カテゴリ:バイク( 92 )


2017年 04月 10日

GT-Air1年くらい使ってみて

良かったとことか悪かったとことか。

e0034693_2027121.jpg


まず最大の特徴であるインナーバイザー。一定の効果はあるけど
「これさえあればどんな逆光でもへっちゃらだぜ!」とまでは行かない。
装着したら開けるか交換するかしない限りトンネルや夜に困るスモークシールドと違って
走行中に任意にオンオフできるのが強みなんだから、せめてオプションででも
もうふた声くらい濃いのを用意してくれてもよかった気もする。
現状バイザー下げたまんまトンネルに飛び込んでも「なんにも見えない!」にはならない。

操作性も問題ないし眼鏡に当たったりとかの不具合も無い。
こんなもの無ければもっと小さく軽く作ることも可能なんだろうけど、
これのお陰で無駄にでかくて重い、って感じも無い。前のXR1100からの違和感も無い。

ただ、インナーバイザーと直接関係あるのかどうかは解らないけど、
シールド(CNS-1)に若干の不満がある。今までのショウエイのにみんな付いてた
シールドを一気に閉めても全閉にならないように少し隙間を開けた状態にする
レバーが無い。インナーバイザー開閉レバー付けたから?関係無さそうなのに。
まぁ実際今まではそんなの使わなくても、全閉一歩手前にしておけばキープできたから
そもそも使ってなかったけど、GT-Airだと風圧で勝手にシールドが全閉してしまう。
常時全閉派の人には何の問題も無いけど、少し開けておきたい派は要注意だ。
あとシールドの脱着もXR1100のCW-1よりやりにくい。外すのも付けるのも
やりにくいし、付いたと思ったらちゃんと付いてない事もある。いまだに慣れない。

通常の輪っかじゃないラチェット式のあご紐は最初すごい違和感だった。
付けるのも外すのもめんどくさかったけど、今は完全に慣れた。
付けるのは輪っかと大差ないくらいになって、外すのは片手で楽々になった。
ただ、メットホルダーに掛けるときに輪っかが小さいのは結構気になる。

新機構でも新規格でも何でもないのに、今まで問題なかったブレスガードが
異常に外れやすくなった。GT-Airに買い換えて一番困ったのがここだ。
今までとまったく同じものが、今までと同じように鼻の前に差し込んであるんだけど、
ここがとにかく緩い。脱いだメットを持ってる時に手が触っただけでぽろぽろ取れる。
こんなもの外す必要も(たぶん)無いから、シューグーで接着してしまった。

内蔵機能が派手なせいか、ショウエイのこのクラスとしてはわりとおとなしい
外観デザインも好印象。つるっと丸くなきゃ駄目なのだ!というアライさんには
納得行かないかも知れないけど、XR1100とかX14あたりと並べると大変上品に見える。


総じて、このモデルの特徴的な新要素はまぁまぁ好印象。
だけど従来問題なかった部分に微妙に気になるところが散見される感じ、だろうか。

もし今使ってるのが急遽使えなくなって買い換える必要に駆られたら
たぶんまた同じのを買う、ってくらいには気に入ってるけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-04-10 21:12 | バイク | Comments(0)
2017年 04月 09日

微妙な週末

どうもまた麻婆飯で下ったみたいで寝れなかったり夜中や朝方に叩き起こされたりで
へろへろになりながら昼過ぎまで寝て起きた日曜日。

今日はなんか天気いいみたいなこと言ってたような気がするけど、
曇り空はかなり不穏な感じで「今にも降りそう」の2歩手前くらい。

なんだかなーと思ってたらみるみる晴れてきたけど風がえらいことになってきた。
結局飯を食いに行く程度で遠出はやめとこう、ということに。

e0034693_16455973.jpg


というわけで、2眼点灯はこんなかんじ。色温度は上がってるはずなのに
むしろ青みは減ったように感じる。いい感じに白い。
夜はまだ走ってないからわからんけど、たぶんかなりマシにはなってる、はず。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-04-09 16:55 | バイク | Comments(0)
2017年 04月 07日

