カテゴリ:ホビーショー( 24 )


2016年 09月 24日

はじめての有明ホビーショー

何かこの暇の有効利用は無いか?

バイクで遠出でもするか?

そういえば秋のホビーショーあるよな?

よし宿も取っちゃうぞー

なんかずっと天気悪い

まぁ新幹線でいいか

という自分でもよくわからない流れで行ってきた。
春の静岡は毎年行ってるけど秋の東京は初めてだ。

とりあえず前日秋葉→一泊→朝からホビーショー、の流れ。
秋葉のことは別記事で書くつもりだけど、先月行ったばっかだしなあ。

e0034693_16593769.jpg


コミケ以外で来るビッグサイトってはじめてだな。
人はふつうに多いけどコミケ基準だと異常に少ない。1/100くらい。
会場は西3・4。もうすっかり企業ブース行かなくなったから10年以上ぶりだ。

e0034693_16595567.jpg


行列にはなってるけど、コミケどころか静岡ホビーショーと比べてもぜんぜん平和だ。
こっちは初めてだから例年どんなもんなのかは知らんけど。

会場全体でツインメッセの片っぽだけくらいのイメージだろうか?正確にはわからんけど。
モデラーズギャラリーが無いのは仕方ないけど企業もこぢんまりしてる。
静岡で本気出すタミヤは仕方ないにしても、こっちがホームのマルイとかまでこぢんまり。

e0034693_1721037.jpg


恐らく今回会場全体の中でも目玉だったと思う京商ドローンレーサー。
内容はまさに「空飛ぶ車」で、近年話題になればなるほど肩身が狭くなっていくドローン業界に
一つの道を示す意欲作なんじゃないかと思う。小型軽量かつ超低空しか飛べないから
改正航空法の規制対象にならないから、特定の禁止区域(見た目はまんまドローンだから
名指しでドローン禁止!とか言ってるとこではトラブルになるからやめたほうがいいとは思う)以外では
誰でも自由に飛ばせる、らしい。

スピードも標準で30キロ、ローターの前傾角を調整すると34キロくらい出るらしいから
1/10のあまり激しくない車くらいは出る。地に足が着いてない分よりスリリングだし、
速いモーターもオプションで出るみたいだからもっと速くなるはず。
何より、それがホイラープロポで操作できるのがいい。たぶん世界初なんじゃないか?

従来のドローンでも気圧センサーとかで高度を考慮した制御ができるのはあったけど、
これは超音波センサーで直接地面を検出して超低空飛行を実現する。
やってみたことがある人は解ると思うし、ヘリや飛行機も同じというか余計にだと思うけど、
超低空飛行っていうのは本当に難しい。充分な高度が維持できてれば、操作ミスで
高度が下がってもまたすぐ上げりゃ済むけど、低空だとあっと思ったときにはもう地面だ。
しかも絶対的な高度ではなく、地面を直接見てるから凹凸や勾配もちゃんと乗り越える。
スピードが乗った状態でジャンプ台に突っ込むと本当にバギーのジャンプみたいに飛ぶ。

たぶんこれハードウェア的に特別なのはこの超音波センサーくらいだと思うから、
それを含めた超低空特化の制御系を汎用で用意できれば、これはもう新しい
ひとつのジャンルになるんじゃないのか。

舗装だろうが未舗装だろうが水面だろうが路面は選ばないし、
いくらローターガードが付いてるからって何やっても絶対怪我させない、って事は無いだろうけど、
高いとこ飛ぶわけじゃないし重量も軽いから、少なくとも1/10の車よりははるかに安全だ。
フルスピードで人間に突っ込んでも「痛て!」くらいで済むと思う。車は下手すると怪我じゃ済まん。

機体はとりあえず白と黒の2種類(色だけじゃなくてデザインも違う)だけど、
クリアボディも出るみたいだし、LEDを6色に設定できるから少なくとも6台までは
同時走行(飛行か)でも判別は可能で、さらに専用ラップカウンターに対応した
赤外線LEDまで標準で備えてる。このカウンターシステムが一般で買えるものなのかは
解らないけど、計測ソフトは既存のもの(AMB用?)が使えるみたいだし、
少なくともメーカー主催のイベントでは、あわよくばショップ主催のレースでも
ちゃんと自動計測ができる仕組みが標準で備わってる。すげえ。

e0034693_1740734.jpg


現状参考出品ではあったけど、FPVも視野に入れてるらしく、またwifiでお茶を濁すのではなく、
ちゃんとアナログでラグの無い映像をリアルタイムで送るシステムがカタチになっていた。
盗撮とかに使いにくいよう、機体もFPVシステムも微弱電波であまり遠出はできないから
直接見えない森の中をカメラを頼りに突き進む!みたいな本来のFPVドローンの醍醐味は
味わえないかもしれないけど、その代わりこのシステムはドローン専用じゃなくて、
車とかにも積んで使えるらしい。こりゃ気になる!あまりにチープで使い物にならないのも
困るけど、ちゃんと使えるのが安く出てきたらまた一つのムーブメントになるかもしれない。

e0034693_17483624.jpg


そして個人的特大本命・ターボスコーピオン!!!
いつもと同じ素組みとオプション仕様の2台だけど、アルミキラキラカーボンテカテカの
勘違い成金仕様ではなく、ライトを電飾してメッキホイール履いた程度のお上品仕様。
まぁスコーピオン系のオプションはすでに出揃ってるし、ターボスコーピオンを期に
新たに投入されるオプションもそんなに無いんじゃないかな。
あ、そういえばリヤタイヤは標準とは違うパターンだったような。
もうオリジナルのイメージに縛られる必要も無いからいろいろ出すつもりなのかも知れない。

e0034693_18111950.jpg


新規の板類。ロングホイールベースキットはカーボン製のオプションは
既に出てた訳だけど、ミッションケース下のスキッド部分とか、リヤアームの
ボトムストッパーとか、カーボンではできない曲げ加工を見るとやっぱ金属がいいな。
板厚も頼もしい。

e0034693_18164695.jpg


ルマンは・・・なんかもう・・・ルマンだった。
アンプは思ったよりでかい。積むのに困るほどじゃないと思うけど。
「緑とか青のは出さないんですか?」って聞いてみたら、
「あれは8分間レース用なので、チェーン駆動の8分間レース用の車と一緒に出します」
との事。ええええ!そう来たか!!ビンテージシリーズはバギーだけじゃなかった!!!
便乗してテックから金色のねじとかいろいろ出るといいな!!!!

e0034693_18262576.jpg


新ハングオンレーサーは・・・カウル付いた状態のと、ハングオン動作デモ用の
裸で台に固定されたのを見た程度ではどう変わったのかよくわからんかった。
いろいろ切らないとほとんど動かなかった気がするリヤサスの伸び側ストロークが
ちょっと増えてたのかな?って気もするけど気のせいかもしれない(汗

e0034693_18302710.jpg


最新現行ハイエンド・ZX6.6とRB6.6。なんなんだよ.6って。RZ6の立場は?
それにしてもかっこわるい。速いんだろうけどさ。

e0034693_183443.jpg


ハセガワのバーチャロンはどうなったんかな、って思ったらまだあった。景清の八島だって。
今考えました!じゃなくて一応開発時からモデリングはされてたけど使われなかった指揮官機らしい。
角だけの新規金型らしい。無理矢理感すごすぎてもう涙も出ねえ。

