カテゴリ:でぢかめ( 20 )


2014年 02月 01日

いつの日かと恐れていた

っていう訳でもないんだけど、TZ40の後継機が出るらしい。

DMC-TZ60
DMC-TZ55

TZ50は出ないらしい。原付っぽいからか?
細かい改良とかもあるんだろうけど、大雑把には

TZ55:チルト式液晶
TZ60:EVF、コントロールリング、コントロールダイヤル、光学30倍ズーム

従来のTZ35/40みたいな単純な上級機/廉価機じゃなく、それぞれ別の道に進んだ感じ。
イメージセンサーはTZ60はTZ40と変わってなさそう。TZ55は若干画素数が少ない(TZ35と同じ)で、
画像処理エンジンも特に変わったようなアナウンスはなさそう。TZ35、40、60にはそれぞれ
あたりまえのようにある「ヴィーナスエンジン」の記述がなぜかTZ55にだけ無いけど、
なんか意味あるんかな?

個人的にうらやましい要素は・・・強がりでもなんでもなく、まったく無い。
光学20倍ですでに「こんなの飛んでる飛行機か盗撮以外に何に使うんだ?」レベルなのに30倍なんて。
EVFもコントロールリングもまったく興味が無い。このごろ流行の高級コンデジや小型ミラーレスと
殴り合いをするには避けて通れない道なのかも知れんけど、パナはそもそも殴り合う必要無いだろ。
チルト液晶はまぁ無いよりはあったほうが便利かもしれん、くらいは思うけど、
TZ40ですでにギリギリアウトのサイズなのをさらに肥大化させるくらいなら無い方がいい。

そういう意味ではむしろ同時に発表されたSZ8の方が「これでええやん」な感じが。
いやまぁ、F200EXRからの乗り換えならともかく、TZ40どころかZR300から乗り換える理由も無いけど。

ところで、元からあるSZ9よりも広角もズーム倍率も勝ってて、他に特にスペックダウンしたところも
見当たらない(重くなったくらい?)なのになんでSZ8なんだろう?
[PR]

by harusame_kingdom | 2014-02-01 18:07 | でぢかめ | Comments(2)
2013年 12月 22日

ついカッとなって

価格.comとか見てるとえらく安くなってるけどそのへんのエイデンとかだとそうでもないよねHAHAHA、と
平静を装ってみたものの(誰に?)、なんとなく寄ったカメラのキタムラで2万切ってるのを見て気を失う。

Panasonic LUMIX DMC-TZ40

今のカメラ(カシオZR300)を買うときに最後まで悩んだ対抗馬。
現在考えうる「コンデジにあったらいいよね」って機能が全部入ったフルアーマールミックス。
結局価格差が決め手になってZR300にした訳だけど、当時この値段だったら何も悩まなかった。
ていうか今でも買ってる訳なんだが。

ちなみに当時新製品だったZR300の後継機・ZR400も当時のZR300と同じ値段まで落ちてた。
画像処理エンジン以外のスペックはほぼ同じだけど、画像処理エンジンの差は意外と大きくて、
撮ってからの処理が重いプレミアムオートPROだとZR300は次に撮影可能になるまで
ちょっと待たされるが、ZR400だと処理中でも次のシャッターが切れる。

さすがにそれだけのために買い換えるのもな、って思ったけど、TZ40は思い留まれなかった。
ほら、wifiつきSDカードとGPSロガーを買ったと思えば充分納得できる値段じゃないか。なあ?(誰に言ってる?