開眼

今日はあんまり降らなそうな曇り空だったから思い切って作業決行してみた。

ライト周りをバラすのは1年ぶりくらいだけどまぁ慣れたもんだ。さくさく外す。
まずは左のH7側から。

e0034693_20261050.jpg


ごつい方が今回付けるプロテック製、細くて金のヒートシンク付いてるのが
今まで付けてたスフィアライト・ライジング。LEDはどっちも両面に1個づつ。
でもスフィアライトの方がたぶん設計も新しくてLEDもちょっとでかい気がする。

e0034693_2028475.jpg


バルブを取り付けた状態。太すぎてちゃんと入ってない気もするけど気にしないことにする。

e0034693_20294452.jpg


ノーマルやスフィアライトだとノーマルのゴムカバーで覆うけど、プロテックのは
ごつくて丸い鉄板にスポンジを貼った防塵カバーをねじ止めする。
スフィアライトはとにかくここが難関で、どこまでゴムカバー切りゃいいのか、
こんなに切っちゃったけどホントに大丈夫なのか、いまだに正解がわからないでいる。
そういう意味ではこのプロテック方式は非常に簡単だ。スポンジは微妙に足りなくて
隙間ができてたからもう1セット重ねて貼った。このへんの説明は何も書いてない。

このごつい防塵カバーをバルブ本体に3×8皿ねじ1本で固定して、
その上にヒートシンクとファンをねじ止めしていく。ひとつひとつのやることは
非常に簡単なんだけど、ヘッドライトの裏側という狭い空間だとこれがかなり大変。
全長ができるだけ短い+ドライバーを用意するか、ねじを全部六角に換えた方がいいかも。

今後ライトバルブにアクセスするときは、このファンやヒートシンクをいちいち
脱着する必要があるからかなりめんどくさい。また、最初に土台になる防塵カバーを
留める1本のねじが、けっこうがんがんに締めたつもりでも、防塵カバーを
ぐりぐり触ってるとけっこう簡単に緩む。かなり気合入れて締めるかネジロック剤
使った方がいいかもしんない。このたかが1本のねじを増し締めするために、
またどんだけねじ外さなきゃならないか考えると余計に。

e0034693_20411749.jpg


次にH4側。ハイ/ロー切り替えだから当然H7よりLED多いんだけど、
6個も使ってるからローだけで比べてもH7より1.5倍明るそうだ。

こっちはH7と違ってノーマルのゴムカバーを切って使う指定。
今までH7に使ってたカット済みのカバーをそのまま流用してやった。
そして、ねじが切ってあるバルブの尻の部分にヒートシンクの土台をねじ込む形式。
こっちの方がまだいちいちばらさなきゃいけないH7より楽そうだな。

H7はぼろぼろねじ落としながら半泣きでやってたけどH4はスムーズに取り付け完了。
早速テストしてみると…おおお!ちゃんと両目点灯だ!
実際日が落ちてみないとわかんないけどかなり明るそうに見える。
色温度が5500から6000になるから青くなるかと思ったけどほぼわからなかった。
おまけでポジション用のT10ウェッジ球のLEDが付いてきたけど、
元々付けてたのも色味的に問題無さそうだしそのまま使うことにした。

LEDのコントローラユニットが、スフィアライトのは最新のブラシアンプくらい
小さかったのに、プロテックのはタムテックのCPRユニットくらいでかくてさらに重い。
邪魔臭いけどFAZER8の場合はカウル内部にかなり余裕があるから
てきとうに貼ればおっけー。コネクタもてきとうにビニールテープで防水して縛っとく。

光軸は今までよりほんの少し上がった。元々下げすぎてて上げようと思ってたから
そのままで行くことにした。スフィアライトに換えたときにめちゃめちゃ下げたはずだから
ノーマルからだとたぶんかなり下げないとまずいと思う。

最後に外したカバーを付けてるとこで雨が降ってきたから慌てて撤収した。
だからかっこよく両目で光ってる写真は無し。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-04-07 21:01 | バイク | Comments(0)
2017年 04月 06日

FAZER8両眼点灯

最近のバイクはみんなこうだから、と無理矢理納得してきたけど、
やっぱりFAZER8というバイクの外観上の最大の難点はロービームが片目な事だと思う。

なんか、どっかの国ではバイクの2灯は認められてないから、みたいな理由らしい。
国内向けがあるモデルでは両目点灯のもあった(FZ1とか)けど、最近はそれも無くなって、
トレーサーとか国内向けでも片目だ。あれ標準でLEDだから交換するのも大変なんじゃないかな。

