<   2006年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 30日

デアゴスティーニリローデッド

正直、「週刊ラジコンCAR」以外のデアゴスティーニって良く知らないので、
みんながみんなあんなに酷かったのかどうかよくわかってなかったりする。
まぁ、みんながみんなアレだったらこんなに続かずとっくに潰れてそうだし、
他はまともなんだと思いたい。まともであってくれ(祈るように

なんにせよ、デアゴスティーニのシステムと本格的なラジコンとの相性が最悪なのは
前回のアレで思い知ったんじゃないかと思うけど、そうでもなかった模様。

週刊フェラーリラジコンカー

そういえば春のホビーショーで京商ブースに出てたから、「あぁ、またやるのか」と
知ってたはずだけど、すっかり忘れてた(弱
というわけで、今回は京商。前回はスペインかどっかの聞いた事も無いメーカーだったけど、
さすがにアレよりはマシなはず。でも、京商自身そんなに品質の高いメーカーではないし、
ざっと見て推測できるスペックからも、コンプリートに必要な費用(10万オーバー)に見合うとは
到底思えない。量販が見込めないこと、フェラーリの版権が高いこともあるだろうけど、
やっぱり莫大な分割手数料(78回ぐらい払い)が大きいと思う。

1/8のF1、というのはけっこう昔に京商は作ってた。詳しくは覚えてないけど、電動と
エンジンがあって、それぞれパワーユニットを2基がけにしてパワーアップできる、
最近のサベージ系みたいな事を当事からやってたのは今思えば結構すごかったのかも。
その構造上、エンジン/モーターは縦置きだったと記憶してるけど、今度のは横置き。
GPオンロードで主流の3ベルト4駆から、フロント駆動ベルトを取っ払ったような2ベルト2駆。
だから、たぶん完全新設計の別物だと思う。互換性はたぶんない。

ダブルウィッシュボーンサスはそれっぽいけど、ダンパーはレイダウンされてるものの
そのまま直接付く。プッシュロッド等は無し。昔の京商F1がどうだったか覚えてないけど、
もっと小さいタミヤF201が4駆&プッシュロッドサスを実現してるんだから、こだわりの
ビッグスケールマシンとしてはそれぐらいやってほしかったところ。まぁコスト最優先なんだろうな。

へんてこゴムタイヤに2駆、空力の期待できないボディと来ると、走行性能は期待できない。
速くないのは当然として、まともに走れるかどうかすら怪しい。
明るい材料といえば、大柄なサイズにローパワー、という点。シャーシのキャパシティが
低いなら、パワーもそれ以下にすればいい。確かに理には適ってる。

実際走行動画を見ると、ちょっと驚くぐらい遅い。イメージ映像だからかもしれないが、
まるで実車F1の映像のようなスピード感だ。本当にこのスピードなら、たぶん
タミグラGTジャパン仕様のTT01に軽ーくチギられる。箱から出しただけのXBにも勝てないかも。
パワーを上げるとシャーシやタイヤがついてこなさそうだし。

「お、面白そうだな。ちょっとやってみようかな?」と思ったフェラーリ好きな人たちへ。

頭ごなしに「こんなもん買うな」とは言わないけど、普通のラジコンのF1のことも
ちょっと調べてみることをお勧めします。

正直、ラジコン業界のF1ブームはとうの昔に過ぎ去って久しいので、現行のラインナップは
決して充実してるとは言えないけど、絶版の旧京商1/8F1とまで行かなくても、
タミヤF201やミニッツF1もなかなか魅力的な車なんじゃないかと思うです。
少なくとも、コストパフォーマンスは全然違う。1/5の値段で2倍よく走るから…10倍?

それでも「あのビッグスケールにエンジンサウンドは何物にも換えられないんだ!」と言うなら、
あれはあれでアリなのかもしれません。納得して買うなら。

でも、これに10万出すなら、もう20万出して1/5に行っちゃった方が満足度高いかも。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-09-30 00:45 | らぢこん | Comments(2)
2006年 09月 29日

それなんてエロゲ?

