神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 30日

RC sports vol.4

なんだかんだと、毎回買ってしまっている。来月から月刊化らしい。

へんてこランキングが無くなって少しほっとした。
カーオブザイヤーは縁起物だから致し方ないところか。年1回ぐらいは。

サベージャーな方々には新型サベージはビッグニュースなのかも知れないけど
個人的にはまったく興味ないし。

再販マイティフロッグにすごいページを割いて組み立てまでやってるのには恐れ入る。
個人的にはああいうのは好きな奴だけにニヤニヤしながらやるべきだと思うので、なんとも。
MR-4BXの最新版がでかめの写真で出てるのはいいけど、あまり代わり映えしないのは仕方ないか。

…なんか、文句しか書いてないような気がするけど、総じて普通のらぢこん雑誌だと思う。

個人的にいちばん良かったのは足立伸之介がうれしそうにドラゴンボールやガンダムの話
してるとこ。なんだかほっとした。

あとスパイラル店長にお姫様抱っこされるアツシハラの写真とか。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-01-30 21:59 | らぢこん | Comments(0)
2006年 01月 29日

ジェネティック:ボディとメカ積み

e0034693_19113881.jpg


ようやく走れそうなカタチに。
厳密には、あとアンテナ立ててメカの調整しなきゃ行けないけど、まぁそれくらいは。

ボディの出来はすこぶるいい。ABCのボディは初めてだけど、絶妙な変化球でニッチな需要を
刺激するラインナップに定評はあっても、ボディそのものの出来はお察し下さい、
なイメージからは想像も付かない、お世辞抜きで「これタミヤ製だよ」って言われたら
そのまま普通に信じちゃうレベル。プロポーションから細部まで抜かりなく良く出来ている。
説明書とマスキングシートのてきとうっぷりだけが残念だけど、まぁそれくらいは。

結局いつものカラーリングで、でもラリー風なオプション外装は付けずに羽根だけつけて、
ライト内部パーツとかも使わず。次があったらもうちょっと気合入れてみようかな、と。

個人的に特筆したいのは、こんなに気合いの入った「さあ電飾しやがれ!」と言わんばかりの
ライト周りなのに、ちゃんと作った(しかもハイ/ロー点灯の2パターンの!)ライトステッカーが
付いてること。ここだけ見るとタミヤよりもよく出来てる。っていうか、タミヤのライトって結構てきとう。

メカは、まぁ、配線済みだったアンプを載っけただけ、と言えばそれまでなんだけど、
想像以上にタイトで苦労した。モーターコードの途中にショッキーを付けるのは考え直したほうが
いいかもしれない。モーターとサーボの中途半端な隙間は、キャパシタと電源スイッチで
程よく埋まっていい感じのカタマリ感。

あと、この車に限った話じゃない(レーザーZX-Sとかも)けど、アッパーデッキに受信機を
載せる指定なら、あんまり肉抜きしないでほしい。そんなに力掛かる部分じゃないけど、
しっかり両面で貼れないのはあまり気分が良くない。

アンテナホルダーが、アッパーデッキの裏側からアンテナ線を通すタイプだけど、これ、
普通にメカが載った状態だとほぼ絶望的で、アッパーデッキ外さないと無理っぽい。
受信機をここに常駐できるなら問題ないけど、他の車ととっかえひっかえするなら
アンテナホルダーを何か違うのに交換したほうがいいかもしれない。

さあ、シェイクダウンはいつになるかな?
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-01-29 19:34 | らぢこん | Comments(0)
2006年 01月 29日

SKB新年会

土曜は朝まで仕事で、昼過ぎまでばたんきゅーで、夕方からSKB新年会。

結局集まったのは半谷さん、P.さん、岩さん、矢沢さん、おいらの5人。
半谷さんが幼少期からいかに悪い子だったか話とか、P.さんの現状のいろんな意味で大変で
面白おかしくて書けない話とか、岩さんののエミュinPSPで昔のゲームは難しかったんだなー、
とか言いつつ己の歳&衰えをしみじみと実感したりしつつ鍋をつついた。

あと、生琴欧州雷電を初めて見る。格が違いすぎてもう笑うしかない。
さすがテムジンの20倍以上のコストが掛かってるだけのことはある(違

P.さんは明日仕事とかで12時過ぎに、岩さんは明日サニーランドとの事で5時くらいに離脱。
朝は新しい仮面ライダーとかを見つつ片付けて9時くらいに解散。

だいぶ食材あまり気味だし、来週もやるか、という話に。
今度はミニッツを発掘して持って行くかな。電池死んでそうだけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-01-29 19:09 | ひとりごと | Comments(0)
2006年 01月 24日

