神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 29日

レーザーZX-5とヨガ・メランコリック・ファイブが似ている件

というわけで、早速買いに行ってきた。洛西モデル名古屋店。
店に入ると早速蛍の光でお出迎え。8時ぐらいまでやってると思ってたからまったく気にしてなかったけど、
貼り紙がしてあって、7時までになったらしい。うっわあぶねえぎりぎりセーフだ。

蛍の光が流れ続ける中、パーツの棚を物色するふりをしながらショーケースの向こうの
キットの棚に熱視線を送ってみるが、それらしい箱は見当たらない。
とりあえず、ブラシレス用にミニジーラ用ピニオンを適当に掴み、レジに向かう。

「すいません、レーザーZX-5って入ってますか?」
「えーと、ちょっとまってくださいね」(ラジマガを開いて広告を調べ始める)

…早速不安になってくる。ちなみに広告に出てないのは確認済み。

「…ホームページの方で入荷したって見てきたんですけど」
「あ、はい、入ってはいるんですけど店のほうに出してないんですよ。
 …持ってきたほうが早いですね、ちょっと待っててください」

店の奥に消える店員。
…あれですか?やっぱりオヨヨヨヨ~の基板扱いですか?
しばらくして、店員ニヤリと微笑んで奥から何やら持ってきた。

e0034693_20551917.jpg


あらま、ずいぶんコンパクトな。TF2以降の京商ツーリングカーシャーシキットサイズの箱。
いくらタイヤなしとはいえ、ボディ付きのキットとしては異常なまでの小ささ。

いいね!(小さいパッケージまにや

「レジ通せないんでレシート出ないけどいいですか?」
…バギーブーム再来はまだまだ遠いと思った秋の夜。

ちなみに、ZX-5のキットとミニジーラピニオン2個で、実弾3発でおつり2桁。
ハイエンド4駆バギーとしては相当に安い部類ではあるんだけど、「これはお買い得だ!」と
手放しで絶賛できるかと言うと、ちょっと微妙。

以下、まだ箱を開けてマニュアル見ただけだけど、気付いた点をいろいろ。

・装備内容

フルオプションでないのは判ってたけど、実際のところけっこう微妙。
リヤのユニバとステアリングクランクのベアリングは必須装備ではないのかもしれないけど、
デフの玉がタングステンじゃないのはちょっとがっかり。
フロントの駆動方式が選択式で、必ずデフ2セット使うとは限らないせいかもしれないけど、
せめて1セット分ぐらいタングステンで入れて欲しかった。
キットの価格も思ったほど安くならなかったし、これならもうちょっと高くなっても装備充実の方がよかったかも。

・ダンパー

ねじ式になった以外は従来通り。シャフトがチタンコートじゃないのも残念。
ただ、今回はもうダイヤフラムの選択肢はハナからありえない、という事か、
エアレーションで組むことしか書かれてない。それでも「エアレーションタイプ」と書いてあるのが
昔の名残りのようで、ちょっと面白い。

・駆動系

デフとワンウェイと両方標準装備とはずいぶん気前がいいな、と思ったら、
どうも肝心のワンウェイがフロントもセンターも共通で、カップ部分まで共通設計で
付属の2個のユニットをどう組むかでフロントワンウェイにもセンターワンウェイにもなる仕組み。
だからフロント+センターのダブルワンウェイにするためにはパーツの買い足しが必要になる。
それにしても、一つ予備を持っておけばセンターにもフロントにも使えるし、実に合理的。
センターシャフトも、リヤ側のカップのいもねじを緩めるだけで脱着可能で、整備性は良好っぽい。
B4式ダブルスリッパーは、2枚のスリッパーにそれぞれ違うものを使うっぽい。
押さえ板は前後共通だし、前後は固定なのでどっちか片方だけが滑る状況もありえないんだけど、謎。

・材質

オプションリストを見ると、前後ダンパーステーとアッパーデッキはカーボンコンポジットのが出るようで、
標準のはそこまで硬くは無いっぽい。ちなみにメインシャーシは標準がカーボンコンポジットで、
けっこう硬いと思ってたTA05のバスタブよりもさらに数段硬い。
アッパーデッキやダンパーステーも、袋の上からひねってみた限りでは結構硬いように感じる。
組んで走らせて見ないとなんとも言えないけど、案外ノーマルで充分なのかも。

