残ってるし、多くの人に迷わずお勧めできる。
実に実戦的かつ良心的なパッケージだと思う。

敢えて文句をつけるなら、なぜもっと早く出さなかったのかと。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-02-19 23:47 | らぢこん | Comments(0)
2007年 02月 19日

E10

これはかなり驚いた。HPI版TT01とも言えるような車。

ハイエンドではともかく、この分野はタミヤの独壇場で、勝ち負け以前にここでケンカを
売ること自体が無謀とも言える状態で、これだけのものを出してきたHPI。

レイアウトはやっぱりどうしてもTT01に準じたカタチにはなるけど、現状、4駆4独の
ツーリングカーの体裁を維持したまま、これ以上劇的にコストダウンできるレイアウトもたぶんない。
それでも、パーツを追加購入することなくストリートモデル(リヤモーター)とドリフトモデル
(フロントモーター)を組み替えられる大技を用意してきた。すげぇな。

ただ…このフロントモーター状態、捻らずに見るとモーター逆回転だと思うんだけど、
HPI的にはそれはOKだったんだろうか?個人的にはすごく気になる。

らぢこん的に見ると貧弱なサスアームも、ダンパーやショックタワー、ブレーキディスク(!)を
工夫して実車っぽい雰囲気を持たせたせいか、これはこれでそれっぽく見える。
実車から入ってくる入門者にはけっこうアピール強いんじゃないだろうか。

値段はかなり頑張ってるとは思うけど、たぶん実売ではTT01には遠く及ばないと思う。
しかし、TT01でらぢこん始めるぜ!という仲間に対して、じゃあ俺も、という人の
「出し抜いてやろう心」をうまく刺激できれば価格差のハンデもひっくり返せる、かも。

しかし、なんというか、ここでもネーミングセンスの貧弱さが気になる。
昔のヨコモっぽいよな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-02-19 22:43 | らぢこん | Comments(0)
2007年 02月 19日

サイクロンD4

去年の全日本で大活躍し、タミヤTRF501Xと並ぶ国産ハイエンド4駆バギーの雄、
HBプロトことサイクロンD4がとうとう正式に発表された。

世界最強レベルの性能は特に驚くことでもなく、BXの駆動系とBJ4の足回りをパクった
TRF501Xに対し、こっちはほぼ全てをBJ4WEからパクったようなカタチだ。
削らなくてもいい&位置調整のできる樹脂製バッテリートレイやタングステン玉、
ランスフォードのターンバックル等、基本装備で501Xを上回るのも魅力。
でもまあ、たぶん似たような定価だったとしても実売ではタミヤのほうが安いから、
お買い得かどうかはまだ解らないけど、ハイエンドならこういうのは最初から押えてほしいよな。

しかし、このネーミングはちょっとどうかと思った。
ベースがサイクロンならまぁ仕方ないかとは思うけど、たぶん共通パーツはほぼゼロだと思うし。
バギーもやってみようかな、というハイエンドツーリングユーザに訴えかけるつもりなのか、
それにしてもちょっと安直じゃないか?
「あ!新しいサイクロンだ!買わなきゃ!」って、内容も確認せずに買って帰って、
家で開けてみたらバギーだった!みたいな悲劇もあるかもしれない。無いか。

お手軽トラギーに「HELLFIRE」なんて名前をつけるほど秀逸だったネーミングセンスは
最近ちょっと迷走してるような気がする。ウイリーキングなんて安直過ぎてタミヤでも使わんぞ。

「D4」というのも、ダートなイメージ、4駆のイメージ、恐らく今後もHPIワークスが使い続ける
アソシB4と並べてしっくり来る、みたいな感じで付けたんじゃないかと思うけど、
実際はどうもトヨタの直噴エンジンのイメージで、レーシーには程遠い感じだし。

まぁ、どうせ買うことは無いと思うけど、レースはいろんな車が走ってるほうが楽しいし。
恐らく遠くないうちに表舞台に出てくると思われる次期レーザーにいい影響を与えてほしいし、
野次馬的にすごく楽しみでもある。

誰か買わない?
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-02-19 22:21 | らぢこん | Comments(0)
2007年 02月 19日

無呼吸その後

(少なくともきちんと布団で寝るときは)機械を使うようになって1ヶ月。

正直、寝て起きた感じは今までとほとんど違いを感じない。
昼過ぎぐらいに睡魔に襲われる度合は随分軽減したような気もするけど、なくなった訳でもなく、
違うと言えば違うし、気のせいだと言われればそうかも知れんと思うような、そんな感じ。

今回病院に行ってみて、前回に取った機械をつけた状態での睡眠データを見せてもらった。
少なくともデータで見る限り、効果は覿面としか言いようが無いものだった。

1時間あたり60回以上あった無呼吸・低呼吸の状態は6回ぐらいまで減った。
5回以下が正常値なので、重症からほぼ正常近くまで改善された事になる。
茶色くなった地球を見る見る青くするコスモクリーナーのようだ。すげぇな。
全睡眠時間の約半分だったいびきも、2%程度まで激減した。

ここまで劇的な効果があった割にいまひとつ体感的にピンと来ないのは、
元々おいらは呼吸が止まってもそれなりに深い睡眠を取っていたから、らしい。
人によっては使い始めたその日から世界が薔薇色になった!というケースもあるらしく、
感じ方の個人差はけっこう大きいらしい。