ちなみにTZ40は後継機が出た訳でもないのに生産終了だそうな。
後継機もたぶんそのうち出るんだろうけど、今のところ信憑性の高い噂は無さそう?

e0034693_1603785.jpg


というわけで現在絶賛充電中。

ちなみにエプソン806Aが早速805Aを買ったときと同じ値段で売ってた。
まぁ805Aは予備インク付きでの値段だから、と自分を慰める。
でも年賀状特需が終った瞬間にこの値段って事は、さらにまたじりじり下がるんだろうな。
うちの805Aはいまだにセットアップも済んでないのに(済ませろよ
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-12-22 16:30 | でぢかめ | Comments(0)
2013年 03月 06日

見せて貰おうか、新しいデジカメの性能とやらを

おいらの主な用途は

 1:室内(蛍光灯)で黒っぽくて細かいもの
 2:屋外で速いもの

要はらぢこんなんだけど、1に関しては今までのF200EXRをそれなりに気に入って使ってて、
2は恐らく本来カシオのハイスピードが最も得意とするところだ。
平日夜にテストできるのは1だけだし、これが充分ならまぁ勝ったも同然だろう。2はまたいずれ。

というわけで、早速やってみた。

画角も解像度も全部違うし、どうせ完全に同じにはできないから、無理に揃えずにそれぞれの
通常使うモード(最大サイズ・ワイド端)でそのまま撮影した。
F200EXRはEXRオート。ZR300のプレムアムオートPROはフォーカスモードが
オートしか選べないから、何も考えずに常用するのは危険かも知れない。

元々の解像度が違うから表示は横600ピクセルで揃えたけど、アップロードは等倍のままだから
クリックするとオリジナルのサイズで見れる、と思う。たぶん。

e0034693_20322345.jpg


M5RACE(バイク)のフレームの一部。リヤダンパー取り付け部を内側から。
肉眼ではまったく見えなかったんだけどなんか埃が酷いな。
ちなみにプレミアムオートPROで取ったら背景の白いキーボードにピントが合ってたので
こっちは通常のオート。ごく一部を切り出してるけど実際は白いキーボードだけじゃなく
光ってる液晶まで画面に入ってるからけっこう難しい条件だとは思うけどよく写ってると思う。

e0034693_20445436.jpg


F200EXRだとこんな。縮小すると誤魔化せるけど等倍だと解像感もへったくれもない(酷

e0034693_20472780.jpg


ちなみにスマホ(SH-07D)でも撮ってみた。意外に優秀でびびる。

e0034693_20502421.jpg


ガンベイドのステアリングクランク。目で見たまんまの印象でかなり細かいとこまでちゃんと判別できる。

e0034693_20534152.jpg


なんだかF200EXRをいじめてるみたいで嫌な気分になってきた。
解像感はともかく、黒いものの暗い部分を見たまんまのイメージで描写する能力は
それまで使ってたFX01より随分優秀だったと思うんだけど、これが時代の流れなのか。

e0034693_20575248.jpg


いまどきはスマホカメラですらこれくらいは描写するのな。

というわけで、描写能力が必要充分なのは確認できた。
んが、「もしかしたらいまどきのカメラなら何買ってもこの程度は写るんじゃね?」という疑念が。
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-03-06 21:14 | でぢかめ | Comments(0)
2013年 03月 06日

スッキリでぢかめ

e0034693_23491724.jpg


というわけで、ZR300を買ってきた。さすがに1万も違うとZR400は選びにくいよなあ。
近所のエイデンで17800円。ほぼ底値と思われる価格.comの最安値より1000円ちょい高いだけ。

説明書は超簡単な最低限ので、突っ込んだ説明はCD-ROM見てね!かと思ったら、
CD-ROMすら付属せず、突っ込んだ説明やアプリはダウンロードしてね!と来た。
付属充電器もUSB充電器で、電池パックを直接充電するのは別売り。
これくらい容赦なくコストダウンしないとやってられないんだろうなあ。

デザインはほぼまったくZR400と同じだけど、同世代ではハイエンドだったZR300の方が
正面の「HS」のエンブレムのあたりに高級感がある。でも全体的にはふつう。F200EXRよりはマシかな?程度。
ゴールドはともかく、レンズ周りが黒いのはなんか合ってない気がする。色はZR400のシルバーがよかったな。
サイズは横幅がちょっと大きい以外は重量も含めてほぼF200EXRと同じ。
横長なせいかすっきりして厚ぼったくないイメージだけどコンパクト!って感じはあまりしない。
本体だけなら小さめのミラーレスの方がコンパクトかもしれない。本体だけじゃ使えないから意味無いけど。
佇まい的にはWX200の「わぁおコンパクト!」とか、TZ40の「機能ぱむぱむに詰まってます!」みたいな、
概観から感じられるオーラみたいなのは何も無い。良くも悪くも真面目な感じ。

