神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 31日

静岡旅行当選

今日も一日仕事を終えて、さぁ帰ろうか、というところに電話が。

おめでとうございます。「ペアで2泊3日静岡の旅」当選のお知らせです。

実際の台詞とは若干違うけど、まぁ内容はこんな感じ。
しかし、相手は子供が二人もいる既婚者な訳で…えーと、不倫旅行?(違

要は、おトヨタ様パワーで、何やら申請すれば施設とか使えるらしいから、
静岡旅行ご招待ですよ、みたいな感じ、らしい(よくわかってない

もちろん、11月18・19のタミヤGPワールドチャンピオン決定戦なんだけど。
ただ付いてって応援するだけなので、すごい気楽。いい骨休めになりそう。
走る本人は大変そうだけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-08-31 00:03 | ひとりごと | Comments(1)
2006年 08月 29日

DF03もいいけどZX-5もね

まぁ、ずーっと走りっぱなしで放置してある訳で。

それも、ほぼキット素組みのとりあえずシェイクダウン、みたいな段階で。
調達済みのカーボンコンポジット系のパーツどころかリヤユニバも入ってない有様で。
もうすぐ涼しくなるし、そろそろメンテがてらいろいろ組み込むかなあ、と思ってたら…

ホビーショーで参考出品されてたミドルアームコンバージョンが出るそうな。
たぶん全日本前の秘密兵器といったとこなんだろうけど、相変わらずどこまで本気なのか
わからない開発ペースだなあ>京商

ホビーショーの時点であそこまでカタチになってたのに、この土壇場で緊急発売!みたいな
出し方しなくても。いろいろ事情もあるのかもしれないけどさ。

ちょうどメンテしなきゃ、と思ってたOリングカートリッジ周りがまるっとリプレイスされるのは
好都合だけど、買ってあったリヤユニバは未開封のまま出番が無くなるのかと思うと
悲しくもあり。まぁ自業自得なんだけど。

さらに勘繰ると、全日本でそれなりの結果を出すことを前提に、それくらいのタイミングで
ミドルアーム仕様で細々としたオプションも全部つけてアルマイトを全部赤にした
伸之介エディションとか絶対出そうな気がする。

まぁ、出たってどうせすぐには飛びつけんだろうし、新型2駆もそれくらいで出そうな気がするから
とりあえずは今ある車をなんとかする方向になるだろうしなあ。
1から組むとけっこう面倒な車でもあるし、TF-5も組まなきゃいかんし。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-08-29 01:07 | らぢこん | Comments(0)
2006年 08月 27日

タミヤGP全日本選手権愛知大会

なんとなく、大須まで佐世保バーガーを食べに行くついでに、今日戦ってるはずの鈴木くんの
様子を見に行くことにした。彼は今回N1で出るらしい。っていうかN1ってまだあったのか。

知らない人のために、いちおう説明。
このN1というクラス、本来は初心者向けで、まだあまり参加してなくて、目立った成績も
残してない人が参加するクラス。参加資格が20ポイント以下なので、入賞経験なんて
皆無なのに、ただただだらだらと参加回数だけが多いおいら(25ポイント)も参加できない。

そんなレースに、なぜこんなカツカツな人が出るのか。

やってることは、デパートのおもちゃ売り場で本気でお子様を叩き潰すゲーマーと同じな訳で。
ピュアな心でチャンスを夢見るリアル初心者さんに申し訳ないとは思わないのか、とか
そもそも今日って谷田部で全日本やってるのになんでこんなとこにいるの?とか
まぁ、当然のようにいろいろつっこまれる訳だが