TF5その後

…後で探すときに京商の方とごっちゃになって不便かなー、とも思ったけど、
そういうのも含めてなんか面白い気がするのでこのままの表記で行く。うひひ>TF5

や、すごいね、これ。

もう9年も前のゲームだし、サターンだし、映像的にどうしても苦しい部分はあるけど、
2Dと3Dの融合した演出とか、今時のかっちょいいシューティングがやってる事のほとんどが
もうこの時点でカタチになってたんだなー、と。

武器やシステムも、あぁ、これぞサンダーフォースだ、というのをしっかりと押さえた上で、
地味にまとまってしまう事もなく、ドラゴンボール的超インフレパワーアップで
俺TUEEEEEEEEE!な下品バランス(それはそれで好きだが)になる事もなく、
要所要所で爆発的な攻撃力を開放する、クールな爽快感?

なんか日本語が支離滅裂だけど、ララァならわかってくれるよね?

システムや世界観の洗練されきったイメージと比べると、大半のザコ敵のてきとう感というか、
古いゲームにありがちな、少量の敵・弾でどれだけいやらしくプレイヤーを責めるか、
みたいなバランスなのがちょっと残念。だからって最近の弾幕シューティングみたいな
むせ返るような弾幕が来るのも困るけど、有り余る表示能力を全てプレイヤーの爽快感に
還元するような、超連射68k的バランスがよかったかなあ、と。
まぁ、超連射68kと違ってこっちの攻撃方法も多彩だから、それを駆使していじわるな敵を
いかに効率良く叩くか、というのが肝になるんだろうけど。
目指すのが「究極のシューティング」ではなく、「究極のサンダーフォース」ならば、
この方向性が妥当な気もする。

なんかえらそうに語ってるけど、現時点ではまだ3面ボスが倒せてない(弱
強ぇなー、と思ってた2面ボスは結構普通に倒せるようになった。
倒し方を見つけたとか、何かに開眼したとかではなく、やってる事は変らないのに
なんだか自然と進むようになってきた。なまり切ってたシューティング勘が徐々にでも
戻ってきた、という事だろうか。そして、まだまだ戻る余地があるし、攻略と呼べるレベルに
突入するのももう少し先で、ゲーム自身もまだまだずっとずっと先がある。

いいね!楽しいね!わくわくするね!

たぶん、現役当事にやってたら猿のようにはまり狂ってキチガイのように大絶賛してただろう。
でも、なんとなく距離を置いたプレイになってしまうのは、部屋の配置の関係上
画面が遠いから、ということにしておきたい。歳のせいだったらあまりにも哀しいから。

で、こんなことをだらだら書きながらサウンドモードが流しっぱなしになってるけど、
これもいいね。かっこいいし、普通に連続再生になるからサントラ感覚で聴ける。
脳内で映像が自動再生されるのはまだ3面までなので、今のところはやっぱり
1面のLegendary wingsかな。視点をぐるぐる回しながら海の上をカッ飛んで行く
導入部が鮮明に浮かんでアドレナリンが出てくる。燃え。

ちゃんとクリアできる頃にはlast letterとか聴いてぼろぼろ泣けるようになるんだろうか。
先は遠いけど、まぁ、ぼちぼち頑張ろう。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-01-24 01:57 | ゲーム | Comments(4)
2006年 01月 22日

タミヤボディ考

e0034693_15381010.jpg


まぁ、急造したものの、失った出番が今度何時来るのかわからない状態になってしまったZ。
GTジャパン06のレギュレーションで使える4種では一番評判がいいっぽい。
おいら自身まだこのボディで走ったことが無いし、他のも正直よくわからない。

MR-Sはそもそもショートホイールベース専用だから直接比較は難しいと思う。
ていうか、旧機種をばっさばっさと容赦なく切り捨てる割には、現行機種で正式に
サポートされてないはずのショートホイールベースがしっかり残ってること自体が謎。
昔の印象でも少数派だったと思うけど、いまだにけっこう根強かったりするんだろうか?

NSXは…たぶんTA03ぐらいの頃の初代まで遡ると10年近い長寿ボディだけど、
ここ何年かでけっこう形状が大きく変ってきてる模様で、特性もだいぶ違うっぽい。
昔のイメージだととにかく曲げたいならこれ!だったけど、今は安定志向?