・ボディ&ウイング

本当に最低限の形状でまったく無駄が無いどころかむしろ足りないぐらい。
右サイドのモーター部分の逃げは、そういうデザインかと思ったらどうも本当に逃がさないと
当たりそうなぐらいタイト。ちなみにサイド部分の幅は、ミニインファーノと比べてみたら
ほぼ同じだった。ボディ全長は1.5倍ぐらい違うのに。
ZX-5がいかに細いかというより、ミニインファーノがいかに太いか。

春のホビーショー(当時はまだ一応参考出品扱い)では「ウイングは2種類付属」とか
書いてあったような気がするけど、キットに付いてたのは1種類。
いわゆる「HOGUCHIウイング」で、「サジタリアスウイング」という名前らしい。
オプションで「アリエスウイング」というのもあって、ダウンフォース軽めのタイプらしい。
ウイングに名前をつけるとは、なんかアメリカンな感じでいいかも。やるな京商。
フェニックスウイングとかメッサーウイングとかは出ないかな(出ません

・その他

マニュアルを見ると、ピロボール部分の防塵用スポンジは使わないっぽいが、
キットを良く見るとちゃんと入ってた。書き忘れだろうか?
あと、青い紙製で金色のKYOSHOロゴの入ったバッテリーケースが2個付いてた。初回特典?

リヤユニバとチタンコートダンパーシャフトとランスフォードのターンバックルはいずれ組むつもりだけど、
最初はとりあえずノーマルで組もう。あ、デフ玉だけはタングステン最初から入れるけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2005-09-29 21:57 | らぢこん | Comments(0)
2005年 09月 29日

うおおおおん

昨日の仕事:朝6時から1時間、昼12時から1時間、夜8時から翌朝4時半まで。
今日の仕事:朝8時半から昼12時まで、夜12時から翌朝9時まで。

最初に手配の電話が掛かってきたとき、何を言ってるのか理解できず、
寝起きだったのでこっちが寝ぼけているのだろう、と思うことにしたけど、
ちゃんと起きて貼り出された手配書を見ると電話で言ってたまんまの手配で。

普通に考えると明日はさすがに休みになるはずだが、どう見ても普通じゃない状態だし、
明後日から月が変わって職場も変わるので、最後の日にタダで休ませては貰えんだろうな、
と思いつつ寝てたら、電話が来た。

「悪いけど、明日は夜9時から船乗ってくれ。4時くらいまで」
「…あの、明後日からあっちに戻るんですけど、4時ってちょっと…」(注:あっちは朝7時半ぐらいから)
「お?ああ、そうか…じゃあ、13時から21時のに乗ってくれ。じゃ」

…最後の日だからフルに使ってやれ、とか企んでた訳ではなく、普通に素で使うつもりだったっぽい。
ある意味さすがというか天晴というか、えーと、どうしてくれよう。
だんだん容赦が無くなってきたというか、だんだんポジションがKさん(三日連続オールナイトとか
平気で付けられてたタフガイ。すでに定年退職。余談だが彼の送別会の翌朝にうちの車が盗まれた)

に近づいてると言うか、生命の危機の足音が聞こえるですよ?

たまたまだろう、と思いたいけど、続くようなら次の仕事も考えよう…

明日はのんびりのつもりだったのに、勤務時間と睡眠時間を引いたら日中は何もできないっぽいので
ZX-5は今から買いに行こう。とりあえず洛西は入荷してるっぽいし。
[PR]

by harusame_kingdom | 2005-09-29 17:28 | ひとりごと | Comments(0)
2005年 09月 27日

ビルドアップ

e0034693_22411799.jpg


まだブラシレスの試走どころか接続すらしてないと言うのに、2個目のブラシレスモーターが届いた。
…最初からあれで終わるつもりは無かったけど、なんというか、ガンダムMk-2を
実戦投入する前にロールアウトしたZガンダムのような気まずさは隠せない。
だって、ずっと品切れだったのがやっと入荷されたのに気付いちゃったら、買うじゃない?普通。

…こんな調子でイースより先にイース2の中古を見つけたんだっけか、当時(遠い目
どっちみち、おとなしめのモーターも必要になるはずだし、無問題。

で、これ。enPower4-5100。5100KVのインナーロータータイプ。
おそらくエンルート製のカー用(に使えるタイプ)では最も激しい奴。

アウターローターの2415-2800もだけど、少なくとも外から見える部分には
文字の類が何も書いてない。メーカー名どころか型番とかもない。
このシリーズはKV値の違いでいくつかバリエーションがあるけど、
どうもリード線の付け根の色以外に見分ける方法がなさそうだ。
色ったってヒシチューブの切れ端のようなものがついてるだけなので、
切れて無くなったら本当に判別不能だ。いいんだろうか?