機体とかバリエーションとか死ぬほどあるシリーズだからネタ切れってことは無いんだろうけど、
作ったところでコストに見合うようなネタはもう無いって事なんだろうなあ。
エンジェとか出せば絶対一定数は売れるだろうけどそれでも元取れないんだろうなあ。

e0034693_1923590.jpg


アオシマの実車展示はCB400Fourだった。まぁ好きな人にはたまらんのかもしれん(冷静

e0034693_195404.jpg


バイクシリーズも充実してきたのはいいんだけど、カワサキ大量、ホンダ多め、スズキ少々、
というラインナップにもんにょりする。いいよどうせ多少ヤマハ増えたとこでFAZERは出ないんだろ。

e0034693_199323.jpg


タミヤでは新型NSXの実車が。
巷では発売前にもう飽きたとかぼろくそに言われてるけど、いざ現物を目の当たりにして・・・
うおおすげえ!って感じは正直しない。まぁかっこいいとは思うしすごいんだろうけど。
これが次期S2000で400万くらいで出ます、とかだったらうおおすげえ!って思うかもしれない。
なんだろう?サイズもコストも考えずにS660作ったらこうなりました、みたいな、
いまどきのホンダが生々しく出すぎてるというか、まぁ狙い通りなんだろうけど、うーん。

e0034693_19173740.jpg


そんなタミヤの会場発表サプライズは・・・M05デミオだった。
ええええ!まじで?すげええええ!!って思った人が(乗ってる人以外に)どれだけ居るのか。

ていうか隠し玉以前にまともな新製品が何も無い。天下のおタミヤ様がこれではあかんだろう・・・

e0034693_19301091.jpg


セキドのブースに何の説明も無くただ置いてあった謎バイクX-Rider。たぶん1/8。
ぐぐってみたら引っかかったのは仮面ライダーXだった。セターップ!セターップ!セターップ!
どうも中華バイクみたいだしセキドが扱うのかな?リヤサスのリンクがかっこいいな。

e0034693_19371895.jpg


京商以外ほぼやる気の無いとこばっかならぢこん方面で唯一ぶち込んできたKO。
本来ミドルクラスとして出てきたけど実は設計新しい分レスポンスとかもEX-1より
高性能なんですよ、って事で事実上のハイエンドだったEX-2を
名実共にハイエンドに焼き直したEX-RR。市販ホイラー&ガングリップ式プロポの元祖として
長い歴史を刻んできたEX-1もついに退場になるのか。

一見カーボンとか貼って高そうに装ったEX-2なんだけど、ソフトウェア面だけじゃなく、
ステアリングやスロットルのばねやストローク、ロータリーエンコーダーとかの
ものすごく細かいハードウェアまでほぼ全部見直された上、受信機もサーボも
従来とは互換性の無い新規のハイレスポンスモードまで備えて丸ごと作り直しに近い。
逆に、そこまでやるならEX-2まんまな筐体も作り直しゃよかったのにと思わずに居られない。
あれも軽い分EX-1よりはましって程度で特別よく出来てるともかっこいいとも思わんし。

e0034693_1956346.jpg


世間はアンテナレスに向かおうとする中、従来の外出しアンテナと内蔵アンテナの2系統で
信頼性を高めよう!という受信機。昔から電波の弱さに定評のあるKOだけど、
最近のもやっぱだめだったの?なんかすげぇ力技に出てきたけど。
でも受信機に直接アンテナパイプを立てる機能はいいな。他所も真似してほしい。


こんな感じで、めぼしいとこ見るだけなら正味1時間も掛からない内容だった。
これで入場料1000円は・・・遠征組から見れば交通費の誤差みたいなもんだし、
タダだからって押し寄せる首都圏の暇人に対する抑止力としてこの程よい混み具合に
貢献してるなら、妥当かどうかはともかく意義はあるのかもしれない。

それよりらぢこんメーカーはもうちょっと頑張ってほしい。
今回は相対的に京商が神懸かって見えたけど、落ち着いて考えたら
毎回あれくらいやってくれてもばちは当たらんよなあ、って気もする。
KOは今回でかい一発があったけど、プロポメーカーはそんなに毎回
大物は出せないだろう。前回頑張ったフタバは今回大人しかったし
サンワなんか今回参加すらしてない。

何より情けないのはタミヤだ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-09-24 20:11 | ホビーショー | Comments(0)
2016年 05月 18日

ホビーーショーー

出展企業が減ったせいかまた少し大きくなった気がするモデラーズギャラリー。

e0034693_2120981.jpg


未完成だった頃から数えると5年目くらいの1/1戦車。
いや凄いんだけど、さすがにそろそろ新しいのが見たいかなって正直思う。
作るのも大変だろうけど何より置くとこの確保が大問題だよなあ。
外の自衛隊車両にこっそり混ぜとくといいんじゃないかな(無責任

e0034693_21234759.jpg


スイーツ戦車。タミヤのあれはこういうことをやらせたかったのか?

e0034693_21242923.jpg


ジュアッグさんもいい迷惑だ。しかしなぜにジュアッグ?

e0034693_21252137.jpg


ドゥカティってどこかモビルスーツっぽいとこあるよな。ジオン系の。

e0034693_21263417.jpg


ユニコーンって量産機だっけか?

e0034693_21272274.jpg


ぼけーと流して見てると見落としそうだけどこのへん全部ギャンだった。

e0034693_21285151.jpg


破裂の人形。超かっこいい!

e0034693_21292610.jpg


おなじみのアッガイ。昔はすごい衝撃だったけど最近は随分落ち着いてきた印象。
でも無くなったら寂しいから細々とでも続けて欲しい。これを見るとホビーショー来たって気がする。

e0034693_21312596.jpg


ガブスレイとメッサーラ。シンプルだし何の説明も無いけど見ればちゃんと解る。安定のクォリティ。

e0034693_2133914.jpg


ダンバインはやっぱり虫っぽくないとな。かっこいい。

e0034693_21334812.jpg


星団で最も美しいギンギラギンの色毛虫。かっこいい。

e0034693_21343268.jpg


ウッディーなグフ。グフカスタムならドダイよりもジェットコアブースターに
ぶら下がってるイメージが強いな(どうしろと

e0034693_21361377.jpg


セガもハセガワもやる気が感じられないけど一部のモデラーの皆様には根強い人気のバーチャロン。

e0034693_21381362.jpg


コンテナ船を見ると体が反応してしまう(ビクンビクン
ハパックにもこんなでかい船あったんだな。一時は世界最大だったらしい。
2005年ならまだ一応港で働いてた頃だけど名古屋には来たんだろうか?

e0034693_21431645.jpg


最新のR1を1/6スケールで立体化!
すげぇ!あの頭おかしいペパクラからデータ起こしたのかな?って思ったけど、
実は設計者自らが実物のデータを持ってきてプロ用の機材で作られてるらしい。
そりゃ(売ること考えてコストダウンを考える)メーカー製キットよりも凄いのができるよなあ。
凄いっていうかずるい。

e0034693_21491749.jpg


内装の作りこみがおかしいアウディ。いやプラモならまだ解るんだけどラジコンだよこれ。

e0034693_21503743.jpg


ジム軍団居なくなって寂しくなったな、って思ったらまた違うカタチのジム軍団が。

e0034693_21541155.jpg


未完成試作品のフェイイェン。こうして見るとなんかアジムっぽいな。


e0034693_2156785.jpg


行きも東名で事故があって通行止めとかなってたらしいけど、帰りもすぐ目の前で事故があった。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-05-18 21:57 | ホビーショー | Comments(0)
2016年 05月 18日