スープラは…これもけっこう長寿ボディのような気がするけど、あまり注目されることが無い
ボディだった気がする。いい話も悪い話も聞かない。とりあえず羽根は4種の中では一番でかいらしい。

で、Z。実際の性能については未経験なのでノーコメント。
ただ、おいら自身、実車Zがあまり好きじゃない(ていうか、嫌い)なので、正直抵抗があった。
しかし、らぢこんのボディになることで印象が豹変することも多々ある。
NSXも、実車はあまり好きじゃない(嫌いでもない)けど、らぢこんのは昔のHPIのから
今のタミヤのまでもう大好きで、他に圧倒的に有利なボディがある状態じゃなければ、
多少不利だったとしても選んでしまうぐらいお気に入りだったりする。

今回のZもそういうのをちょっと期待したんだけど、今のところ、それはない。
並べてる比較対象がフェラーリF430なせいもあるかもしれないけど、
とにかくもっさりした車に見えて仕方がない。高い屋根とか、立ったフロントウインドウとか。

たぶん、実車Zの元ネタがポルシェで、おいらがポルシェ嫌いなのが大きいのかもしれないけど。
ただ、走ってみて印象が逆転することもある(ダッヂとか)から、それに期待、かな。

以下はGTジャパン使用不可だけど、せっかくなのでわかる範囲で。

フェラーリ360モデナ。TA04時代の定番。全体的に低くコンパクトでストレートがよく伸びる印象。
その代わりダウンフォースは前後とも控えめで、食わない特設コースでは辛い気がするが、
へんな癖が出ないから、食わなくても食わないなりに扱いやすかったりすることも。
全体的にモールドがのっぺりしてるので意外と壊れにくいのも美点だが、
リヤオーバーハングが小さくて、おかま掘られて陥没するとリヤタイヤに干渉しやすいのが弱点。

旧NSX(2000ぐらいまで?)。羽根の違いとカットラインの違いで何種類かあるけど、
基準はたぶんポリカ羽根になった2000。コンパクトでエッジの立った造型で、よく曲がる。
深くてキツめのモールドのおかげでぶつかるとどんどんぼろぼろになる。

HKSアルテッツァ。フェラーリ360と正反対の性格で、猛烈なダウンフォースを発生する。
ていうか、やりすぎ。ちゃんと食う路面では重過ぎて使えない。
食わない路面ではとても強そうな気がするけど、そういえば使った覚えがないな。
使ってる人もほとんど見ないから実際あまり使えないのかもしれない。

ポルシェ911GT1。事実上TA03RS専用ボディなので、他との直接比較はできないが、
ショートホイールベース&大柄なボディの組み合わせは、よく曲がるのに安定して
とても扱いやすかった。性能は文句なし。でもカタチは嫌い。

フェラーリF430。不慣れなコース&初めての車でちょっと使っただけなので、
正直まだ掴みきれてない。でも、大まかにはほとんど同じフォルムだし、
へんな癖も出ないっぽいので、フェラーリ360に似た性格なんじゃないかと思う。

…耐久とかで結構な数のボディを塗ったような気がするけど、そのほとんどが
フェラーリ360か旧NSXなんだよなあ。ほぼその2択で事足りてた、というか。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-01-22 16:34 | らぢこん | Comments(0)
2006年 01月 21日

正月タミヤの顛末

木曜は深夜2時まで仕事、大丸経由で4時に帰ってきてうだうだしてたら
椅子に座ったまま寝てた事に目覚ましで気付いて布団に入った。すでに末期的。

8時半ぐらいにもぞもぞ起き出して、腐った頭で段取りを考える。
仕事は12時から夜まで。終ってからだと間に合わないので封筒取りに行くなら今しかない。
昼飯まで済ませて11時には仕事場に入っておかないと、と思うと10時にモリヤマか、
とか考えていて、気付いたら9時半だったのでもう諦める(弱

この日の仕事は早い方なら18時ぐらいに終わるから、それなら間に合うけど、
遅い方に当たると22時ぐらいまで掛かるし、閉店後になるけど直接取りに行くかな、
とか考えつつボディ塗装。窓のフロストグリーンまで全部吹いてカットして穴開けるとこまで。
まだ補強とかステッカーとかあるし充電もしてないし…とか考え出すともう何も出来ない。

結局、仕事は貧乏くじを引いて22時ぐらいまで。うん、無理。取りに行くのやめ!
まぁ、無きゃ無いでなんとかなるでしょ、と、封筒持って行かない方向で。
心配掛けると悪いのでとりあえず取りに行かない旨を電話で伝える。