ちなみにFAZER8の場合、ロービーム専用の左目がH7、ハイビーム専用の右目がH4だ。
H4はハイ/ロー切り替えだから線一本繋いでやるだけでロービームにも対応できるはずだ。
なのにハイ側しか使ってない。コスト云々の話ならハイビームもH7にすりゃいいのに。
ハイビームもLEDやHIDにしようと思ったらわざわざ高価なH4を買わなきゃいけない。
半分使わないのに。実にあほらしい。

やっぱりみんながみんな納得してる訳じゃなく、自分で配線いじって両目にしてる人も居る。
しかし、軽くぐぐってみた程度ではよくわからない。詳しい人ならわかるのかも知れんけど。
何かポン付けで両目点灯になるアイテムとか無いんだろか、と思ってたらあった。

PROTEC プロテック:LBW-TM LEDヘッドライトバルブ

本来TMAX用らしいけどFAZER8にも使えるらしい。
すでにロービームのH7はLED化済みだから両目点灯の配線だけ売ってれば良かったけど、
これは両目分のLEDバルブがセットだ。まぁLED2個セットだと思えば
安くはないけど高くも無い。

e0034693_16162944.jpg


で、この配線図(写真)の真ん中の2Pコネクタが2灯化の肝らしい。
ここを外せば元の片目ロービームになるらしい。

つまり、H4側コネクタの真ん中とH7側コネクタの+の線を繋いでやるだけでいいのか?
車体側のコネクタに繋がるとこだからたぶんコントローラ側で独自制御とかも無さそうだし。

もしこのLEDバルブに不満が出たときでも、この程度の配線なら自力でも出来そうだし、
他所のに換えて試してみることもできるな。とりあえずはこのまま付けてみるけど。

天気が微妙だから作業は来週かな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-04-06 16:22 | バイク | Comments(0)
2017年 03月 11日

MT-10がやっと国内発売になるらしい

発表されたのがちょうどFAZER8を買った頃だったから…1年半くらい前か。

海外ではとっくに発売してたのに正規代理店のプレストもずっとだんまりで。
ラインナップを見ても「17年モデル」「16年モデル」のマークの付いてないやつ
(=15年かそれ以前の在庫?)が大半だ。排ガス規制とかが海外も国内も
あまり変わらなくなるっぽい(?)し、今後はめぼしいとこは逆輸入じゃなくて
ヤマハが直々に国内モデルとして出して行って、プレストは徐々に店を畳みにきてるのか?

で、MT-10/SPも国内モデルとして出てくるみたいだ。

素の方でも160万台、SPだとほぼ200万だ。現行R1ベースだと思えば
こんなもんか、とも思うけど、MT-09がよく出来てるのにすごい安いから、
この価格差ほど性能差はあるのか?とか考えるとだいぶ厳しい気もする。

能書きでは「単なるR1のネイキッドじゃないよ!ちゃんとMTとして作り込んでるよ!」
ってことを熱く語ってるけど、見た目から受ける印象はR1のネイキッドまんまだ。
かつてのFZS1000がR1からちゃんと作り込んだネイキッドだった訳だけど、
FZS1000は顔(とエンジン)だけがR1で他は別物だったのに対して、
MT-10は強烈過ぎる顔とアップハン以外はほぼR1まんまで正反対だ。
まぁ現行R1の顔自体が歴代R1とはまるで別物だから、あれを超絶ヤマハセンスで
ネイキッドに翻訳した結果があの顔、と言われれはそうなのかもしれない。

一切の言い訳を排除してサーキットで勝ちに行くために作られたR1から、
明らかにオーバークオリティな要素はいろいろと削られては居るけど、
鬼のようなスイングアームやフレームの塊感は完全にR1そのまんまで、
元祖のMT-01はともかく、近年の成功シリーズであるMT系に通じる
軽快なイメージは微塵も無い。とにかく強ぇんだ!凄ぇんだ!って主張しか感じられない。

とにかく写真で見る限りでは「おぉ!」よりも「ぅ・・・」寄りの印象だけど、
いろいろと奇抜なだけに現物を見てみないとなんとも言えないかもしれない。
エンジンの味付けもR1とはまるで違うみたいだけど、結局のところクロスプレーンなら
V4的な回り方なのは変わらなさそうだけど、どうなんだろう?

もう春だし試乗会シーズンも近いはずなのに、毎年恒例のプレストの試乗キャラバンも
いまのところ何の告知も無し。やっぱりもう畳む気なのか?

