2017年 03月 26日

ターボスコーピオン

もちろん無事に発売日に買ってきた。

e0034693_20472657.jpg


さすがに復刻版だけで4台目になるから新鮮味は無いはずなのに充分わくわくしてる。
もったいつけずにさっさと組もうと思ってたのに、気が付いたらもういい時間だった。
まぁぼちぼち組んでいこう。

e0034693_20564860.jpg


サーボは使う予定の無いビートルに載ってるのでも持ってこようかと思ってたけど
結局新規で買ってきた。ついでに2個セットなら381(廉価受信機)と大差ない値段で
叩き売られてた482(アンテナ内蔵テレメトリー受信機)も買ってきた。
アンプとモーターはずっと前に買って用意してあるルマン240Sだ。完璧だ。

ついでに、ターボスコーピオンの板類が売ってたからなんとなく買ってきた。
よーしトマホークもロングホイールベースだー!って思ったんだけど、
あの車は現状でわりと神懸かったバランスだからあんまりいじらない方がいいな。
ビートルも素のままでいく方針だし、最初から好き放題いじってたのはスコーピオンだ。
でもスコーピオンまでロングにしちゃうとターボスコーピオンと並べた時になあ。

…トマホークもう1台買ってターボトマホーク作っちゃう?いやいやいやいや。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-03-26 21:05 | らぢこん | Comments(0)
2017年 03月 21日

とあるなんとか

確か去年のホビーショーでなんか変なことやってるな、くらいに思ってたけど、
ラノベとコラボしたバーチャロンがゲームにリバースコンバートされるらしい。

とある魔術の電脳戦機

ラノベ方面はまったくわからないから、それが面白いのかどうかも知らないけど、
ラノベが面白いかどうかは正直どうでもいい。いやどうせ面白いんだろうけどさ。

問題は、ゲームとして出てくる以上受けて立つ以外の選択肢が無いことだ。

しかし…恐らく今回のコラボで立ち上げなおしたんだろうけど、
バーチャロンシリーズ公式サイト自体が随分前から404だったじゃないか。
つまりもうやる気無かったって事だろ?
亙はなんかやる気満々みたいなコメントしてるけど、亙の言う事だからなあ。
多少の腹案くらいはあるんだろうけどほぼ今から考えます!に近い状態なんじゃないのか。
プレイ人数すら未定だ。1対1なのか2対2なのか、あるいはそれ以上なのか。

イメージイラストを見る限りではテムジンはオラタン仕様みたいだけど、
ラノベの中ではどういう扱いだったんだろう?オラタンにもフォースにも
当てはまらない別物なんだろうか?
カトキのコメントではバーチャロイドは新規ではなくお色直し程度みたいにも思えるけど。

願わくば、いまどきのハードウェアでばりばりにかっこよく描き直したオラタンであってほしい。
そこにマーズみたいな益体も無いキャンペーンモードを追加してもらっても構わんけど、
素のオラタンもオンライン対戦対応でちゃんと用意してくれたらそれでいい。
そこだけ守ってくれたらキャンペーンモードがどんなにうんこでも構わない。

PS4は買わなきゃいかんけどそこはまぁ仕方ない。問題はツインスティックだ。
XBOX360のやつ使わせてくれるとすげぇ助かるんだけどなあ。USBだし刺さるんだから
あとはソフト側が対応する気あるかどうかだけだと思うんだけど。
サターンだったかDCだったかの時に「ツインスティックよりキーボードを優先してほしい」
とかあほなこと言ってた奴が作るゲームだからなあ。心配だ。
「どうせ完全新作なんだからもうツインスティックとかいいよね?」とか言い出しかねん。

現状で期待と不安がだいたい2:8くらい。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-03-21 20:58 | ゲーム | Comments(0)
2017年 03月 11日