ホビーショー

というわけで今年も行ってきた。

e0034693_22521092.jpg


今回はどうも近いとこの臨時駐車場が無かったようで、着いた時間はそんなに遅くなかったものの
車停めて会場に入るのにけっこう時間がかかった。

毎年人が増えてるような気がするけど今年はほんとに酷かった。
アオシマや童友社まで「バンダイか!」ってくらい混んでる。混んでない空間が無い。


・アオシマ

e0034693_22561077.jpg


ランボルギーニ大好きアオシマさんはカウンタック→アヴェンタドールと来て今年はウラカンだった。
でもウラカンと言えばプラレス3四郎だよな。そっちはやらないのかな?

e0034693_23422592.jpg


サイバーフォーミュラコーナーの一角に何やら新製品が。
あれ?なんか新しいのあったっけ?って思ったら元祖アスラーダG.S.Xだった。
そういえば出てなかったんだな。アルバトランダーは出さんのかな?矢沢さんしか喜ばん気もするけど。

e0034693_23445630.jpg


萌え方面もいろいろ迷走してた感があったけど艦これで落ち着いてきた模様。
西部警察とか相変わらずではあったけど「なんじゃこりゃ!」って度肝を抜かれるようなのは特に無かった。


・タミヤ

e0034693_23494317.jpg


今回のタミヤの、というか今回のホビーショーで唯一の見どころだったTA07。
あのTA06やTB04の後で出てくるんだから生半可な変態では許されないところだけど、
なかなか見事な変態じゃないか。

e0034693_23532140.jpg


どこも真似できないだろうしどこも真似しようと思わないであろう、これでこそタミヤ。
リポ&ブラシレス時代になって「電池はここ、モーターはここ」って決められて動かせなかった時代は
終わり、バギーはいまだに2駆も4駆も「これだ!」という正解を見つけられないまま迷走している。
それでもハイエンドツーリングはダンパーが太く短くなったりシャーシがアルミになったりした程度で
基本レイアウトはTRF415の時代からなーーーんにも変わってない。ちょっとは変わればいいのに。

そこに風穴を開けるのが完全に無かったことにされてたワンベルトだ。
軽くなった電池をちょこっと動かした程度で大した変化は得られないけど、
重くなったモーターをこれだけ劇的に移動できればそりゃあ動きもがらっと変わるだろう。
日本中の様々な特設コースを転戦するタミグラで大きな武器にならない訳が無い。
そして、この車でしかたどり着けなかったピンポイントの「正解」が、特定の特設コースだけでなく、
タミヤサーキットやヤタベでも猛威を振るいはじめ、ワンベルトじゃないと勝負にならない時代に。

・・・や、絶対無いと思うけど。

e0034693_0123699.jpg


細身でよくロールするメインシャーシに、スペースフレーム風のステフナーが付くのかと思ってたけど、
電池やモーターを大きくまたぐ両脇のメンバーはメインシャーシに一体成型だった。
つまり、大穴が開いてはいるものの基本的にはバスタブだ。
そこにTA05やTB04よりも仰々しいステフナーを追加することで剛性を確保する構造だ。
さらにステフナーを付けたり外したり、オプションで固さや形状の違うステフナーも出るのかもしれないけど、
シャーシのロール特性だけで相当いじれるようになってる。
たかがステフナーで、って思うかも知れないけど、以前にサニオRRのサイドステフナーに
ポンダーホルダーを追加しただけで片巻きが発生したりもしたから結構ばかにならない。
セッティング幅が広いというメリットよりも、定量化や再現性が難しく、ねじの締め方ひとつで
泥沼にはまって抜け出せなくなる危険性がある。いくら変態向けとはいえ、タミヤの大看板である
TAシリーズでこんなので大丈夫なのか?

誰にでも簡単に最適な状態を維持できるカーボンダブルデッキシャーシ登場!とかありそう。
それでこそTAシリーズ、って気もする。さすがタミヤ隙が無い。

e0034693_0292495.jpg


掛川に屋根がついたよ記念のTG10特別仕様。
何が違うのさ、って思ったらどうも新規サスアームで幅が狭くなって電動用の190ミリ幅ボディが乗るらしい。
FNのNはナローのNなのか。
電動用の豊富なボディが選べるよ!と前向きに受け取るか、もうエンジン用のボディ新規で作るの
めんどくさいんですね、と後ろ向きに受け取るか。


・バンダイ

e0034693_0341646.jpg


相変わらずすごい混んでたけど、他も全部混んでたから相対的に空いてるような気もする。


・ハセガワ

e0034693_036834.jpg


バーチャロンもいいかげんオワコンかと思ったらまだ細々とやってた。ガラヤカの色違い。
お?!ヤガランデも出すの?って思ったけど単にCG集が付いてくるだけらしい。ちぇー。
ヤガランデも出ればいいのになあ。ガラヤカから変形しろとは言わんから(無茶

e0034693_039317.jpg


「うちは飛行機屋ですから」みたいな感じでしれっとファイター形態だけ出してるイメージだったけど、
バトロイドもあったのね。前からだっけ?


・ハイテック

e0034693_0413547.jpg


2→3→6→7→8、と来て、次のGalaxyVisitorは16だった。ナンバリングがわけわからん。

e0034693_0432497.jpg


自作とかマニア向けキットとかならあったのかもしれんけど、あのオスプレイがトイラジで!
けっこうでかいのにプロペラはやけに小さいけど大丈夫なのか?実機ももっとでかくなかったか?
こんなもの素人にやらせてぼとぼと落ちまくったらまた風評被害になるんじゃないのか?


・京商

e0034693_049363.jpg


スコーピオンやトマホークは発売直前だったけど、オプティマは発売済みだから
そこまで大々的にはやらんかもしれんな、とは思ってたけどそれにしてもやる気無さすぎないか?
オプション装着者1台、素組み1台、あとスコーピオンビートルトマホーク1台づつ、以上。
ヴィンテージシリーズの展示はこれが全てだった。どんなオプション出しますとかの展示も無し。
あわよくばターボオプティマやジャベリンも見れるんじゃないかと思ったけど期待はずれだった。

e0034693_0533619.jpg


実演コーナーみたいなとこの棚に再販と当事モノが1台づつ置いてあるのを発見。

e0034693_0565169.jpg


前半分はRB6、後半分はZX6という変態2駆マシンRZ6。
変態ではあるけど最新現行マシンなのに「こんなのもありますよ」程度の扱い。


・フタバ

e0034693_104887.jpg


ちょっと前に3PVを出したばっかなのにいきなり出てきた4PV。
サンワで言うと3PVはMT-S、4PVはMT-4Sあたりになるんだろうか?出る順番逆だけど。
MT-SとMT-4Sみたいな単純(?)な上下関係ではなく、デザインもまるで違う。
なんとなく、小刻みにデザインを変えつつ、だんだんサンワに近付こうとしてるように見える。気のせい?