実際使ってみてどうかはまた明日にでも。
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-03-06 02:25 | でぢかめ | Comments(2)
2013年 03月 03日

モヤモヤモヤでぢかめ

さて、もやもやをぶちまけて寝て起きたら、っていうかモーニングコールが地獄の使者からだった。
というわけで、早速大須や名駅に繰り出していろいろ見て回ってきた。

結論から言うと、いまだにもやもやし続けている。

どれもアカン、と言うことはなく、どれを買ってもたぶんそう困ることは無いんじゃないか、とは思うんだけど、
現状まだF200EXRが健在で、実際特に困ってることも無いので、せっかく買い換えるなら
「やっぱ4年ぶりの新しいのは凄ぇぜぐへへぐへへ」とか言える様なのが欲しいよな、とか思うと。

各機種ごとに思ったこととか。

・パナTZ40
サイズが上限目一杯な事以外は全部入りの決定版みたいな印象。カメラが向いてる方向(北北西とか)や
電子水準器とかの表示は、必要かどうかはともかく「すげぇ」という満足感が大きい。
ていうか、これを見た後だとどうも他の機種が地味に思えて仕方が無い。
wifiどころかNFC対応で直接スマホに吸い出せる飛び道具もなんだかステキ。
最大の難点は値段。サイズはどうしようもないけど出たばっかだから値段は待てば下がるだろ、と思うと。

・パナTZ30
TZ40の先代。めちゃくちゃ評判がよくてめちゃくちゃ安い。TZ40と比べると1ミリくらい厚くて
電子水準器とNFCやwifiが無くて、カメラとしての性能やGPSは変わってないっぽい。
なんでも入っててこのサイズならまぁ仕方ないって思うけど、入ってないのがあるのにこのサイズ、
と思うと複雑な心境に。値段がもうあほみたいに安いから、この機能でこの値段、って考えると
他の機種が軒並み割高に思えてしまうのが厄介。

・カシオZR400&ZR300
ふつうのコンデジのふりをしたハイスピード機の最新スタンダード機。
撮影は世界最速だったけど操作感はそうでもなかったEX-F1と違い、あらゆる動作が爆速。
特殊機能だったハイスピードを普段使いにうまいことフィードバックした機能が満載。
最近は他社も似たようなことをやってるっぽいけどさすがこっち方面では一日の長がある印象。
ただ、それ以外のいまどきっぽいチャラい機能(タッチパネルとか)には疎い模様。
wifiは無いけどeye-fiに正式対応してたり、乾燥重量はわりと軽いのに全備重量だと
200グラムを越えてしまうあたり、無理矢理な軽量化に走らずでかめの電池を乗っけて
十二分なスタミナを確保してたりとか、飛び道具発祥のくせにものすごくまっとうな機械。
んが、出たばっかの最新機種ではあるけど、従来のZR300とは画像処理エンジン
(&それによっていくつか追加されたモード)以外ほぼまったく変わってないから、
正当に評価すると相応だと思うんだけど、ZR300と比べると割高感が酷い。

・ソニーWX200
評判を見ると「悪くは無いけど特にこれを選ぶような理由も」みたいな微妙な感じ。
これだけ小さくて暗いとこも強くてズームもそこそこでwifiも付いてて、
まだわりと出たばっかなのに十分安い。ただ、パナだとボタン一発でできるwifi転送が
メニューの奥に引っ込んでたり、むしろそういう本来じゃない付加機能が小癪なくらい
充実しまくってるのがソニーだろう、と思うとちょっと残念。
基本的にソニーが嫌いな人間なので、こんな凄い物を出されたら無視できんわい、
みたいなのならともかく、まぁいいかこれでも程度のものならあまり行きたくない、というのが。