ブラシレスはゴギングが無い、という話をどっかで聞いたような気がするけど、
少なくともうちの2個ははっきりとしたゴギングがある。アウターローターの方が強めだけど、
インナーローターの方でもノーマルの380よりはよっぽど強い。

シャフト径が2ミリなので、純正のピニオンは使えない。ミニジーラ用とかが使えるっぽい。
これもまた買ってこなきゃ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2005-09-27 22:47 | らぢこん | Comments(3)
2005年 09月 27日

イーシャンテン

揃ってから書こうかと思ったけど、だんだんくじけてきたのでとりあえず途中経過を。

ジョージアのバギータイプRCカー1/10スケールミニチュアモデル

…これ書いてて今初めて気付いたけど、1/10スケールなのね。
1/10の1/10で1/100スケール。同じ1/100でもマスターグレードには程遠いけど。

10種+シークレット1種の全11種。
で、現状は9種揃って、残りはバギーチャンプとマンタレイ。
何本買ったかはあまり考えたくないが…今数えたらダブリ袋に13個あった。22本か。
ふむ、まだ大丈夫だな(根拠は?

フォルムとカラーリングがしっかりしてれば結構見栄えがする普通のミニカーと違い、
ボディも細身な上にむき出しの足回りも再現しなきゃいけないのは大変だとは思うけど、
正直、造型としては成功とは言い難いような。ここに付いてる黄色いのはタミヤの
樹脂ダンパーだよね、という刷り込みのない人にはダンパーに見えるかどうかすら怪しい。
必死で買うのはわかってる人ばっかだから実際問題ないのかも知れないけど、
知らない人にも興味を持ってもらえるぐらいでないと、出す側としては意味が薄いのでは。
もちろん、わかってる人だって出来がいいほうがうれしいに決まってるし。

…あんまり出来が良くてこれで満足しちゃって再販キットが売れなくなると困る、とか
そこまで深読みしてるなら大したもんだが(考えすぎ

こういう物だからこそ、あえて完成品ではなく組み立て式にした、という話らしいけど、
ゆるゆるだったりキツキツだったりで、粗悪さから来る不快感がささやかな組み立ての楽しみを
完全に凌駕していて、まったく楽しくない。
揃ったら組み立て始めるつもりで、とりあえずアスチュートを1台組んだだけだけど、
聞こえてくる話ではけっこう違う部品が混ざってたりする不良品もあるらしく、
それなら完成品のほうが良かったんじゃないだろうか。

そろそろ無くなってきた店もちらほらあるけど、間に合うだろうか。

e0034693_1134764.jpg

[PR]

by harusame_kingdom | 2005-09-27 11:03 | らぢこん | Comments(4)
2005年 09月 26日

ヨコモミニインファーノ

ホビーショーに出てたらしい、どう見てもヨコモ版ミニインファーノとしか思えない車

サイズは1/18らしいので、直接ぶつける気はないのかも。
1/16というサイズ自体「ハーフエイト」というネタだから、元ネタのないヨコモが
追従する理由が無いのはわかるけど、それにしても、このカタチはどうよ。

明らかにインファーノっていうかいまどきの1/8っぽいまるまるデザイン。
前後タイヤも同サイズみたいだし、なぜ1/8とまったく無縁なはずのヨコモが
こんな1/8くさい車をわざわざ作るのか。謎。あ、さすがにダミーエンジンヘッドは無い模様。
たぶん暫定だと思うけど、ウイングはどうもミニインファーノそのものっぽいし。
ヨコモ的には、もっと1/10っぽい線で攻めたほうがウケはいいと思うんだけどなあ。

駆動系のデザインは、やや特殊なミニインファーノのフロント寄りのモーターではなく、
オーソドックスな後ろ寄りモーター&片積み電池。18Tとかと同じ感じ。
1/10だと京商がこのスタイルで、ヨコモがフロント寄りのモーター(ベルトだけど)なのが
ちょっと面白いというか興味深いかもしれない。