新居進捗。
とりあえず名前が正式に決まって町内会費とかの話もまとまって、この土日ぐらいで
手続きに必要な書類も概ね揃いそう、との事。入居は10/16の月曜日。
「前日の日曜日に荷物ぐらい持ち込めんの?」と聞いてみたが、だめくさい。
まぁ、月火で休みは取ってあるので、一人でしこしこ引っ越し作業する予定。

で、正式に決まった名前。恐れていたことが案の定現実になった。
長ったらしいというか、どうもF&Cあたりのエロゲのタイトルっぽい臭いがぷんぷんする(病
最初聞いたとき「うひゃひゃ」って本当に声に出して笑ってしまった。顔で笑って心でしょぼん。

で、ようやく配送先の住所が確定したので、閉店セール中にミドリで洗濯機と冷蔵庫を買ってきた。
狙っていた、前回のセールで安かった奴が今回は安くなってなかった。ガッデム!
しかし、狙ってた奴は実は新居の洗濯機スペースにギリギリアウトっぽかったのでまあいいか。
今回は似たようなスペックで若干容量が小さいのが安くなってて、これがサイズ的に
ジャストフィットっぽいので結局これにした。

冷蔵庫は、なんとなくこのへんかなー、と思ってたのがそのまま安かったので、それで。
店頭ではシルバーのだったけど、これって確か黒無かったっけ?と店員に聞いてみる。

「調べてみます。少々お待ち下さい」

(少々)

「他に黒と白がございますね」
「じゃ、黒で」
「かしこまりました。在庫を確認しますので少々お待ち下さい」


(少々)

「申し訳ございません、この機種はもう生産終了で、色は店頭の物しか無いんですが…」
「じゃ、それで」


まぁいいか、銀だし。ピンクとかだったら嫌だけど。
しかし、気がつくと、すでに買ってある電子レンジも洗濯機も冷蔵庫も全部ナショナルだ。
狙った訳じゃないんだけど、ナショナルを好む体質なのかもしれない。デジカメもパナだし。

そして、配送先住所を書く段でまたブルーになる。

「…えーと、住所的にはこれってカタカナで書いたほうがいいですよね?」

「そうですねー、英語でも登録はできますけど…」


店員のおばちゃんも半笑い。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-09-29 20:14 | ひとりごと | Comments(4)
2006年 09月 27日

E・T・C!E・T・C!

車よりむしろバイクの方が絶対必要やん、と常々主張してきたETC。
首都圏とかでテスト運用開始、とか聞いたのがもう結構前のような気がするけど、
最近になってこのへんのETCゲートにも2輪がどうのみたいな表示を見ることが増えた気がする。

そういえばどうなったんかな、と気になって調べてみたら、11月から正式に始まるらしい。

別に必要ないやん、と思ってた車のETCがあれだけ便利だったんだから、
どう考えても便利でしかありえない2輪ETCが実際どれだけ便利なのか。
想像しただけで鼻血が出そうだ。辛抱たまらん。


で、実際の払うんジャー(車載機)は…やっぱりけっこう高かった

初モノだし、特殊なモノだし、車ほど数が見込めないことも考慮すると、
そんなに法外だとは思わないけど…2万ぐらいだったらありがたかったなあ。
まぁ、実用性とかしあわせ度は車の3倍ぐらいは見込めると思うから、
そういう視点では決してか高くは無い、はず。

最大の問題は、導入した直後に冬がやってくる事だろうか(寂
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-09-27 00:36 | バイク | Comments(0)
2006年 09月 23日

現実を見始めたPS3

自らのうかれっぷりに対する世間の冷めっぷりに気付いたのか、
気付かないフリを続けるのも限界に達したのか、そのへんは定かでも知ったことでもないが、
「このままじゃヤバい、超ヤバい」ということで、PS3に動きがあった。

下のほうがちょっと安くなって、削られてたHDMI出力をやっぱり標準装備にした

これだけで済むとは思えないけど、現状での情報はこれだけ。
たったこれだけの事なのに、恐ろしいほどに現実味が出てきた。
ビルの屋上から飛び降りたら死ぬに決まってるけど、2階のベランダからなら
死なないかもしれない、ぐらいの違いはあると思う。