・ソニーWX300
元々評判のよかったHX30Vの後継、って話だったけど調べれば調べるほど何か違う気がする。
先発のWX200のズームを伸ばして電池でかくして少し大きくなった(でも十分小さい)上位機種、
というだけで、20倍ズームでwifi付きって以外はあまりHX30Vと関連無さそうな気がする。
WX200で食い足りない部分を程よく補強した感じでよさげだけど、どうなんだろうなあ。
値段もそんな高くないけどまだ発売前なので、出たらまたすぐ安くなるんだろう。

・キヤノンS110
明るいレンズ&(比較的)大き目のセンサー、ということで小手先じゃなくまっとうに暗いとこに強いカメラ。
たぶん無理に変な機能に拘らずにカメラとしてまっとうな性能と使い勝手を追求したらこうなるんだろう、
みたいなすごいまじめな機械。でもおいらが求めてるのは別にそういうのじゃないんだ。
今持ってるF200EXRよりも広角が若干広がった代わりに望遠が縮んだズームと、
飛び出すフラッシュが残念。最大の売りは画質だと思うんだけど、そこはあんまり重視してないからなあ。

・ニコンP310
これもキヤノンS110とまったく同じ方向性だった。S110より安くてレンズは明るいけど、
センサーはちょっと小さくて望遠もさらに短い。あと触った感じ動作が若干もっさりに感じた。
たぶんストレスになるほどじゃないとは思うけど、カシオとかのあほみたいに速いのを触った直後だけに。


今買うならカシオZR300、もうちょっと様子が見れるならパナTZ40、というのが今の心境。

しかし、調べれば調べるほど、こんなに頑張ってすごいカメラ作ってるのにこんなにがんがん値下がりしてて
メーカーはホントに儲かるんかな、って心配になってくるな。
消費者としては安いのは単純にありがたいけど、それで業界もろとも潰れてもらっても困るしなあ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-03-03 22:41 | でぢかめ | Comments(0)
2013年 03月 03日

モヤモヤでぢかめ

なんとなく新しいデジカメがほしい。

今使ってるのが壊れたわけでも気に入らなくなった訳でもなく、気になる新製品が出た訳でもない。
だからまぁ、ほんとになんとなくほしいだけで、さあ買うぞうおおおお!みたいな気分でもない。

なんなんだこの気分は、と思って調べてみたら、今メインで使ってるF200EXRがちょうど4年目だった。
それまでで一番長かった先代のFX01が3年だから、もうそろそろあれなのか(何

いろいろもやもや考えてたけどどうにも纏まらないので、思うところを箇条書きにしてみる。

今使ってるF200EXRについて:
・概ね気に入ってるけど、正直「これが最高!」とまでは思わない。
・最大の長所は室内で黒っぽいものを見たまんまの印象で描写する能力。フラッシュも優秀だけど無くても優秀。
・ただ、画質はむしろ悪い。特にノイズはちょっと引くレベル。だいたい縮小して使うからあまり目立たないけど。
・高速かつ変な慣性の乗るズームの動きが気持ち悪い。慣れるかと思ったけど結局慣れなかった。
・デザインは安っぽい。サイズは許容範囲の上限なんだけど、後継機はでかくなる一方。
・電池の持ちが悪いと評判だけど、おいらの用途ではちゃんと充電しておけば持たない事は無かった。

次期主力機に求めるもの:
・望遠も広角ももう一声頑張ってほしいズーム(F200EXRは28mm~140mm)
・いまどきっぽい機能?(wifiとかGPSとか?
・タッチパネルは無いほうがありがたい
・飛び出すフラッシュも嫌
・↑の内容に加えてF200EXRの長所とFX01の電池の持ち&デザインを完備したのがあったら4万でも出す
・でも無いよね

検討した候補
(パナ):
・しばらく興味が失せてる間にまた混沌の度合いが強まったような。もうFX系は終息方向なのか?
・現行だとFX直系のがSZ系、コンパクトの枠内で頑張った系がTZ系、なのか?
・どっちもおいらの要求には合致するけど、軽さを求めるならSZ系、機能を求めるならTZ系、か?
・スペックはほぼ文句無し。あとは操作感とか実際の写り、かなあ。

