神聖はるさめ王国

hrsm.exblog.jp
ブログトップ

2008年 02月 24日 ( 1 )


2008年 02月 24日

ドリフト

職場の若い子がドリラジ(?)を買ったらしく、なんかそういう本とかないですか?と聞かれた。
本はラジマガのバックナンバーくらいしかないが、ヨコモのドリフトタイヤはもう1年以上前に
買って放置したまんまだったな、と思い出して挑戦してみることにした。

まず、前回いつ走ったか覚えてない(たぶんおいでんあたりだろう)TA05を引っ張り出す。
各部をチェックすると、前アッパーアーム基部が左右違う構成で高さも微妙に違っていた。
たぶん走行中に片方がもげて、手持ちの部品で高さだけそれっぽく合わせたのだろう。合ってないが。
とりあえず手持ちの部品で左右同じように組み直そうとしたら…バルク側のねじ穴が馬鹿になってた。
仕方ないので、一段長くする方向で別の穴を使った。セッティング的にいいのか悪いのかは謎。
あと、フロントワンウェイのカップも片方無くなっていた。予備は買ってあったけどせっかくだし
フロントもノーマルのボールデフに戻した。センターワンウェイ&前後ボールデフ。
ドリフト入門者に適切っぽい気がするが、ほんとかどうかは謎。

あとは特に壊れてるとこも無さそうだし、モーターをカワダ23Tからカワダ27Tにしてピニオンも
てきとうに10枚くらい落とした。本当にてきとう。ボディもZのまま。ドリフトの速度域なら
空力特性はほとんど関係ない気がする。オーバーハングや屋根の高さ等の重さの方が大きそう。

走り出してみると、これがまた難しい。

最初からばりばりやれるとか思ってた訳ではないが、思った以上に難しい。
動かしたい方向にはなかなか動かないのに、動かしたくない方向へは一瞬で向きを変えて
修正する暇を与えてくれない。なんて反抗的な車だ!

キャンバーを多め(前後-3度)につけてる以外は通常走行のままのセットなので、
どう変更するべきかよくわからないのでとりあえず前後のスタビを外してみた。

おぉー、若干だが良くなった。まるで聞く耳持たない子だったのが、話くらいは聞いてやる、
くらいまで歩み寄ってくれた感じだ。でもまだあんまり言うことは聞いてくれないが。

30分くらい格闘して、すごいいびつな定常円っぽいのはできるようになった。
スロットルをほぼ一定、ステアリングはニュートラ付近でぴくぴく(ほぼゼロカウンター)で
あんまりカウンターとか当てれる感じじゃない。これがいいのか悪いのかも不明。

やっぱり、この超低速の横Gでロールできるような超やわらかばねとか必要なんだろうか。
それならいっそモノショックでもいいような気もするけど、どこもやらんとこを見るとだめなのかな。
誰も思いつかないはずはないと思うんだけど。

次回はばねとダンパー角度をいろいろいじって遊んでみよう。
ダンパーオイルもすかすかのにした方がいいかな。
[PR]

by harusame_kingdom | 2008-02-24 20:10 | らぢこん | Comments(0)