まぁ、体感的にはともかく実際に体に好影響なのは間違いないし。
続けていけばまだ何かいいことがあるかもしれない。

あるといいな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-02-19 21:46 | ひとりごと | Comments(0)
2007年 02月 19日

ぐっち

たぶん、ふつうの人にらぢこんの部品を見せても、それがどういうモノで、
どうすごいのかとかさっぱりわからんと思うけど、恐らくそれと同じくらい、
おいらにもこれが何なのかサッパリわからない(弱

e0034693_21293482.jpg

e0034693_2130560.jpg

e0034693_21302499.jpg

e0034693_21304112.jpg


どうしよう(困
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-02-19 21:30 | ひとりごと | Comments(3)
2007年 02月 19日

無気力

金土日と、三日連続で椅子に座ったまま朝を迎えた。

そこまで熱心にROしていた訳でもなく、あー、もう眠いし寝るか、と思ったらもう意識が無かった。
日曜は特に予定も無かったので、そのまま布団に入って寝直した。
13時くらいに目が覚めて、さて起きようかとCPAP(無呼吸対策の過給器)を外したとこで
また意識が切れて、次に意識が戻ったのは17時くらいだった。

大変に質の悪い睡眠を大量に貪っただけの休日だった。起きても頭痛いし何もする気になれない。

これだけ寝てもまだしっかり夜には眠くなってちゃんと寝れるのが、我ながら流石だと思った。
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-02-19 21:19 | ひとりごと | Comments(0)
2007年 02月 14日

リアルVANレース

なんだか恒例化しつつある、とこや3とこの珍妙レースに出てみた。

REAL VAN Racing Project

場所は岡崎のシルバーストーン。
ちなみに新年会があったのは西春のシルバーストン。

e0034693_17235567.jpg


ここらでは有名なとこだけど、行ったのは今回が初めて。
倉庫をフルに使った(店舗は外のコンテナハウスにある)インドアコース。
ビニールのカーテンで仕切られ、大き目の木の机が並ぶピットスペースはちょっとヤタベっぽい。

さて、今回のテーマは「はたらくクルマでレース」。

働く車で最速を目指すならアレしかないでしょ、楽そうだし、ということで

e0034693_17274113.jpg


こういうのを作ってみた。もんのすっげえ楽。買ってきた豆腐からスキャンしたロゴを貼っただけ。
ホイールは鉄チンぽく見えるHPIのストックカーホイール。黒のまんまでもいいけど、
どうせならより鉄チンぽく、と銀で塗った(でもボディの裏打ちのついで)ぐらいで、
工夫したところなんて何も無いと言っても過言ではない。タイヤはM2ラジアル。

安直過ぎて、当初は「絶対同じこと考えてる人居そう」って思ってたけど、
蓋を開けて見れば、こんな手抜きをしてくる人は他には居なかった(恥

今回もまたネタ車の大博覧会状態だった。雑誌に載るらしいので来月号をチェックするべし。

せっかくだからTF-5を組んで使おうかと思ってたけど、結局この手抜きボディで時間が取られて
組み立てる暇もなく、結局いつものTA05で。準タミグラ仕様なんだけど結局一度もタミグラでは
使ってないんだよな、これ。スパー100枚/ピニオン34枚に540モーター&GP3300。

クスリのせいで靴の裏でくちゅくちゅといやらしい音を立てる超ハイグリップ路面は
ノーマルカスタイヤでもフルグリップで走れるらしい、と聞いてたので、M2だとコケるかも、と
内心冷や冷やしてたけど、実際はそうでもなく、M2ラジアルで実にふつうに走る。

一般的にツーリングカーのボディを「箱」とか呼んだりする事もあるけど、このハイエースこそ
まさに真の箱と呼ぶに相応しい。これに比べたらダッジなんて「皿」だろう。
こんなボディでまともに走れるのかと不安だったけど、普通。実に普通。
足回りのセットもフェラーリやZを載せてたときのまんまなんだけど、そのまま普通に走る。
普通なんだけど、こんな巨大な箱がぬるぬると普通に走ること自体が不気味で気持ち悪い。

こんなレースに結果を云々言う事自体が野暮な気もするけど、一応結果を。
総勢20名の参加でAメインとBメインの10人づつの決勝。
おいらはAメイン10番手と、こんなところでまで定位置っぷりを遺憾なく発揮。
実際のところ、これでもできすぎな結果で、こんなレースでもやっぱり速い人は速い。
決勝では1台も抜ける気がしなかったけど、実際その通りで終った。
大混戦の中、最小限にミスを抑えてもこれなので、納得せざるを得ない。

一日走り終える頃には、あんなに気持ち悪かったハイエースの走る姿も普通に見えるようになった。
人間慣れるもんだね。

最後は恒例の超豪華おた抽。ABCホビーから提供されたボディの総数が参加人数より多いので、
全員にハイエースかエスティマが最低1枚貰える事になる。すごいな。
その他の商品の怪しさももはや恒例で、ボタンを押すと「お兄ちゃん!」とか「先輩!」とか
しゃべる何か(?)とか、おっぱいマウスパッドとか、「持って帰るまでが罰ゲームです」とでも
言わんばかりの豪華商品が目白押し。

で、おいらに当たったのは、エスティマと、これ。

e0034693_1872465.jpg


どうしろと(困
[PR]

by harusame_kingdom | 2007-02-14 18:07 | らぢこん | Comments(1)