・サンワ

e0034693_155595.jpg


ハイエンド受信機の廉価版と安ロープロサーボ。受信機は実売でどうなるかまだ見えないけど、
サーボの方は定価ですでにかなり頑張ってる。最近はハイエンドは論外としても
ミドルクラスも軒並み値段が上がっていく傾向だったからありがたい。たぶん買う。


全体的な印象としては「ラジコンやばいんじゃね?」

HPIやカワダに続いてとうとうヨコモまで居なくなってしまった。
ラジコンだけで見ると本当に「タミヤと京商とその他」みたいな感じだ。

タミヤのドル箱TAシリーズも、京商のドル箱ヴィンテージシリーズも、
いつもオプション売るぞ売るぞオーラ全開だったのに今回はそれもない。
まぁ確かにキットは安いけど必要なものあらかた別売りじゃん!みたいなのも困るけど、
こういうとこでそういうのが無いのはいまひとつ華やかさに欠けるよな。


モデラーズギャラリーはまた後日。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-05-18 01:17 | ホビーショー | Comments(0)
2015年 06月 06日

ホビーーーショーーー

というわけで、遅くなったけどやっとモデラーズギャラリーを。

e0034693_19193417.jpg


未完成(下半分だけ)→完成→フルアーマー、と進化してきた1/1戦車。
今年は微妙に痛くなっていた。

e0034693_19214031.jpg


今回の旬はやっぱりネオジオングだろうか。
だいたいどこに居ても視界内に数体は見えたんじゃないかな。

e0034693_19233839.jpg


若干ゴリラーマン入ってる気もするゴルゴさん。

e0034693_19245669.jpg


某氏の大好きな3段空母もあちこちにあった。大人気。

e0034693_2072982.jpg


ものすごく普通にありそうな気がするファランクスタンク。

e0034693_2091742.jpg


アッガイもさすがにもう縮小傾向か。ダブルオーがトランザムしてたくらい?
大量ジムも今年は居なかったし、これも時代の流れなのか。

e0034693_2012354.jpg


それでもやっぱりよくわからないネタの種は尽きず。
「兵器だと思った?残念、宇宙怪獣でした!」って事なんだろうか。
ムサイはともかくザクレロは確かにそうかもしれん、と思わせる説得力がある。

e0034693_20155898.jpg

e0034693_20193437.jpg


なんだかわからんけどジムは赤いズゴックにやられるもの、という定説に対するアンチテーゼ。
小学生だったおいらにはんだごてで腹に穴を開けられたガンダムチョコボールのジムも
これで安らかに眠れるのかもしれない。

e0034693_20212264.jpg


レッドミラージュはかっこいいなあ。
13巻の発売が遅れてるのも、今一生懸命GTMをMHに描き直してる、って思えば待てる。
もう超余裕でぜんぜん待てる。頑張れ永野。超頑張れ。

e0034693_20251045.jpg


一見ふつうだけどよく見ると間違ってるネオジオング。

e0034693_20272494.jpg


1/1が居るこの会場ではあれだけど、それでも馬鹿でかい戦車。1/6らしい。
さすがに一般人に1/1は無理でもこれなら頑張れば・・・すげえ頑張らないと厳しいけど。

e0034693_20291722.jpg


1/6のメリットとして兵隊さん人形にGIジョーとかがそのまま使える、というのが。
これなら普通の人にもむしろ敷居が低いのでは(騙されてる

e0034693_20311268.jpg


サイバーフォーミュラもちょこちょこ見かけるけどナイトセイバーは珍しいな。フルスクラッチらしい。
作中ではふつうのF1っぽく見えるのがむしろ浮いてる印象の車だったけど、
こうして単体で見ると充分にサイバーだな。

e0034693_20335796.jpg


ウッディーなνガンダムはついにフィンファンネルが付いて完全体に。
これはもうガラスケースというか床の間に飾るべきレベル。超絶かっこいい。
作った人はけっこう高齢の方らしい。匠だ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-06-06 20:38 | ホビーショー | Comments(0)
2015年 05月 31日

ホビーーショーー

遅くなったけど続き。らぢこん方面。

e0034693_15555740.jpg


まずはタミヤから。直前まで仮称だったNewエントリーRCカー第1弾・SU-01ライトニングフォース。
ステッカーまで完成してたのになんで名前伏せてたんだろ?なんか問題あったのか?
ライトニングなのにスホーイなのがまずいのか?(何

かつてQDでやろうとしてコケたミニ4駆からのステップアップの受け皿をまた作ろうとしてる。
だいたい、ミニ4駆をかっつかつでやってた奴が「卒業」するのに、あんなおもちゃを
欲しがるわけないだろうから、敷居は低くても奥の深さがまるで見えないようならまた失敗するだろう。

メカ的には乾電池から7.2Vまで対応して汎用にも使えるアンプ一体受信機が肝か?
タミヤの2.4GHzってやっぱフタバと互換性あるんかな?使えるならまだいいんだけど、
完全に付属ゴミプロポ専用になっちゃうとアンプ一体はわりと深刻な足枷になる気もする。
せっかく、こんなタムギアより小さい車に汎用サーボ頑張って積んだんだから
もうちょっと考えてほしかったな。他の車種にステップアップするときにゴミプロポの延命にはなるけど。

シャーシ側は・・・タムギアサイズでガンベイドっぽい足をグラスホッパークオリティの
タミヤテクノロジーで作りました、みたいな印象。あらためて、ガンベイドの足が
いかにしっかりしてたか思い知らされる。でもまぁ既存車種のスケールダウンでもなく、
このクラスならまぁこんなもんか、と納得もできる。
ガンベイド対抗のM07がこんな足で出てきたら情けないな、とは思うけど。

ホイール関係がタムギア共通なのは、入手困難になったタムギアタイヤが
また普通に買えるようになる、というメリットも。まだ使ってる人あんまり居ないかもしれんけど。

あと、車体はユニット構造になってて、なにかいろいろ悪いことして遊べそうなのも気になる。
型式の「SU」は「スマートユニット」らしい。スホーイではなくて。

個人的にはこれでボディがかっこよかったらワンチャンあるかも?とは思ったけど、
QDの時のミニ4駆をただうすらでかくして緊張感を無くしたようなのよりはましだけど、
わざわざデザイナーが名前と顔まで出しててこれ?と思うと微妙な気はする。

e0034693_1627330.jpg


RCバギー・くまモンバージョン。なんでデューンバギーじゃないんだろう?
ストリートバギーは、なんというか名前の意味が正反対になっちゃうのを考慮したのは解るんだけど。
水中用ザク陸戦仕様、みたいな。タンブリングブルは牛なのか熊なのかはっきりしろ!みたいな
クレームがあったかもしれんけど、デューンバギーは別に関係ないよな?

きゃーかわいい!カラフル!ぜんぶほしい!とか言う人がこの世に片手の指くらいは居るかも知れん、
と思うとなんだかぞっとするな。

e0034693_16345251.jpg


TL-01MFour・・・じゃない、MF-01X。
現物を目の当たりにしてもいまひとつぴんと来ない。既存部品の流用も多いんだろうけど、
少なくともフレームとかは新規のはずだし、そこまでして何が訴えたかったのかよくわからない。

CC01がそれなりに好調だからその弟分みたいのを作りたかったんだろうか?
その割には律儀に既存のMのホイールベース各種に対応した上に無駄にやる気を感じさせる型番。
ジェネティックもA210も今更になった昨今、踊るなら今しかない!みたいな感じで
「やっぱりMでも4駆が速いよね!」ってやりたかった・・・ようにはとても見えん。
むしろこれがNewエントリーRCカーなんじゃないのか?って気さえする。

極端に重心が前寄りだったTL01よりは案外素直によく走るいい子なのかもしれない。

e0034693_174484.jpg


TRF102。注目のリヤサスはF104の♂形のTバー復活か、と思ったらTバーにさらに
いろいろ介したのが乗っかってるわりと変態度高めの奴だった。
そしてフロントサスは本当にF104に先祖帰りしていた。樹脂は強化タイプらしいけど
形状とかはたぶん同じ。TRF101であれだけ大騒ぎしたカーボンサスは何だったのか。
TRF102Wが出たらフロントサスはF103になるんだろうか?

