神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 02日 ( 1 )


2017年 04月 02日

そして時は動き出す(組み立て再開

躓いてたダンパーが問題なく組みあがったのでターボスコーピオン組み立て再開。

ほとんどのパーツがオプティマのフロントと共通のターボスコーピオンダンパーは
Eリングのあれはともかく、例のポリカのパッキン以外は基本的にとても組みやすい。
レース用のトリプルキャップとも遜色無いんじゃないだろうか。
ノーマルでこんなダンパーをオプティマに付けちゃってターボオプティマどうする気だろう?
色だけ金色にするんだろうか?黒い樹脂パーツはすでにオプションで出てるしなあ。
ノーマルでここまでやったなら復刻プレッシャーダンパーはビッグボアになるかもしれないな。
うちのレースカーはビッグボア化の前で時間が止まってるから、もしそうなったら
うちで初のビッグボアは復刻車ってことになるな。それもまた一興。

話がそれまくった。今ここでターボオプティマの話してどうする。

e0034693_0395323.jpg


気持ちよく組みあがったダンパーを取り付けてると…あれ?
ナイロンナットがいくら締め込んでも軽い。よく見ると何かはみ出してる。

e0034693_0404095.jpg


一度取り外してみる。はみ出してた何かは元に戻ってる。

e0034693_0411520.jpg


再度ねじをねじ込んでみると…
するすると抵抗感も無く白い何かがにゅるにゅる出てきた。

e0034693_0414748.jpg


ダンパーシャフトの件では京商にあらぬ疑いをかけてしまったけどこれはさすがにあれだろ。
ナイロンナットとも長い付き合いだけどこんな不良は聞いた事無い。はじめて見た。
ゆるみ止めのナイロンがきちんと固定されてない。
たぶん先端でかしめるんだろうけど丸くなってない。

e0034693_047815.jpg


そしてシャーシの主要部分完成。たぶんこの車の最も美しい状態だ。
すごーい!かこいい!

e0034693_0483086.jpg


そこにこのプラスチックのコアブロックが2.6ミリのねじ2本で載る。
パイルダーオーーン!

e0034693_0513355.jpg


ズガシーン!(効果音
ビカビカーン!(効果

素コーピオンはこれで一気にのどかな印象になったんだけど、
さすがターボスコーピオン、メカボックスが載ってもけっこう凛々しい気がする。
立派なダンパーが効いてるのか、白いのが効いてるのか、単なる気のせいか。

e0034693_056195.jpg


去年から買ってあったルマン240Sもついに出番が!

当然ブラシレスモーターの事なんて微塵も考慮してないモーターガードは
ただはみ出すだけじゃなく、端子部分に絶妙に被さって非常にはんだ付けしにくい。
ちょうどいい長さで綺麗に配線してやりたかった(これでも)から積んだ状態でやりたかったし、
モーターガードを外すのも何気にかなり面倒(ダンパーステー側のねじがレンチを回しにくい上に
樹脂相手に深々と刺さってて外したくないねじナンバーワン)で、無理矢理ずらしてやった。

こんな安アンプのくせにかっこつけてワイヤーが全部黒で、直行するオプティマや
トマホークならともかく、メカボックスの穴を通すスコーピオン系ではとても面倒。
1本づつ通してからABCの印を付けて、あああセンサーワイヤー通してなかった!
ってまた引っこ抜いて通し直したり。ブラシレスの配線をあの穴に通すのは大変だ。
不可能ならさっさと諦めるけどなまじ可能だから厄介だ。

新品の受信機もバインドしたしアンプのセットアップもしたしサーボのニュートラルも出した。
残るはボディ周りとタイヤだけだ。
[PR]

by harusame_kingdom | 2017-04-02 01:07 | らぢこん | Comments(2)