どっかで試乗できるといいんだけどなあ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-03-11 00:33 | バイク | Comments(0)
2016年 10月 23日

R6

R1以上に放置されててもう消えるのかと思ったR6がフルモデルチェンジするそうな。

デザインが現行R1ぽくなって装備が順当に近代化して、ABSやトラクションコントロール等の
電子制御ががっつり入る。オプションでクイックシフターも付く。R6Mは出ない?

フルチェンジってことは600もとうとうクロスプレーンになっちゃうのかな、って思ったけど
何も触れられてないからエンジンはたぶん変わってないっぽい。EXUPまで付いてるし。
すごいパワーのバイクは世界に山ほどあるしこれからもがんがん出てくると思うけど、
回り方の気持ちよさで先代R6以上のエンジンを知らない。ここを変えないのは大賛成だ。

かつかつに攻めることに命を懸ける人には最高のバイクなんだろうと思うけど、
そうじゃない人を頑なに拒むポジションがすごいハードルだ。

街乗りを楽しく現実的に楽しめるバイク、という路線はもうMT系に任せちゃっていいから、
スーパースポーツの超高性能を楽ちんなポジションでヒャッハーできるバイク、
という原点回帰でFZシリーズを再構築してくれないかなあ。
もうMT-10作っちゃったから微妙かな。日本には一向に入ってこないけど。

FZ6S2のデザインそのまんまでフロント倒立フォーク/リヤリンクサスの足回りにABS、
中低速とかに振ってないR6まんまのエンジン積んだの出たら飛びつく人多いと思うけどなあ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-10-23 00:09 | バイク | Comments(0)
2016年 10月 16日

驚きの白さ

いつかカッティングを貼ったアンダーカウルとリヤフェンダーはやっぱいかんよな、
ということで塗装に出してた。ちょうど1か月くらい前だ。

e0034693_2051869.jpg


前の部屋に置きっぱだったバイクを取りに行って、塗装したカウルとフェンダーを付けた。

e0034693_20511444.jpg


うん、かっこいい。

エンジンもフレームもカバーもカウルもぜんぶ真っ黒、っていうのがどうも嫌だ。
色を統一してシンプルで一体感のあるコーディネート、ってことで
これがいいって人も多いんだろうけど、どうも塗ってないプラモに見えてしまう。

前乗ってたFZS1000はカウルもエンジンもフレームも全部シルバーだったけど、
メタリックなカウル、若干シャンパンゴールド入ったようなフレーム、アルミのエンジン、と
全部が違う色味なのが良かった。揃ってないのが気に食わないって人も多かったのかもそれないけど、
むやみにばらばらなのではなく、部位毎に素材感を主張してるのが良かった。

今のFAZER8はカウルとタンク以外全部真っ黒な方向だから、ちょっとづつなんとかしてやりたい。
せっかく付いてるインナーフェンダーやアンダーカウルも真っ黒なスイングアームや
エンジンに溶け込んでしまって目立たないのがどうにも気に入らなかった。
主張しすぎずにさりげなく付いてますよ、って意図なんだろうけどさりげなくない方がいい。

あとは何かステッカーとか買ってきて貼ってやろう、って思ってたら雨が降ってきた。
昨日までそんなこと全然言ってなかったよな?なんだよ急に!
火曜日にまた前の部屋行くからその時でいいや、ってカバー置いてきたらこれだよ!もう!
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-10-16 21:04 | バイク | Comments(0)
2016年 10月 07日

インターモト

正直、バイクの発表会の類ってどこがメジャーでどこがマイナーとか全然知らない。
んが、今回各社かなり大物ニューモデルが集中したみたいでお祭りになってる模様。
気になったとこについてぼちぼち書いてみる。

・CBR1000RR Fireblade SP/SP2
これもR1同様、リーマンショック後あたりでモデルチェンジが止まってた分を
一気に取り戻して超進化した感じになるんだろうか。SPとSP2の2本立てなのも
R1とR1Mの2本立てと同じなのかな、って思ったけどSPでもオーリンズの
電子制御サスが付いてて、SP2のエンジンははシリンダーヘッドまで違うらしいから、
コンロッドがチタンになっただけ(?)のR1Mよりある意味えげつない。
たぶんSPの付かない無印もあるんじゃないかと思うけど、それはそれで
このえげつないSPとSP2を同時に発表する意味がよくわからない。
デザインはR1の斜め上っぷりと比べると随分常識的。中身はともかく
外観はそこまで強烈なインパクトは無い。250RRの方が攻めてるくらいじゃないだろうか。
値段もきっとえらいことになってそう。