(富士フィルム):
・F系は成長著しくてちょっと付いて行けそうにない(サイズ的に
・レンズが飛び出さないZ系がたぶんおいらの要求を満たすんだろうけど、どうも抵抗感がある
・描写傾向以外は悉くおいらのツボから外れる。どうもパッとしない。むーん

(ソニー):
・パナTZ系と競合するっぽいのは現行だとHX30Vあたりだろうか。ちょっと触ってみた。
・両手で掴んでたらいきなり左人差し指の下からフラッシュがコンニチワして印象最悪。
・新型のWX300は飛び出さない上に賢いフラッシュらしいけどどうなんだろ?

(カシオ):
・ハイスピード以外には何もいい印象が無いので正直なめてた
・んが、実機に触った感じのさくさく感とかしっくり感がとにかく素晴らしかった
・連射性能はともかく、通常動作は元祖ハイスピードのEX-F1でもこんなに軽快じゃなかった気がする
・要求に一番近いのはZR400だけど、ほぼ同じ内容の旧型機ZR300の安さも気になる
・最大の懸念は実際室内でどれくらい写るか。
・それなら画像処理エンジンが新しいZR400の方がいい可能性も、とか考えると(悩

(キヤノン):
・必要要件も概ね満たしてる。デザインも悪くない。値段もこなれてる。モノも悪いとは思えない。
・でもなんか触った感じが気持ち悪いというかどうもしっくりこないんだよなあ。言葉で説明できないけど。

というわけで、現状強いて言えばパナかカシオかなぁ、と思いつつもなんとも言えない状態。
つっこみとか情報とかあったらよろしく。意識を失う前に(何
[PR]

by harusame_kingdom | 2013-03-03 02:07 | でぢかめ | Comments(2)
2011年 07月 09日

バカメラ

iPhoneに一眼レフカメラのレンズを装着できるアダプター

すごいなこれは。怖いレンズを「バズーカ」と称したりする事はあるがそれどころの騒ぎじゃない。
メガバズーカランチャーをボールに持たせたくらいの違和感。

いい馬鹿デバイスだと思うけど、真に受けて「iPhoneで一眼入門!」って鼻息荒くして
レンズ買いに行く人が絶対に居ないとは言い切れないのが怖いといえば怖い。
でもちょっと見てみたい。物陰から。

IS04にフォーサーズのレンズを装着できるアダプターを…や、出さなくていいです(逃
[PR]

by harusame_kingdom | 2011-07-09 23:12 | でぢかめ | Comments(0)
2009年 02月 22日

メイン機更新

一眼レフを導入しても、超高速機を導入しても、結局メインはコンデジから動かなかった。
まぁ一眼レフはともかくEX-F1はメインにはなり得ないとは思って買ったんだけど。

長らくメインを勤めてきたDMC-FX01もそろそろ3年になる。たぶん歴代最長じゃないだろうか。
先代(DMC-FX2)からほぼ変わらない操作系にも馴染みきってて、使いやすいし壊れないし
電池も良く持つ。写りも概ね満足で「うわ失敗した!」という写真が撮れる事がまずない。一眼だとよくやるが。
しかし、室内で黒くて細かいものをフラッシュ無しで撮るとさすがに厳しい。もっとでかくてえらい
デジカメで撮っても同じように厳しいし、これはまぁ仕方ないだろうと思っていた。
だからそれは欠点だと思って無いし、それならこの機械に欠点らしい欠点は見当たらない事になる。

もし買い換えるとしたら次もパナだろうな、と思っていたが、どうも顔認識とか個人認識とか、おいら的に
まったくどうでもいい方向への進化を驀進している模様で、ほとんど興味が湧かない。
広角が28mmから25mmになった事だけが魅力だが、買い換えてまで欲しいとも思わない。壊れたら、程度。

