<   2006年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 26日

サニオRR

e0034693_22101982.jpg


本家であるとこや3の1号機がメジャーデビューしたことだし、そろそろ解禁かな、という事で。

4駆が単純に強いのは当然なんだけど、限られたサイズ&キャパの範囲で、2駆のままで
気持ちよくスポーツ走行をするならリヤモーターだろう、という思想に基づいて、
この分野では最先端かつ最高峰である、競技用2駆バギーのミッションを流用した
自作Mシャーシ。基本コンセプトはサニオさんで、特にこっち方面ではおかしいぐらいに
圧倒的なノウハウを持つとこや3が設計して、岩さんの職人芸でカタチになったもの。

自作Mシャーシなんて、自作バギーよりもさらにニッチ分野だし、知らない人は知らないというか、
知らない人の方が圧倒的に多いとは思うけど、とこや3のラジマガでの連載でも紹介されてるので
それで見た事ある人もいるかも。

ていうか、そのせいでずっと公開を自粛してきたんだけど(汗

ちなみにこれ、ベース車というかミッションがアソシB3のものと京商アルティマの2種類が
存在し、実質両車はぜんぜん別物になっている。
B3版はサニオさん、岩さん他何人かの希望者に作成された(作成される?)けど、
アルティマ版は現時点ではとこや3の1号機とおいらの2号機しか存在しない、はず。

製造元である岩さん曰く「初代アソシRC10のイメージ」だそうで、金カーボンのフレームに
ナチュラルFRPのダンパーステーに白いサスアーム。

リヤモーターに縦置き電池、という基本レイアウトは2駆バギーと同じで、後輪トラクションと
運動性を両立させるのに、たぶんこれ以上の方法はないと思う。
サイズの都合で足が短いのは仕方ないけど、タミヤのサスマウントを使う設計で、
セッティングの自由度は高い。2駆でもこのサイズではほとんど余裕は無くて、
整然と普通に配置されてるように見える各要素も、よく見るとかなり綱渡りなのが解ると思う。

自作車とは言え、各パーツの加工精度は下手な量産車以上なので、そのレーシーかつ
マニアックな佇まいは眺めてるだけでよだれが出る。
同じ土俵で戦うのがタミヤM03/04なのかと思うと気の毒になってくるぐらいだ。
ハチロクとスーパー7ぐらい違うんじゃないだろうか。

来月のあひる富山ではこの子で大暴れする予定だけど、いまだ未走行(弱
週末の花火前にシェイクダウン敢行予定。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-07-26 22:56 | らぢこん | Comments(7)
2006年 07月 25日

おいでん

さて、気が付けば今度の日曜ですよ奥さん。

というわけで、とりあえず告知。
昼間はらぢこんやってるふりをしつつ、夕方から花火を見つつ肉とかししゃもとかを焼いて
食って飲みまくろうという、毎度のあれ。

夜は周辺の道路が完全に麻痺するので、現地には遅くても4時半ぐらいまでには
入っておかないといろいろと大変な目に会うと思う。
買出しとかもあるので実際はもうちょっと早く集まったほうがいいと思う。3時くらい?
らぢこんは別にやらなくてもおっけー。っていうか近年はやる人の方が圧倒的に少ない。

花火そのものは9時かそこらで終るけど、周辺の交通の麻痺は11時以降まで続くので、
帰る頃には日付が変わるのを覚悟する必要がある。月曜仕事で早い人とかは要注意。

だいたいの人数を把握したいので、参加する意思のある人はコメントよろしく。
ほとんどわかってる人ばっかだと思うけど、わからない人は気軽に質問してください。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-07-25 01:02 | 告知 | Comments(6)
2006年 07月 25日

3PKS未使用インプレッション

さて、例によって実戦投入前の益体も無いコメントを。

まず、外観。ヘリオスとは真逆の方向性。質実剛健というかシンプル。
X68kユーザが泣いて喜びそうなチタンブラックの色合いは悪くないが、
細部の質感はけっこうてきとうというか安っぽい。
デザインがシンプルな分、面がきちんと出てなかったりするのが妙に目立つ。
端子のキャップとかはけっこうしっかりしてるので、ヘリオスよりはいい作りなのかも。
ごてごてしたデザインは細かいアラを隠す効能もあったのかもしれない。