・GSX-R1000/R
これも久々のモデルチェンジだけど、「久々の新型!」って感じがCBRよりさらに希薄。
ていうかR1が豹変しすぎただけなんだろうか。確かに真似しない方がいいかもしれない。
ぱっと見で「お」って思うのは変なリザーバーみたいなのが付いたフロントフォークくらい。
最新世代はホンダとヤマハがオーリンズ、スズキとカワサキはショーワ、って事なのか。
これも無印とRの2本立てだけど、ホンダやヤマハほど大きな差は無さそう?

・ZX-10RR
素の10Rはわりと最近出てるので今回はRRの追加。ショーワの高いフォークは
元々付いてたから目立って違うのはマルケジーニのホイールくらい?
それだけでわざわざ2本立てにするだろうか?他にも何か違うんかな?

・Ninja1000
元々コチみたいな平べったい顔が好きになれないこと以外はすごい気になってたバイク。
それがモデルチェンジですっかりイケメンになった。一番速い!とか最先端!
みたいなのを競うバイクじゃないから第一報レベルでは細かい変更点はわからない。
ライトがLEDになって電子制御がいろいろ付いたことくらい?
エンジンとポジションは元々文句なしだったからむしろ変わってほしくない。変えるな!

・MT-10SP
あのMT-10にSPモデルが追加・・・っておい!国内ではまだ売ってないのに!
SPはオーリンズの電子制御サスが付くっぽい。カラーリングもR1Mっぽいな。

・MT-09
そしてこっちはMT-10っぽい黄色ホイールの新色が、って思ったら
顔までMT-10っぽくなってた。初の外観モデルチェンジらしい。
顔は09も10も好きじゃないので正直どうでもいい。が、恐ろしいのはリヤフェンダー。
最近のドゥカティやMVアグスタみたいな、スイングアームからにょっきり生えて
リヤタイヤに直接張り付いたみたいなあれだ。国内メーカーではヤマハが初になるのか?
にょっきり部分がごつくてさらにかっこ悪さがアップしてる。なんてこった!

・トレーサー700
900とはだいぶ違ってずいぶん普通っぽい印象。ヴェルシスっぽい?

・XSR700
これもスクランブラーぽいのが出るんかな?XSR自体元々スクランブラーっぽいから
さらにスクランブラーっぽいというか、ややこしいなもう!
これももう日本で出す気無いんだろうか?けっこう売れると思うんだけどなあ。
こういうバイクバイクしたバイクを雰囲気で乗りたい!って人に900は激しすぎるから
案外700って丁度いいんじゃないかなあ。デザインもまた独特で、
SRXとかR1-Zあたりの古いヤマハの血が垣間見える感じがいい。

・SuperSports
あれ?普通わざわざ言わないけどパニガーレもスーパースポーツなんじゃなかったっけ?違うの?
内容的にはニンジャ1000とかGSX-Sあたりと同じ、というかフルカウルのモンスター、なのか?
「お前は人間じゃない、マシーンだ。いいな?」とでも言わんばかりに高圧的なポジションだった
パニガーレと比べるとずいぶん人間的なポジションだと思う。でもモンスターよりは
もう一声きつそうに見えるけどどうかな?モンスターもこの手のバイクではきつい部類だったけど。
乗ってみないことには何とも言えないか。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-10-07 22:45 | バイク | Comments(0)
2016年 10月 05日

試乗乱舞2

また岩さんち近くのバイク屋主催でものすごい台数の試乗会があるということで行ってきた。

e0034693_2243040.jpg


前回も大概だったけどさらに台数増えた?
前回は3グループで交代だったけど今回は4グループになってる。
コースも前回より若干大きいから回転も若干落ちてるか?