「だって、ワーチャン行きたいし」

そんなに静岡まで招待されてホテルとかまで用意されて前夜の立食パーティーとか出たいのか?
そりゃ出たいよなあ。出れるもんならおいらだって出たい(遠い目

そんな、一見夢いっぱい希望いっぱいに見えて実はドロドロと欲望渦巻くタミヤGPの
本質をある意味具現化したような悪い大人がここに一人。

e0034693_21383720.jpg


いつもは名古屋港ガーデン埠頭か久屋公園で行われる愛知大会だが、今回は
若宮大通公園。久屋公園からはほとんど徒歩の距離で、大須の味仙とか月天の正面。
今日は曇ってて涼しかったからあまり恩恵は無かったけど、屋根(高架)がある分、
強烈な日差しや多少の雨なら直撃を避けられるから、レースするには非常に好都合。

路面はタイルで、グリップは悪くないらしいけどギャップがかなり激しい模様。
車高が低いと、底付きするとか暴れるとかの次元ではなく、刺さって車が止まるらしい。
前日(土曜)のレースで問題になったのか、今回はコース上の一部にカーペットが敷かれていた。
これはこれで、要所要所で質が豹変する厄介な路面ではあるんだけど。

タミヤ夏タイヤの定番・ミディアムナローB3は猛烈な品薄でメーカー在庫も無く、
直前に買うつもりだった鈴木くんはあちこち駈けずり回って難儀してたんだけど、
結局、土曜日に走った人の情報では「B3もAもダメ。Aメイン残ったのは全員ナローM2
との事。普段なら究極タイガーの黄色ぐらいありえない選択なんだけど。
車高も8ミリから10ミリぐらいと、これも通常の2倍で、普段はありえない。ラリーモードか。

そんな、快適なんだか大変なんだかよくわかんないとこでのレース。
おいらが到着したのはちょうど昼過ぎで、予選2ラウンド目が始まったぐらい。
1ラウンド終了の時点で5番手ぐらい(ちなみに参加150人ぐらい)で、なかなか好調な様子。
後列スタートの不利な状態だから、次の前列スタートではもっといける、と自信満々の様子。
調子良さそうだ。

車はTB02R。元々はうちのエボ3だったはずの車だが、変わり果てた姿になってしまった。
リバサスにナロータイヤを履くとナックルに干渉するらしく、すごいスペーサーを噛ませて
広がった分をサスマウントで狭くしてトレッド調整する、という大変不自然な車になっていた。
でも速い。

そして予選2ラウンド目。1コーナーでは並んで飛び出したもう1台の車をぶっちぎるには至らず、
少し難儀したようだが、すぐに問題なく抜いて特にミスもなく独走。今回唯一の10周をマークした。
とりあえずこれでAメインは堅いだろう。

その後も10周する人は現れず、AメインどころかTQに。本当に大人げない。
しかし、決勝ではきっと何かをやらかしてくれるに違いない。

なんとなく車を見ていると、電池押さえ板がまったく電池を押さえてない事に気付く。
押さえ板の高さが明らかに電池より5ミリぐらい高い。シャーシ裏の落としこみ穴から
電池をつっついてみると、まぁ暴れるわ暴れるわ。とりあえず抜けはしないけど、
すごい勢いが付いたらどうなるか解らん状態。これはひどい。

とりあえずスポンジ切って隙間に突っ込んだりしたけど、やっぱりすぐに取れそう。
ポストねじ込むとこちょん切って無理矢理低くするか、とバラしにかかったところ、
ポスト下に5ミリぐらいスペーサーが噛んでたことが発覚。外して全て解決。
いくらエボ3からの部品単位コンバートとは言え、なんでこんな事に?
本人に聞いても覚えていない様子。こんな車がTQでいいのか?

「でもまぁ、このガタガタが絶妙なセッティングで、直したら走らんくなるかもしれんね」

冗談で話してたけど、絶対にありえないとは言い切れないのがまた怖いところだったり。

そして、ドッキドキの決勝スタート。Aメイン出場車種の内訳はTA05が7台、TB02Rが2台、
TT01が1台。スタートもうまく抜け出して完全に先行ペース。インをなめてパイロンを
踏んだりとか、そういうのを極力避けてとにかくミスらないように、というのがひしひしと
伝わってきて、まったくもって鈴木くんらしくない。2位に上がってきた7番(ちなみにTT01)が
アグレッシブにじりじり迫って来つつも、要所要所で惜しいミスをしてなかなか届かない、
という本来の鈴木くんそのものだっただけに、見ててものすごい違和感。

結局、25周をノーミスで走りきり、一度もトップを譲らないままでゴールした。
いつかの名古屋港での垂直ジャンプを超えるパフォーマンスを期待してたのに、残念だ。
ワーチャン代表権ゲットおめでとう!そしてさようならN1!