持った感じは…あまり重くも軽くもない感じ。
素のヘリオスを始めて持った時ほどは軽くないけど、エクステンションをつけた
ヘリオスよりは軽いような気がするけど…正直、自分の感覚そのものが疑わしい(弱

グリップは、親指のあたるとこが絞り込まれた形状で、細目が好みのおいらには良好。
贅沢を言えば全体にもう一回り細ければ最高だけど、たぶんこれは少数意見だろう。
ステアリングは…特に何も感じない。普通?はまってるスポンジはかなりやわらかくて
きめが細かいタイプ。気持ちいいけどすぐぼろぼろになりそう。
スロットルは…サンワほど短くなく、KOほど長くないストローク。
けっこう万人向けなんじゃないだろうか?おいらはどうせすぐ慣れると思うけど、
「サンワじゃなきゃだめ!」みたいな人はたぶん何を言っても参考にならないと思うし。

アンテナはサンワほどじゃないけどけっこう短め。ただ、縮めた状態が妙に長い。
本体はけっこうコンパクトな部類だと思うけど、このアンテナのおかげで、収納時は
主要3機種の中では一番かさばるのかもしれない。

そして、恐らく最大の目玉であるコンピュータ部分を。
結論から言うと、ソフトウェア部分のインターフェースと機能は一番優れてるように思える。
ディスプレイはKOよりはでかいけどサンワほどじゃない。しかし、機能を一覧表示して
カーソルで選ぶサンワ式に近いインターフェースは取っ付きやすいし使いやすい。
2ページの切り替えになってしまうのが残念だが、サンワもM11でページ切り替えになったし、
サンワの2方向カーソルよりも、KOのジョグダイヤルよりも、フタバの4方向スティックが
一番直感的で使いやすいと思う。なんで最初からこうしなかったんだろう?

機能はオーソドックスなものから、M11みたいな自由度の高いミキシングとか、
本来メーカーに送って調整するような、ホイールやトリガーのハードウェア的なズレを
ユーザ自身で補正するような機能まで、すごい充実っぷり。
サンワではEXPとARCに分かれていた機能が、EXPのモード切替の形で統合されてるのは
すごい合理的だと思った。KOがやってた、機能をレベル別に表示したり、メニューそのものを
カスタマイズする機能もしっかり備えてるし、他にあって3PKSにない機能ってたぶん
無いんじゃないだろうか?

ただ、残念なのは…やっぱり、この位置にディスプレイと操作キーがあるのは
使いやすいとは言えない。ホールドする左手と操作する右手のそれぞれがお互いに邪魔で
窮屈な操作感。M11の位置&サイズの画面に3PKSのキー&インターフェースなら、
メニューも1画面にまとまるし、見易さでも操作性でも最高のものができると思うんだけどなあ。
惜しい。実に惜しい。

全体的に安っぽいのも、実際安い(フルシンセでも素のM11と同じかそれ以下)し、仕方ないのかも。
敢えて文句をつけるなら、700mAなんて中途半端なニッカドを標準装備するぐらいなら、
乾電池を標準仕様にしてもっと安くしてくれたほうがありがたかった。
ホイールを下げるアダプタが標準装備なのはいいけど、犬ひも(DSCケーブル)が別売り
なのも気になる。必要なモノだと思うんだけどなあ。

総じて、使用前の印象は現行主要3機種の中でも一番だと思う。
あとは、実際使ってみてどうか。フルシンセの信頼性も気になるし。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-07-25 00:47 | らぢこん | Comments(0)
2006年 07月 23日