しかし、1/18でこのレイアウトだと18Tとかぶる訳だけど、お構いなしなんだろうか?
SDとTC3みたいに。

でも、ミニッツの時にさんざんけん制だけして結局モノは出なかった前例もあるし、
最悪、この車もポーズだけで終わることもあり得るわけで。
RTRだけじゃなくキットの発売予定もあるのがすごい魅力的なんだけどな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2005-09-26 01:32 | らぢこん | Comments(2)
2005年 09月 25日

つくること

ようやく重い腰を上げて、ミニインファーノにいろいろ付け始める。が、
コネクタをどうするかで悩んでまた止まってしまう。

いちおう、ノーマルコネクタは買ってあるので、これをブラシレスのアンプにつければ
とりあえずは動くはずだけど、パワーを上げていくとノーマルではもたないらしい。
溶けてから付け直すのもあれだし、せっかくだからちゃんとしたのを最初から、
とは思うんだけど、何つけようかな、と。

4ピンはなんか割高だし、いっそパック剥いてミニヨーロピアン直付けもアリか、
とも思ったけどたぶんめんどくさくてやらないし、ディーンズかなあ。

とりあえず、KOのサーボとアルミモーターマウント&ブラシレスモーターが
シャーシに載ったとこで止まっている。
チタンカップつけるのに駆動系はほぼ完バラしなきゃいけないから、
デフにアンチウェアグリス塗って、ベアリングとユニバとキングピンを入れて、
それで1回走ってからダンパー&ダンパーステーの交換かな、と。
ノーマルとの違いを確認とかじゃなくて、ダンパーをきちんと組み直すのがめんどいから(弱
どうせならOリングもいいのに換えてピストンもまだ余ってるはずのレイスピードで組んで。

…実はこの男すでにらぢこん嫌いなんじゃねーの?と思われても仕方ないへたれっぷりだが、
嫌いなものにこんなに投資できるほど金が余ってる訳でもなく。

でもまあ、正直メンテはしないで済むならしたくないし、組むこと自体今はもうめんどくさい。
嫌いという程ではないし、目新しい車だと好奇心込みで若干「好き」にも転じるけど、
分かりきったような車だとただめんどくさいだけで。昔は喜んで組んでたんだけどな。

それでもやっぱり、自分の車は自分で組みたい。

好きとか嫌いとかの問題じゃなく、自分で組まないと自分の車にならない気がするから。
「欲しい車は自分で組む」というのが、「欲しいものには金を出す」というのと同じぐらい
自分の中ではあたりまえのことになっている。

知らない誰かにてきとうに組まれるのはもちろん、明らかに自分よりうまい人が
自力では不可能なぐらいのレベルできっちり組んでくれるとしても遠慮したいぐらいで。

おいら自身は、自分に可能なことならあらゆる手段で最高の組み立てをしよう、とか
そこまでこだわるタイプではないけど、動きゃいいんだわ、というほど適当な訳でもない。
とりあえず、これくらいは押さえておきたい、という自分なりの「線」があるわけで。
たぶん、ほとんどの人は多かれ少なかれそうだと思うし、恐らく、おいらの「線」は
世間一般の人達のそれよりかなり低めなレベルになってると思うけど。

たぶん同じような理由で、ボディも自分のは自分で塗らなきゃだめ。
単色でステッカーだけぺたぺた、は許せないし、プロペインターにめちゃめちゃかっこよく
塗ってもらえたとしても、それはそれで自分のじゃないような気がする。
自分なりに、ぶつけて壊してもそんなに悔しくない程度に手をかけた、自分のボディがいい。

で、何が言いたいのさ、と聞かれると、やっぱりミニインファーノもキットで出して欲しかったなあ、と。
ミニッツはまああれでいいと思うけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2005-09-25 01:41 | らぢこん | Comments(0)
2005年 09月 21日

次回ラグナロクオンラインツゥーウ!!!(千葉繁風

なにやら、TGSで発表とかあったみたいで。
正直、あまり興味は無かったけど、会場からのストリーミング中継のURLが送られてきたので
なんとなくぼけーーーと眺めていた。結論から言うと、時間の無駄だった。