「ぱぱー、いちばんおめでとうー」

こんな穢れない子供たちの祝福に胸が痛まないのか。痛まないんだろうなあ。
というわけで、11月は静岡で酒盛りらしいです>関係者各位

e0034693_22305857.jpg

[PR]

by harusame_kingdom | 2006-08-27 22:31 | らぢこん | Comments(3)
2006年 08月 27日

ニューでぢかめ

…や、自分のではなく。
買ってまだ半年だし、後継は出たけど買い換えようと思うようなモンでもないしなあ。

前の前に使ってたサンヨーDSC-MZ3は親が使ってたんだけど、これが壊れて
シャッターが切れなくなった、との事で、直して使うのかと思ったら新しいの買うそうで。

ずっと、頑固で質実剛健な親だと思ってたんだけど、実は他人の物欲にはケチをつけるけど
自身の物欲には素直な親だったという事が最近だんだん解ってきた。
なるほど、血は争えねえ(納得

要求項目をリサーチしてみると、こんな感じに。

・光学ファインダーが欲しい
・小さくて軽いやつ
・安い

とりあえず、光学ファインダーが第一に出てくるのに驚いた。
「液晶なんかちっこくてわからん」との事。
単にMZ3の液晶が旧世代の1.5インチぐらいだったせいかとも思ったが、
FX2の2インチやFX01の2.5インチを見ても「おんなじだ」との事。
要は、老眼なので、細かい表示を近くで見るのが困難、という事らしい。
近視のおいらにはコンパクトデジカメのちっこい光学ファインダーの方がよっぽど
見づらいと思うんだけど、老眼にはこれがいいらしい。わからんもんだな。

普段持ち歩いたりするわけではなく、旅行に行ったときぐらいしか使わないんだし、
昔は趣味でカメラやってた人なんだから、それなら一眼でいいんじゃね?とも思ったけど、
どうもちっこいのがお望みらしい。店頭で能書きを見るときでも「こっちは3倍ズームだけど
こっちの4倍ズームのほうがいいんだな」とか平気で言うし、昔やってた頃でも
ズームレンズなんて使ったことなかった人なのかもしれない。

それでもまあ、ポータブルプリンタ買いに行って複合機買ってくるような人なので、
現地でいろんな現物に触ったらまた気が変わるかもしれぬ、とも思ったけど、
結局はこのへんに落ち着いた。

e0034693_20345274.jpg


IXY DIGITAL 800IS。モノはいいんだろうけど不必要にオッシャレーで割高なイメージが
根強くて、最初の頭の中では候補にも入れてなかったんだけど。
IXY DIGITALもEXILIMも昔は全然ジャンルが違うと思ってたのに最近はあんま変わらないのな。

自分のFX01と比べても動作のシャキシャキ感は遜色ないというかむしろ速く感じる。
操作系は、十字ボタンに振られた機能の使いやすさと、モードダイヤルに「なんとなく残った」
機能の使い勝手の微妙さが対照的。もう3つぐらいボタンつけてダイヤルなくしたほうが
素人さんには使いやすそうな気がする。
メニュー構成は、全般的に異常に入りやすい代わりに、出るときにちょっと頭を捻る局面が
多い気がするのはパナソニックな操作系に慣れすぎたせいだろうか。
あれも基本ルールがちょっと変わってるけど、全ての機能がびしっとそのルールに則ってるから
一度覚えてしまえばどこに入っても迷わないから便利なんだよな。