F1の変態競争もそろそろ終わりが見えて来て結局キングピンサス&Tバーに落ち着くんかな?

e0034693_17132072.jpg


TRF211XM。やっぱりダイナストームとは何の関係も無さそうだった。残念。
現行車種にはすっかり疎くなったからあれだけど、ミッションは例のアルミ削り出しでもなく、
YZ-2みたいに極端に低い訳でもない、従来のふつうのミッドシップ2駆に見える。

目新しいのは新素材の白いバスタブくらいか。ロール特性によるメカニカルトラクションは
元々樹脂バスタブが優秀だったのに、それでもとにかく重いものを一番低いとこに置いて
トラクションを稼ぎつつロールを抑えてハイサイドを防ぎたい!っていう意図で
アルミシャーシが主流になってきたんかな、って思ってたんだけど大丈夫なのかな?
今後何か新素材に置き換わるなら鉄とか真鍮なんじゃないかってわりとまじめに思ってた。

これもたぶん来年の今頃はもう2世代くらい変わって別物になってそうな気がする。

e0034693_17261855.jpg


F103GTひさびさの新作(っていうかまだ生きてたのか)、FFGT-R。
なんでまたこのチョイス?「はじめてのガンプラはドダイYS」くらいの斜め上っぷり。
しかし、後日某所でいろいろ聞いてなんかいろいろ大人の事情が渦巻いてたことを知る。
少なくともタミヤはちゃんと本腰入れてラインナップ充実させればそこそこ根付きそうな
ジャンルだと思うんだけどなあ。こんな単発で終わらせるのは勿体無いよなあ。

e0034693_1733057.jpg


TG10用ニューボディ・ライキリGT。
個人的には実車にはあまり興味が無いので、オリジナルでそれっぽくてかっこいい
ボディが出てくるのは大歓迎だ。実車新NSXのコレジャナイ感でもんにょりしてるとこに
これを見たら「もう実車もこれを新NSXにしたらいいのに」って思った。

電動用は出んのかな?まぁ勝手に乗っけりゃいいのか。

e0034693_17374947.jpg


そして今回タミヤ最大の隠し玉・新型マンタレイ。らぢこんじゃねえ。

e0034693_17395478.jpg


実は今回かなり楽しみにしてたKO・EX-2。
持った感じは・・・出たばっかの頃のEX-1よりは圧倒的に軽くて持ちやすいけど、
せこせこと悔い改めてまっとうになってきた最近のEX-1と比べるとそう変わらない。
特にエクステンションとかごてごてつけ始めるとどんどん変わらなくなる印象だった。

簡素化された液晶ディスプレイは、あんないかにも角度調整できそうな形状のくせに
角度は固定だった。90度向きを変えるのも固定部分をバラして組み直す必要があり、
信号線もコネクタ付きリード線で接続するので、必要なときだけがちゃっと差し込んで
普段は外して使う、みたいな使い方も難しそうに感じた。

いやまぁ、固定なら固定でもいいんだけど、ならもっとシンプルな形状にできなかったか?
やっぱりまだどっかでかっこつけたがる悪い癖が抜け切らないのか?
どうせEX-1との互換性なんて気にしなくていい部分なんだし、もっと軽量シンプルを
全面的に押し出す方向性のほうがよかったんじゃないのか?

トータルでは悪くないと思うけど、わざわざ乗り換えようと思うほどでもないかなあ。
ミニッツやってる人には強力な選択肢なんだろうけど。

e0034693_17541580.jpg


まだまだエンジンでよろしくやっていきたい京商が開発中のグローエンジンベースのガソリンエンジン。
そんな簡単にコンバートできるものなのか、っていうのがまず驚き。
パワー的には当然苦しそうだけど、扱いやすくてランニングコストも安いだろうから、
主流にはならなくてものんびり雰囲気重視でちきちきやりたい勢には支持されそうな気がする。
4ストでやってくれたらもっと雰囲気よさそうだけどパワー的には相当厳しいか。

e0034693_1813551.jpg


もう完全にやる気ないのかと思ってたら忘れた頃に出てくるツーリング。
一応ほとんどの要素が新設計っぽいけど、ぱっと見はほぼTF6まんまに見える。
上から吊り下げるバッテリーホルダーが目新しいといえば目新しいか。
でもTF4でも別体式フローティングサーボステーやってたけどどこも真似しなかったしなあ。

e0034693_1884998.jpg


モノは誰かが手で持ってて写真撮れなかったけどプラズマRaの新型もあった。
ぱっと見はステアリングがクランクになったくらいで素人目に大きな違いはわからなかった。
あとモーターマウントの固定穴が普通になってた。やっぱまずかったんだろうなあれ。

名前は2.0なんて今風にしないでプラズマMk2にした方が年寄りは喜びそう。

e0034693_18135919.jpg


そしてやっぱり京商の目玉はこれだった。トマホーク2015。
去年ここでスコーピオンを目の当たりにしたときの衝撃にはさすがに及ばないけど、
やっぱり感慨深い。こんなの板切り出してボディ作り直すだけでしょ、って話ではなく、
ウイークポイントにはメスを入れつつちゃんと現代で使えるように改修を施す、
まじめで丁寧な復刻はスコーピオンと同じだった。世の全ての再販がこうだったらいいのに。

e0034693_18212241.jpg


新規オプションも早速盛り沢山。2.2インチホイールは本当にありがたい。
プレート類をうにょっと後ろに伸ばしたロングホイールベースキットはちょっとどうなんだろう?
ラダーフレームだけ長いのに換えたほうがスマートじゃないのか?

e0034693_18273253.jpg


ABCホビーではついに市販されるでかいガンベイドが登場。
見れば見るほどMサイズのガンベイドをそのままでかくしただけにしか見えないけど、
当然ほとんどの部品は新規。サイズ余裕だから電池縦置きしてみようか?とかも無く、
潔いまでにまんまガンベイド。走りもまんまガンベイドらしい。つまりものすごく速い。
これをM03に置き換えるとFF02になるのか、と思うとなんか気の毒で泣けてくる。

e0034693_18332437.jpg


そしてこいつにもFFGT-Rが。確かにFFだしタミヤよりは納得は行くんだけど、
近年では完全にタミヤを凌駕してると言い切れたABCのボディがこの出来なのはどうなの?
プロトフォームとか書いてあってもおかしくないレベル。どうも完全に競技用スペシャルらしい。
確かにあのえげつない素性のシャーシにこのえげつないボディをかぶせて、
タミヤのアルミとカーボンの塊を駆逐しまくるのかと思うと痛快なのかもしれない。
でもそれはABCが進むべき道としては決定的に間違ってる気がする。

e0034693_18413130.jpg


フタバの入門用スティックプロポ久々の新作・2HR。もうアタックの名前は付かんのな。
事前に写真で見て度肝を抜かれ、現物を目の当たりにしても我が目を疑う。
本当にこれがプロポなのか?新型ハイエンドプロポの裏側とかじゃないのか?
真ん中のコアラの鼻みたいな部分が電池の蓋になってるし、やっぱ裏だろこれ。

トイラジでももうちょっと高級感あるんじゃないのか?
なんだこれ、チープとかそんな一言で片付けられない空前絶後のがっかり感。

はじめてらぢこんに触れる入門者がこのプロポを持ってどう思うだろう?
自分がはじめて持ったダッシュSとか比べるのも失礼なくらい超絶かっこよかったのになあ。

e0034693_18543553.jpg


ハイテックではGalaxyVisitorの新型がどかどか展示されていた。
6PROは&ユーザがぱっと見た程度では色くらいしか違いが解らなかった。
なんかスペックアップされてるんかな?説明は何もなし。

e0034693_1921792.jpg


たぶん6の正常進化版と思われる7。
機体サイズや駆動系はたぶん6と共通でカメラが強化されて大型化。
その関係で足が若干長くなってる。

e0034693_1971539.jpg


3の廉価版っぽい8。
カメラもオミットされ、ひたすら安定性重視で値段もだいぶ安くなってる。
プロポもなんかゲームパッドみたいだな。それでもフタバのあれよりはいいよな。