ビッグウィッグ

正直「これは買わねば!」とまでは思わなかったんだけど、
そういえばホットショット系の復刻モデルってまだノータッチだったな、とか
かなり思い切った価格設定でぐらぐら来てなんとなく買うことにした。

e0034693_1749577.jpg


だからまぁ、そんな前のめりだった訳じゃないんだけど、結局発売日に買ってきて
今日から組み立て始めてる。再来週にはもうターボスコーピオン来ちゃうからな。

しかし、いざ作り始めるとやっぱりいろいろと面白いな。
当時ホットショットは所有してたけど「あれ?こんな風だっけ?」ってとこが結構ある。
ホットショット系最終モデルだから細かく改良されてたのか、復刻時に改良されたのか。

前後の駆動系&サスアームのユニットが完了してあとはフレームとメカ積みとダンパー。
構造上の最大の萌えポイントであるラック&ピニオンのステアリングが楽しみだけど、
その前にV8エンジン風のモールドとか塗装してやろうかな、とかいろいろと夢が膨らむ。

うん、買ってよかった(ほくほく
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-03-11 18:01 | らぢこん | Comments(2)
2017年 03月 11日

MT-10がやっと国内発売になるらしい

発表されたのがちょうどFAZER8を買った頃だったから…1年半くらい前か。

海外ではとっくに発売してたのに正規代理店のプレストもずっとだんまりで。
ラインナップを見ても「17年モデル」「16年モデル」のマークの付いてないやつ
(=15年かそれ以前の在庫?)が大半だ。排ガス規制とかが海外も国内も
あまり変わらなくなるっぽい(?)し、今後はめぼしいとこは逆輸入じゃなくて
ヤマハが直々に国内モデルとして出して行って、プレストは徐々に店を畳みにきてるのか?

で、MT-10/SPも国内モデルとして出てくるみたいだ。

素の方でも160万台、SPだとほぼ200万だ。現行R1ベースだと思えば
こんなもんか、とも思うけど、MT-09がよく出来てるのにすごい安いから、
この価格差ほど性能差はあるのか?とか考えるとだいぶ厳しい気もする。

能書きでは「単なるR1のネイキッドじゃないよ!ちゃんとMTとして作り込んでるよ!」
ってことを熱く語ってるけど、見た目から受ける印象はR1のネイキッドまんまだ。
かつてのFZS1000がR1からちゃんと作り込んだネイキッドだった訳だけど、
FZS1000は顔(とエンジン)だけがR1で他は別物だったのに対して、
MT-10は強烈過ぎる顔とアップハン以外はほぼR1まんまで正反対だ。
まぁ現行R1の顔自体が歴代R1とはまるで別物だから、あれを超絶ヤマハセンスで
ネイキッドに翻訳した結果があの顔、と言われれはそうなのかもしれない。

一切の言い訳を排除してサーキットで勝ちに行くために作られたR1から、
明らかにオーバークオリティな要素はいろいろと削られては居るけど、
鬼のようなスイングアームやフレームの塊感は完全にR1そのまんまで、
元祖のMT-01はともかく、近年の成功シリーズであるMT系に通じる
軽快なイメージは微塵も無い。とにかく強ぇんだ!凄ぇんだ!って主張しか感じられない。

とにかく写真で見る限りでは「おぉ!」よりも「ぅ・・・」寄りの印象だけど、
いろいろと奇抜なだけに現物を見てみないとなんとも言えないかもしれない。
エンジンの味付けもR1とはまるで違うみたいだけど、結局のところクロスプレーンなら
V4的な回り方なのは変わらなさそうだけど、どうなんだろう?

もう春だし試乗会シーズンも近いはずなのに、毎年恒例のプレストの試乗キャラバンも
いまのところ何の告知も無し。やっぱりもう畳む気なのか?