今回は寝坊して出遅れた上に、前回の教訓で「混んでるからって後回しにしてるとそのまま終わる」
を生かして、是非乗りたいとこは積極的に並ぶ方向で行ったから乗れた台数は少なめ。
前回が20台くらいだったけど今回は10台くらいだった。
台数が多いとはいえ前回乗った奴も結構あるし、あんまり必死で乗るのも疲れるからちょうどいい。


e0034693_22191317.jpg


・グラディウス400
FZ400に乗ってた頃、同クラスでライバルになる車種として名前が挙がる事が多かったSV400。
そのSV400の後継機というか、このシリーズはSVからグラディウスになってまたSVに戻ったり、
名前は迷走してるけど中身はたぶんあんまり変わってない、はず。
デジタルメーターにシフトポジション表示があるのはいまどきのバイクっぽい、が、
ニュートラルが「0」で表示されるのはまだしも、1速に入れたのに「1」と「2」が交互に
ぴくぴく表示されるのは怪しい。まるで後付けの社外品みたいだ。
Vツインのエンジンはさすがに直4みたいな「うひょう!」な回り方はしないけど、
良くも悪くも癖がなくて必要なときに必要充分な仕事をちゃちゃっとこなす感じだ。
高級感は無いけど特にチープだとも思わない。CBとはまた違う方向で優等生。

・シルバーウイング600GT
写真撮り忘れた。でかいスクーター。車で言うと3リッターくらいのセダンみたいな感じ?
充分立派なんだけどやっぱりバイクとして求めるモノとは違う気がする。
とても長くて立派なスクリーンの端が目の前にあるのがすごい目障り。

e0034693_2234238.jpg


・ZX-14R

前回気になってて乗れなかった奴。今回は頑張って並んだ。
H2が出た今でも衰えない存在感と迫力。男カワサキの男汁特盛つゆだく。
どこぞの傾奇者とか世紀末覇者くらいしか乗れない、身長2メートル以上ないと
つま先も着かないんじゃないか、みたいなイメージだったけど現物はそれほどでもなく、
170ちょいのおっさんでも乗れる。何もかもがでかいんだけど意外とふつうに纏まってる。
ポジションはけっこうな前傾だけど「うわきっつ!」って感じは無い。
これくらいならそんなに我慢せず長距離もいけそうな気がする。
有り余るパワーを必死で押さえ込んで、みたいな感じは全然無くて、
中低速は何の不満もストレスも無い楽ちんですごい乗りやすいし、
回せば回しただけなんぼでもパワーが出てくる。
トラクションがとか荷重がとかバンク角が、とかのまにやしか解らない話じゃなくて、
あほのおっさんにも大変解りやすい「これが大型バイクだ!」という魅力が死ぬほど詰まってる。

e0034693_2311499.jpg


・YZF-R3
前回MT-03が好印象だったのにR25の手ごたえがいまいちだったのが腑に落ちなくて
今回R3に乗ってみた。R25よりは格段に好印象なんだけどMT-03ほどでもない気が。
同じように見せかけてセットが違ったりするんだろうか?それとも単なる気のせい?
パワーも質感も乗りやすさもどうもぴんと来ない。乗り方が合ってないんだろうか?

e0034693_23124698.jpg


・SR400
考えてみりゃそりゃそうだなんだけど、セル無かったのな。
まだ腰がヤバいしどうしたもんかな、ってもたもたしてたらスタッフの人がキックしてくれた。
そういえばビッグシングルってはじめてだったかもしれん。
なるほどこりゃちょっと面白いかもしれない。古臭いバイクだけど、スピードを出さずに
面白がる、って方向はむしろ時代にマッチしてるのかもしれない。

e0034693_075323.jpg


・VTR-F
前回乗ったVTRがあまりにもシート低すぎて「まじか!?」って思ったので再検証。
今回はふつうに乗りやすい感じだった。やっぱローダウンしてあったのかな前回は。
でも今回もハンドル周りにいじった形跡があるからフルノーマルでは無いんだけど。
Vツインは小排気量の方が上質と言うかジェントルな感じがする。
非力だけどチープには感じないしストレスにも感じない。
基本ハーフカウル大好き人間だけど、このちょっと前のホンダ顔は嫌だ。
これなら無い方がいい。