常用小型無線機買い替え

昼過ぎに起床。なんとなく床屋行って、なんとなく家財道具とか見て回って、
なにげに隅っこの携帯屋でなんかauがキャンペーンみたいなのをやってるのを知る。
機種変でも1年以上なら新規とほぼ同じで、1年経ってなくても3千円ぐらいしか変わらない。
全機種ではないけど、主要っぽい7機種で、目当てだったのもちゃんと含まれてる。

あと3ヶ月待つつもりだったけど、そういうことなら行っちゃうよ?ということで

e0034693_2210794.jpg


行ってみた。W42CA。左のちっこいのが今まで使ってたW32H。
かっこいけど、やっぱりでかくてごつい。たぶんすぐ慣れるけど。
操作系はお馴染みのカシオ日立系なので説明書読まなくても平気。
メニューとか読み込みを要する動作はけっこう軽くなったような気はするけど、
キー押しっぱでスクロールとかの、処理能力に関係無さそうなとこが遅くて少しイラつく。
調整できんのかな?これ(調べろ

しかし、何なんだよmicroSDって(困

買ったものの結局封も開けずに「まぁいいか、次ので使えば」と思ってた
128MのminiSDの立場は?(無

ちなみに、今日買った訳じゃないが、こっちも買い換えた。

e0034693_2331669.jpg


3・P・K! 3・P・K!

というわけで、3PKSuperフルシンセサイザー購入。
初のフタバハイエンド。これでおいらも立派なとしあきです。

持った感じ、ちょっと触った感じはけっこう好印象。ヘリオスとM11のいいところを
足して2で割ったような感じ。これなら愛せそう。突っ込んだ話はまた今度で。

しかし、ノーコンで苦しんでたのにフルシンセとは何事かと小一時k
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-07-23 23:39 | 携帯 | Comments(6)
2006年 07月 18日

ニク肉ウマイ

何の予定も無い、雨の休日。
さて、床屋行こうか、家財道具とかいろいろ見に行こうか、とかなんとなく考えてたら
たかひろさんちの近くの焼肉屋で生中100円というメッセが。

昼間っからビールと肉にまみれた実に優雅な休日だった。
しかし、確かにわりと遠慮しないで食いまくったのはあるが、それにしても
ビールが100円なのに一人頭5000円というのはいかがなものかと思った。
何か騙されてないだろうか?まぁ、うまかったけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-07-18 00:15 | ひとりごと | Comments(2)
2006年 07月 16日

アメ雨フユカイ

週刊予報ではずっと雨(最大で70%ぐらい)だった日曜だが、近づくにつれて
面白いように降水確率が下がってきて、とうとう10/20%ぐらいまで来た。
うはは、こりゃ勝ったも同然、と安心し切ってアリスへ向かう。

12時ちょい過ぎぐらいに到着したものの、近くに車停める場所が全滅。
まぁいいか、と余裕かましてコンビニに向かい、ジュースを買って出てくると
ものすごい勢いで雨が降ってきた。
「うわー、大丈夫か?」ではなく「あかん、こりゃ無理」なレベルの奴が。

轟音の向こうに神が馬鹿笑いしてる声が聞こえる。それにしても笑いすぎだ>神

すっかり諦めつつ再度アリスへ向かうと、すぐにevaさんと合流。しばしだべりつつ
様子を見てみるものの、嘲笑うような雨は降ったり止んだりをひたすら繰り返し、
コンディション回復は絶望的だった。

シルバーストン経由でタムタムへ。こっちは凄まじい混み具合で車を停めるのに一苦労。
こっちもコース走行は諦めて、いろいろ見つつだべりつつ、で終了。

むーん、残念。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-07-16 22:02 | らぢこん | Comments(2)
2006年 07月 15日

満腹でシュー

ガッチリドッドーン

e0034693_2043540.jpg


解凍は不十分だった。生クリームの極々表層部のみがいい感じ。
素手で皮をちぎってクリームをつけながら、という食べ方をするにはあまりにも硬すぎるので
早々に諦めてカレー用のスプーンを持ってきた。

e0034693_2075189.jpg


シューのさくさく感は見事。すげぇうまい。生クリームもあっさり甘さ控えめでいい感じ。
カスタードは…凍ってシャーベット状になってて、あまりカスタードな気がしない。
小学校の給食で出た冷凍プリンみたいな感じだろうか。これはこれでうまいんだけど、
あまりシュークリームを食べてる気はしない。まぁサイズもサイズだしな。