安くなった、ったって約13000円。HDMI出力にしたって、たぶんシステム的には
標準で組み込まれてると思うから、端子類が省略されるかどうか程度の違いで、
コストは元々そんなに違わないんじゃないかと思う。
ハードウェアはほぼ同等で、意図的に機能を殺して差別化した廉価版があった
Pentium3とかVoodoo3みたいな。あくまで憶測だけど。

Pentium3やVoodoo3は、元々CeleronやVelocity100のコストで製造はできるけど、
開発費とかもあるから上はできれば高く売りたい、という事情からだと思うけど、
PS3の場合は開発費どころか製造コストだって元々の価格設定でもギリギリか赤字のはず。
PS2だって出た当時は1台売るたびに1万だか2万赤字、とか言ってた気がするし。

元々、ハードウェアで儲けるのは普及しきってコストも下がりきってからの話で、
最初はどうせ赤字前提なんだから、最小限の赤字で鳴かず飛ばずで消えるよりも、
さらに赤字を上乗せしてでもがつんと普及させたほうがいいに決まってる。

で、この値段。49980円(税込)。

当然、おいらは買わない。が、当初腹を抱えて笑ってたアンチソニーなおいらが
大変不愉快な気分になる、という事は、どうしようか悩んでた人の食いつきは
俄然良くなると思うし、買う気満々だった人は小躍りして喜んでる事だろう。
さすがに、最初に発表された価格&仕様そのものが、このサプライズのための複線だった、
とまでは思わないが、結果的にはうまいこと切り返されたカタチだ。

それでも、発売と同時に飛び付いて買うのは「俺はもうPS2じゃ満足できんのじゃ!」という
熱心でコアな人たち&裕福な新しいモノ好き、という構図は基本的に変わらず、
PS2の時のような「安いDVDプレイヤーが欲しい!」という微妙に畑の違う潜在庶民層は
今回は期待できそうもない。コア&裕福な人は結局高くても買うし。

それでも、このお値打ち感は凄まじい。冷静に考えて、騙されてると解ってても脂汗が出る。
騙されてることにすら気付かずに買ってしまう人も少なくないと思う。

問題は上のほうか。HDDが40Gぐらいでかくてメモリーカードリーダと無線LANが付いた程度で
今まで通りの価格設定だったら、存在価値薄いっていうかいっそ無い方がいい気さえする。
下と同じ程度下がったとしても、HDMIの差がない分苦しいと思う。
妥当に評価すると、下のとの差額はほとんど取れないと思うから、むしろ思い切った
スペックアップをしてくるんじゃないかと推測。地デジチューナーを内蔵した上で、
HDDを3.5インチにして500Gぐらい載せるとか。
高解像度HDDレコーダーとしても使える、となれば、ゲームやハイエンドにあまり
興味が無い人にも注目の存在になると思う。それこそPS2の時のように。
これでBDも爆発的に普及して、ゲーム業界のみならずDVD後継にも決定的な影響を与えそう。

そんなことまで当初から織り込み済みだったのなら、もうキバヤシばりに戦慄するほか無いが、
今回の発表で出てこなかったのは、まだ内部は相当どたばたしてるんじゃないかと。
値段を下げるのはすぐに可能(コストを下げるのは技術的に難しいが、赤字額を増やすのは
上に話を通すだけだから、政治的にはともかく技術的には何の問題も無い)だが、
スペックを上乗せするのは思いついたら即、とは行かないだろうから。

「そんな事考えてもみなかった!」なんてコトは無いと思うけど、もっと先の「次の一手」
ぐらいにしか考えてなかったんじゃないだろうか。PSX2、とか。
それを今すぐなんとかならんか、みたいなカタチで今どたばたしてる、みたいな。
スケジュール的にも相当きっついと思うし、だめそうなら最悪11月11日は下のだけ、
というシナリオもアリなのかもしれない。それでも当初の予定よりは全然勝算は高いだろう。

何にせよ、土壇場で内部ぐっちゃぐちゃになってるのは間違いないと思う。
少なくとも「フッ、こんな切り札もあるのさ」みたいに予定していた、とは思えない。
そうじゃなければ、下の仕様だけ劇的に変更しておいて上のはノーコメント、はありえない。
上に関しては目下全力で調整中につきしばらくお待ち下さい(ごめんなさいっ!)、というのが
本音というか現状なんだと思うけど、どうだろう?