シャッター半押しから教えなきゃならない母親はまぁ仕方ないとして、
必死でマニュアルに蛍光ペンでチェックしながらアイコンの内容を覚えようとする父親には
「とりあえず実物をいじり倒してみ?なんとなくは解るから」
と実践的なアドバイスをしてみたが、それでも蛍光ペンを放そうとはしなかった。

まぁ、好きにすればいいさ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-08-27 21:04 | でぢかめ | Comments(0)
2006年 08月 26日

今使ってる机は、学習机の棚の部分を取っ払った奴で、まっ平らで広い天板と引き出しのみ。
シンプルで自由度の高く、ここに16インチ液晶3台とキーボードとマウスが2セットづつ置いてある。

これはこれで悪くないんだけど、今度引っ越す事だし、いい機会だから何かもっと
いい塩梅のモノはないかと思案中。

ふと見つけて大変気になってるのがこれ

…やー、実際、こんな仰々しいゲーム机が欲しくなるほどゲームをやる人でもないんだけど、
ゲーム抜きでもけっこういろいろ快適に使えそうだな、って思えたのと、引っ張り出してきた
ツインスティックがどーやっても納得の行く設置が出来なくてフラストレーション溜まり気味
なのが大きな動機だと思う、たぶん。

しかし、値段を見てちょっと我に返る。内容と特殊性を考えればそんなに法外でもないと
思うけど、ここまでのものは必要ないよなあ、と思うと(弱

将来的にはディスプレイはアーム固定にしようと思ってるので、机は広さよりもむしろ
頑丈さが重要になってくると思う。P.さんとこみたいに適当な板を用意して自分で好きなように
組み合わせて作ろうかとも思ったけど、それなりにしっかりしたものを作ろうと思うと、
コストも手間もけっこう馬鹿にならないと思うし。

何かいいネタ知ってる人いたら情報求む。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-08-26 00:01 | ひとりごと | Comments(7)
2006年 08月 24日

DF03アルミダンパー

べつに最新アイテム、という訳でもなく、すぐに必要な訳でもないんだけど。
…なんでこんな金の無いときにわざわざ買うかなあ(困

e0034693_20384840.jpg


待望の画期的アイテムでありながらつっこみどころも満載、というあたり、
DF03というクルマにこれほどふさわしい装備も無いんじゃないだろうか。
いろんな方面ですでに語り尽くされた感もあるけど、一応おいらの視点からも。

まず、価格。DF02アルミダンパーより700円、ツーリング用TRFダンパーより400円高い、
絶妙なライン。ほぼ「長いスーパーローフリ」だったDF02用に対し、「長いTRFダンパー+α」な
内容でこの値段はけっこうお買い得感は高めだと思う。
最初に発表された頃はもっと強気な値段だったような気がするんだけど、いくらだっけ?
タムギア用ダンパーと混同してる可能性があるけど。あっちの方が高いしなあ。
定価ベースでキット価格の1/3弱、量販店での実売だと1/2弱、と考えるとたっかいオプションに
感じるけど、キット価格が安すぎるから、そういう見方は酷だと思う。

オイルシール部分を見直して、ロッドガイドのスパンを広く取って首振りを防ぐ、という考え方は
京商のトリプルキャップ(バギー用はまだ市販はされてない)にも通じる最新トレンド。
…アソシが大昔からやってる事にやっと気付いた、とも言うけど。

そのせいか、DF02用でもキット付属CVAダンパーよりだいぶダンパー長が長くなったけど、
DF03用ではさらに長くなった模様。サスストロークとドッグボーンの角度に結構深刻な
問題を抱えるシリーズなのに、純正オプションでそのへんをわざわざ突っついて見せるのは
高度な自虐ネタ、ということで笑うところなのだろうか?判断が難しい。

新規開発と思われるのは、ダンパーケース、ねじ式ばね受け、穴が大きくなったピストン、
追加されたロッドガイド(スペーサー?)ぐらいで、全てアルミやテフロンの削り出しモノ。
成型パーツは相変わらず既存の使い回し。使い回すこと自体には文句はないけど、
必要な部品より不要な部品のほうが圧倒的に多い構成はいい加減そろそろ考えるべきだと思う。
タミヤのダンパーを買うたびに毎回思うんだけど。