鈴木くんから電話。あまりにもぐだぐだでもう何時に待ち合わせ、とかできそうにないので
ばらばらで行く事にしてもらう。

仕事は21時過ぎには終ったが、充電しつつ何気にRO繋いだら最近ぜんぜん
見なかった連中がこんな時に限って勢ぞろい。今後のこともあるし、いろいろ話し込んでたら
2時過ぎになった。充電と最低限のステッカー貼り以外の作業は何も進んでない。

慌てて荷物を車に詰め込んで3時ぐらいに出発。安城のあたりですでに運転が怪しい。
お茶とガムで焼け石に水をかけながらひたすら走るものの、0.5秒ぐらい意識が切れるのが
頻発して、こりゃまずい、と豊川サニーランド手前のミニストップに緊急ピットイン。4時。
とりあえず仮眠を、と30分後に目覚ましを掛けるが、実際起きたのは1時間後。5時。
起きた、というか、寒くて寝ていられなくなった。店内で食料を調達して車で食べてると、
鈴木くんからモーニングコール。彼は前夜から現地入りして今起きた所だそうで、
雨ざーざー降りで、周りにも3台くらいしか車居ない、との事。話してる間に1台帰ったらしいし。

あの諦めの悪さには定評のある(他人事風)タミグラ戦士達がさじを投げるくらいなら、
こりゃもう駄目だろう、ということで今回は逃げ帰る方向で合意。
ちなみに、豊川までの時点では雪は全然だけど雨はけっこうまとまった量。

しかし、引き返すとどんどん雨は止んできて、市内に差し掛かった頃には路面も乾いていた。
静岡がその後どうなったのかは知らないし調べる気もないけど、もしあのまま
静岡に向かってたとしても、無事に生きて辿り着けたかどうかは正直疑問。

あの雨は天からのドクターストップだったのかもしれない。
鈴木くんやその他参加者の皆さんにはいい迷惑だったかも知れんが。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-01-21 18:27 | らぢこん | Comments(2)
2006年 01月 19日

塗装開始

さて、天気もいいし乾燥してるし塗装日和、ということでタミグラ用Z塗装開始。

これから夜中まで仕事だし、明日も仕事だし、もう本番明後日だし、ということで
事実上ラストチャンス。その他の作業はともかく塗装はあんまり現地ではやりたくない。

で、乾燥待ちにX-6の事とかだらだら書いてたらそっちで時間取られて全然進まなかったり(弱
まぁ、ここまで進めばあとは勢いだけでもなんとかなるし、無問題、のはずだったが…

e0034693_16563416.jpg


…もしかしてキャメルイエローがブルーバイオレットを溶かすのは仕様なのか?
溶け具合は前回ほど派手じゃないけど、場所的に前回よりごまかしにくい。

…うおおーん(泣
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-01-19 16:58 | らぢこん | Comments(0)
2006年 01月 19日

X-6

ロッシXX-4をベースにしたワンベルト4駆バギー・X-5を作ったX-Factoryから
アソシB4をベースにしたミッドシップ(!)2駆バギー・X-6が出るそうな。

4駆はいまだにレイアウトにこれといった「定番」がなく、大小メーカーから自作車まで
一瞬正気を疑うような面白おかしい車が結構出てくる。X-5もそんな車の一つだった。

しかし、2駆はもうすでに完全に「定番」なレイアウトが確立されていて、
その集大成であるアソシも、独創性で多くの信者に支持されるロッシも、
ローエンドのタミヤDT02までも、みんな大まかなレイアウトは共通。
興味のない人から見れば見分けることさえ困難だろう。

逆に「このカタチ以外でまともに走る車が作れるとは思えない」とも言える訳で。

で、X-6。驚きのミッドシップ。
大昔は初代アルティマ用ミッドシップコンバージョンなんてのも出てたが、
どこまで遡っても、レースでトップ争いをするような車がミッドシップだったケースが
ほとんど思い出せない。AYKサイドワインダーとか、それくらい?
マイティフロッグやホーネットはリヤとかミッドとか以前の問題ですごい位置にモーターがあるし。

2-4の変則振り分けの電池はX-5との共用を意識しただけのような気がするけど、
横置きの4セルの枠の外側にもう1セルづつ置けるスペースもあるし、
意味があるかどうかはともかく、普通に横積みで置くことも可能っぽい。
そうなると、恐ろしいことにデアゴスティーニのアレとまったく同じレイアウトになってしまう。
そう考えると、あまり詳しくない人にもいかに走らなさそうかなんとなく伝わるんじゃないだろうか。