しかし、これはきちんと解凍すれば相当うまいんじゃないかと思う。

e0034693_2012235.jpg


完食。

楽勝とはとても言えないが、バケツプリンのときの、脂汗の出るような臨界付近みたいな、
そういう感覚はない。「やー、もう食えん」って笑って言える感じ。

送料手数料込みで2500円ちょい、というのはネタとしても悪くないと思うし、
ケーキだと思えば意外と普通っぽい気さえする。

普通にうまいものが食べたい人にもお勧め。でも解凍はきちんとやった方がいいと思う。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-07-15 20:19 | ひとりごと | Comments(8)
2006年 07月 15日

でかいでシュー

コンビニでよく見かける、「超ジャンボ」とかものすごい肩書きをつけた、ちょっと大きめの
シュークリームに心底うんざりして早幾年。

や、でかいシュー自体は嫌いではない。むしろ大好きだ。悪いのは極端な肩書き。
ちょっといい映画でも、「空前の大ヒット」「全米が泣いた」「強力電波で大会ぶっちぎり」とか
仰々しい肩書きが付くと急に陳腐になるような、あんな感じ。

しかし、そんな仰々しい肩書きに負けないほどの威容を備えたシュークリームを一度
拝んでみたい、と思っていたのもまた事実。そして、夢は現実となる。

でっかいシュー

もちろん、火種はたかひろさん。

これだけの破壊力を秘めながらも「超」とか付かないとこに更なる凄みが。
やはり、弱い犬ほどキャンキャン吼えるもので、真の強者とはこういうものなのだろう。

届けられた状態は、こんなの。

e0034693_19234220.jpg


だいたいバケツプリンの第2段階(?)と互角ぐらいのレベル。さすがにバケツプリンの
第1段階と比べるとインパクトでは負けるか。

e0034693_1925358.jpg


しかし、第2段階でもトーンダウンがほとんど無い。脱いでも凄いんです!
スペック上はバケツプリンの1キロに対して500グラムと、約半分だけど、
そのウエイト差をまったく感じさせないこの威風堂々たる佇まいはどうだ?
正直「まぁ500グラムなら」とナメてかかってたおいらは動揺を隠せない。
「決して一人では食べないで下さい!」というのは伊達ではなかった。
条件はバケツプリンの時とほぼ同じで、普通に晩飯食べた後。

ちなみに、冷凍で届けられて、冷蔵庫でゆっくり(6時間)かけて解凍するのが
正しい手順だが、そんな悠長なことはやってられない。
こうやってうだうだと室温で1時間ぐらい放置したので、まぁ大丈夫だろう(てきとう

では、いただきます。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-07-15 19:45 | ひとりごと | Comments(0)
2006年 07月 12日

オレTA05試算

じゃ、自分の今のはどうなのさ、ということで試算してみた。
…試算って言うのか?

センターワンウェイ 3000円
フロントワンウェイ 4000円
リバサス 7800円
ユニバ(ボーンのみ48mm)
 1200円(アルミ)
 1100円(鉄)
TRFダンパー(青) 5800円
スタビ 1200円
アルミリヤハブ 3600円
アラミドベルト 600円×2
アルミサスマウント 800円×2
ブリッジマウント 900円×2
カーボンステアリングリンク 2000円
チタンコートダンパーシャフト 600円×2
ハイトルクサーボセイバー 700円
チタンターンバックル
 3×28mm 1000円×2
 3×23mm 900円
ローフリクション5mmアジャスター 300円×2