TRFダンパーはまだ4本でVパーツを4枚使うだけ(でもゴミ多すぎ)だけど、これは
リヤ側にX部品を使うので、V部品4枚+X部品2枚。計6枚。
これだけあって、実際使うのはV部品のダンパートップ4個、ロッドエンドと下ばね受けを2個づつ、
X部品のロッドエンドと下ばね受けを2個づつの計12個だけ。あとは全部ゴミ。

あと、ただ「ソフト」とだけ書かれた番手どころかシリコンかどうかすらも謎なダンパーオイルを
付属するのもいいかげんにしてほしい。キットならまだしも、こんなダンパーわざわざ買う人に
そんなわけわからんオイル付けられて喜ぶ人なんて居ないのに。
ただ、説明書には「400番」と書いてあるし、現物も確かに黄色い。
実はちゃんとしたオイルなのかもしれないけど、それならそうと現物に書いておいてくれ。

あと、DF02用には青いアルミピロボールがわざわざ付いてきたけど、今回はなし。
買うとけっこうするモノだけに、付いてるとちょっとうれしかったんだけど、仕方ないか。

ラジコン用ダンパーにはじめてダイヤフラムを採用したメーカーだから、という訳でもない
(…あれ?最初はパラノイアだったっけ?)と思うけど、タミヤ的には安定して組みやすい
ダンパー、ということでダイヤフラム式は外せなかったのかもしれないけど、
京商(ていうかアトラス)みたいにエアレーションと両方組める方向で行ってほしかったなあ。
実際、このダンパーが出てくる前にTRF501Xのダンパー(恐らくエアレーション)は存在
したんだし、やろうと思えばできない事はなかったはず。どうせ発売延期してたんだし。
ていうか、タムギア用はエアレーションだし。あっちの方が本気度高いってことなのか?

と、まあ、実際組んでみる前に言える範囲でこんなにも突っ込みどころがある。

でも、本来タミヤってこういうポジションだったと思うし、これでいいと個人的には思う。
ローエンドを比較対象にできる値段で、独創的な造り&ハイエンドと比較できる性能。
口では「まぁ、タミヤ車だし」とか日和った事を言いながらも、目は食ってやる気満々で
ギラついてる、という正しいタミヤフリーク(勝手に想定)に相応しいクルマ・DF03。

MR-4BXのまるごとパクリみたいなTRF501Xは、思えば今のタミヤがこんなになっちゃう
契機になったTRF414Xが、当事のスタンダードだったRS4PRO2のまるごとパクリだったのと
まったく同じ構図で、何やら猛烈に悪い予感がする。
今さらやめろとは言わないけど、こっちが本流になることはあっちゃいけないと思う。

「能書きたれてる暇があったらとりあえず走るようにしやがれ」というつっこみはご容赦下さい。
もうちょっと涼しくなったら、まぁ、なんとか(弱
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-08-24 21:54 | らぢこん | Comments(0)
2006年 08月 23日

(前略)フゥーハハハー

盆休みのまったり進行はすっかり元通りになって、忙しい毎日。
しかし、ただの元通りでは済まず、今週頭に一人脱走兵が出てさらに大変に。

昨日はヤードチェック中に大雨&すげぇ雷にやられてえらい目に遭い、
今日は今日でどこまでも続くキャンセル(仕事が減るのではなく、「キャンセル」という
仕事が増える)に追われ続けて身も心もへとへとに疲れ果てた。

「もういやだ!もう沢山だ!もう明日は来ない!」

…まぁ、もともと明日は平日休みの予定だったんだが。

というわけで、週中の貴重な骨休め。今の職場は水木がピークなので、そういう意味でもありがたい。
車検から帰ってくるバイクでどっかにぶらっと出かけようかとも思ったけど、
明日もまた暑そうだなあ(弱