まぁ、仮にもそれなりの実績を持つメーカーが世界一速い車をベースに、素人でも見ただけで
解るようなあからさまに走らない車を作るわけがないだろう、という希望的観測の元、
もうちょっと真面目に各部を観察してみる。

ミッションケース、後足、フロントシャーシはナイロンか何かの削り出しっぽい。
メインシャーシはアルミ削り出しのバスタブ。Durangoみたいだ。
このへんは最終的にはたぶん成型品になると思うけど。

リヤ周りは、まんま通常の2駆バギーのリヤ周りを前後逆に付けて、モータープレート位置だけ
正して(ホントにそのまま逆にしただけだとモーター逆転になるし)乗っけた感じ。
後足はぱっと見B4ノーマルとほとんど同じ形状に見えるが、作り直してるぐらいだから
何か違うのだろう。前に来たモーターの代わりにダンパーは後に逃げた。

フロント回りは見た感じB4とまったく同じっぽい。ダンパーがロッシな事ぐらい?

肝心のメインシャーシ上のレイアウトは、最後端(モーター直前)に4セルを横置き、
その前に2セルを横置きして、その両サイドにアンプと受信機、一番前にサーボ。
セルを前後に動かせるような隙間は見当たらない。モーターからサーボまでぎっちぎち。
確かに、車体の中心付近に重量物がぎっちり密集してる感じだ。運動性は良さそう。
ただ、2駆バギーの場合、安定性を伴わない運動性は邪魔にしかならない訳で。
通常の車を見慣れた目にはどう見ても後輪荷重が足りないように見える。

…が、よく見るとドッグボーンが凄い角度で前傾している。トー角にすると6度ぐらい?
また、フロントバルクとサーボの間に随分余裕があるように見える。
ノーマルのB4と比べると目測で1センチちょいぐらいサーボが後に寄ってる感じ。

要するに、重量物を全部ホイールベース内に持ってきてはいるけど、
そのホイールベース内の重量物をできるだけ後寄りにぎゅっと押し込んだ感じ。
だから、たぶん見た目の印象よりはかなり後輪荷重大きいと思う。
仮に通常のリヤモーターと同等の後輪荷重が実現できてた、としても、
オーバーハングの重量物の有無でピッチングとかは随分変ると思うけど、
それがいい方向に出るか悪い方向に出るかがこの車のミソなのだろう、たぶん。

良くなかったとしても、悪くないのなら、バックアタックでモーターを壊す心配が
少ない分、いいのかもしれない。

しかし…X-5もだけど、あのかっこわるいボディはなんとかならんかったのかなあ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-01-19 16:10 | らぢこん | Comments(0)
2006年 01月 17日

TF5購入

e0034693_2225159.jpg


京商はなんだかもう出す気無さそうなので、テクノソフトのを買ってみた(無意味
…ちなみに京商のはTouringForceで、こっちはThunderForceだ(どうでもいい

実はサンダーフォースシリーズって、X68K版の2とアーケード版のAC(3準拠?)しか
やったことがなく、4と5は正直動いてるとこすら見たことがない。

特に5は、好きな人間(複数確認)は本当にうれしそうにしみじみ語るので、
いつかは、と思ってたんだけど、いつか大須で見た中古はえらい値段が付いてて
半分諦めていた。

で、そんな話を先日RO内で話してたら、中古で出てるよー、と教えてもらえた。
サンダーフォースの話をする自称18歳ねかまってどうよ、というのはこの際置いといて。
値段は6800円ぐらい。正直安いのか高いのかよくわからないが、いいゲームになら
充分抵抗無く出せる額だし、いつかの大須のイメージ(あれが異常なだけかも知れんけど)が
心の奥から「買え!買え!買っちまえ!」と大合唱している。

ぽちっとな(以降記憶喪失

さて、サターンを引っ張り出さねば。
繋がるモニタが21ピンRGBのPC-TV352しかないこの部屋もどうかと思うが。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-01-17 22:19 | ゲーム | Comments(4)
2006年 01月 17日

SKB新年会

たぶん多くの人には半谷さんからメール行ってるんじゃないかと思うけど、いちおう、こっちでも。

とりあえず、28日らしいです。何時にどこで、とは書いてないけど、たぶん夜にシルバーストンで、
じゃないかと。質問等は半谷さんに直接か、いちおうここでも受け付けます。
[PR]

by harusame_kingdom | 2006-01-17 01:18 | 告知 | Comments(0)