ばたばたと危ない橋の上で踊ってくれるのは構わないけど、これでうまく行っちゃうと
また必要以上にドラマチックというか、またマガジンに「PS3を創った男達」とか載りそうで
大変に面白くない。盛大にコケる事を心の底から祈る。

Wii買おうかなあ、べつに欲しくないけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-09-23 22:34 | ひとりごと | Comments(6)
2006年 09月 22日

おタミヤ様ご乱心

秋のホビーショーの目玉と思われる新作。

ひとつはTRF501X。優勝こそ逃したものの、充分すぎる実績を引っさげて当然のように登場。
価格設定も、まぁ妥当だと思う。パクり元であるBXよりも高ぇじゃねーか!という意見も
あると思うけど、量販店だとたぶん逆転すると思う。

ここまでは、最近のタミヤの順当なハイエンド路線。たぶん売れると思うし、もしこれがコケたら
バギーブーム再来なんて最初からただの寝言だったと言ってもいいかもしれない。

問題はもうひとつの目玉・ポルシェ934。

復刻路線の決定版として、ついにタミヤRCカー第1弾の登場。
驚くべきはその価格。501Xには及ばないもののかなり近いレベル。
当事とまったく同じものを再現するのにこれだけのコストがかかりました、とでも言うなら
まだわからなくもない(でも難しい)けど、中身はTA05レイアウトをベースにホイールベースを
短縮したカーボンダブルデッキの専用シャーシ、らしい。

なんじゃそら。

近年のタミヤの「無駄なハイエンド志向」「ネタに困ったら復刻」という2大暗黒要素の共演。
誰が喜ぶんだこんなの。全開の瞳孔の奥にツインスターマークの刻まれた末期信者ぐらいか。
確かにこれがバカ売れするようならもう今後のタミヤは何をやっても許される無敵状態だろう。
それはそれで面白おかしいかもしれない。けど、ありえんだろ、いくらなんでも。

ボディはポリカで別売りのLEDが装備可能。前後ボールデフのフルタイム4駆、らしい。
値段からするとバルク類も無駄にアルミ削り出しで、ダンパーもそうなのだろう。
ポルシェ934の復刻にそこまでする意味がまったく見当たらない。
むしろF103ベースでやるのが妥当っぽい気さえするけど、それでも敢えて走行性能を重視して
TA05をベースに選んだ、としてもここまでする必要があったとは思えない。
トレッドとホイールベースを調整するだけなら、足とユニバ、フレームとベルトぐらいの
新調で事足りるはずだ。それだけの事でこの値段は考えられない。

どう好意的に解釈しても、正気の沙汰とは思えない。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-09-22 01:21 | らぢこん | Comments(0)
2006年 09月 19日

歯ーーーーーーーーーっ!!!!!!

おとといぐらいから違和感のあった左下奥歯。

昨日の晩飯できんぴらをかじってるときに何かトリガーを引いてしまった模様。
何か噛むと痛いのでできるだけ噛まないようにしてたけど、そのうち何もしなくても
ずきずき痛むようになってきた。鎮痛剤でごまかしてみるものの、舌の付け根の左半分が
痺れるように痛み、そのあたりの歯茎が痛痒い。これはまずい。超まずい。

仕事を定時で撤退して歯医者へ。

治療済みの蓋してある歯なんだけど、根っこに膿が溜まって腫れているらしく、
これをなんとか出さないと、という事らしい。現状何やっても痛い状態なので、
とりあえずかぶせてある蓋を取って噛んでも当たらないようにして、抗生物質で
炎症を抑えて痛みが引くのを待ってから、という事に。

なんか体中いたるところぼろぼろだな。大丈夫だろうか(困
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-09-19 21:29 | ひとりごと | Comments(0)
2006年 09月 19日