らぢこん方面はだいたいこんなかんじ。HPIとカワダは探したけど見つからなかった。
HPIはともかくカワダは細々と頑張ってた印象だったのになあ。やっぱまだ景気悪いんかな。

今回出てたので間違いなく買うのはトマホーク。
あとSU01はなんとなく買っちゃいそうな気がする。

モデラーズギャラリーはまた次回。
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-05-31 19:14 | ホビーショー | Comments(0)
2015年 05月 24日

ホビーショー

e0034693_2005338.jpg


ずいぶん遅くなったけどいちおうレポートを。

今回はいきなり集合時間にモーニングコールで起きるという特大失態からスタート。

e0034693_2034584.jpg


自衛隊は去年は10式とか居て派手だったけど、今回は軽装甲車とかトラックとかの地味目な展示。

e0034693_2053457.jpg


でもヒトマル戦車まんじゅうは売ってた。

e0034693_2065253.jpg


さあホビーショーの帝王・アオシマ様の今年の実車展示は…電車のボンネットだった。
いやまぁ確かに電車1両まるごと持ち込むのは無理かもしれんけどちょっと地味すぎないか?
まにやの皆様にはたまらんのかもしれんけど。

e0034693_20946100.jpg


バンダイのせいでプラモは塗らないのが普通になっちゃったのか、車まで塗装済みに。
でもよく考えたら団地のプラモとかも塗装済みだった気がするから、
アオシマ的にも特に目新しいことじゃないのかもしれない。

e0034693_20243390.jpg


バイクも作ろうと思うとめっちゃハードル高いから完成品は妥当なのかもしれない。
この大きさ、この出来で2000円ならいいよなあ。250ニンジャならユーザも多いだろうし、
乗ってる奴は全員買えばいいんじゃないだろうか。そして是非調子に乗って
ラインナップを拡げまくってほしい。FZS1000が出たら5000円でも脊髄反射で買う。

e0034693_2017157.jpg


今回おそらく唯一の「なんじゃこりゃ」だった家康公の時計。
すごいとは思うけど、どういう需要があるのかはよくわからない。

e0034693_20194830.jpg


特大えろフィギュア。ちびっこの健全な成長を願ってやまない。

e0034693_20213854.jpg


西部警察とか

e0034693_20224957.jpg


サンダーバードとかはすっかり規定路線。

むーん、今年のアオシマは帝王の風格は感じられなかったなあ。
迷走しなくてもちゃんと普通のものが普通に売れてますよ、って事なんだろうか?
それはそれで結構なんだけど、やっぱりホビーショーでは狂気全開のアオシマを見ていたいなあ。

e0034693_2032444.jpg


今回の狂気はこっちだった。マルイの電動ショットガン。
えぇ?BB弾で散弾?!って思ったけど、実際撃ってるとこを見たら連射にしか見えなかった。
銃には疎いからあれだけど、ショットガンって面で制圧する武器じゃないの?
マシンガンとかと同じ線で制圧する武器のように見えたんだけど、どうなの?

e0034693_20364121.jpg


しかしドラムマガジンとかは門外漢にも充分に馬鹿さ加減が伝わってくる。頑張ってほしい。

e0034693_20391189.jpg


バンダイがスターウォーズを扱うようになるとは、コアブースターでXウイングと戦ってた頃の
プラモ狂四郎には想像も付かなかっただろうなあ(遠い目

e0034693_2042975.jpg


1/144ガンダムも35年でこんなに成長した。やっぱり足首にはおもりを仕込むんだろうか。

e0034693_20451315.jpg


そういえば今回バンダイではマクロスは見かけなかったな。不評だったんかな?
ハセガワでは相変わらず健在というかむしろ主力くらいの勢い。
バルキリーがこんなに重武装しちゃったらデストロイドの立場無いよね、とか言いつつ、
こんなの見たら興奮せざるを得ない。だって男の子だもん。

ちなみにバーチャロンは影も形も無くなってた。もう商売になるほど好きモノも残ってないか。
バーチャロンシリーズ公式blogもいつのまにか404 Not Foundになってるしな。

とりあえず今回はプラモ方面まで。らぢこん方面は次回に。
[PR]

by harusame_kingdom | 2015-05-24 20:51 | ホビーショー | Comments(7)
2014年 05月 31日

ホビーーーショーーー

だいぶ遅くなったけど、残りのモデラーズギャラリーとか。

e0034693_1623019.jpg


でろりあーん(ぼのぼの風に

e0034693_1644717.jpg


絵の描きやすそうな飛行機だと思いました(小並感

e0034693_1682915.jpg


キカイダー。朝車の中で見たシャリバンとシャイダーのあしゅら男爵みたいのよりも
やっぱりこっちのほうがしっくり来るなあ。

e0034693_16102899.jpg


ゼロテスター基地。子供の頃めっちゃ好きでゼロテスター1号の超合金も持ってたはずなのに、
どんな話だったか1ミリも思い出せない(遠い目

e0034693_16134096.jpg


XVIDEOSに似てると一部で話題のゼビウス。しかもスーパー。

e0034693_16155452.jpg


カレーメシ

e0034693_1617313.jpg


去年も居た1/1はフルアーマー化していた。

e0034693_1619538.jpg


ジ・アニメージのくせにかっこいい。

e0034693_1620111.jpg


ガンガルのくせにかっこいい。

e0034693_16223287.jpg


アッガイは相変わらず一大勢力だけどちょっと減った気もする、整理された?
マ・クベ専用アッガイもなんか居たような気がするけど新バージョンらしい。

e0034693_1624358.jpg


アッガイとグフの親和性の良さをあらためて感じさせる飛行試験型。

e0034693_16265799.jpg


連邦の数の暴力も健在。ジャブローにコロニー落としたくなるジオンの気持ちもよく解る。

e0034693_16284743.jpg


「マスター、バスターロックです」
「なに、こっちにだってあるさ」

飛び込んでチェストまでフルコンボ入れてやれば良さそうなごっついタイガーバズーカに、
敢えてごっついタイガーバズーカをぶつけるかのような蛮勇。でもそれがいい。かっこいい。

e0034693_16344329.jpg


白いけど味皇様!

e0034693_16374675.jpg


なんだかよくわからないけどとにかく黒い三連星

e0034693_16394113.jpg


突撃漢球。ジムとは違うのだよジムとは!

e0034693_164212.jpg


バイファム。いわゆるリアルロボット物で羽根つけて空飛んだのってこれが最初じゃなかったっけか?

e0034693_16451516.jpg


ドラムロ。粘土ちっくだけどそこがまたドラムロっぽくていい。

e0034693_16472191.jpg


バッシュ・ザ・ブラックナイト。超かっこいい!