どっかで試乗できるといいんだけどなあ。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-03-11 00:33 | バイク | Comments(0)
2017年 03月 07日

春の旧車まつり

続々と発売日が確定して来た。

3月9日ごろ:ビッグウィッグ
3月24日ごろ:ターボスコーピオン
4月20日ごろ:グラスホッパーⅡ

CATがまだ見えないけどほぼ隔週で1台買う勢い。デアゴスティーニもびっくりだ。
ターボスコーピオンの次(ジャベリン?ターボオプティマ?ファントム?)も
動き出してるだろうから案外早いんじゃないかと思ってる。

とりあえず今週末はビッグウィッグだ。さくさく組んで行かないと追い付かないな。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-03-07 22:41 | らぢこん | Comments(0)
2017年 03月 05日

今月のらぢまが

創刊500号らしい。78年4月創刊だったらしい。
自分が読み始めたのは83年だったか84年くらいの中村やすひろのポルシェ956が
表紙だったやつかな。ずっと取ってあったのに間違って捨ててしまったのが悔やまれる。


・ビッグウィッグ2017

由良拓也と滝博士の豪華対談。近年では色気も何も無い競技一辺倒として
普通に使われてるディッシュホイールが当時は最先端デザインだったんだな、というのが
また興味深い。ムーンクラフトのロゴって当時から入ってたっけ?
当時の一線のデザイナーの渾身のエアロボディは今見ても新鮮でかっこいい。
それに比べて、現行バギーの最新トレンドのエアロボディときたら…(汚いものを見る目
復刻版のパッケージはブリスターパックにはならないらしい。
残念だけど値段で相当頑張った代償だと思えば仕方ないのかもしれない。


・グラスホッパーⅡ2017

正直当時でさえ今更感が強かった印象で、「これが最初の1台だった!」って人も
そんなには居なかったんじゃないかなあと思うけど、個人的にはけっこう気に入ってた車。
純粋な入門者より、グラスホッパーで入門した人が「おぉ、こんなとこも改良されてる!」
ってにやにやするのが醍醐味だと思うし、そう考えると復刻スコーピオン系にも通じる。
元々の出来も改良の度合いもスコーピオンには遠く及ばないけど、その分安い。
たぶん買う。車体はあまりいじらず、当時手抜きしすぎて後悔したボディを
もっとちゃんと塗ってやろうかと思う。


・トップフォース2017

単純に年代的にはもうそろそろビンテージモデルを名乗ってもいいんだろうけど、
なんだかんだで駆動系がいまだに現役だったりで、あまりそういう気がしない。
エボならまだ…いや、あんまり値段ばっか高くなるのも困るか。
見た目だけでもハイキャップダンパーをまた出してくれるならちょっといいかもしれない。


…って、書きたいこと書いたらタミヤの復刻しか無かった。
CATのこともちょこっとだけ書いてあったけど目新しい情報は無し。
ちなみにラジマガ情報では無いけど国内代理店に動きはあった。
発売は4月予定で定価税別4万5千だそうな。値引きは無いんかなやっぱり。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-03-05 22:19 | らぢこん | Comments(2)
2017年 02月 15日

よーし!よーしよーし!よーしよーしよーし!

ターボスコーピオン発売の目処がようやく立ったらしい。

ビンテージシリーズ『ターボスコーピオン』発売決定のお知らせ

こりゃ3月は無理かーと思ってたけど無理矢理3月にねじ込んでくるっぽい。やったー!
同時に発売延期が発表された完成車に関しては何も触れてない。工場はもう大丈夫なのか?
止まってた「次」も動き出すかな?ジャベリンか?ターボオプティマか?アルティマか?

そして、同じく3月って話だったCATはシュマッカー本家のサイト以外に何も動きが無い。
通常なら大手の海外通販ではかなり早めにプレオーダー(予約)の受付が始まるのに
現状何の動きも無いらしいし、国内の代理店でもまったく触れられてない。
ほんとに出るんかな?反響が薄い、って事は絶対無いと思うし。
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-02-15 19:33 | らぢこん | Comments(0)
2017年 02月 13日

さあ今年もらぢこんがんばるぞ

というわけで、232のレースがあったのでプラズマフォーミュラで行ってみた。

e0034693_13592017.jpg


朝家を出ると道路はこんな感じ。雪は屋根にうっすら積もってる程度で大したことない。
でも路面がまだらに黒光りしてて、踏むとつるつる滑る。やばい。
バイクならタイヤ以前に着いてる足が滑ってこけそうだ。