RB-5

京商の新型2駆はこう呼ばれているそうな。

アルティマ→トライアンフ→PRO-X→アルティマRB、と続いた5代目という意味だそうな。
個人的には初代アルティマ→アルティマプロ→ニューアルティマプロ→アルティマRB、
と続いたアルティマ5代目、と言われたほうがしっくりくる気もするけど。どうでもいいか。

実際はまだまだ仮称の域は出ないんだろうけど、発売が極端に遅れなければ
たぶんこのままの名前で出てくる可能性が高いと思う。
TF-5とスタリオンを本当にそのままで出しちゃった京商が、これ以上適切な名前を
新たに考え出すのはかなり難しい気がするし。

で、やぎーさんとこでけっこう詳細な情報が公開されてた。

概ね見てきた通りで、個人的にはそれほど衝撃の新事実はなかった(当然?
たぶん新型、と思ったボディはやはり完全な新型だった。
実際見たときは「エボ2?でもサイドのエアスクープ無いし…?」と思ったけど、
まっさらな白一色ボディを見ると明らかにエボ2とは別物だった。
たぶんデザイナーが同一なんだと思うけど、すごいZX-5臭が強い。
先代の2種類のボディはどこか外車っぽいイメージだったけど、今度のはきちんと
「はい!京商製です!」という主張が感じられて好印象。

シャーシの方も概ね実際見た印象どおりで、リヤ周り→フロント周り→メインシャーシ、
の順で完成度が落ちていく感じ。リヤはダンパーステー以外はほぼ確定っぽい。
フロントも、サスアームから先はたぶん確定な感じで、これに合わせたバルクを
これから作る、という雰囲気。メインシャーシはまだ先代のままだった。

コンパクトなミッションは、先代までのようなモータープレートの反対側の補強バーが無く、
去年走ってたプロトのようなターンバックルのつっかえ棒も無かった。
この部分の強度と剛性は2駆バギーのある意味最大の肝じゃないかと思う。
駆動輪を押さえつけるオーバーハングのカウンターウエイト(モーター)をしっかり支えつつ、
撚れたりゆがんだりしない、というのが運動性にも駆動効率にも影響するはずだから。

だから、このレイアウトの車はどんな車でも(タムテックギアでさえも!)執拗なほどに
ミッションをリヤバルクに括りつけて強度を稼ごうとしてきた訳だけど、少なくとも現時点では
そういう雰囲気は感じられない。下の方がよっぽどしっかりしてるのだろうか。
樹脂製のサブシャーシも、同じような作りのはずのB4よりもねじが2本少ないのも気になる。
こんなとこに手を抜くとは思えないから、「こんなねじ少なくて大丈夫なのか?」ではなく、
「こんなシンプルなまま強度を確保する方法を見つけたのか?」みたいな方向で興味津々。

すごい完成度のミッションとは裏腹に、足から先はほぼZX-5ミドルアームそのまんま。
あくまで暫定なのか、わざわざ変える必要も無いくらい良好なのか、まだわからない。
逆に、フロントはバルクこそ先代のまんまだけど、それ以外は総とっかえに近い。
完全に新規の足回りはたぶん成型品。全日本で走ってた台数(けっこう多い)と、それらの
予備も考えると削り出しでは無さそうな気がするけど、どうだろう?

ベアリング内蔵ナックルが目新しいけど、冷静に見ると取り回しやレイアウトはB4そっくり。
実際、レイアウトやアライメントだけ似てても、他とのバランスで全然別物にもなるから、
これだけでもうB4に並ぶ、とは思わないけど、先代からB4に乗り換えて、一番顕著に
感じた違いは「ジャンプで前から着地しても突き刺さることが極端に少ない」事なので、
このオーバーハングの無いレイアウトはそれだけでも期待はできそう。

メインシャーシはまるまる先代のまんまだけど、それでも多少の変更点はあって。
まず、バッテリー押さえ。従来のヒンジ+ピン1本、ではなく、差込み+ピン2本、のB4式。
暫定のリヤダンパーステーにヒンジをつけるのが面倒だったのか、電池とサーボの間にあった
ポストを横に逃がすことでレイアウトの自由度を高める狙いなのか、何も考えずB4の真似なのか。