e0034693_0134725.jpg


・GSX1300R隼
ぽんと買ってきた状態で300キロ出ちゃう世界の先駆者。
どんなバイクにも似てない、どこから見ても隼!って解る独特のデザインに圧倒的な性能。
速いけど不細工、という秀逸すぎるネーミングといい、スズキのフラッグシップに
これほど相応しいバイクは無いんじゃないだろうか。好き嫌いはともかく説得力が凄まじい。
でもまあ14Rと似た感じなんだろうな、って思ってたけど、まず跨って車体を立てるのが
すげぇ重い。ただサイドスタンドの位置から立てるだけで重いと感じたのははじめてかも。
ポジションもガチのスーパースポーツほどきつくはないはずなんだけど・・・けっこうきつい。
走り出してからもまだふくらはぎが「おいおいちょっと待ってくれよ」って言ってる。
確かに14Rとは似たキャラなんだけど、14Rと比べるといろんなとこで気難しい気がした。
たぶん、12Rで歯が立たなかった隼をやっつけるためにカワサキがムキになって作ったのが
14Rだと思うから、順当なのかもしれないけど14Rの方が完成されてるように感じた。
そういえば、国内版の隼はETCが標準装備だとは聞いてたけど、ETCのインジケーターが
デジタルメーターに内蔵されてるのはちょっとびっくりした。

e0034693_044254.jpg


・SV650
今日はVツインの大中小で乗ろうと思ってた。最後の大がこれ。
こっちはグラディウスだったのが最近モデルチェンジでSVに帰ってきた。ややこしい。
これが大型バイクだ!って迫力は何も無い。タイヤサイズまで400並だ。
でも実際に安いしシンプルかつしゅっとしたデザインは好印象。
ネイキッドでも変な形のライトが流行ってる中丸目なのもいい。
パワーも充分なんだけど、そんなに回してなくてもだだだだだっ!って苦しそうに回る。
Vツインは大排気量の方がむしろがさつというか荒っぽいのかもしれない。

e0034693_0553574.jpg


・トリシティ
はじめての3輪バイク。マンホールや白線踏んでこけたことのある人にはすごい気になる機種。
どんなもんかと思ったけど、何も考えずに乗る分にはすごいふつう。
スクーターなのに膝を擦ろうとかそういう特殊なことでもしない限りバンクするのも自然。
ただ、フロントタイヤの接地感に全集中すると本来あるはずの真ん中のタイヤの存在感が無くて
ちょっと気持ち悪いかもしれないし、それを面白がる変態にはたまらないかもしれない。
ちゃんと3輪だと思って乗ればちゃんと左右に存在感があるし、普通は気にしなくていいと思う。
足元が狭いのも普通に乗ってる分には全然気にならない。コンビニ袋とか下げると邪魔かも。
たぶん多くの普通の人にはコケにくいメリットの方が全然大きいと思う。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-10-05 01:04 | バイク | Comments(0)
2016年 09月 03日

はじめてのBMW

さて、今期2回目のプレスト試乗会、なんだけど、ちょうど店(ヤマハだけじゃなくBMWも扱ってる)が
ちょっと前にリニューアルしたばっかだし、ということでBMWの試乗もできるということで行ってみた。

遊びにおいでよ!リニューアルグランドオープン大試乗会!

ヤマハの方は前回乗ったの以外に特に新たに乗りたいと思うものも無かったけど、
比較用としてMT-09トレーサー、BMWはS1000Rがあったらそれに乗りたかったんだけど、
無かったのでS1000RRとS1000XRに乗ってみた。


まずはトレーサー。もう3度目くらいだからすっかりお馴染み・・・と思ったら発進で妙にもたつく。
放しても放してもクラッチが繋がらない。ほぼ9割くらい放したとこでやっと半クラ。
前回乗ったときどんなだったかまでは覚えてないけど、何の違和感も無かったってことは
こんなおかしな位置じゃなかったと思う。まだ新しいバイクなのにそんなに狂うものなのか?

クラッチの違和感以外はパワフルかつ扱いやすいいい子・・・なんだけど、
ミスって高いギヤのまま減速し過ぎたときのぎくしゃく感が若干気になった。
むむ!これはあかん!って訳では全然無いんだけど、感覚的にはうちの子
(4気筒&低速の弱さをよく指摘される)の方が若干マシなんじゃないか?って気がした。
マスターオブトルクを名乗る3気筒ならもうちょっと粘ってくれてもバチは当たらん気がする。
半クラがうまく使えてないからそう感じただけかも知れんけど。

こんなにアップライトなポジションなのにすぐ目の前まで届くような大きなスクリーンは
さぞ効くのだろうと思ったけどそうでもない。FAZER8の倍以上あるのに大差ない感じ。
あのサイズであれだけ風防効果のあるFAZER8が大したもんだ、ってことなのか。