まぁ、まったりしようか。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-08-23 23:45 | ひとりごと | Comments(2)
2006年 08月 21日

暴言けしょけしょ

なんとなく久々に見に行ったとこで、見ないほうがいいものを見てしまった。
何を今更、とか、もう時効じゃん、と言えなくもないけど、きっと今も学習できてないと思うので。

書く前からつっこまれる事が解ってるのなら、なぜつっこまれないように書けないのか。
つっこまれる事は百も承知だけど、それでも声を大にして言いたいんじゃ!という気迫が
感じられる訳でもなく、変に卑屈な態度がより効果的に神経を逆撫でする。

それとも、本気でどこをどうつっこまれるのか想像も付かないけど、ただ漠然と
なんかつっこまれそう、程度にしか感じられないのだろうか。
事あるごとに極力わかりやすくつっこむよう心がけてきたつもりだけど、
わかってもらえてなかったなら、ただただ残念だ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-08-21 22:40 | ひとりごと | Comments(2)
2006年 08月 20日

週末

めずらしく結構早めに目が覚めて、めずらしく公約どおりに10時にアリスへ。
今回は人も少なめで、席も余裕で取れた。とりあえず充電しつつ、いろいろ買い込み。

とりあえずGTチューンのままギヤだけカチ上げようかと思ったけど、やっぱり27Tで。
ちなみに前回まで使ってたカワダ27Tはシェイクダウンの時にエンドベルを壊してたので
また新たに同じのを買った。最初からDSEコネクタだから楽でいいね。

タイヤはずっと持ってたけど富山では出番が無かったRP36。同じく富山で使えなかった
スパイスのモールドインナーを組んでみるが、今度はちゃんとはまった。

グリップも運動性も十二分。長いストレートで修正舵を当てるのが怖いのでさらに舵角を
絞って、とうとう50%に。それでも全然曲がるし。
えげつない羽根でリヤが安定するのは解るけど、フロントの追従もかなりのもので、
リヤより1ミリぐらい低かったフロントの車高をリヤと同じにしてやっといいバランスになった。
富山の時と同じ、磐石のリヤグリップで、好きなように振り回せる絶妙の運動性。
ただ、コースが広い分スピードも乗るから、高速コーナーで激しくハイサイドする。
何の前触れも見せずに突然吹っ飛ぶのが心臓に悪い。
空力では優秀なものの、やっぱり重心が高い分高速コーナーは苦手なのかもしれない。

富山では何の遠慮も無くガンガン走れたけど、ハイサイドが怖くて遠慮気味になるので
あれほど無条件で一方的な爽快感は無く、23Tのツーリングに付いていけそうなのに
退かなきゃならない場面とかで微妙にストレスが溜まる。トータルでは充分楽しいんだけど。

1パック丸ごと連続走行はモーターに悪そうな気がするので、キリのいいとこで
一休み、みたいなカタチで1パックで3回走って、3回目で右前ナックルを折って終了。
けっこうたっぷり走ったつもりだったのに、放電したら1300も残ってた。燃費いいなあ。

今日は人は少なかったけど、それでもTF-5とスタリオンが1台づつ居てびびる。
おー、買う人いるんだなあ(他人事のように
青い車や紫の車ばっかのとこに赤い車は非常に新鮮でかっこよかった。
おいらもぼちぼち組むかなあ。

ぼちぼち引き上げるかなー、とか思いつつ店内で涼んでたらevaさん登場。
しばらくだべって撤収。3時くらい。

シルバーストンで遅めの昼飯を食べて、タムタム寄って、さぁ帰るかー、と思ったけど
なんとなく大須に寄る。中古のメガドライブ2本体とオラタンを買う。任務完了。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-08-20 23:48 | らぢこん | Comments(2)
2006年 08月 20日

たまには自主的に

走りに行こうかと思う。
というわけで、明日はアリスへ。10時くらい目標。
TA05も持って行くけど、たぶんサニオRRでうひゃうひゃ言いながら一日走る予定。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-08-20 00:14 | らぢこん | Comments(0)