世界戦のパビディス車のような、ぶった切って長さを詰めたりとかの試みも当然してると
思うけど、この段階でまた元のノーマルに戻ってるのは、これが良好なのか、
これまでのデータを踏まえた新規のバスタブがまだ先に控えてるのか。
これからはブラシレスアンプ等への対応も視野に入れて、メカスペースに余裕を持った
新しいデザインに…って、ますますB4そっくりになるヴィジョンが一瞬脳裏を掠めた。
まぁ、先代もB3まるごとコピーみたいな車だったし、より強い京商臭を発する、
ミリサイズのB4がお手ごろ価格で出てくるなら喜ばしい事だと思うし。望むところ。

さすがにもうレーシングスポーツは出さないんじゃないかと思うけど、どうだろう?
タミヤDT02に直接ぶつけるラインがあってもそれはそれで面白そう。
でも、もしやるなら今度はある程度互換性を持たせてアップグレードの余地が欲しいかも。
逆に、タイプRを端折って上はエボだけでいいと思う。
チタンコートダンパーシャフトやタングステン玉まで最初からぜんぶ入った奴。

でも、アルマイトはやっぱり赤になるんだろうなあ。ハイエンドは特に。
ツーリングはボディと中身で全然色が違っても気にならないけど、バギーはボディ被ってても
金属パーツの露出度はそんなに変わらないから、青系のボディにはいまいちなんだよなあ。
アレックスみたいに選べるといいんだけど。無理か。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-09-19 00:57 | らぢこん | Comments(0)
2006年 09月 18日

男たちのAKIBA

というわけで、ずいぶん久々の秋葉ツアー。
…先月行ったばっかのような気もするが、「秋葉が目的の日帰りツアー」は本当に久々だ。

今回はPCをほぼ丸々刷新するみこさんを中心に、これといった目的の無いアレな人たちが
何人かくっついて行く、毎度のアレな混成一個小隊。歳食ってパワーダウンはしたけど
成長はしてない。

12時くらいにたかひろさんちに集合して、そのまま高速へ。
若い頃のパターンだと、延々下道でまぁいい時間に到着するタイミングだけど、
さすが高速。このままだと早く着きすぎてまいっちんぐ、ということで富士川あたりで
1時間半ぐらい仮眠。それでも結局6時半ぐらいには現地に到着してしまった。
そそくさと巨大地下駐車場へ。昔は早すぎたら路駐しつつ仮眠したものだけど、
今は打ち切りありで2000円(来月から値上げみたいだが)なのね。

とりあえず時間つぶし、とi-cafeへ。エレベーターに乗ろうとしたら「満席です」の貼り紙が。
うそーん!こんなイベントでもなんでもない日曜日でもそんな混んでるのか?
ダメ元で乗り込んでみると…ぜんぜんそんなことはなく、普通に入れた。

いい時間になって、昨日まで仕事でこっちに来てた草薙先生が合流。
とりあえず朝飯、とミスドへ。てきとうに飲み食いして、いよいよ戦闘開始。

…が、今回、正直どこをどう見てきたのかあまり覚えていない。

これといった目的が無かったせいか、たまにはぐれた時以外はほとんど全員で行動したせいか、
単に歳を食ったせいか、たぶん全部のような気もするが。
それでもけっこういろんなとこを回っていろんなものを見た。けっこう楽しかった。
昼飯に行った地下の中華料理屋もよかった。今後贔屓にしよう。

戦果は、たかひろさんがHDDと液晶用アーム、おいらが液晶デュアル用アームくらい?
あとはゲームとかケーブル類とかの小物がメインだった気がするけど、よくわかってない。
最後に一人戦って走り回るみこさん以外はどこかでまったりしよう、と店を探す。
しかし、近場の目に付く喫茶店系の店はことごとく混んでて、ビル5階のスタバは
再三の挑戦の結果フロアに入ることすら不可能なことが判明。
自販機でジュース買って車に戻ることに(敗北