パナ以外で気になってたのは、屋内でのフルオートに滅法強いと評判のフジフィルム。
でもメディアがxDなんだよな、ということで早々に候補から外れていたが、そう言えばここもいつのまにか
SDに対応してたのな。つまりそれはパスする理由がなくなったと言う事か。

そして今度の新製品ではイメージセンサに新技術を投入して従来よりさらに暗いとこにも明暗差が激しいとこにも
強くなったらしい。価格帯やサイズもパナのFX系と同じだし、レンズも広角は現行のパナに劣る
(でもうちのパナと同じだ)けど望遠はさらに伸びてる。手ぶれ補正もあるし高感度に強いから
被写体ぶれにも強い。スペック的に不満はまったく無いし、あとはその「強さ」が期待通りなら、
充分に次期主力足り得るんじゃないだろうか。

これは要チェックで、しばらく待って値段が落ち着いた頃を狙おうか、と思ってたが、価格.comの掲示板で
津島のエイデンのオープニング特価で価格.comの最安値より全然安いという話を聞いてぐらぐらして
実際に行ってきた。

思ったより奥まったとこにあるそんなに大きくない店で、駐車場に停められなくて苦労したが、
いざ言ってみると噂どおりの値段で出ていた。早速店員を捕まえる。

「あのー、これを・・・」
「あぁ、これは新製品でまだ出てないやつで、発売日は…あ、今日ですね」
「今日です」
「少々お待ちください」

(少々)

「入荷量が少ないので、ここには(展示機は)無くて…こちらにあります(通路一本入ったとこ」
「…こっちの値札とあっちの値札と1000円違うんだけど、どうなってるの?」
「…少々お待ちください」

(少々)

「申し訳ございません、こちら(安いほう)で結構です」
「じゃあ、ください」
「少々お待ちください」

(少々)

「こちらの商品でよろしかったですね?(箱にSILVERと書いてある」
「これって銀と黒がありましたよね?」
(別の店員が寄ってきて)「こちらの色もございますがどうなさいますか?」
「じゃあ、その黒ので」

すごい人だったしばたばたしてるのは解るが、ちょっと頼りなさすぎじゃなかろか。
たぶん結構注目の新製品じゃないかと思うんだが、発売日15時の時点で他に問い合わせとか無かったのか?
こういうとこで大抵聞かれる「メモリーカードはどうしますか?」の類も一切無かったし、
あまり詳しくない人が買いに行くのはお勧めできないと思った。

SDも一応チェックしたんだが、特別に安くも無かったのでとりあえずここでは買わなかった。

e0034693_3182185.jpg


FX01と比べると全体的にやや大きい。高さで数ミリ、厚みは大体同じだが、レンズ周りが張り出した分が
丸々大きい感じ。幅は大体同じだが、FX01ほど丸くないので若干大きく見える。
持った感じの重さは大体同じだが、大柄な分、密度は低く感じる。黒というよりガンメタっぽい面白い色は
単なるつや消し黒のFX01よりも好みだが、それ以外の全体的な質感や高級感はFX01が上。

操作系は圧倒的に慣れてるのを差し引いて考えても、パナの方が理路整然としていてわかりやすい気がする。
フジも難解というほどではなく、個人的にはカシオやキヤノンよりは解りやすい気がするので、
あとはまぁ慣れてきてどこまで印象が変わるか。

起動時間はあまり変わらず、終了時間はやや速い印象。驚いたのはズームのスピード。
3.6倍のFX01より5倍のF200EXRの方がテレ端⇔ワイド端の時間が半分以下くらい。
速すぎて微調整しにくいんじゃないかと不安になった。これも慣れるんかな。

早速1枚、ちょっと難しそうなの(そして、おいらが主に撮るもの)を1枚撮ってみた。

e0034693_3383373.jpg


ほーーーー

フルオートのフラッシュ無しでこれだけ写ればおいら的にはまったく文句は無い。大満足。
ほぼ肉眼で見たまんまな印象だ。

これなら次期主力機として長く付き合えそうだ。仕事も暇なのに無理して買った甲斐はあった。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-02-22 03:45 | でぢかめ | Comments(2)
2009年 01月 17日

ハイスピードコンパクト

現状、他に追従する(追従できる)メーカーも無いカシオの独壇場・高速デジカメ。
性能も用途も特殊な割にシリーズ展開が早いのは、それなりに好調なんだろうか?