部屋に戻って寝ようかとも思ったけどとりあえず向かうことにする。
道中は橋に差し掛かる度にびくびくしたりしたけど特に問題も無く。
8時過ぎくらいに現地到着。

e0034693_1434734.jpg


コースの路面も不吉なまだら模様だ。凍ってはいない(溶けた?)みたいで
雑巾で水気を取ってた。天気は良さそうだしそのうち回復するだろう。

後で聞いたけどこのまだら模様は水とか凍結とかじゃなく、路面に何か掛けて
処理してあったらしい。ゴムタイヤには良くなったけどスポンジには
悪くなったんじゃないか、との事。

さて、うちのプラズマフォーミュラは年末にここで走ったまんまの状態、
だった奴に今シーズンの指定モーター(GフォースSUPER REV21.5T)に換えて
ついでにジャイロ(サンワSGS-01C)とマイポンを乗っけた、だけ。
どっか緩んでるとこはないか?と確認したら、リヤサスをピッチングさせたら
ダンパーがぐらぐら動いてた。固定のピロボールが緩んだのかと思ったけど、
よく見たらダンパーキャップが緩んでてダンパーエンドが3ミリくらい遊んでた。
手でぎゅっと締めたら直った。直ったから「ダンパーオイル大丈夫か?」とかは気にしない。

車のジャイロはミニッツくらいしか使ったこと無かったし、いまどきの
レースでも使われるジャイロがどんなもんなのか興味津々ではあったけど、
路面もまだ乾ききって無さそうだし、とか人多いから、とかでのんびりして
よしそろそろ練習走行行こうか、と腰を上げたところでレース開始のアナウンスが。
ぶっつけ本番だ!

走ってみると・・・とても気持ち悪い動きをする。ジャイロのゲインとレンジの設定は
送信機側からいじれるんだけど、さすがにレース中にやるのは気が引ける。

が、あまりにも酷いのでレース中だけどちょこちょこ停めて設定をいじる。
なんというか、ジャイロが頑張りすぎて曲げたいのに曲がらない!とかそんな次元じゃなく、
ぴくぴくと細かい制御で補正する感じじゃなく、ぐいん、と大雑把に余計な操作する感じ。
ゲインを小さくしていくことで気持ちましになるものの、ストレートの立ち上がりで
蛇行を始めるのは本当に酷い。そこでひとつの可能性が頭に浮かんで、
試しにゲインもレンジもゼロにしてみた。ジャイロ完全オフに。

なんということでしょう、前回ここで走ったとき「そうそうこんな感じだった」が
ほぼ完全に再現されたカタチになった。路面は思ったほど変わって無さそう。

さてピットに戻って、ゲイン思いっきり上げて車体をぶんぶん振ってみる。
ノーズを右に振るとステアリングも右に切れる。ジャイロが逆に効いてる!
さくっとジャイロを剥がして上下ひっくり返して貼り直す。対策完了。

予選2発目で走りつつまたジャイロ調整。少なくとも1発目の逆ジャイロみたいな
おかしい動きはしないので贅沢言わなければ充分走れる。それでもぼろぼろなのは
単に下手なだけだ。元々そんなに曲がる車じゃないのでゲインを上げすぎると
曲げ辛いので抑え目に、ゲイン30くらいで落ち着く。曲がり方に違和感は無いけど
不用意に握るとふらつく。ジャイロ無しよりは気持ち落ち着く感じか?

ミニッツにジャイロ着けたときもそう感じたけど、まるで走らない車を
何事も無かったようにふつうに走らせる魔法のデバイス!とは思わない。
無しでもそこそこ普通に走る車にもう一声、くらいな印象。
ミニッツと違ってかなりいじれるから、ちゃんと使えばまた違うのかもしれない。
またきちんと検証してみよう。今度はレースじゃない時に。

ちなみに路面の方は、ろくに握れなかった時は解らなかったけど
ちゃんと握れるようになったらやっぱりグリップは落ちてた。前はもっと握れたのに。
でも車の動きがまるで変わってしまうとかそういうのは無かった。
握りすぎるとずるっと行くけど、それ以外の動きはたぶん前回と同じ。