一人長々と戦ってたみこさんがようやく戻ってきて任務完了。
日本平でワンストップしただけで、帰りもまたえらいハイペース。
時間も余裕っぽいので名古屋で晩飯、ということで本郷のエクタへ。
おなじみの店っぽいが、おいらは初だ。たいへんうまかった。

そして清算して解散。名も無き村と一宮を経由して日付が変わった頃に帰宅。
車内でけっこう寝たはずだが、すんげえ眠くてまっすぐ布団に入ってばたんきゅー。

翌日休みって本当にすばらしい。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-09-18 17:31 | ひとりごと | Comments(0)
2006年 09月 16日

命拾い

さて、おいらが休んだ昨日だが、記録的な忙しさだったらしい。
いろいろ蓄積してグロッキーだったおいらが出てたら、いろいろやらかして
ピヨったとこに即死コンボ叩き込まれていろんな意味で終ってた可能性が高い。
危なかった。

そして、明日行ったら一応連休な訳だが、また台風が来るとのことで、
台風対策のコンテナ固定作業がある。前回目の上にたんこぶ作ったアレだ。
現時点でおいらは現場で3番目の下っ端で、前回はうちの現場から3人の作業員を出したので、
今回もまた確定だな、と思ってたら、今回は二人との事でおいらは出なくていい見込み。
作業自体はそんな難しくもしんどくも無い、軽い肉体労働なんだけど、前回死ぬほど
痛い目に遭ってるのが軽いトラウマになってて可能なら遠慮したかったところ。
同じ失敗は二度やらないつもりだが、もし二度目があったら今度こそ目ぐらい潰しそうだ。
危なかった。

ていうか、この現場でやってける自信が急速になくなりつつある。
自信なんて元々無かったけど、「慣れりゃなんとかなるかも?」という気持ちが、
実際慣れてくるにしたがってどんどん現実味を失っていく感じ。

そろそろ次を考えよう。体壊して取り返しがつかなくなる前に。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-09-16 01:25 | ひとりごと | Comments(2)
2006年 09月 14日

いいモノ

で、今日ミドリで見つけたもの。ダイニングテーブル。
もちろん、ダイニングとは名ばかりの通路に毛が生えた空間に置くためではない。
次期主力PC机として、である。

「でさ、結局お前がPC机に求めるモノって何なのさ?」

と自問してみたところ、出た結論は優先順位の高い順に

・でかい
・頑丈
・シンプル(何もついてない)
・安い


という事になった。以前気になってたROCCAFORTEは下二つに反するけど、
これはこれで特有の説得力とオーラがある、ということで。

一般向けに「パソコンデスク」と称して売ってるものだと、ちょっとでもいいな、と思うものは
ほぼ皆無に近い。結局は事務机系か、それでもダメなら自作しかないか、と思ってたけど、
思わぬところに意外な回答があった。

まあ、ダイニングテーブルはどれも基本的に高い。でかくて頑丈なのは解るが、
あんな棚も引き出しも無いシンプルな机がこんな値段か、と思うとかなり厳しい。

しかし、今回見つけたのは椅子が無く(別口で売れたのか、欠品したのか、理由は解らない)、
テーブル単体での現品限りで1万だった。これだけの厚みの板にこれだけしっかりした脚を付けると、
自作でもこの値段はちょっと無理だろう。材木屋とかに知り合いでも居ない限り。
元々は机単体でも4万弱ぐらいするらしいけど、椅子とか無くて単体売りになっちゃうから
特価で19800円だったところにさらに線が引いてある。見た感じ目立つ傷や汚れもなく、
当初希望してたサイズより若干大きすぎる事も値段を見てたらすっかり気にならなくなった。

ていうか、この値段見て今さらこれよりちっこくて高い机なんて買えるか!(暴言気味

これだけの幅があれば20インチの4画面も不可能ではない。やらんけど。
現行の環境でなら、16インチ3画面&PC2台をフル稼働しながら、横でバギーの
完バラメンテも可能なぐらいの作業スペースが確保できそうだ。素晴らしい!

これとベッドをどう置くか、から部屋のレイアウトを考えていかないと。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-09-14 22:46 | ひとりごと | Comments(0)