今回はちゃんとターンバックル周りも込み。
かっこいい青アルミよりも曲がらないチタンを選んだので若干お高め。

で、これだけでもすでに定価で37900円。タムタムでも24635円とか。
贅沢っぽいパーツはたぶんアルミリヤハブぐらいで、必要っぽい線で固めたつもりなのに。
これでもキット価格と合わせるとすでにエボⅤに手が届くレベルな訳で。

「エボなんて高くて買えないからTA05にしておこう」

とか考えてる人が居たら、今一度よく考えてみる事をお勧めする。
ある程度真面目にやるつもりなら、これくらいは簡単に行っちゃうはずだし。

たぶん、タミグラに出るとありとあらゆる金属部分がキンキラキンのサムライブルーな
TA05がごろごろ走ってると思うけど、それらはみんなそのへんの415よりもよっぽど
カネが掛かってるはずなので、今後は心して見るように。

やっぱり、ハイエンドマシンってお買い得だと思う。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-07-12 21:17 | らぢこん | Comments(2)
2006年 07月 12日

ハイエンドTA05試算

なにげに、フルオプションのTA05をバラ買いするといくらになるのか試算してみた。
構成は以下の通り。

チタンビス 4800円
センターワンウェイ 3000円
フロントワンウェイ 4000円
リバサス 7800円
ユニバ(ボーンのみ48mm)
 1200円(アルミ)
 1100円(鉄)
リバサス用ベアリングスペーサー 350円
TRFダンパー 5800円
スタビ 1200円
アルミリヤハブ 3600円
アラミドベルト(青) 700円×2
アルミサーボマウント 1200円
ポンダーステー 2000円
アルミクランク 2400円
カーボンダンパーステーF 1100円
カーボンダンパーステーR 1200円
ダンパーステー用カーボンマウントスペーサー 1100円
カーボンダンパーステー用セッティングスペーサー 800円
アルミデフジョイント 1800円
アルミサスマウント 800円×2
ブリッジマウント 900円×2
フッ素コートサスボール 700円
モーターヒートシンク 2500円
カーボンステアリングリンク 2000円
センタープーリーブッシュ 250円
チタンコートダンパーシャフト 600円×2
チタンコートサスピン
 1200円(アウター2.6mm)
 600円×2(インナー49.7mm)
カーボンバッテリープレート 1700円
カーボンロアデッキ 4500円
カーボンバルク 1200円
カーボンステフナー 650円
カーボンセンタープレート 900円
アルミサイドブレース 1300円
軽量センターシャフト 400円
アルミモーターマウント 5000円
ハイトルクサーボセイバー 700円
B部品(バンパー・ボディマウント) 700円
ウレタンバンパー 250円
タングステンデフボール 1500円

基本的に、付けなくても良さそうなモノまで付けれるものは全部、という方針で。
さらに、ピロボールやターンバックル周り、青いねじとかも要るけど面倒になったので
とりあえずパスして、ここまででも定価ベースで77100円という凄い数字が出た。
35%引きのタムタムでも50115円とかそんな感じになる。

さらに、普通で売ってないノーマルパーツやデフやベアリング等がいい感じでセットになった
カスタマー扱いのTA05袋詰Aが3300円。余裕でサイクロンのハラエディションとか買える。

…しかし、キットとバラ買いを比較すること自体すでにナンセンスなのに、
それでもサイクロンといい勝負というのは、正直思ったより健闘してると思う。
やー、それはいらんでしょ、というのを省けばけっこう現実的なのかもしれない。
むー、思ったより安い車なのかもしれない。恐るべしTA05。

「ハイエンドと同等以上になる樹脂車のどこが安いんじゃ!」とか言う人もいるかもしれないけど、
バラ買いすりゃ高くつくのは当たり前の事だから。デアゴスティーニとか。
サイクロンのバラ買いを試算してみれば解ると思う。面倒だからもうやらないけど(疲

コンポジット系樹脂パーツ一式とリバサス、ワンウェイとTRFダンパーを標準にした
TA05Rとかが出たら、実売2万弱ぐらいで収まりそうな気がするけど、どうだろう?
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-07-12 01:51 | らぢこん | Comments(0)