内容は、お偉いさんの挨拶とかどうでもいいスピーチが半分、
既出の情報がそのまた半分、歌と踊りがそのまた半分、
残りが、日本語の質問に韓国語で返される質疑応答。

どうでもいい挨拶にいちいち通訳が付くのに、肝心な情報が韓国語投げっぱなしだし。
見所は、必要以上に堅苦しいメンツの中で一人だけ相応しい格好で凄まじい浮きっぷりだった
韓国ユーザ代表のコスプレの人ぐらいか。
ビジネスショーの会場に一人だけコミケから迷い込んだ人がいるような状態。

まぁ、公式サイトとかで出てた情報がほとんどだけど、おいら自身は興味なくて
見てなかった情報ばかりなので、いちおう勉強にはなった。
だからまったくの無駄ではないんだけど、ストリーミングで観る意味が無かった、ということで。

とりあえず、キャラとか世界観とかは前作と直接の関係は無さそう。
前作自体、原作とはかなり違う世界観だし、こうなってくると原作モノである意味が不明。

システムや職業もずいぶん違う感じ。いちいち最初から作らなくても、一人のキャラで
いろんな職業を楽しめるのはいいかもしれない、が、キャラスロットを増やさないことで
複数アカウント課金で儲ける方針の親会社の意向とは食い違うので、何らかの修正があるかも。

背景は、元々3Dだった前作からの違和感は少なめ。空が見えるのはいいことだと思う。
誰もいない街の中を颯爽と軽快に走り回る映像が流れたけど、ここに視界を埋め尽くす
露店の海があってもこんなにさくさく走れるものだろうか。
動作環境はPentium3にGeForce2ぐらいを考えているらしいが、
それでこんなに軽快に動くなら現行のROよりも数段軽い事になる。すごいね!

前作の最大のウリだったキャラに関しては、妙にキラキラした目が人形っぽい、
という微妙な評価が多いように感じる。個人的にはいいとは思わないけど許容範囲。すぐ慣れそう。
今回は頭装備だけじゃなく服も着せ替えできるから、人形好きな人にはまた一味違った
アピールがあるような気もするが、どうよ?>心当たり

しかしまあ、フル3Dの自由自在なカメラアングルで、当然のように座ったり走ったりすると
まぁ、見える訳で。もしかしてそのためのフル3Dなのか?という気がしてくるほどの見えっぷり。
恐らくそのためと思われる下着変更機能はまぁいいとして、穿かない人が絶対居そうでなんか嫌。
まぁ、職業で服が決まってしまう訳ではないので、見えない服を選べばいいんだが、
そういうつもりじゃなくても見せたくて選んでるように思われるのもまた困ったもんだな。

システムに関しては完成してみないとなんとも言えないけど、面白くなる可能性は充分だと思う。
しかし、このゲームが大成功を収めるための極めて重要なポイント「まともな運営会社」が
現時点では絶望的なので、どんなに上手に餅を描いてもうまそうに見えない。
開発元もその点は重く受け止めているようで、システム側に工夫を凝らして、運営側の助けが無くても
問題が起こりにくく、起こった問題もユーザ側で解決しやすいようになるらしい。

大変すばらしい事だとは思うが、ほんとにそんな事が可能なら現行のROにもぜひ導入して欲しい。
あんなあからさまなBOTも対策できないのに、大変愉快なコリアンジョークだ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2005-09-21 15:00 | ラグナロクオンライン | Comments(0)
2005年 09月 21日

ミニサーボ

ミニインファーノは、ミニッツと比べればスペースの余裕が大きいせいか、
一見普通なパッケージのミニサーボが載っている。
CPRユニット(?)もちゃんとパッケージになって両面テープで載ってるし、
社外サーボ用のマウントパーツがキットに標準で付いてて
「さあ載せ換えろ!載せ換えてみろ!」
とでも言わんばかりの構成になっている。あぁ、載せ換えてやるさ!