次にS1000XR。ヤマハ的に言うなら現行R1をベースに作ったトレーサー、みたいなバイク。
ポジションはあの感じで超楽ちん、なんだけど、驚いたのはシート。
自然にいいポジションが取れる、ではなく、強制的にいいポジションしか取らせてくれない。
車のレカロみたいな感じだろうか?狭い訳じゃないけど「ここ!」という位置に固定される。

BMWと言えばフラットツイン、という印象が昔から根強かったんだけど、
現行R1をあそこまでやらなきゃならない状況までヤマハを追い込んだ元凶とも言える
S1000RR譲りの超高性能直4エンジンはどんなもんなのか、というのが最大の関心だった。
が、混雑気味の試乗コースをちょろっと走っただけで素人にも判る凄さ、というのは無かった。
全体的にノイジーでがさつな印象はFAZER8とMT-09の悪いとこ取り、とも言える。
ドゥカティが直4を作ったらこんな感じかも。


最後にS1000RR。ポジションはR1同様に容赦無いんだけど、ステップも首も
きっついんだけどわずかにR1よりはましな気がした。気のせいかもしれないけど。
エンジンはXRよりはあからさまに元気なんだけど、ノイジーでがさつな感じは変わらず。
排気音もすごい。シフトチェンジするたびに「ぽんっ」という、軽いアフターファイヤーなのか、
ギヤの繋がる機械音が排気管を通して出てくるのか解らない音がする。

ちなみにギヤがニュートラルに入ってるとどんなに吹かしても2000回転までしか
回らないようになってて、それで日本の騒音規制をパスしてるらしい。いいのかそれで。
(たぶん)ノーマルなのにけっこうやんちゃな社外マフラーみたいな音だ。
イタリア人はあれだから仕方ないと思ってたけどドイツ人もあれなのか。

サスはすごい良さそうだった。わー乗り心地いいーって感じは全然無いけど、
路面が荒いのをきっちり全部伝えつつも不快な部分は全部吸収する感じ。

最後に降りるときに右ふくらはぎがエキパイに当たって火傷するかと思うほど熱かった。
ちょっとこれ危ないんじゃないか?半ズボンで乗るなよって事か?Gパンでも熱かったけど。
ショールームにあったアクラポビッチの付いたS1000Rにはカーボンのヒートガードが付いてた。


BMWの良さは乗らないと解らない、っていうけどこの程度の試乗では結局解らなかった。
雨とかの悪状況だとものすごくよくわかるらしいし、長距離乗るとまた全然違うらしい。
雨の日は乗りたくないし片道100キロを超えるとちょっと躊躇する人間には
無用の長物なのかもしれない。国産も高くなっちゃったから外車だからってむやみに高い、
って訳でもないし、道具としてもたぶんよく出来てるんだろうと思う。

たったこんだけの試乗で何が解るんだよ、っていうのはもちろんなんだけど、
でもGSX-S1000Fとか走り出した瞬間くらいから「うおすげえ!」があったんだよ。
じゃあヤマハが作れないものをスズキが作ったのか?っていうとそうでもなくて、
昔のR1やFZS1000もそうだった訳だから、スズキはやっと15年前のヤマハに追い付いて、
今のヤマハはまた違うところを目指してる、とも取れる。
正しいかどうかは知らないしたぶん間違ってるけど。
んで、15年前のヤマハが心の底から最高だったと思ったまま時間が止まってる旧人類には、
今のヤマハには付いていけないけど、今のスズキやカワサキはとても魅力的に感じる。

で、何の話だっけ?あぁ、BMWか。
そういう、画像や情報だけじゃぴんと来ないけど、一度触れてみれば
「うわあこんなの知ったらもうヤマハなんて乗ってられないっすよ!」みたいなのを
ちょっと期待してた。まぁほんとにそんなことになったら困るんだけどな。無職なのに!
あの左右非対称の顔もどうしても好きになれないし、何がいいのかも解ってないくせに
「ビーエム乗ってる」って言えば知らない人にもすげえって思われるから、
みたいな理由で買うのが一番かっこわるくて恥ずかしいことだと思ってる。

いつか理解できる日が来るんだろうか。
案外来年の今頃とか「やっぱりBMWはフラットツインっすよ!!!!」とか
全開の瞳孔にあのマークを浮かべた目で熱く語ってるのかもしれんけど(嫌
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-09-03 19:26 | バイク | Comments(0)