そして、やっぱりジャイロ云々以前にここではゴムタイヤの方が強いっぽい。
元々実車にはそんなに興味は無かったけど、現代のF1(ナロー&ゴムタイヤの
F104)がどーーしても好きになれないのと、単純に食う食わないじゃなくて、
スポンジDDカー特有のあの軽い動きが好きなんだよなあ。
昔F103LMにトヨタTS020ボディ&ゴムタイヤで久屋公園や名古屋港の
タイル路面を走ってた頃も、グリップは充分なんだけど動きはスポンジとは違った。

とりあえず、もうしばらくはスポンジでがんばってみよう。
タイヤより先になんとかしなきゃならない問題もあるし。人間とか人間とかあと人間。

e0034693_15381258.jpg


レースが終わった後は隣接のオフロードコースで遊んだ。
いかにも「うん、昔のオフロードコースはこんなだった」みたいなとこで、
現在のミニピン系のタイヤは厳しい、と前回思ったので今回は旧車で。
岩さんはリヤハブを現行タミヤホイール対応にしたところにオリジナルホイールを着けて
リヤだけスーパーワイド仕様になった初代アルティマ、うちはいつものトマホーク。

前回はわりと我慢大会だったけど、旧車に540や21.5Tのパワーだと
ほんとにストレス無く走れる。あははははは、たーのしー!
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-02-13 15:47 | らぢこん | Comments(2)
2017年 02月 07日

さらば無職よ永久に

とりあえず、先週面接受けたとこから採用の電話が来た。
まだ労働条件とか細かいこと話してないから土曜に出向いて聞いてくるけど、
そこでよっぽど酷いこと言われなければたぶんそのまま就職、になるはず。

まぁ、実際にやってけるかどうかはやってみないとわからんけどな!
仕事内容は小牧でやってた事とほぼ同じ。場所は実家から車で10分。



んで、これは書いとかなきゃ、って思ってて忘れてた事があったので今更書く。

晴れて失業手当受給者に!→わりとすぐ就職→再就職手当ゲット!→わりとすぐ退職

と来たので、さすがに働いてた時間が短すぎてもう失業手当は無いかと思ってた。
が、働いてた時間が短すぎてその前の仕事を辞めてからの失業手当受給期間が
がっつり残ってたので、再就職手当を差し引いてまだ残ってた分が細々と支給された。

残りカスだからこれでなんとか暮らしていける!って言うには心細いけど、あると無いとじゃ大違いだ。
まぁこんなおかしなケースに当てはまる人はそう居ないのかもしれんけど、
「失業保険?もう無い無い」って思ってた人もダメ元で一応職安に行ってみよう!
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-02-07 17:10 | 無職 | Comments(2)
2017年 02月 03日

201X年、世界は復刻の炎に包まれた

タミヤだけに甘い汁は吸わせないぜ!とばかりに復刻戦線に立ち上がったアソシと京商。
まぁこのへんなら過去資産も潤沢だし充分商売になるよね、とは思ってたけど、
ここでまさかの新たな巨星が名乗りを上げた!

e0034693_1659658.jpg


歳食ってもぜんぜん老けずに年齢不詳(同い年)だけどさすがに30年前は若いな!

Schumacher CAT XLS masami

今はシューマッハって呼ぶことになってるくさいけど年寄りは気にせずシュマッカーと呼ぶ。
実力と独創性を兼ね備えながら、滅多にトップに躍り出る事も無いまま、
今なお一線で戦い続ける古豪メーカー、という意味で非常に京商臭い親近感を感じる。
・・・disってるようにしか聞こえないかも知れないけど一応褒めてるつもりだ。

イギリス車だけど、日本人が初めて世界タイトルを取った、日本にとっても記念すべき車だ。
当時も日本で売ってたけどmasamiなんて謳っては居なかった。たぶんXLS-Jだったと思う。
CATのロングホイールベース版であるXLをさらに改良した日本向け仕様?
ちなみにCATというのはCompetition All Terrainの略で猫ではない。
でもこの後のマサミはスーパードッグファイターで快進撃を続ける訳だからちょっと面白い。