しかし、一見こんなに汎用っぽいのに、サーボの線が4本の特殊なタイプで、
ノーマルアンプのままサーボだけ換えたり、ノーマルサーボのままアンプだけ換えたりとかは
できない仕様になっている。いちおうサーボの基板を付け替えたりとかで対処する裏技も
あるらしいけど、そこまでして使いたいサーボでもないしなあ。

アンプも一見なんでも載せ放題のように見えて、でも8セルで使おうと思うと途端に
選択肢が無くなるし、なんとも悩ましくも危険な罠。

というわけで、メカ全取っ替えは避けて通れない必然の道なのだ。
以上、言い訳終わり。

で、ミニサーボを買ってきた。KOの、なんだったかな、949?(今職場で手元に無い

ミニサーボなんて買ったのF101のときのサンワ141HR以来だ。何年ぶりだ?
当時は普通に問題なく買えたような気がしたけど、今ってミニサーボなかなか売ってないのな。
ラジ天のショーケースには見当たらず、タムタムのショーケースにも見当たらず、
アリスのショーケースの価格表にも載ってない。アリスでダメ元で聞いてみたら、
店員ニヤリと微笑んで奥から何やら持ってきた。
あれですか、オヨヨヨヨ~の基板と同じ扱いですか?>ミニサーボ
1/12とかも普通に扱ってる店なのに。

ミニインファーノ用推奨と思われるハイテックの安いサーボは結構置いてあったけど、
ヘリオスのハイレスポンスモードでも動く奴、となると割高だけどKOのデジタルサーボしかない。
ていうか、KOで使うこと考えなければ、今後他に使うアテのないサンワ141HRを
壁に飾ってあるF103から奪えば済む話なんだけど、M11まだ修理出してないし(出せよ

…しっかし、ノーマルのありえないぐらいちっこいサーボを見た目でKOのを見ると、
ほんとにこれミニサーボなのか疑わしく思えてくる。確かに2143とかよりは小さいと思うけど、
もしかしたらERG系と大差ないのでは?とか(言い過ぎ

あと、ラジ天では売り切れてた3Racingのカップも買ってきた。
パワー上げるとノーマルの樹脂カップは速攻で逝くらしい、と聞いたので、
前後デフと、センターシャフト周りにも全部入れると、1セット2個入りのを4セット。

確かに3Racingのチタンパーツは安い。純正だとこの倍でも無理だろう。
それにしても800円ちょいのを4袋、って、それだけで3000円以上する訳で。
チタンじゃなくて鉄でいいんで、せめて半額ぐらいで勘弁してくれないだろうか(血

結局、ミニサーボとチタンカップだけで1万超える訳で、ついでにタイヤも買って12000ちょい。

…はぁ(じっと手を見る
[PR]

by harusame_kingdom | 2005-09-21 13:55 | らぢこん | Comments(0)
2005年 09月 19日

走行不能なまま装備だけが整っていく件

けっこう驚くほどいろんな人が見てくれてるようで、恐縮というか申し訳ないというか、
これからもより精進してちょっとはましな事を書ける様に、とはあんまり考えてませんが(弱

やれることをやれる範囲でやれるようにやるのが長続きの秘訣ですよ。ふぉふぉふぉ(誰

そういえば、DIONやめてExciteに引っ越してそろそろ1ヶ月半。
引越し前はどういう訳か1日100件前後(どうかすると200件近く)あったアクセスが、
引越し後はほぼ10件前後で落ち着いてる。
べつに内緒で引っ越した訳じゃないし、やってることも何も変わってないのにこの差は一体。
集計の仕方自体が何か違うとか、顧客満足度の向上のために水増しした数字になってるとか(ぇ
まさか、ナントカ攻略だけでこんなに人来てたとも思えんし。

と、本題。

3Racingと言えばイーグル、イーグルといえば本町だろう、ということで久々に本町へ。
3Racingどころかミニインファーノのパーツ自体影も形も無い。敗北。
くそう、セットは売ってるくせに!

しかし、なぜか、ショーケースにはブラシレス装備のミニインファーノの画像を印刷したものが
貼ってあり、中にはブラシレスのモーターとアンプが売っててびっくり。
Tahmazoので、アンプが15000円のモーターが7000円。ちょっと悩んだけどやめ。

売ってるだろうと思ったものが無くて、売ってないだろうと思ってたものが売ってた。
面白いといえば面白いけど、結局何も買わずに出てきた。

で、ラジ天に行って補完。
それまでにすでに買ってあったものも含めて、買ったオプションは以下のとおり。

・プロライン
 クラウドプリーザーボディ

・3Racing
 ダンパー
 ベアリング(アクスル用8個)
 ユニバ前後
 キングピン
 モーターマウント
 ダンパーステー前後
 六角ハブ&止めピン

・京商
 マイクロブロックタイヤ
 16Tピニオン
 ウイング(予備)