e0034693_16493035.jpg


痛エンタープライズ(頭痛

e0034693_16502015.jpg


すごい霊柩車。

e0034693_16534222.jpg


去年のウッディーなνガンダムはフィンファンネルが付いて完成してるかな?って思ったら
フィンファンネルは付かなかったものの予想外の進化を遂げていた。超かっこいい。


こんなかんじで、今年もやっぱり凄かった。
しかし今回は結構ピンボケ写真が多くて困った。案外あてにならない子かもしれない>TZ40


e0034693_16585479.jpg


昼飯は直前まですったもんだした挙句、結局去年と同じとこに行く事に。

とんかつ五郎十

e0034693_172018.jpg


写真だと伝わらないかも知れないけど、だいたい相撲取りの平手くらいのサイズ感だろうか。
これが通常サイズで、普通の成人男性が満腹になるくらいのボリューム。さらに特大がある。

e0034693_1782325.jpg


途中寄ったコンビニの向いにあった謎の店舗「ぶす」。
すごい気になるけど怖くて近寄れなかった。

e0034693_1795335.jpg


最後に、去年行こうとしてギリギリタイムアウトだったたいやき屋へ。

丸子峠鯛焼き屋

世界一の60センチ級超大型たい焼きが目玉だけど、万全の体制でも絶対無理なのに、
ミンチかつで腹一杯の状態で行ける訳が無い。
んで、16センチか26センチかで悩んだ挙句、16センチにした。
ここのラインナップでは最弱でも、一般常識で見れば充分あほみたいなサイズで、
食後に食べるなら常人ならもうこのへんが限界なんじゃないだろうか。

こんなにでかいのに、皮は薄めでしっかり餡が詰まってて、餡も甘さ控えめで
見た目の印象よりはあっさり食べれるしうまい。
こういう特殊な奴なら値段もボってそうなのに良心的だと思った。
[PR]

by harusame_kingdom | 2014-05-31 17:20 | ホビーショー | Comments(2)
2014年 05月 24日

ホビーーショーー

というわけで、らぢこん方面。


・京商

e0034693_21321927.jpg


今日はもうただひたすらにこれが見たかった。RETURN OF THE LEGEND スコーピオン2014

もう、言葉にならない。信じられるか?今の技術で作り直されたスコーピオンがもうすぐ新品で買えるんだぜ?
当時を知らない今の人が見たらどんなふうに見えるんだろう?バギーチャンプと同じに見えるんだろうか?
パッケージもすげえ当時の雰囲気だ。ブリスターパックもやってくれるのかな?やってくれなくてもいいけど、
もしやってくれたら感極まって泣いてしまうかもしれない(大袈裟

e0034693_21495854.jpg


バギーチャンプの再販は驚いたし、アバンテの時は「ついに来たか!」って思ったけど、
スコーピオンは本当に不意打ちだったから余計にショックが大きかった。
戦争で死んだと思ってた息子がある日ひょっこり帰ってきた時の親の気分ってこんな感じだろうか(大袈裟

事前にいろいろネットで見て回ってたら、やっぱり業者日でもスコーピオンの反響は大きかったらしく、
こりゃいよいよ初回は入手困難かもしれない、と思って洛西で予約してしまった。通販嫌いなのに。
ラジマガの広告では5月、公式発表では6月、そんでまた気が付いたら7月の予定になってたけど、
まぁあひるに間に合えばいいし、最悪間に合わなくても出てくれるだけでいいや。

でも、こんなに待ち遠しいのはツインスティックやCR-Z以来かもしれないな。

e0034693_2233027.jpg


粉川さん(開発者)の第1回世界戦参加車両。スコーピオンというかトマホーク。
当時は1/8用のダンパーを使うのが流行ってたような気もするけど、フロントのは
プレッシャーダンパーのプロトタイプなんだろうか?この頃にはもうオプティマもあったのか、
ホイールハブが六角になってるのも興味深い。出ないかなこのハブ。

e0034693_2214116.jpg


そして、スコーピオンの頃から世界で戦い続ける京商の最新最強モデル・レーザーZX6。
展示が投げやりなのもあるけどあまりにもオーラが無い。「あ、いたの?」みたいな。

金属シャーシに真ん中モーターのいまどきの普通の車・・・かと思ったらアッパーデッキが無かった。
ハチイチバギーみたいに前後にステフナー立てて剛性を確保する作りみたいだ。
目新しいと言えば目新しいけど、でも「ちょいミニインファーノ」だよなこれ。

e0034693_2229347.jpg


プラズマLm待望の第4弾は…真っ白だった。秋らしい(遠い目

e0034693_223257.jpg


ラジマガでもやってたスリップストリームシステム。速い車でやると余計壊しそうな気もするけど、
遅い車でやると面白そう。自分だけ積んでても何の意味も無いし、みんなで積めるように
安く出てくるといいな。


・ABCホビー

e0034693_22402030.jpg


IDxニスモ。たぶんこの超分割ボディをどうやって普通に作ろうか、で難儀してるんだろうけど、
ショーモデルなんて生ものなんだからそろそろ賞味期限切れるんじゃないだろうか。


・フタバ

e0034693_22442317.jpg


4PLのスティック版みたいなのが参考出品されてた。意外とちゃんとして見える。

e0034693_2247412.jpg


待望の最新ハイエンド・4PX。思ってたよりさらにでかかったけど、持った感じかなり軽かった。
わりと好印象。たぶん買わないけど。


・ヨコモ

e0034693_2304940.jpg


ついにヨコモもMに参戦か?と思わせて実はサイズに特に互換性は無いらしい。
まぁ今頃4駆のMが来てもなあ、っていうのもあるし、ヨコモの場合出す気があるかどうかがそもそも怪しい。
そういえばドッグファイターはどうなったんかな。聞いてやればよかった。


・サンワ

e0034693_2316397.jpg


M12アニバーサリー。汚れが目立ちそうなピアノブラック塗装も、アルミ削り出しエクステンションも
エクステンション使わない派のおいらには無用の長物だった。
受信機3個付いてるのはいいけど、どうせ高いんだろうから普通のWレシーバーの方がいいかな。


・KO

e0034693_23274415.jpg


新型スティックプロポ・エスプリⅣ。中身はまぁEX-1なんだろうけど、外観は良くも悪くも
EX-1とは正反対な、ものすごい地味でまっとうな印象。
せいぜいスティックヘッド交換できる程度で、ホイール付けたりとかはできなそう。

e0034693_23331284.jpg


「やー、俺も若い頃はやんちゃしたけど随分落ち着きましたよ、ははは」
みたいな印象の最新版EX-1。持った感じの案の定ずいぶん普通になった。
最初からこれで、値段ももっと安かったら勢力図はもうちょっと変わってたかもしれない。


・OVERDOSE

e0034693_031224.jpg


はいはいドリフトドリフト、ってスルーしようと思ったら変な車があった。
DF03が何かをこじらせたような変態シャフトドライブ。


こんな感じで、個人的には結局のところ「スコーピオン&その他」みたいなホビーショーだった。
モデラーズギャラリーとかはまた後日。
[PR]

by harusame_kingdom | 2014-05-24 00:18 | ホビーショー | Comments(0)
2014年 05月 23日

ホビーショー

e0034693_21241514.jpg


というわけで、今年も行ってきた。

e0034693_212945100.jpg


日曜で9時をちょい回ったくらいに到着で、混み具合はほどほど。
空いてはいないんだけど「うげー」って程でもない。

e0034693_21333627.jpg


自衛隊最新主力戦車・10式。1/1で作ってみた、じゃなくて本物。
装甲車とかは展示されてても戦車が展示されるのって初めてじゃないだろうか?
90式や74式も実物は見たことないのにいきなり10式にお目にかかれるとは。


・アオシマ

e0034693_21421937.jpg


実車展示は…うーん、アオシマらしいっちゃらしいんだが、うーん。

e0034693_2147537.jpg


ありそうでなかったPAC3。

e0034693_21495390.jpg


安定のサンダーバード。

e0034693_21522226.jpg


前回衝撃のデビューを飾った移動販売シリーズ。
さすがに第1弾の移動ゲーセンに匹敵する大物は無さそうだったけど、
何気に第10弾まで出ていた。好評なのか?