というわけで、通常のコンパクトサイズのがついに出るらしい。

話を聴いた瞬間に瞳孔が開いたが、今は冷静だ。

現状、うちで現役のデジカメは3台。

 パナソニック LUMIX DMC-FX01(コンパクト・常用・メイン)
 オリンパス E-510(一眼レフ・写真を撮る事が目的な時・気合入れたい時)
 カシオ EX-F1(高速連射高速動画・新しい世界・新しいおもちゃ)

この中でどれか1台だけ選べ、と言われたら迷わずFX01を選ぶ。

いちばん綺麗な写真を撮る能力を持っているのはE-510だけど、何も考えずに
てきとうにシャッター押してまぁまぁ納得の行く写真が撮れる、という能力に関しては
FX01の圧勝で、しかも常時持ち歩けるし電池の持ちもいい。
E-510はたまに引っ張り出して使おうとするとよく電池が切れてるんだが、これも困るな。
EX-F1はものすごい飛び道具なんだけど、片手間で遊ぶには荷の重すぎるおもちゃで、
気合を入れて写真に取り組むならE-510の方が今のおいらには楽しそうな気もする。
普通のカメラでできることなんざもう飽き飽きだ、という人には最高のおもちゃなんだろうけど。

そこに颯爽と登場するコンパクトハイスピードエクシリム。
これならFX01とEX-F1に置き換えて、どこでも気軽におもしろ写真撮れるんじゃね?
しかし、冷静になってみると、これはたぶんしょんぼりだろうな、と思った。

高速デジカメとしてのスペックはEX-F1の下位モデル・EX-FH20をさらにもう少し丸めた感じ。
1000FPSの動画はそのままだが、静止画の連射は30枚/秒。充分だと思う。
ただ、コンパクトデジカメとしてのスペックはかなり地味、というか、「ハイスピード」と付かなかったら
まるっきり勝負にならないレベル。広角がない上に暗いレンズにぱっとしない色&デザイン。
特に下位のEX-FS10の安っぽさはちょっと神懸かってる。
広角が弱いのは常用する万能機としては物足りないし、レンズが暗いのは高速連射でも
通常撮影でもほとんどの場面で不利だと思うし、EX-FS10は光学手ぶれ補正すらない。

常時持ち歩いて、ちょっとした事でも高速撮影する、というのは新しい世界なのかもしれないけど、
ちょっとかじってみた感じ、高速撮影はかなりの気合と試行錯誤を要する。
スペックにもサイズにも余裕の無いこのカメラではかなり大変なんじゃないだろうか。
もちろん、普通のコンデジのサイズ&ちょい高めくらいの値段で未体験ゾーンが味わえるのは
画期的なことだと思うし、存在意義は大いにあるというか、いいぞもっとやれと言いたい。
でも、現状、EX-F1から乗り換えても、得られるのがコンパクトさだけで失うものが多すぎる。
ハイスピード抜きのただのコンデジとしても、FX01(これももう3年前のだな)と勝負にならない。

ていうか、FX01の満足度が高すぎて、たまに店頭で最新機種を手に取っても
まったく購買意欲が湧かない。壊れたらまぁ仕方なく買い換えるか、くらいな。

EX-F1も、高速デジカメの世界を追求するならたぶん今でもこれが最強だと思う。
ふつうのデジカメとしての使い勝手を高めたモデルが出てきて、よりそのへんが
強調されたんじゃないだろうか。この値段を出してこのサイズを持ち歩くくらいの
気合いが無いと、現状では超高速の世界はけっこう厳しいような気がする。
もっと操作系や処理速度が改善されて、超高速であることを意識する必要が無くなったら
ぜひコンデジにも欲しい機能だとは思うけど。そう遠い未来じゃないのかもしれない。