・エンルート
 ブラシレスモーターenPower2415-2800
 ブラシレスアンプQuark33A

・その他
 インテレクト9.6V1200mAバッテリー(2セット)
 コネクタ

値段は計算したくない(遠い目

あと、金属製のカップと、もうちょっとパワーのあるモーターが必要になる予定。
ミニサーボも。
[PR]

by harusame_kingdom | 2005-09-19 00:56 | らぢこん | Comments(2)
2005年 09月 17日

ミニインファーノとヨガインフェルノが似ている件

e0034693_41960.jpg


パワーアップ大作戦の秘密兵器・ブラシレスモーター&アンプが届いた。

「…そこまで走る前にまだやることあるだろ。スリッパー締めるとか」

という当然な突っ込みが予想されるし、まったく返す言葉も無いのだが。
とりあえず、動力系のパワーアップとしてはそんなに非現実的でもないと思うんですよ奥さん(誰

最初に考えてたのは、普通の小型高性能アンプ&ハイパワーモーター。
手持ちではTEKINとかの古くてでかいの以外で8セルに対応したアンプが無いので、
キーエンスの新型・エクストレイあたりがお手ごろで良さそうかな、とか考えてた。
モーターは純正オプションので。あわせて実売11000円ぐらい?

で、ブラシレス。540サイズのはまだまだシャレでは買えない特殊高級品なイメージだけど、
飛行機やヘリの分野ではすでにかなり一般的になっている模様で、値段もこなれてて
選択肢もちょっと意外なぐらい充実してる。

ちょっと余裕を持たせた33Aのアンプに、イケイケな所が軒並み品切れだったので
ややおとなしめ&トルク重視なKV(ブラシモーターのターン数のような、性能の目安となる数値)2800の
モーターをとりあえず買ってみた。もちろん、これで終わるつもりはない。

このモーター、アウターロータータイプと言って、普通のモーターで言う線を巻いたコアの部分が
エンドベルに固定され、マグネットの付いたモーター缶がシャフトに固定されて、
エンドベル部分で車体に固定し、缶がぐるぐる回るというかなり面白い作り。
ブラシレスモーター全てがこういうタイプ、と言う訳ではなく、インナーローターのタイプもあり、
アウターローターはトルク面で優れている、らしい。

話には聞いていたけど実際手にとって見るとまた格別な違和感。
これが車体に載ってぐるぐる回転するのかと思うとなんかイシュザークみたいでかっこいいよな。
こんなにちっこいのにありえないぐらいゴギングが強い。コアが6極なので
通常の3極のモーターより1クリックが細かく、ラチェットかと錯覚するぐらいこりこりと節度感がある。
これは確かにトルク凄そうだ。

アンプは、縦横がサンワのちっこい方の受信機(211)と同じぐらいで、厚さが半分ぐらい。
容量が違うから比べても意味は無いかも知れないけど、最近の普通のアンプの
あほみたいな小ささと比べてもまったく遜色がない。
飛行機やヘリにも使える汎用ながら、カー用にちゃんとブレーキも付いてるし、
バックまでできる。電池も15セル(!)まで対応で、リチウムポリマーにも普通に対応。
ブラシモーター用のアンプにここまで気の利いたものはたぶん存在しないと思う。

で、あわせて実売12000円ちょいぐらい。

もっと安く済ませる選択肢もあるし、モーターの選択肢がものすごく広いのも魅力。
ていうか、ブラシモーターの380クラスのチューンドモーターなんて、京商純正以外に
存在するのかどうかも怪しいし。

というわけで、中途半端にブラシモーターに投資するのをすぱっと切って、
いきなりブラシレスに来てみた。
あとはリチウムポリマーまで行けば文句なしの廃人になるけど、
せっかくインテレクト買っちゃったし、リチウムポリマー対応の充電器もないし、
それはまた別の機会にでも。

そういえば、今度出るらしいヨコモの新型充電器、4ステージ充電ができて
リチウムポリマーにも対応らしい。ちょっとぐらぐら。
[PR]

by harusame_kingdom | 2005-09-17 04:48 | らぢこん | Comments(7)