他にはロボダッチからマジンカイザーまで、艦これからトラック野郎まで、
全体としては相変わらずのカオスだったけど、一発がつんと来るものは無かったかな?
そういえば毎度おなじみだった人体模型コーナーも今回は無かった。


・ボークス

e0034693_2292383.jpg


超かっこいいレッドミラージュ。永野のご乱心で一番迷惑してるのはこの業界なんじゃないだろうか。


・タミヤ

e0034693_22173285.jpg


ホーネットブラックメタリックスペシャルはほんとうにホーネットブラックメタリックスペシャルだった。

e0034693_22232821.jpg


事前のリストに「Honda NSX(仮称)」なんて意味深な名前で出てたのが気になってたけど、
昔F102のバスタブ版みたいので出てたNSXのまるまるそのまんま再販だった。

e0034693_22323477.jpg


エボ6。前後ギヤケースの上にごついアルミのダンパーステーマウントが付くのは
なんだか一時期のZX5みたいで思わず半笑い。

e0034693_22384225.jpg


ミッドナイトパンプキンのボディをM06に乗っけただけのやつ。バンパーは新設計らしい。
本当に21世紀の新製品なのかこれが(頭痛

e0034693_22435865.jpg


M05verⅡPRO。ほぼ全面的に刷新されてるはずなのに、
ぱっと見は成型色くらいしか変わってないように見える。


・バンダイ

e0034693_2353963.jpg


100mショック!ネオジオング。すごく…大きいです。


・ハセガワ

e0034693_23492325.jpg


景清さんについに [風/凬]が。ガッタイダー林さんはすでに出てたから第3弾になるのか。
景清ってなんか火が代表面してるけど実は風が標準機なんだけどやっと登場。
凬は風のマイナー版みたいな扱いで、禍々しい形状の刀を合体させて弓にするギミックはあるけど
性能は風の下位互換だったりする。
ほぼ持ってる武器が違うだけのマイザーと違って、景清は揃えると見栄えがいいなあ。
残りの山も出るんだろうなあ。

e0034693_015878.jpg


特殊なシチュエーションでフィギュアとか撮影してハァハァしたい特殊な人向けシリーズ(偏見全開
ウエイトレスさんは別売り。

e0034693_0183036.jpg


お茶の間の人気者オスプレイがたまごひこーきに!


・清水もつカレー

e0034693_091283.jpg


もつかれさま。


らぢこん方面とかはまた後日。
[PR]

by harusame_kingdom | 2014-05-23 00:21 | ホビーショー | Comments(0)
2013年 06月 02日

ホビーーーショーーー

そして残りのモデラーズギャラリーとか。

e0034693_16514644.jpg


なんかの海外ドラマ用に作成されたらしい旧日本軍の戦車。
いちおうホンモノから型取りしたりして作ってるはずだけど、どこか「作り物」感が漂うのは
モノが古いからなんだろうか?素人にはよくわからない。

e0034693_16532662.jpg


去年は土台&キャタピラのみで未完成だったのが今回は堂々の完成。
こっちは完全に模型のはずなのに、上のと比べるまでも無く「ホンモノ」感が凄まじい。
ドイツ軍のエンブレム以外は外の自衛隊車両に混じってても違和感無いレベル。

e0034693_16584887.jpg


あ、まだもうちょっと人間やってたいんで(そそくさ(逃

e0034693_1703488.jpg


ウッディーな感じの逆襲のシャア。すごく…大きいです。
フィンファンネルが無いのが寂しいけど、つけると邪魔すぎたんだろうか(邪推

e0034693_173329.jpg


月に代わってバトリング

e0034693_1755510.jpg


おなじみアッガイのコーナー(ナレーション:いかりや長介
シンプルながら武装的にしっくり来るグフ。

e0034693_1783065.jpg


高機動型アッガイ(MSM-04R-1A?)
どう見ても使えそうに無いバズーカがしっくり来ないけどかっこいい。

e0034693_1712146.jpg


アッガイタンク。公式に存在しないのが不思議なほどのしっくり感。
「いや何に使うのさこんなもの」って言っちゃうと本家ザクタンクも同じだし。

e0034693_17143944.jpg


高級感溢れるボール。もう安っぽいとは言わせない。

e0034693_17155295.jpg


よくわからないけどかっこいいイデオン

e0034693_17171125.jpg


ダンボーvsダンボール戦機。
ダンボール戦機はよくわかんないけど胸に七つの傷のあるダンボーがかっこいい。

e0034693_17201361.jpg


バスターランチャー装備型ダンボー。星団史に残っちゃう!

e0034693_17213083.jpg


強襲型ダンボー。実弾の鬼。

e0034693_172212100.jpg


ザボー。

e0034693_17235265.jpg


これを見るとむしろ変形しない方が不自然な気さえするホワイトベース。
ピンポイントバリアが無いからダイダロスアタックは無理か?

e0034693_17272793.jpg


アッガイも大概やり尽くした感があったけど、可能性は無限大なんだと改めて思った。
マジンガー顔のタイムボ感あふれるてきとうさがじわじわ来る。

e0034693_17312815.jpg


ジムはとうとう200機だそうな。増えすぎた人口を移住するコロニーの実現はまだか。

e0034693_17324632.jpg


ももいろクローバーZAKU

e0034693_17355051.jpg


RVR-02ヴァンブレイス。エンディングの脱出シーンのとこ。かっこいい。

e0034693_18181974.jpg


スペースハリアーのドム。そういえばこっちは3分で12機どころの騒ぎじゃなかったよな。

e0034693_1821660.jpg


直撃世代のおっさんでも咄嗟にはわからんくらい懐かしいしらけ鳥。

e0034693_18225688.jpg


シャア専用ザク専用洋式便器。わけがわからないよ。

e0034693_18264687.jpg


神主ジ・オと巫女キュベレイ。
キュベレイが持ってるのがなんか葱っぽいのとジ・オの隠し腕がなんか卑猥なのが気になる。

e0034693_18273666.jpg


隣にはちゃんと葱を持ったキュベレイも居た。

e0034693_18291490.jpg


パワーローダーで蟹と戦うミクさん。わけがわからないよ。

e0034693_18311532.jpg


Lサイズ2個分の超サイヤ人。

e0034693_18334452.jpg


怖ぇよ!子供が見たらマジ泣きしそう。

e0034693_18361542.jpg


方向性は同じ(そうか?)なのにこっちは和む。

e0034693_18383512.jpg


リアルなネコバス。大きさもふつうの猫くらいあってけっこうでかい。
宮崎駿っていうかむしろ水木しげるちっく。

e0034693_18424056.jpg


たけとみさんのタムギアブーメラン。
もうこのまま無修正でタミヤが売ればいいレベル。すばらしい。


そんなかんじで、今年も見どころいっぱいの楽しいホビーショーだった。
自分で「これは是非買わねばねばねばねば!!!!!」って思うのは特に無かったけど。

e0034693_19103161.jpg


帰りはミンチしょうが焼き定食で満腹になったあと、三保の松原にて、顔出しNGな富士山とか

e0034693_18502198.jpg


なぜここに、なぜこんなものが、という違和感が強烈な焼肉センターを見たり。

さらにすげぇたい焼き屋を探して彷徨ってたら営業時間ギリギリアウトだったりとか、
いろんな意味で腹いっぱいな一日だった。
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-06-02 18:58 | ホビーショー | Comments(2)