むしろ、EX-F1直系のハイエンドハイスピードの後継機は出ないんだろうか?
撮影機能はもちろん、膨大に撮れた写真を瞬時に一覧して削除したり保存したりとか、
そういう使い勝手の改善に期待したい。画素数は600万で別に構わんと思うんだけど、
たぶん営業が許さないんだろうなあ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2009-01-17 02:12 | でぢかめ | Comments(0)
2008年 10月 06日

ハイスピード動画

こりゃ丁度いい機会だ、ということで土曜日にEX-F1持って掛川まで走った。

行きの高速でテスタロッサっぽいフェラーリ(色々あるからわからん)のオープンのが
走ってるのを発見。アウトラン以外で見るのは初めてで、おぉ!と思ったけど、
下手な素人細工みたいなびろびろの幌がしょんぼりな感じだった。あんなもんなの?
頑なに左車線のトラックの後を走ってたのも印象的だった。特殊任務だったんだろうか。

前回来たのがいつだったか思い出せないくらい久々の掛川。案の定道を間違えた(弱

e0034693_18403612.jpg


新しくできたクローリング場。けっこういい雰囲気で、本格的っぽいが、
スケール感抜群の重くて高いボディを積んだCR-01がいいかんぢで這い回ってたので、
けっこう計算ずくでタミヤオプティマイズされた岩場なのかもしれない。
ガチのクローラーにはぬるいのかもしれない。よくわからないけど。

e0034693_1840586.jpg


そして新オフロードコース。周りがだだっ広いのでこじんまりした印象だが、
けっこう広い。たぶんTRSくらいはありそう?ジャンプ台や山はカーペットで保護されてるのも
本格的な感じ。路面は…降りて触ってみりゃよかったな。忘れてた。
見た感じ、白っぽい、静岡の新オフロードコースに似た印象?
少なくとも、そのへんの山の土そのまんま、ではないっぽい。

みっどさんには結局会えず。残念。ジャンクショップでSCのボディを買う。
限定品は真っ黒のアルミパーツが大量に売ってた。
これを付ければTA05は飛躍的に黒くなるぞ!(酸欠気味
毎度思うが、こういうのに全部付き合ってる人も少なくないんだろうな、と思うと頭が下がる。

そうこうしてるうちにミニスポーツの決勝レース(全員決勝らしい)が始まったので、
早速ハイスピード動画のテストを行った。

まず、通常の30fps。



まず、らぢこんをよく知らない人、あるいはやってる人でも掛川のスピード感は特殊なので、
普通はこんな感じ、という目安に。ちょっとズームするとすぐに被写体を見失うとか、
そういうへぼいところは見ないで、あくまでスピード感の参考だけで。

次に、300fps。10倍速。これでもハイスピードでは一番遅いモード。



「ドライバーズオンザトーン!」のあたりから録画開始したはずだが、動き始めるまでに
異常に時間が掛かる上、動き出した瞬間もよくわからない。ニュースの合間とかにやってる
流れの悪い高速道路のライブ映像くらいのスピード感だろうか。
手始めに、のつもりだったが、即お腹一杯でこれ以上のは試してない。ハイスピード恐るべし。

ピーク性能で1200fpsを叩き出すこのカメラのスペックからすれば300fpsなんて
全然序の口な印象だが、この時点ですでに通常の10倍で、1200fpsでも結局は
この4倍、と考えると、いかに異次元なのかは頭でも理解できると思う。
2秒間何も起きなくても、気にもしないであっという間に過ぎていくけど、これが20秒になると
「おい、どうなってるんだ?」って事になるし、ちょっとしたミスでも、10倍の情報量で
嫌と言うほどしっかりねっとり見せ付けられる。こりゃ厳しい。

編集して一部を使うことが前提なんだろうけど、その一瞬を的確に捉えるためには
やっぱり人間にも相当なスペックが要求される。

えらいもん買っちまったなあ。面白いけど。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-10-06 18:31 | でぢかめ | Comments(8)