2016年 09月 13日

ターボスコーピオン続報

京商のサイトに出てた。いよいよ正式発表って事だな。

e0034693_2025104.jpg


このキャッチコピーにもいいかげん慣れた・・・って言いたいけどいちいちかっこいいから困る。

「ロールバーも取り付け位置を6mm後退させたストレートの専用品」って最初意味が判らなかったけど、
車体から生えてるロールバーの形状がスコーピオンと違うのな。なんで?って思って
いろいろ調べてみたらどうも当事モノも違ってたっぽい。スコーピオンは若干前方向に曲がってるけど
ターボスコーピオンはまっすぐ。ボディの形状そのものが微妙に違うのは知ってたけど
ロールバーまで違ってたとは知らんかった。なんで変える必要があったんだろ?

ちなみにうちの復刻版を確認してみたところ、スコーピオンとトマホークは前に曲がってて
ビートルはまっすぐだった。でもスペアの品番は独立してそれぞれ専用みたいだ。
この3台はボディ違うからまぁわからんでもないけど、ターボスコーピオンは
細部しか違わないんだからこんなとこ共通にすればよかったのに。奥が深いな。

タイヤについても書いてあるから別売りでは無さそう。でもインナーにはノータッチだけど
どうなんだろう?さすがにこの手のタイヤでインナー無しは無いと思うけど。
SANDSUPERのホワイトレターはなんかステッカーぽく見えるけど、自社製なのか
プロラインとかAKAとかなのかは不明。それなりに数出るって見込んでると思うから
たぶん自社製だろうな。京商の採算勘定はたまに想像の斜め上を行くからわからんけど。

ウイングステーは既存のオプションのだと思ってたけど、角度変更ができるらしい。
でも「キットにはウイングの角度が変更できる樹脂パーツも同梱」って書いてあるから
新規の角度調整対応型、ではなく部品交換で角度を変更するタイプか?
そもそもあの造りなら最初から調整式にしちゃえばよかったのに、って思ってたけど、
ぶつけても転がっても角度が変わらないことを重視したんだろうか。変なとこで実戦的。

オリジナルはアルミ製で、緩まないようにがっちり締めようとするとすぐなめた
リヤサスのポストは復刻スコーピオンで鉄製になって磐石の信頼性を確保したのに、
ターボスコーピオンではさらに改良されてフランジ付きになったらしい。
えぇ?こんなとこ首振ったり土台ごとひん曲がったりするんかいな?って思うけど、
たぶん実戦でそういうフィードバックがあったんだろうなあ。現行レースマシンみたいだな。


すげえなあ。細かいっちゃ細かいことだけど、「ほれ復刻してやったぞ泣いて喜べじじい共」
で済ませて終わりでもおかしくないのに、堂々と謳い文句にできるようなことだけじゃなくて
ほんとに細かいとこまでちゃんと考えて作って改良も続けてる。

商売としておいしいから以前に、作る側がほんとに好きじゃなきゃここまでやれんだろう。
そして、実際ここまで愛されるに足る、本当の名車中の名車だって事だろう。

いい時代に生まれたと思う。生きててよかった。
[PR]

by harusame_kingdom | 2016-09-13 21:13 | らぢこん | Comments(2)
Commented by びーとる at 2016-09-14 18:00 x
ホント、作り手のこだわりを感じますね。
タイヤですが、写真にはインナーも写ってはいますね。
あまりインナーの固さにこだわらないから、あればOKかなと思ってます。
今月に関東でもホビーショーがあるから、早ければそこで見られるかも。楽しみだな♪
Commented by harusame_kingdom at 2016-09-14 20:14
あぁほんとだ、思いっきり写真写ってますね。
なぜかタイヤだと誤認してました。これだから老眼は!

黒いインナーって事はプロラインとかじゃなく、
京商復刻シリーズでおなじみのあれかな?なら自社製かな?
プロラインのタイヤも10年くらい買ってないから
案外今はこうなのかもしれないけど(汗


<< ご機嫌斜め      ToS日本語でおk >>