日本向けに売ってたとはいえ、当時の為替レートで普通に買える値段になる訳が無く、
アソシ同様よほどの金持ちか気合の入った変人しか買えなかった。
だから当時も滅多にお目にかかれなかった。

今見ると、一見オプティマミッドやレーザーあたりに通じる、わりと近代的でオーソドックスな造りに
見えないことも無い。でもこの頃はまだオプティマミッドもスーパードッグファイターも出てない、
オプティマやドッグファイターやゼルダあたりがぶいぶい言わしてた時代だ。
そして、シュマッカーというメーカー自体がいわゆる質実剛健とは真逆みたいなとこだ。
そんな車が普通な訳が無い。一見普通だけど一皮剥けばアバンテもびっくりのド変態だ。

さすがmasamiを謳うだけあって、フルレプリカのステッカーが付くらしい。
すげえな!ODSトレーディングとかHPIジャパンとか大丈夫なのか?
カラーリングが例の緑にファイヤーパターンじゃないのは、当時はまだ
あのカラーリングじゃなかったから、ではなく、世界戦の現地で「これ使ってちょ」みたいに
いきなり渡されていつも通りに塗る暇が無かったから、みたいなことを聞いた気がする。
ちゃんと調べた訳じゃないから嘘だったらごめん。でもこれよりもずっと前(83年くらい)に
すでにあのカラーリングだったのは間違いない。

当時は直接手にする機会が無かったけど、今なら手が届くと思うとすげぇ気になるな。
259.99ユーロって・・・日本円だと3万くらい?いろいろ込みで4万くらいになったとしても
新品のCATがそれで買えるなら安いよなあ。パーツも当分は手に入るだろうし。



e0034693_17414018.jpg


そして世界をリードする復刻業界のパイオニア・タミヤからは、
かの違いの解る男・レージングカーデザイナー由良卓也デザインのビッグウィッグが出る。

正直「え?まだ出てなかったっけ?」くらいの印象だった。
ホットショット系最終モデルだし8.4V時代の代名詞みたいな車だし人気もあった。
ホットショット系でまだ出てないのはホットショット2とスーパーセイバーくらい?
このへんはまぁ出なくても仕方ないかな、とは思うけどビッグウィッグは当然出ると思ってた。

標準装備のテクニゴールドが用意できないから出せないんだ!って説もあったけど、
同じくテクニゴールド標準だったアバンテがテクニゴールド風味風味のGTチューンで
さらっとお茶を濁した前例がある今となっては何の障壁でもなく。やっぱりGTチューンらしい。

で、個人的には「ふーん、出るんだ」くらいだったんだけど、値段を二度見した。
税抜き定価22000円。実売税込みで16000円くらいだ。なんじゃこりゃ!
さすがにブーメランよりは高いけどホットショットより安い。当時定価25800円だっただから
復刻版の方が安いという(たぶん)初のケースだ。テクニゴールドよりかなりしょぼいとはいえ
GTチューンだってそんな安いモーターじゃないはずだ。基本構成はホットショットに準じるけど
多くのパーツは専用だから、もし従来の共通パーツが余りまくってたとしても、
そのせいで安い、とはちょっと考えにくい。どうなってんだタミヤ?

順当に考えると税抜き32000円くらいが順当な気がするから単なる打ち間違え臭い気がする。
でもほんとにあの値段で出るならちょっと気になるな。ホットショット系の復刻は
まだノータッチだし、せっかくだから行っちゃってもいいかな、とか(ふらふら


CATもビッグウィッグも3月予定らしい。熱いな3月!そして3月と言えば・・・

e0034693_19144725.jpg


もう2月に入って京商は3月の新製品の予定まで発表してるけど、
まだそこにターボスコーピオンの名前は無い。
確かにまぁ3月以降とは言ってるけど3月に出すとは明言してない。

中国の工場のトラブルだとか労働条件で揉めてるとかだとしたら、まだ解決の目処が立たないのか?

CAT見つけたらふらふら買っちゃいそうだなあ・・・
[PR]

# by harusame_kingdom | 2017-02-03 19:18 | らぢこん | Comments(7)